傷病 手当 金 社会 保険 料。 傷病手当金を受給する場合、保険や年金は引かれるのでしょうか?...

[労働]会社が保険料未納時の傷病手当支給について

傷病 手当 金 社会 保険 料

怪我や病気になって働くことが出来なくなったらどうしよう… そんな時役立つのが【傷病手当金】です。 傷病手当金について様々な事項をご説明します!• 傷病手当金とは?• 傷病手当に関する6つの質問• 入社1年未満でも傷病手当金はもらえる?• 傷病手当金と労災は同時に申請できる?• 時間外に酔って怪我をしたが傷病手当金は出る?• 傷病手当金から天引きしたいのだけど?• 傷病休業中に退職したが、退職後も傷病手当金はもらえるのか?• 賞与と傷病手当金は両方もらえる?• 要件は以下(1)~(4)まで必要になります( より抜粋) (1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること (2)仕事に就くことができないこと (3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと (4)休業した期間について給与の支払いがないこと そんな傷病手当金に関する6つの質問にお答えします。 但し、転職者の場合、健康保険組合が前職で加入していた保険者に同様の傷病で傷病手当金の受給をしていないか確認をする場合がありますので、前職で同様の傷病で傷病手当金を受給していた場合には1年6ヵ月よりも短い期間しか受給できないか、あるいは全く受給できない可能性があります。 この場合、傷病手当金の請求は可能でしょうか? A 休業補償給付を受給している場合は、その原因となる疾病・負傷が同一か別かに関係なく、傷病手当金を受給することはできません。 休業補償給付と傷病手当金は、「労務に服せない期間の所得保障」を目的としており、2重の給付は行われません。 労災保険の給付は健康保険の給付に優先して行われるため、この場合は休業補償給付が優先して支給されます。 休業の原因となるそれぞれの疾病・負傷の発生時期は関係ありません。 ただし、休業補償給付の額よりも傷病手当金の額の方が上回る場合は、その差額が傷病手当金として支給されます。 また、休業補償給付が終了した後に、業務外の怪我や傷病のために労務不能の状態となった場合は、傷病手当金を全額受給することができます。 「業務外の出来事なのですが、先日、飲食店で見知らぬ客と言い争いになり、傷害を受けました。 その際の骨折による整復術後の療養のため、医師が1ヶ月間労務不能と判断しました。 これにより傷病手当金の請求をしたいと考えています。 」 このような事象について傷病手当金の請求は可能でしょうか? A 健康保険法第117条により不支給となる可能性がございます。 「被保険者が闘争、泥酔又は著しい不行跡によって給付事由を生じさせたときは、当該給付事由に係る保険給付は、その全部又は一部を行わないことができる。 」と定めているためです。 なお、従業員の方が今回の傷害について健康保険証を使用して診療を受けた場合、療養費の医療機関への支払は、「第三者行為による傷病届」をご提出していただいたうえで、一旦、ご加入中の健康保険の保険者が立替払いをしますが、後日第三者に請求することになります。 一方で、傷病手当金は上記にいう、賃金には含まれないので、協定を結ぶ必要はありません。 しかしながら、本人の同意を得ないまま、勝手に傷病手当金と社会保険料等の相殺を行うことは、法的に問題があります。 したがって、傷病手当金の申請を行う際に、本人からの同意を取った上で、相殺をすることが望ましいと言えます。 また、傷病手当金の支給額・実際に立替えた金額・立て替え金を差し引いた後の支給額の内訳明細を健保組合から届く支給決定額の案内とともに、該当する社員へ案内することをお勧めします。 健康保険から傷病手当金を受給している途中ですが、退職後も傷病手当金は貰えるのでしょうか? A 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていれば、退職後も、引き続き残りの期間について傷病手当金を受給することが可能です。 具体的には、以下の要件を全て満たしている事が必要です。 たとえ1日のブランクがあっても不可です• 会社が違っても1年間継続して被保険者であれば問題ありません• 保険者が違っていても問題ありません• 土日祝日や、会社の公休日でも可です。 基本的には、1年に3回以下しか支給されない一般的な賞与であれば、休業期間中に支給された場合でも、傷病手当金を減額されずそのままもらうことができます。 また、お役立ちコラム「 」にも記事を掲載しております。 是非ご覧ください。

次の

傷病手当金の代理受領は違法?

