なれ の 果て の 僕ら。 『なれの果ての僕ら』漫画のネタバレ感想!─52時間─の善性が試される極限サバイバル

なれの果ての僕ら【2巻ネタバレ】制御の利かないカオスな人間関係に発展!?

なれ の 果て の 僕ら

2020年5月27日発売の週刊少年マガジン2020年26号で、『なれの果ての僕ら』19話が掲載されました。 なれの果ての僕ら19話は、面談を終えたみきおは歓喜しながら皆に会えて良かったと、人は憎いほど可愛いと言って皆が待つ教室へと行きます。 おかげで有益な情報が取れたと言いつつ、みきおは昨日の事実確認をしようと言い出しました。 昨日の夜中、教室の外に出た人がいたとみきおは言うと共に出たのは安藤だと言ったのです。 そう言われた安藤自身は何故か言いづらそうにしていました。 果たして、坂本を始末したのは本当に安藤なのでしょうか。 本記事では、なれの果ての僕ら19話『蜘蛛の糸』のあらすじと感想を紹介していきます。 なれの果ての僕ら19話のあらすじネタバレ ネズ達との面談を終えたみきおはその結果を書き記したメモを天井へとばら撒き、こんなことまで話してくれるなんてと言いながら大の字になって紙のシャワーを浴びていました。 そして皆に出会えて良かったと、人は憎いほど可愛いと呟くみきお。 教室へとやって来たみきおは皆に面談をしたおかげで有益な情報が引き出せたと喜びながら言います。 情報と言っていたことから皆は坂本が誰に始末されたのか分かったのではないかと思って、みきおを問い詰め始めたのです。 しかし、みきおは気になる人って言っただけなのにさっきの面談で坂本が誰かに始末された疑いのある人を言うんだよねと言いました。 そう言う事なのでみきおは次の実験に移る前に昨日の事実確認をしようと言い出し始めたのです。 水野は教室の外には誰も出てないと言うが、みきおは夜中に教室の外に出た人がいたという証言が取れたと言います。 教室の外に出たのは安藤だと言うみきおに、皆はざわつき始めました。 安藤は反論をしようとしていたが、みきおが証言が取れているから言い訳出来ないと封殺したのです。 安藤は教室の外へと出たのは事実だと認めましたが、トイレへ行っていただけで坂本を始末したわけではないと弁明します。 しかし、証言では20分くらい教室の外に出ていたのにトイレなのはおかしいと言うみきお。 そうしたらしょーやんが安藤に食って掛かり、お前がやったんだろうと問い詰め、止めようとする未来も突き飛ばしました。 こうまで問い詰められても安藤は応える気がありませんでした。 そうしたら倉本がもういいんじゃないかと提案すると、安藤は言わないでと激しく反発しました。 しょーやんは倉本に何か知っているのか、坂本を始末したのはお前かと、安藤と共犯なのかと問い詰めますが倉本は安藤のために口を割らないつもりでした。 なら殴ってでも聞き出そうとするしょーやんを見て、安藤は喋るからやめるように言います。 安藤が教室の外に出た理由は生理が起きたからで処理に時間がかかったからでした。 倉本も安藤が荷物を取りに教室に来たのを見ていて、恥ずかしいから言わないでほしいと口留めされていたと言います。 しょーやんは余り納得できておらず、証拠を見せろとまで言ってきて及川も同調し始めたのです。 事の成り行きを見守っていたみきおは安藤が教室から出ていた時間は10分ちょっとだから坂本を始末するのは不可能であると言いました。 