近鉄 奈良 線。 近鉄奈良駅(近鉄難波・奈良線)の街のクチコミ、住みやすさ情報 【goo 住宅・不動産】

近鉄奈良駅

近鉄 奈良 線

近鉄奈良線の混雑状況を時間帯および区間、種別ごとに調査してみた。 朝ラッシュから夕方と夜の帰宅ラッシュ、日中の昼間それぞれの混み具合を見てみた。 大阪難波から奈良まで走る路線であるが、近鉄各線の中では混雑が激しいのが特徴といえる。 朝の7:30~8:30と夕方の18:00~19:00に迎えるラッシュの時間帯のピークとなると満員電車になるのは避けられない。 古都奈良と大阪の中心部である難波、JR大阪環状線との乗り換え駅である鶴橋駅を結ぶ路線ということで、行楽地へのアクセス路線というイメージを持っている人は少なくないが、通勤路線としての性質もかなり大きい。 複線であるものの運行本数は非常に多い。 日中の時間帯であっても1時間当たり15本以上の列車が走っている。 内訳としては、快速急行3本、急行3本、区間準急3本、各駅停車6本である。 走っている列車の種別も多いのがわかる。 時間帯ごとの混雑度 近鉄奈良線線の時間帯ごとの混雑度は以下の表のような感じになる。 今回の調査では平日を対象とした。 土日祝と比べると特に朝夕に混雑が偏っている。 阪奈間の主要な鉄道路線のため、関西地区でもトップクラスの混雑率(毎年130~140%で推移)を誇る。 >> 朝ラッシュのピークは7:30~9:00 朝ラッシュは8:30頃に鶴橋駅、大阪上本町駅、大阪難波駅に到着する電車が最も混雑している。 どの種別もこの時間が1日のピークに達する。 全体的な朝ラッシュのコアタイムは7:30~9:00になる。 大阪方面行の電車は奈良県内の区間では7時台後半から8時台前半が頂点になる。 6時台や7時台前半はまだ比較的空いている。 優等列車はある程度乗車率が高く、大和西大寺駅以西ではすでに立っている乗客が多いものの、各駅停車は空いている。 7:30を過ぎるとすべての種別で混雑する。 各停でも近距離利用者が殺到するため、まったく空いているとは言い難い。 大阪府内の区間はまんべんなく混んでいる。 夕方・夜のピークは18:00~19:00 夕方と夜の帰宅ラッシュは、大阪難波、大阪上本町、鶴橋を出発する下り列車では18:00~19:00までがピークに達する。 満員電車の状態は17:30~20:00くらいが目安になる。 近鉄奈良線では朝と同じくどの種別も混んでいる。 仕事が終わるのが17~18時というところが多いため、帰りの時間帯も電車では18~19時頃に多くの人が集まる。 夜遅い時間帯になればピークは過ぎて人だらけの車内は解消される。 それでも、これはピーク時と比較した場合の話に過ぎない。 下り列車はそれでも全員が座れるようなレベルにはならない。 生駒駅~近鉄奈良駅では優等列車に大幅に偏っている。 準急や区間準急は混むのは鶴橋~東花園で、ここから奈良側は比較的空いている。 朝の時間帯でも超満員電車というレベルではない。 反対に快速急行と急行は鶴橋~生駒間は超満員になりやすい。 朝ラッシュは完全に地獄の通勤ラッシュになる。 夕方から夜の時間帯もほぼ同じ。 快速急行は超満員で乗車率は150%超か? 近鉄奈良線で最も混雑する電車の種別といえば、無料で乗れる一番所要時間が早い速達列車である。 鶴橋~生駒間はノンストップであり、停車駅はかなり限られているということで、速達サービスに特化しているのが特徴だ。 その一方で、朝と夕方の時間帯となると混雑が激しい。 乗車率としては約150%を超えるものと思われる。 ドア付近に立つと他の人と体が少し触れることがあるレベルなのが、この150%という数値の目安である。 電車がブレーキをかけた時には慣性力にとって他の乗客と触れるということはよくある。 朝の満員電車となればそうなる可能性がかなり高い。 快速急行の場合は、一度混雑すると長い距離に渡ってそれが続く。 遠距離利用者が中心であり、1つの駅を発車してから次の駅に止まるまでの時間が長い。 その間ずっと満員電車の車内に閉じ込めらえることになる。 特に鶴橋~生駒間はノンストップの距離と時間が長いことに加えて最混雑区間でもある。 高い混雑率で長時間同じ状態が続くというわけだ。 同じ近鉄奈良線でも準急や各停でも一部の区間では同じくらいの乗車率となるが、それが続く時間が短いこともあって、それほど不快に感じない人が少なくない。 快速急行のように長時間すし詰め状態が続くのとは違う。 準急は難波~生駒間ユーザーで混む 朝夕の通勤通学ラッシュの時間帯で走っている準速達列車である「準急」もまた混雑するのは事実である。 しかし、不快な満員の状態が続く区間はそれほど長くはない。 長い距離に渡って近鉄奈良線を使う人の多くは快速急行に流れる。 準急はあくまでも快速急行が止まらない地域にある駅を乗り降りする人が中心だ。 奈良県内の沿線から大阪の中心部まで移動する人は特に理由がない限りは快速急行に乗る。 わざわざ準急に乗る人はほぼゼロといえる。 準急を目指すのは快速急行のノンストップ区間である鶴橋~生駒間のユーザーと考えてよい。 各駅停車については、準急さえも止まらない小さな駅を乗り降りする人が中心といえる。 近鉄奈良線の場合は高密度運転がされているため、各停は後続の優等列車を先に行かすための通過待ちを多く実施している。 そんなこともあって、わざわざ各停を使うという人が他の路線と比べて少ないのが特徴的となっている。