傷病 手当 金 社会 保険 料

記事の目次• 普段は天引きで支払われている 「社会保険料の支払い」と言われても、イマイチピンときにくいという人は多いのではないでしょうか。 それもそのはずで、我々は普段自分から能動的に社会保険料の支払いを行うことはないからです。 しかし我々は、社会保険料を毎月きちんと支払っています。 そのカラクリは非常に簡単で、我々は仕事をすることで毎月の給料を得ていますが、その給料が我々の手元に届く前に社会保険料が天引きされているのです。 よく給料に関して「額面」と「手取り」という言葉が使われると思いますが、額面と手取りの間に差があるのは、社会保険料のようなものが天引きされた上で我々の手元に「給料」として届くからです。 ですから、会社で働き始めてから定年退職するまでに一度も休職したことがないというような人は、自分の手で社会保険料を支払うこともないのです。 ちなみに社会保険料は、会社負担分と従業員負担分があり、社会保険料の全てを従業員が負担しているわけではありません。 社会保険料の負担額は、会社と従業員で折半しています。 なお、給与明細の控除項目に記載されているのは、従業員負担分のみの社会保険料です。 休職中でも社会保険料は発生 病気やケガなど何らかの理由で、休職しなければいけなくなった場合、給与が支払われない場合があります。 しかし、無給であっても社会保険料は発生しますので、給与から天引きできない場合は、会社から支払いを求められます。 ただし、休職中は会社が従業員の社会保険料を立て替えて、復職後支払ってもらうというケースもありますので、会社の就業規則を確認してみるといいでしょう。 なお、休職中であっても社会保険料の負担額は変わりません。 育児休業は社会保険料が発生しない 育児休業の場合は社会保険料が免除されるため、休職していても社会保険料は発生しません。 また、社会保険料が発生しなくても、保険は失効するわけではなく、休暇期間中も社会保険料を支払った期間とみなされます。 社会保険料が免除になる期間は、育児休業を取得した月から、終了の前月までです。 なお、男性が育児休業を取得したときも適用されます。 社会保険料には何が含まれている? さてここまで当たり前のように「社会保険料」と言ってきていますが、実は社会保険料とは単一の費用の名称ではなく、色々な費用を合算したものが便宜上「社会保険料」と呼ばれているのです。 給与明細や源泉徴収票に「社会保険料」と記載されても、中身がどういったものなのかよくわからないという方もいるでしょう。 そこで、社会保険料の中身にはどのような費用が含まれているかをザッと以下に挙げてみました。 健康保険料• 厚生年金保険料• 雇用保険料• 介護保険料• 労災保険 企業によって社会保険料の内訳が異なる場合もありますが、基本的にはこのような費用で社会保険料は構成されています。 意外と色々なものが含まれている こうして改めて確認してみると、意外と色々な費用を会社が天引きで支払ってくれていたんだなということが分かります。 しかもこれらはそれぞれ管轄する役所なり組織なりが異なるので、自分で支払わなければならないとなるとものすごく煩雑な手間がかかってしまうでしょう。 社会保険料の天引きという便利なシステムのおかげで、我々は知らず知らずのうちに快適な生活を送ることができていたわけですね。 天引きできない場合の対処法は? しかし、休職中には給料の支払いがありませんから、当然「給料から天引き」ということもできなくなってしまいます。 では、休職中の社会保険料の支払いはどのように扱われるのでしょうか。 会社が一旦立て替えてくれる まず考えられるのは、会社が一旦社会保険料の支払いを立て替えてくれるというパターンです。 社会保険料の支払いが行えるのも、そもそも給料をきちんともらえているからであって、休職中で給料もない状態で社会保険料の支払いは行え、というのはなかなか酷なことですからね。 