しょーやんは20分って言っただろと言うとみきおはそれは証言の話であって自分が言ったわけではないと、自分が言った情報を聞いて勝手に判断したのはそっちだと言いました。 そして蔑むような顔をして自分の頭で考えずに不確かな言葉に踊らされる人にとっては勘違いしやすかったかもと言ったのです。 そもそも安藤の話をした際に誰かが監視カメラはと言えば、安藤が犯人じゃないとすぐ言ったのにと言いつつ、不確かな情報で安藤を傷つけたとみきおは言うとしょーやんに恥を知れと言い放ちました。 続けてみきおはネズ達の教室以外の教室の監視カメラが隠されていたことを話しました。 倉本達は監視されながらだと寝られなかったと答えました。 そしてみきおは3つの教室にいた人のうち2人が安藤と同様に教室の外に出たという証言があったと言うと、皆は唖然としている様子でした。 そんな中、長谷部は2人のうちの誰かが坂本を始末したんだと思いつつ、出ていった人に心当たりがある様子でした。 そんな中、ネズはその2人以外にも外へ出た可能性があるのに2人だけ疑っても無駄に不安を煽るだけと言うと、みきおは正解と言いました。 そして皆にもっと疑い、自分の頭で考えて答えを導かなければ生き残れないと言うと、次の実験を始めると言いました。 時は事件後になります。 溝口は警察に実験の際に傷ついた箇所を見せると、みきおは悪魔だと言いました。 その際にみきおは何か予言めいた事を言っていなかったかと聞くと、分からないと答えたのです。 そして現在に至り、ネズ、未来、桜庭、黒田、溝口、長谷部、水野、雨宮、月岡、山口、しょーやんが手を縛られていました。 みきおはネズ達は罪人であり、縛られていない倉本、安藤、石井、及川、梶原、橘、小山内、早乙女、葉月、犬飼、は天使であると述べます。 今回の実験は花いちもんめ改であり、誰が必要で誰が不必要化を決める実験でした。 なれの果ての僕ら19話の感想と考察 今回の安藤の一件を使って、みきおは僅かな情報だけで安藤がやったと疑うのか、それとも安藤が本当にやったのかを疑えるを図ったのではないかなと思いましたね。 その結果、しょーやんを始めとした数人が疑ったのでみきおからしたら恥を知れと言うのもわかるなと思いますね。 情報を確かめもせずに平気で相手を責め、その人物が自ら命を絶つというケースがあるので今回の話でちゃんと情報を仕入れてから発言した方が大事だなと思いましたね。 次回20話はこの実験のルールが明らかになるのではないでしょうか。 本来の花いちもんめはそれぞれの組は手をつないで一列に並んで向かい合い、勝った組から「か~ってうれしいはないちもんめ」と歌の一節を歌いだして、歌っている組は前に進み、相手の組はあとずさりしてはないちもんめの「め」の部分で片足を蹴り上げます。 負けた組が「まけ~てくやしいはないちもんめ」と歌って、前に進んだ後に歌の一節を交互に歌いながら前後に歩きます。 歌が終わると、それぞれの組で相談して、相手の組から誰をこちらの組にもらうかを決め、それが終わるとそれぞれの組は手をつないで一列に並んで向かい合って前に進みながらもらいたい相手を披露し合うのです。 双方の代表者がじゃんけんを行い、勝った組の主張どおりにメンバーがもらわれていき、片方の組からメンバーがいなくなるまで続くものです。 みきおはこの花いちもんめを改造としたという事なので、天使側の面々が罪人の中からいらない人を決め、罪人は選ばれるものを当てて、当たったら罰は無しで当たらなかったら天使側の面々が決めた相手が罰を受ける事になるのではないでしょうか。