次の

【SUUMO】近鉄奈良線(奈良県)の賃貸(賃貸マンション・アパート)住宅のお部屋探し物件情報

近鉄 奈良 線

歴史 [ ] (大正3年)4月30日に開業。 奈良市街地への乗り入れに係る協議が難航していたため、当初は奈良市高天(たかま)町に仮駅として設けられていたが、同年7月8日に当初の計画通り奈良市東向中町まで延伸し駅が移転した。 開業以来地上駅で、駅へはで乗り入れていたが、併用軌道により奈良線の高速化は妨げられ、さらにモータリゼーションが進展すると当駅付近で自動車の渋滞が頻発していたことから、の開催を控えた1968年(昭和43年)より奈良市内の都市計画事業の一環として地下化が実施された。 駅は地下へ移設され1969年(昭和44年)12月9日に開業し、旧駅の跡地には翌年3月11日に駅ビルとして奈良近鉄ビル(設計)が開業した。 (3年)• - 上本町 - 当駅間開業と共に 奈良駅として仮駅で開業。 位置は現在の高天交差点付近。 - 仮駅から本駅へ移転 (現在の大宮通西行車線と駅ビル北側部分の地上区画に存在。 当時の大宮通は近鉄奈良駅より西側は現東行車線のみ、同駅より東側は現西行車線のみの幅員であった)。 (3年)8月 - 大軌奈良駅に改称。 (昭和5年) 2月 - 降車ホームを上本町寄り本線上に設置。 乗降分離を実施。 (昭和16年) - 関西急行鉄道発足(大阪電気軌道と参宮急行電鉄が合併)。 関急奈良駅に改称。 (昭和19年) - 近畿日本鉄道発足(関西急行鉄道と南海鉄道が合併。 ただし南海線は後に再分離)。 近畿日本奈良駅に改称。 (昭和43年) - - 当駅間の地下線建設工事着工。 (昭和44年) - 地下化。 (昭和45年)• - 近鉄奈良駅に改称。 - 奈良近鉄ビルがオープン、ビル内に別館が開業。 (昭和63年) - 1・2番線の延長工事が完成した(同年1月)ため、当駅発着列車の10両運転を本格開始。 (3年) - 駅ビル内の奈良ホテル別館が閉館。 (平成19年) - 使用開始。 駅構造 [ ] リニューアル後のコンコース 4面4線の、奈良県内では唯一の地下駅である。 改札口は東西双方に設けられている。 コンコースは広く、生の集合場所に使われることもある。 近年はそのスペースを利用して、近鉄の奈良駅営業所(旅客案内窓口)、奈良市の酒造会社・奈良豊澤酒造が運営する立ち飲み処「蔵元 豊祝」、イタリアンカフェの「カフェ チャオプレッソ」(運営は)、ドラッグストアのなどの店舗が設けられている。 の開業以来、翌年の開催を控えて実施された12月の地下線切り替えまでは併用軌道の終端に位置する地上駅であり、現在のバスターミナルに相当する区画を中心に、櫛桁式配置のプラットホームや駅舎などが設置されていた。 である奈良近鉄ビルはに全面改装され、特に1階周辺やビル全体の外観が大きく変わった。 1階には、奈良市観光協会が運営する「近鉄奈良駅総合観光案内所」がある。 階上には、グループの店「百楽」、イタリアンレストランチェーン「」、のルームなどが入居している。 駅ビルには当初、大口テナントとして6階から8階に別館が入居していたが、採算性の問題から6月に撤退した。 また3・4階に歴史・観光の展示館「」(旧・奈良歴史教室)があったが、奈良市の事業仕分けで「不要」と判定され、3月で閉館した。 10月20日、同年11月の式年造替に向けてリニューアル工事を進めていた地下1階コンコースの供用を開始した。 