この場合は、休職中に社会保険料の支払いの心配をする必要はありませんが、復職した後に休職期間中に会社が立て替えておいた社会保険料の支払いを行うように求められます。 つまり、復職して早々にまとまった金額の出費が発生することになりますが、休職期間中にお金の心配をすることに比べたらいくぶんマシではないでしょうか。 よく「復職してから最初にもらう給料の手取り額が異常に少ない」という話を聞きますが、これはその給料から会社が肩代わりしていた社会保険料代をまとめて天引きされていることが大きく影響していると考えられます。 会社から毎月請求書が届く もう1つ考えられるのは、今までは毎月支払っていた社会保険料なのだから、休職中であろうとも関係なく毎月払うというパターンです。 ただしこの場合は給料からの天引きができないため、休職期間中は毎月会社から社会保険料の支払いに関する請求書が届くことになります。 その請求書に応じて、貯金などを切り崩しつつ社会保険料を支払っていきましょう。 これら2つのパターンのうちどちらが適用されるかは会社によって異なりますが、いざ休職するとなった際には人事担当者などから説明を受けることになると思います。 ちなみに筆者も以前サラリーマンをしていたころに休職したことがあるのですが、その際には休職前に社会保険料に関する説明を受けたのですが、適当に聞き流していました。 そして復職後、会社が立て替えてくれていた社会保険料が天引きされた給与明細を見た時に金額の意味が分からず、「一回休職するとこんなに給料下がるの!? 」と焦ったことを覚えています。 皆さんが休職する際には、きちんと説明を聞くようにしてくださいね。 支払えない場合はどうすればいい? 先ほど説明した休職期間中の社会保険料の支払いに関して、後者のパターンが適用される場合には、無給状態の中社会保険料の支払いだけは行わなければならない、ということになります。 貯金もそれなりにあるから大丈夫という人であれば問題ありませんが、そのような余裕もなく支払えないという人はどうすればいいでしょうか。 一旦立て替えてもらえないか相談 やはり、給料という収入が無い時に支払わなければならないのは非常にしんどいものです。 そんな時には「毎月支払う」という方針で一度決定したものの、会社に一旦立て替えてもらう方針に変更してもらえないかということを確認してみるといいでしょう。 会社によっては「うちの会社は原則こっちの方針でいく」というように方針が決められているところもありますが、社員の希望に対して柔軟に対応してくれるところもあります。 相談してみてやっぱりダメだったという可能性もありますが、とりあえず聞いてみて万が一変更してもらえればラッキー、ぐらいの感じで聞いてみるといいでしょう。 なお、人事部など、就業規則に詳しい人に相談するのがおすすめです。 上司に相談しても就業規則にはあまり詳しくないという場合もありますので、最初からプロに相談した方が余計な手間がかからない可能性があります。 ボーナスがあればそれで相殺も可 休職中で給料がないという場合でも、ボーナスは支払われます。 なぜならボーナスは、半年に1回出る会社であれば、その半年間の仕事ぶりや業績に対して支払われるものだからであり、直近2・3か月程度の休職であれば十分ボーナスの支払い対象になるのです。 その場合は、支払われるべきボーナスと社会保険料を相殺してもらうことも可能です。 給与支給がないので、ボーナスから支払うのは少し痛手かもしれませんが、支払いができないよりはましです。 会社にボーナスで社会保険料を支払いたい旨を相談してみましょう。 ただし相殺できるのは、休職を始めた月~ボーナスの支払い月の間の社会保険料だけであり、今後2・3か月程度は休職することを見越してその分の社会保険料もボーナスと相殺してもらう、というような支払い方はできません。 