次の

なれの果ての僕ら【23話】ネタバレ最新話あらすじ感想|人間の証明

なれ の 果て の 僕ら

なれの果ての僕ら【2巻ネタバレ】 毒を盛られて死んでしまった相沢。 犯人探しが開始されていき、ネズの恋人である未来が毒の瓶を持っている事が判明。 相沢殺しの犯人扱いをされていくが、未来ではない理由が浮かび上がっていく。 それは未来の持っていた毒の瓶は未使用だったからである。 未来も相沢殺しを否定。 では、何故、毒の瓶を持っているのか問われていく未来。 ネズは未来が毒の瓶を盗んだ理由をわかっていた。 そして未来自身の口から毒を盗んだ理由が明かされていく。 『みきお君を殺すためよ!』 この現状を変えるには首謀者である夢崎みきおを殺す事が解決への糸口だと考えていた未来。 彼女の考えは賛否両論で意見が分かれていく。 暗い雰囲気の中、教室を出ていた山口といった女子が戻ってくる。 相沢が死んだ事に驚いていく。 教室で会議の末、怪しいのは教室を出ていたネズ、もしくは山口ではないかと議論が繰り広げられていく。 しかし、議論は平行線。 犯人も名乗り出ない状況。 一旦、お開きとなっていく。 同級生殺しの犯人が判明…!? 犯人は意外なところから判明していく。 議論がお開きなった後、空いていた部屋に山口を引張入れるショーヤ。 彼は動画配信者で職業柄、反射的に動画を撮ってしまう癖があった。 彼は自分が撮った動画を見返していて犯人を特定した事を告げていく。 『お前が相沢のコップに毒を入れるとこ…映っててさ』 山口が相沢殺しの犯人だったのだ。 ここでショーヤはある取引を持ちかける。 周囲に黙っててやるから 「ヤラせろ」といった下衆な取引である。 山口はショーヤを拒絶。 彼から逃げていく山口であったがショーヤが廊下に出て大声で相沢殺しの証拠動画を見せながら犯人を暴露していく。 犯人探しに意欲的であった水野。 山口を追いかけて捕まえる。 そして反抗しないように殴打。 さらに相沢の友人達が続くように山口を取り押さえていく。 四肢を拘束された山口に尋問が開始されていく。 山口が相沢を殺した理由…それは過去に苛められた事への復讐であった。 過去の苛めを暴露していく山口。 彼女は相沢、倉本、小山内の3人に苛めを受けていた。 カミングアウトと共に心情を吐露していく山口。 同級生達は山口の処分について議論を交わしていく。 そんな中、梶原といった男子がある提案をしていく。 『学級裁判しようよ』 学級裁判で決定されていく各々の処分方法 議論を聞いていたみきお。 彼も学級裁判に賛成であると教室に入ってくる。 裁判長はみきおとなり、山口の処分に対する学級裁判が開かれていく。 それぞれが意見を言い合う中、雨宮が 『山口が裁かれるなら過去に苛めていた小山内、倉本も裁かれるべきでは?』といった言葉を口に出しいていく。 雨宮の意見に賛同を示していく裁判長役のみきお。 これをきっかけに議論の流れが変わっていく。 最終的に多数決で決める事へ。 そして決定。 山口だけでなく、小山内、倉本も罰を受ける事へ。 議論は3人の量刑を決める話し合いへ。 そして判決が出ていく。 小山内、倉本は両手の指を一本ずつ砕かれる罰。 山口は片腕、片足の骨を砕かれる罰で決定していく。 次にその罰を実行する役を誰にするのか話し合いの場が持たれていく。 あくまでみきおは議論を円滑に進める為の進行役であり、罰に関して直接、手は下さないと語る。 誰も立候補しないのでみきおが決めていく。 それは学級裁判を発案して、3人の量刑を考えた人物・梶原を指名。 安全圏からただ石を投げていただけの梶原。 罰の実行役を指名された途端にビビっていく。 『逆らえば殺す』 みきおの決定を覆す事はできない状況。 ハンマーを手渡されていく梶原。 