「古都奈良の自然と歴史」をデザインコンセプトに定め、シルクロードの終着点として栄えた奈良の歴史と、若草山や奈良公園などの自然をデザインモチーフとして取り入れた。 コンコースのリニューアル工事に合わせても更新された。 また、地下1階コンコースのリニューアルオープンにともない、5店舗のみだった駅ナカショッピングモール「Time's Place 奈良」も、駅構内の14店舗すべてに拡大し、同年10月21日にリニューアルオープンした。 のりば [ ] のりば 路線 行先 1 - 4 A 奈良線 A ・・方面 B 京都線 B ・方面 種別ごとの主な乗り場表 乗り場 奈良線 京都線 特急 快速急行 急行 準急 区間準急 各駅停車 特急 その他 1 - 終日 終日 夕方以降 早朝から夕方 - - 2 終日 3 終日 - 主に夕方 深夜 終日 終日 4 - - 備考• ホーム有効長は1・2番線が10両、3番線が8両、4番線が6両。 4番ホームの行き止まりの先は扱い室がある為、8両編成分への延伸はできない。 特急列車は主に3・4番線から、大阪方面の快速急行・急行は1・2番線から発車するが、必ずしも固定されているわけではない。 また、準急以下の列車は発着番線が一定していない。 京都方面の急行は主に3・4番線から発車するが、朝と夕方は平日と土休日で発着番線が大きく変わる。 なお、平日夜間に1本のみ設定される行き普通列車は4番線から発車する。 1・2・3番線には降車ホームがあるが、4番線のみ設けられていない。 駅設備・営業面 [ ]• 駅長が置かれ、当駅とを管理している。 なお、駅長室は営業所が併設されている。 ・対応のおよび(カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。 定期券・特急券ともに専用の自動発売機および駅窓口で即時購入が可能。 改札内地下1階コンコースには近鉄リテーリングが運営する有人売店(近鉄奈良駅改札内店)が設置されている。 利用状況 [ ] 近年の1日あたりの乗降・乗車人員は下記の通り。 年度 特定日 1日平均 乗車人員 調査日 乗降人員 1995年 - 49,347 1996年 - 47,724 1997年 - 45,335 1998年 - 44,188 1999年 - 42,511 2000年 - 40,854 2001年 - 39,712 2002年 - 38,441 2003年 - 37,041 2004年 - 36,122 2005年 11月 08日 69,633 35,089 2006年 - 35,136 2007年 - 34,485 2008年 11月18日 57,549 34,646 2009年 - 34,087 2010年 11月 09日 67,761 34,295 2011年 - 31,891 2012年 11月13日 51,147 31,520 2013年 - 31,472 2014年 - 30,984 2015年 11月10日 54,727 32,451 2016年 - 33,216 2017年 - 33,819 2018年 11月13日 55,330 33,480 駅周辺 [ ] ひがしむき商店街 当駅は奈良市の中心駅であり、のに比べて奈良市中心部や主要な観光地へアクセスしやすい。 同駅とは直線距離で約900m、徒歩距離で約1,100m離れており、移動には徒歩15分程度要する。 