また、休職期間が半年以上になってしまうと、ボーナスも支給されなくなってしまう可能性があるので、休職期間が短めの方向けの方法と言えるかもしれません。 退職金で相殺してもらう 最後に考えられるのは、退職金で相殺するという方法です。 休職期間が長期に亘ってくると、そのまま退職するという選択肢も頭に浮かんできます。 そうなった時に退職金を支払ってもらえる会社は多いと思いますが、社会保険料の支払いが滞っているのであれば、退職金で社会保険料の精算をしてもらいましょう。 退職金はそれなりにまとまった金額が支払われるため、社会保険料の支払いをかなり滞納していたとしても、退職金で相殺できないということはないはずです。 本来であれば退職後、新しい仕事を見つけるまでの生活費などに充てたい退職金ですが、社会保険料が支払えていない以上、背に腹は代えられないと言えるでしょう。 休職期間中に入ってくるお金は? 休職期間中は給料がないということは先ほどからお伝えしていますが、では休職期間中は全くの無収入ということになるのでしょうか。 給料以外で、休職期間中に入ってくる可能性のあるお金に関して考えていきます。 傷病手当金 まず考えられるのは傷病手当金です。 傷病手当金は、休職期間中に全国健康保険協会 協会けんぽ から支払われるお金であり、休業中の被保険者の生活を保障するために設けられています。 休職すると収入がなくてってしまい、生活が困窮し治療費も払えないなど、被保険者やその家族の生活が困難になってしまうのを防ぐ制度といえます。 傷病手当金を受け取るためには「仕事に就くことができない」「連続する3日間を含み4日間以上仕事に就けない」などの条件を満たす必要がありますが、休職している場合であれば条件を満たすことは可能でしょう。 休業期間中の主な収入となる手段ですが、申請しないと受け取ることができないので、休職している場合には必ず申請するようにしましょう。 なお、申請手続きには、傷病手当金申請書が必要です。 申請書は、加入している協会けんぽや保険組合へ問い合わせて取り寄せるか、ホームーページからダウンロード可能な場合もあります。 申請書以外にも添付書類が必要な場合がありますので、よく確認しておきましょう。 また、会社からも記入してもらう必要があるので、あらかじめ会社に相談しておくといいでしょう。 副業での収入 そして、休職している本業の他に副業を行っている人であれば、そちらからの収入はストップせずに入ってくるはずですよね。 そういった予備の収入がある人であれば、社会保険料の支払いが難しいということはあまりないかもしれません。 しかしここで1つ気になるのは、「本業を休職しているのに、副業とは言え継続して働き続けていいのかどうか」ということです。 結論から申し上げておくと、それに関しては心配する必要はありません。 仕事を休職するのはあくまでも、「心身ともに健康な状況になれるようにリフレッシュするため」であり、本業を休職しているからと言って副業まで休まなければならない理由はありません。 本業を休業しているからといって、家で何もしないままダラダラし続けていると精神衛生上よくないこともありますから、副業を行うことで適度にガス抜きをしたり社会との接点を持ったりしておくことはかえってプラスに働くぐらいです。 ただし、腰を痛めて本業を休職しているのに、副業で肉体労働をガンガンするというのはどう考えても筋が通らないですよね。 副業を行うにしても、体を休める必要があるのであれば事務的な作業を行うだけにしておくなど、本業に復帰するために差し支えのない程度にとどめておくようにしましょう。 また、フルタイムの会社員などは、副業を勤務先が認めていない場合があります。 