主人公の暴走!? 罰がスタートしていく。 ビビる梶原であったが、刑を執行しないと自分がみきおに殺されてしまう。 まずは倉本の両手の指1本をハンマーで叩いて骨を砕いていく。 続いて小山内。 しかし、梶原もパニック状態。 これ以上は無理だと叫んでいく。 そんな中、飛び出してくるのがネズであった。 梶原からハンマーを奪って小山内の指を問答無用で砕いていく。 さらにもう片方の指も破壊するネズ。 『こんなの誰がやっても同じだろ』 暴走するネズを黙らせていくみきお。 耳元で何かを呟き、みきおはネズを気絶させていく。 目が覚めるネズ。 意識が無くなっている間に起こった出来事の説明を受けていく。 みきおは新たなゲームを仕掛けようとしていた。 その準備として5人〜6人でグループ分けがされていた。 さらにグループからリーダー、副リーダーが決められていた。 ネズの所属するグループのリーダーはネズ。 副リーダーは6年2組の元先生である。 スタンフォード監獄実験の模倣がスタート!? みきおから各グループのリーダー、副リーダーは集合命令がかかる。 そして、みきおはこれから開始するゲームの説明をしていく。 各グループのリーダー、副リーダーは看守役。 メンバーは囚人役となる。 そして看守役は囚人に何をしても良いと伝えていく。 さらに囚人に対して肉体的ダメージを与えればポイントを付与。 最終的に一番ポイントが低いグループの看守役には死んでもらうと伝えていく。 スタンフォード監獄実験を模倣したゲームが開始されていく。 ちなみに全グループが同点なら皆を解放すると口にするみきお。 それぞれのグループリーダーの考えは一致していく。 メンバーに何もせず、0ポイントで終わらせる事であった。 しかし、月岡チームではイザコザが発生。 トラブルを引き起こしたショーヤに対して月岡は平手打ち。 ポイントが加算されてしまう事態へ。 ゲームの終了時刻となって再び集められる各リーダー、副リーダーの面々。 みきおから結果発表がなされていく。 4チームある内の3チームは見事に0点であった。 しかし、月岡チームだけ2,530点を記録。 月岡チームで何が起こったのか様子を見に行くリーダー達。 教室は凄惨な光景が広がっていた。 新たな悪意が花開く!? 月岡チームで巻き起こった事が明かされていく。 月岡は隣のネズグループから大きな音と声を感知していた。 (ちなみに遊びの一環で出た言葉や音である)そしてネズが裏切ったのではないかと疑心暗鬼へ。 メンバーに裏で行われているゲームを説明する月岡。 ここから月岡が暴走をしていく。 最下位を免れる為にメンバー内でポイント稼ぎの簡単な暴力が開始されていく。 しかし、次第にヒートアップ。 考えの掛け違いから月岡チームではリーダーと副リーダーが暴走を起こしていた。 今回のゲームで誰でも死ぬ事はなかったが月岡チームには遺恨が残っていく。 そんな激動の夜が終わって翌朝。 廊下に佇むみきお。 その光景を目にしたネズは嘔吐。 洋服から坂本だと断定された一人の男が床に倒れていた。 顔の鼻から上が潰されたような状態で…。 『知らない…俺はこの死体について何も知らない』 『誰だ彼を殺したのは?』 2巻は終了である。 なれの果ての僕ら【2巻の感想】 極限状態に追い込まれた人間の善悪を見極める物語。 みきおは何やら目的あって今回の事件を起こしているようだが真相は未だ不明。 また途中、途中に事件後の生き残った人物の取り調べ風景が描かれていく。 ここで何やら、ネズが暴走していくような意味深発言をする人物などがいる。 この事件、一体どんな結末が待ち構えているのか…。 監禁の3日間が描かれる漫画なので5巻前後辺りで完結になると思われる作品。 得体の知れないスリルが味わえるサスペンス漫画。

