あさ が や さん しまい。 あささんの家のオープンハウス、たくさんのご来場ありがとうございました!: ニコの気づきとカンサツ

編集長から : 親カツ!! : あさがくナビ(朝日学情ナビ) −就職活動応援サイト

あさ が や さん しまい

どうか声をかけてあげて下さい」と。 新次郎の寝ている脇に、家族が並び、新次郎が一人一人、言葉をかけました。 「榮三郎、ず~っと頼りないお兄ちゃんだったな。 堪忍やで」 「千代、ええお母ちゃんになったな。 千代のお蔭でな、わての人生、どんだけ華やいだ事か」 「啓介さん、よろしゅう頼みますわ」 啓介「千代も多津子もおなかの子も必ず守ってみせます」 「亀助…もうな…あさと2人にしてんか」 亀助「なんや、わて、やっぱりお邪魔みたいですな」 お邪魔というか、使用人なのに、ただ一人、家族に紛れて、一緒に並んでいて…(^^;) 新次郎「おおきにな。 今迄長い間…おおきに。 はあ…皆、おおきに」 うめと医者は別室にいました。 そこへ、あさ以外の皆が来て、部屋は新次郎とあさだけになりました。 新次郎は起き上がり、あさが後ろから抱きしめました。 新次郎「ほっとしましたわ。 思ってた事、ぜ~んぶ、言えましたさかいな」 あさ「ほんまだす。 あない無理して。 もうよろしいのやで。 誰にも気ぃ遣わんかてよろしいのや。 もううちしかいてまへんさかい。 ただ…こないさしとくれやす」と、新次郎の手を握る。 新次郎「はあ、あさの手ぇはやらかいなあ。 忘れんといてな。 いつも傍にいてるさかいな。 傍に…いてるさかい。 あさ…あ~さ…」 あさ、新次郎の顔を見て、 「旦那様?…旦那様!」 新次郎、亡くなっていました。 あさ、驚いて泣きました。 あさの泣き声を聞いて、別室にいたへえさんや藍之助などの使用人達も涙ぐみました。 使用人達がちゃんと一歩ひいて、別室で静かに新次郎を見守っていて、好感が持てました(^^) そして、お葬式。 沢山の人が弔問に来てくれました。 あさ、白い着物を着て、てきぱき、お茶を出したり、仕事をしていました。 はつも白い着物で、手伝うと言いました。 千代も白い着物で、手伝っていました。 あさは、涙を抑えきれなくて、縁側へ出ました。 「何見ても、旦那様の事、思い出してしまいますのや。 もう、うち、どないしたら…あかん… 寂しい。 寂しいおます」と、手で顔を覆って泣く。 庭の梅の木に5輪、花が咲いている。 あさの手から涙が流れ、その手に雨が… あさ、雨を見て、驚き、空を見上げる。 沢山、雨が降っている。 新次郎さんは最初から心が柔らかかったですが、あさも平塚明などとのやりとりを見ると、最近、柔らかい心になりましたね(^^) 次回は、遂に最終回。 Yahooのあらすじ ネタバレ によると、最終回は、Wヒロインのあさとはつが、今まで2人が歩んできた道のりを振り返るそうです。

次の

「あさが来た」なのですが、ふゆちゃんが旦那様に惚れてしまいました...