しかし、復職するためのリハビリ程度であれば、認めてもらえる可能性もありますので、事前に副業をしてもいいか勤務先に確認しておくといいでしょう。 しかし、傷病手当金も受け取ることができず副業も行っていないというような人も中にはいるでしょう。 そういった人はどのように対処すればいいのでしょうか。 私物を売ってお金を得る 入ってくるお金がないのであれば、自分でどうにかしてお金を作るしかありません。 そのための方法として最も手っ取り早いのが、私物を売却するという方法です。 自宅に貴金属やブランド物のバッグ・財布などがあれば、それを質屋や買い取り専門店に持ち込むことで数万円~ 物や量によっては 十数万円程度で買い取ってもらうことが可能です。 それだけのお金があれば、社会保険料の支払いに苦労することはないでしょう。 また、そういったお店では買い取ってもらいにくいようなものでも、インターネットオークションを利用することで、売却できることもあります。 まずは自分の身の回りのものを最大限活用して、お金を作る方法を考えるようにしましょう。 その方法として有力なのは、カードローンを利用するという方法です。 無担保で利用することができるので多くの人が利用できる可能性がありますし、最短即日で融資を受けられるので支払いを急かされているような場合でも頼りになる存在です。 ただし、お金を「得る」のではなく「借りる」という方法である以上、後々返済しなければなりません。 そろそろ仕事に復職できそうだからそれ以降に入る給料で返済が行えそうだというように、返済の当てがある上で利用するのが理想的だと言えるでしょう。 そして、その審査の過程で現在休職中であるということが判明してしまうと、返済の安定性に疑問符が付くという理由で、審査に通過できず融資が受けられないという可能性も十分に考えられます。 そのような場合は金融機関から借り入れるのではなく、周囲の人の助けにすがってみましょう。 あなたが休職中で、復職に向けて努力しているということを知っている人であれば、多少なりとも金銭的な支援をするのはやぶさかではないという人がきっといるはずです。 特に、同居親族であれば現状を見ているわけですし、きっと助けになってくれるでしょう。 金融機関から借り入れを行う場合だと必ず返済をしなければなりませんが、周囲の人から借り入れを行う場合であれば「復職して収入が安定してからでいいよ」と言ってもらえる可能性もあります。 うまく復職できてお金の返済が行えるときには、しっかりとお礼の言葉を添えることを忘れないようにしましょう。 休職中の他の税金の取り扱いは? 社会保険料の他にも、給与から天引きになっているものに所得税や住民税があります。 休職中に所得税や住民税はどのように取り扱われるのか見てみましょう。 所得税 所得税は、働いて給与をもらった時点で発生します。 ですので、休職中で給与が支給されていなければ、支払い義務はありません。 住民税 住民税は、前年の収入によって決まります。 よって、休職中で給与支給がなくても、前年に働いて給与をもらっていれば、休職中でも支払いの義務が生じます。 休職中に住民税の金額を用意することは難しいため、事前に住民税の支払いができる程度の収入は確保しておいてください。 まとめ 以上、休職中の社会保険料の支払いに関しての説明を行ってきました。 普段あまり意識する問題ではないため、いざそのような状況になってからでないと考えないという人も多いでしょう。 しかし常に意識しておくかどうかはさておき、事前に知識として知っておけるかどうかで休職する際にとれる対応の精度にはハッキリとした差が生まれることは間違いありません。 休職をしなければならない時というのはただでさえ心身ともに疲れ切っている可能性が高いため、これ以上別の問題を抱えることのないように、社会保険料の支払いにどう対応するかというのはあらかじめ考えておいてもいいかもしれませんね。