次の

なれの果ての僕ら17話ネタバレ考察感想あらすじ!不人気投票の結果は!?

なれ の 果て の 僕ら

なれの果ての僕ら【ネタバレ】 1話ネタバレ 冒頭、主人子であるネズに 『友達って素敵だね』と微笑ましく語りかける夢崎みきお。 息荒いネズは銃口を夢崎に向けていた。 そして、この物語で巻き起こった出来事がモノローグとして最初から語られていく。 首謀者である夢崎みきおは小学生時代の6年2組の同級生を同窓会と称して招集。 約3日間、監禁していく。 その3日間で計12名が命を落とした事が明かされていく。 中には首謀者であった夢崎みきおもいる。 最初に物語の結末が語られた後、結末に至るまでの過程が描かれていく。 主人公のネズは未来といった女性と交際。 未来も同じく小学校以来の同級生。 そして同窓会の招待状が2人に届いており、参加を決意していく2人。 ちなみに同窓会の企画をしたのは夢崎みきお。 同窓会当日。 恐らく同級生の面々は現在、高校生なのかな。 久し振りの再会で成長した各々を見て盛り上がっていく。 垢抜けた者もいれば、老けた者も…。 元6年2組の面々がほぼ揃った所でロッカーから登場してくる夢崎みきお。 これで全員集合かと思う面々であったが谷口といった同級生が訪れていなかった。 しかし、夢崎みきおは言う。 『谷口君ならこの教室にいるよ』 徐ろにおかれたダンボールの中を覗くとバラバラに切り刻まれた谷口の死体。 一瞬で教室内はパニック。 さらに淡々と言葉を放つ夢崎。 谷口は同級会の参加を断ったから自分が殺したと語る夢崎。 タカポンといった人物はパニックで外へ出て警察を呼ぼうとしていく。 階段に罠が仕掛けられており、硫酸を浴びて死亡。 夢崎は逃げようとした罰だと語る。 そしてポケットから本物の銃を出して動揺と困惑する同級生達を脅して従えていく。 妨害電波でスマホも使えず監禁される事になった6年2組の同級生達。 夢崎みきおの目的は 『人の善は極限状態でどこまで耐えられるか』それを試したかったと語りだしていく。 動揺が広がる教室で夢崎はネズにシロップを飲ませていく。 そして実験開始である。 ネズの飲んだシロップは毒入りだと明かす夢崎。 彼を助けるなら指名した人が同じ毒を飲んでもらうと語る夢崎。 そうすれば解毒剤を渡すと…。 さらに3人全員が毒を飲み回せば解毒剤は3人に行き渡り、誰も死なず全員が無事生還できると伝えていく。 夢崎に指名される溝口といった男。 しかし、彼は疑心暗鬼になり毒入りシロップを飲まなかった。 夢崎は笑いながら種明かし。 これはまだチュートリアル。 毒入りシロップは嘘。 でもここから本番だと明かす夢崎。 次は本当に毒入りシロップを飲み、全部で7回のリレー。 飲み回しを成功させたら実験終了だと語る。 真意が不明な夢崎の人間の本性や善悪を暴く実験開始されていく。 2話ネタバレ 毒の飲み回しリレー。 最初は溝口からスタートしていく。 夢崎がくじを引いて当選した人物が次の毒を飲む。 飲めば前の人間には解毒剤が渡されていく。 続いては橘といった男。 小学生時代は委員長であった。 彼は毒を飲み、溝口は解毒剤を打ってもらい助かる。 続いては雨宮といった女性が指定される。 実は彼女…小学生時代、委員長に弄ばれて恨みがあった。 過去を懺悔して詫びを入れれば毒を請け負って助けると語る雨宮。 死にたくない委員長は形式的に土下座して謝るがあくまで助かる為の形式である。 心が籠もっていなかった。 それでは納得しない雨宮。 しかし、委員長も本音を見せていく。 『ふざけんな…無価値な人間のくせに…お前が死ねクソアマぁ…』極限で心の声が漏れてしまう委員長。 そして毒を飲む雨宮。 委員長の本性を皆に知ってもらえて満足だと明かす雨宮。 そんな雨宮を追い詰めていく夢崎。 彼は自分に感謝の言葉を言わないとくじを引かないと告げていく。 雨宮から感謝の言葉を得た夢崎。 くじを引く。 次は3人を指定。 その3人の誰かが毒を請け負えばOKという内容だった。 選ばれたのは長谷部、黒田、水野といった3人の男。 しかし、責任のなすりつけで誰も毒を飲もうとしない。 そこで雨宮は黒田を隣の教室に呼び出していく。 『黒田くんお願い…毒を…その代わり、私のこと好きにしていいから…』 3話ネタバレ 清々しい表情で戻ってくる黒田。 毒を請け負っていく。 