付近は娯楽施設、商業施設や各金融機関の奈良支店が集まり、それらに足を運ぶ地元住民が多い。 平日の主な利用客はバスを通じて市内東南部や京都府(方面)までの広範囲から集まる通勤・通学客であり、有数の駅である。 また・国の出先機関など官公庁への利用客もある。 南側は県都・奈良の顔として、ショッピングなどの娯楽施設の密集地、など県内企業の本支店も多い。 駅を西に出ると、小西通り、東に出ると東向通り。 どちらも南下すると、東西に走る奈良市街の目抜き通り、に至る(駅が面しているのは登大路・大宮通り)。 東側は古い社寺を含む観光名所、は東へ坂を上がる。 奈良県官庁街もこの方向である。 三条通りを東に向かえば、三条通りから更に南に向かうとと呼ばれる古い町並みが続く。 北側は古くからの市街地であり、散策スポット(まちかど博物館)として脚光を浴びつつある。 はこの域内に位置する。 駅北側 [ ]• (登大路)• 奈良公園• 法務合同庁舎• 県婦人会館• ・小学校• 鴻池運動公園(・・)• 三笠温泉 駅南側 [ ]• (2013年 1月20日 まで)• 奈良もちいどの商店街• 奈良支店• 奈良県(ならルーム)駅ビル6階• ならまちセンター()• 奈良市中部公民館(奈良市観光センター)• バス [ ] 奈良交通一般路線 [ ] 市内完結系統では均一前払い制、郊外直通系統では整理券方式後払い制が採用されている。 そのため同じ行先でも乗車方式が異なる場合がある。 【 】内は運行会社 12番のりば• : 行【・】 20番のりば• :・ 行 【奈良交通・】• :・(YCAT)・・・ 行 【奈良交通・】• 奈良名古屋線: 【奈良交通・】• リムジンバス: 行 【奈良交通・】 廃止・撤退したバス路線 [ ] かつては、や、が、近鉄バスがまで運行していた事もあった。 現在近鉄バスは奈良県からごく一部を除き撤退している。 高速ではやまと号の福岡、埼玉方面の運行から撤退した。 また、神奈川も千葉系統と統合している。 その他 [ ] 現在の4番出口は元々単独の階段であったが、周辺商店がビル化して「西御門服部ビル」と一体になっている。 当時、この出口のリニューアル及びビルの完成直前にキーテナントとして入居する予定であったが倒産した。 オープン後もしばらくは山一證券として廃業に向けての業務はなされていた。 隣の駅 [ ] 近畿日本鉄道 A 奈良線・ B 京都線(一部の直通列車)• の地下化以前は、新大宮駅の代わりにが存在した。 括弧内は駅番号を示している。 出典・脚注 [ ]• から当駅に10両編成列車が発着しているが、この時までは難波寄り2両をしていた。 pdf プレスリリース , 近畿日本鉄道, 2007年1月30日 , 2016年3月3日閲覧。 pdf プレスリリース , 近畿日本鉄道, 2016年10月19日 , 2016年11月4日閲覧。 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月• 70 - p. - 近畿日本鉄道 参考文献 [ ]• 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

近鉄奈良線で人身事故発生!大和西大寺~近鉄奈良駅運転見合わせ 現場の様子・画像まとめ

近鉄 奈良 線

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の