次の

病気やケガで会社を休んだとき

傷病 手当 金 社会 保険 料

元気で働いているサラリーマンの人でも、万が一病気や怪我で仕事を休まなければならなくなったときは給料がもらえず、とても不安になりますよね。 そんなとき心強いのが傷病手当金の制度ですが、もし傷病手当金から税金が引かれてしまうと手取りが少なくなり、せっかくもらえるはずの金額が少なくなるとがっかりしてしまいそうです。 そこで、この記事では 「傷病手当金から所得税や住民税などの税金は引かれてしまうのか」について、• 傷病手当金の所得税や住民税などの税金における課税区分• 傷病手当金と税金に対する疑問• 傷病手当金と社会保険料の関係 以上のことを中心に解説していきます。 この記事を読んでいただければ、傷病手当金と税金の関係について詳しく知ることができ、万が一の際に慌てずに備えることができます。 是非最後までご覧ください。 また、勘違いが多いこととして傷病手当金を受け取ったとき、 医療費控除の対象となる医療費から差し引かなければならないのかという点です。 医療費控除は、年間の医療費から、その 療養行為にかかる医療保険の給付金や高額療養費などの給付金は差し引かなければならないことになっているためです。 医療費控除は、療養にかかった支出額のみが控除できる制度のため、支出を減らす上記のような給付金は控除額から減らさなければなりません。 しかし、傷病手当金は療養行為にかかる費用を補填するためのものではなく、生活保障のための給付金であり、 直接的に医療費を軽減するための給付金ではありません。 そのため、傷病手当金は医療費控除の対象となる医療費からは差し引かなくて良いこととされています。 まず、傷病手当金をもらっている期間中でも 住民税の支払いは必要です。 住民税は、前年度の所得に応じて翌年度6月から税金を納付することとなっています。 給与所得者であれば特別徴収により毎月給与から天引きされますが、療養期間中は給与をもらっていないと考えられるため、給与からの天引きができません。 しかし、その場合でも毎月の住民税は納税しなければならないため、逆に 住民税額を会社に支払わなければなりません。 また、退職した場合は普通徴収により個人が納めなければならず、傷病手当金をもらっているからといってその住民税が免除されるわけではありませんので、ご注意ください。 ただし傷病手当金をもらっているときは、その分給与所得も減っていると考えられるため、翌年分の住民税額はその分安くなります。 また、傷病手当金をもらっている最中でも、会社に在籍している間は社会保険に加入しており、 社会保険料の支払いも必要になります。 社会保険料は、住民税と同様に毎月の給与から天引きされ、会社が個人に代わって納付しています。 このため、給与が発生していない場合は給与からの天引きができませんので、住民税と同様に社会保険料に該当する金額も会社に支払わなければなりません。 なお、会社に支払うときには以下の2つのパターンが考えられます。 毎月、会社から個人に社会保険料および住民税相当額の振込依頼通知が来る• 復職時に、休職期間中の社会保険料および住民税がまとめて請求される 会社によっては、一度会社が立て替えておいて、復職後に少しずつ天引き額を上乗せすることで、従業員の負担感を少なくしてくれることもあります。 しかしいずれにせよ 支払いが免除されることはありませんので、どのように支払っていくかは会社としっかり相談しておきましょう。 また、傷病手当金を受給中にやむを得ず会社を退職するケースでは、療養後に再就職のため 失業給付を受給することもあるでしょう。 失業給付は働くことができ、なおかつ就業の意志のある人が、就業までの生活費として給付を受け取ることができる制度のため、傷病手当金と重複して受給することは制度の理念上ありません。 しかし、療養が終わった後は再就職のために活動をするという人も多いでしょう。 そんなときは失業給付に税金がかかるのかは気になるところですが、失職給付は最低限の生活の保障のための給付であり、所得とはみなされません。 そのため、 所得税や住民税がかかることはありません。 また失業給付も傷病手当金と同様に、所得税の課税対象ではないということは確定申告や年末調整における所得税の精算については申告不要となります。 ここまで傷病手当金と税金に関する疑問等について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 傷病手当金は所得税や住民税などの税金がかからない• 傷病手当金を受け取った年度は、確定申告や年末調整は不要• 傷病手当金を受給して年間収入が130万円を超えると社会保険の扶養に入れない です。 配偶者の扶養に入っている場合はその年の収入額だけに注意していれば、他に傷病手当金を受給することによるデメリットは特にありません。 せっかく高い社会保険料を支払っているので、万が一就業が難しくなるような怪我や病気となってしまった場合は、必ず傷病手当金を申請するようにしましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の