別室での出来事を明かす黒田。 雨宮の感動話に心が動いたと語る。 しかし、勘の良い人物達は雨宮が黒田を誘惑したと感づいている。 雨宮は助かり、続いて小清水といった女子が選ばれる。 彼女は雨宮の親友である。 黒田を蔑む目で見る小清水。 怒りを黒田にぶつけつつ、ヤケクソになって毒を請け負う小清水。 これで黒田は助かって毒の巡回は現在、小清水。 続いての請負人。 それは小清水を親友でなければならない…そんな難しいくじ引きカードであった。 人望のなかった小清水。 唯一の親友である雨宮は既に順番が回っているので立候補できない状態。 ここでネズが小清水の親友だと名乗って毒を請け負う覚悟を見せていく。 しかし、夢崎から絶望の親友クイズが出題される。 親友なら簡単にわかるクイズである。 しかし、実際問題…ネズと小清水にほとんど接点はない。 ネズは答えられず時間はタイムリミット。 毒が回った小清水は血反吐を出して暴れまわり…帰らぬ人へ。 『もう一回やり直しだね。 最初から』 笑顔で告げる夢崎。 4話ネタバレ 自分が出しゃばったせいで小清水が死んだと責任を感じていくネズ。 続いてのトップバッターは小清水を助けられたのに助けなかった倉本といった女子。 そして毒の7回リレーは成功する。 この日の夢崎の実験は終了。 調理実習室にカレーを用意しているから食事をして欲しいと明かす夢崎。 カレーへの毒を心配して信用できない面々。 ネズが無言で毒味をしていく。 その後、責任を感じているネズは同級生達に告げていく。 『絶対、脱出方法を見つける…もう誰も殺させない!』 そんな中でネズの発言に批判的な人物が登場。 山口といった女子だ。 ヒーロー振るのはやめろと告げていく。 あんたが出しゃばった事で小清水は死んだと語る山口。 彼女の意見に賛同する人物も現れていく。 そしてどこか影を落とす雰囲気を漂わせる山口。 小清水の遺体を動かそうと教室へ戻るネズ。 そこには夢崎がいた。 彼は毒の入ったアタッシュケースをネズに見せていく。 17本あったはずの毒の瓶が15本になっている。 つまり何者かが2本持ち去った可能性があると告げていく。 場面は変わって事件後、事情聴取に語る倉本の姿。 『もう一人殺したのは夢崎じゃなかった…あいつが自らの意思で…』 5話ネタバレ 夢崎に急かされて調理実習室に戻るネズ。 教室は責任のなすつけで荒れていた。 そしてネズは落ち着かせて皆に告げていく。 毒の瓶が2本無くなっていると…。 ネズの告白によって阿鼻叫喚状態の教室。 パニック状態へ。 『カレーに毒…それはないよ…だったらなんで私だけ体がこんなに熱いの?』 相沢といった女子が顔面蒼白で倒れ込んでいく…。 そして血反吐。 毒はカレーではなくコップの水に含まれていた。 そのまま苦しんで死亡する相沢。 水野といった男が身体検査を提案。 犯人が見つかったら秩序を守る為に制裁を与えると語る水野。 男女別々に分かれて身体検査。 女子の方から物騒な音が聞こえてくる。 女子側を見たネズは驚愕。 毒の瓶を隠し持っていた人物として捕らえられていたのは恋人である未来だったのだ。 ここで第1巻は終了。 次巻へ。 なれの果ての僕ら【感想】 ヒリヒリするような極限の状態が描かれていく人間模様。 人間の善悪や本性を暴く究極のゲーム。 夢崎の目的は一体なんなのか…。 そして1巻の終盤で現れた夢崎以外のモンスター。 その正体は本当にネズの恋人である未来なのか…。 嵌められたのか…。 疑惑、欲望、暴露、復讐、裏切りなど人間の裏がこれでもかと描かれていく禁断の漫画。 スリルと狂気の人間ドラマを楽しみたい人にはイチ推しできる作品。 首謀者の名は、夢崎みきお。 目的は「極限状態での善性を試す」こと…。 同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。 首謀者の名は、夢崎みきお。 目的は「極限状態での善性を試す」こと。 たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。 疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。 正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。

次の