あさ が や さん しまい

どうか声をかけてあげて下さい」と。 新次郎の寝ている脇に、家族が並び、新次郎が一人一人、言葉をかけました。 「榮三郎、ず~っと頼りないお兄ちゃんだったな。 堪忍やで」 「千代、ええお母ちゃんになったな。 千代のお蔭でな、わての人生、どんだけ華やいだ事か」 「啓介さん、よろしゅう頼みますわ」 啓介「千代も多津子もおなかの子も必ず守ってみせます」 「亀助…もうな…あさと2人にしてんか」 亀助「なんや、わて、やっぱりお邪魔みたいですな」 お邪魔というか、使用人なのに、ただ一人、家族に紛れて、一緒に並んでいて…(^^;) 新次郎「おおきにな。 今迄長い間…おおきに。 はあ…皆、おおきに」 うめと医者は別室にいました。 そこへ、あさ以外の皆が来て、部屋は新次郎とあさだけになりました。 新次郎は起き上がり、あさが後ろから抱きしめました。 新次郎「ほっとしましたわ。 思ってた事、ぜ~んぶ、言えましたさかいな」 あさ「ほんまだす。 あない無理して。 もうよろしいのやで。 誰にも気ぃ遣わんかてよろしいのや。 もううちしかいてまへんさかい。 ただ…こないさしとくれやす」と、新次郎の手を握る。 新次郎「はあ、あさの手ぇはやらかいなあ。 忘れんといてな。 いつも傍にいてるさかいな。 傍に…いてるさかい。 あさ…あ~さ…」 あさ、新次郎の顔を見て、 「旦那様?…旦那様!」 新次郎、亡くなっていました。 あさ、驚いて泣きました。 あさの泣き声を聞いて、別室にいたへえさんや藍之助などの使用人達も涙ぐみました。 使用人達がちゃんと一歩ひいて、別室で静かに新次郎を見守っていて、好感が持てました(^^) そして、お葬式。 沢山の人が弔問に来てくれました。 あさ、白い着物を着て、てきぱき、お茶を出したり、仕事をしていました。 はつも白い着物で、手伝うと言いました。 千代も白い着物で、手伝っていました。 あさは、涙を抑えきれなくて、縁側へ出ました。 「何見ても、旦那様の事、思い出してしまいますのや。 もう、うち、どないしたら…あかん… 寂しい。 寂しいおます」と、手で顔を覆って泣く。 庭の梅の木に5輪、花が咲いている。 あさの手から涙が流れ、その手に雨が… あさ、雨を見て、驚き、空を見上げる。 沢山、雨が降っている。 新次郎さんは最初から心が柔らかかったですが、あさも平塚明などとのやりとりを見ると、最近、柔らかい心になりましたね(^^) 次回は、遂に最終回。 Yahooのあらすじ ネタバレ によると、最終回は、Wヒロインのあさとはつが、今まで2人が歩んできた道のりを振り返るそうです。

次の

あささんの家のオープンハウス、たくさんのご来場ありがとうございました!: ニコの気づきとカンサツ

あさ が や さん しまい

どうか声をかけてあげて下さい」と。 新次郎の寝ている脇に、家族が並び、新次郎が一人一人、言葉をかけました。 「榮三郎、ず~っと頼りないお兄ちゃんだったな。 堪忍やで」 「千代、ええお母ちゃんになったな。 千代のお蔭でな、わての人生、どんだけ華やいだ事か」 「啓介さん、よろしゅう頼みますわ」 啓介「千代も多津子もおなかの子も必ず守ってみせます」 「亀助…もうな…あさと2人にしてんか」 亀助「なんや、わて、やっぱりお邪魔みたいですな」 お邪魔というか、使用人なのに、ただ一人、家族に紛れて、一緒に並んでいて…(^^;) 新次郎「おおきにな。 今迄長い間…おおきに。 はあ…皆、おおきに」 うめと医者は別室にいました。 そこへ、あさ以外の皆が来て、部屋は新次郎とあさだけになりました。 新次郎は起き上がり、あさが後ろから抱きしめました。 新次郎「ほっとしましたわ。 思ってた事、ぜ~んぶ、言えましたさかいな」 あさ「ほんまだす。 あない無理して。 もうよろしいのやで。 誰にも気ぃ遣わんかてよろしいのや。 もううちしかいてまへんさかい。 ただ…こないさしとくれやす」と、新次郎の手を握る。 新次郎「はあ、あさの手ぇはやらかいなあ。 忘れんといてな。 いつも傍にいてるさかいな。 傍に…いてるさかい。 あさ…あ~さ…」 あさ、新次郎の顔を見て、 「旦那様?…旦那様!」 新次郎、亡くなっていました。 あさ、驚いて泣きました。 あさの泣き声を聞いて、別室にいたへえさんや藍之助などの使用人達も涙ぐみました。 使用人達がちゃんと一歩ひいて、別室で静かに新次郎を見守っていて、好感が持てました(^^) そして、お葬式。 沢山の人が弔問に来てくれました。 あさ、白い着物を着て、てきぱき、お茶を出したり、仕事をしていました。 はつも白い着物で、手伝うと言いました。 千代も白い着物で、手伝っていました。 あさは、涙を抑えきれなくて、縁側へ出ました。 「何見ても、旦那様の事、思い出してしまいますのや。 もう、うち、どないしたら…あかん… 寂しい。 寂しいおます」と、手で顔を覆って泣く。 庭の梅の木に5輪、花が咲いている。 あさの手から涙が流れ、その手に雨が… あさ、雨を見て、驚き、空を見上げる。 沢山、雨が降っている。 新次郎さんは最初から心が柔らかかったですが、あさも平塚明などとのやりとりを見ると、最近、柔らかい心になりましたね(^^) 次回は、遂に最終回。 Yahooのあらすじ ネタバレ によると、最終回は、Wヒロインのあさとはつが、今まで2人が歩んできた道のりを振り返るそうです。

次の