アンドリュー サル クス。 恐竜よりもうまく生き延び繁栄に貢献した、偉大なる先史時代の哺乳類たち10 : カラパイア

史上最大の陸棲肉食獣

アンドリュー サル クス

5、カプロスクス 西アフリカのニジェールでワニの一種の化石が発見されたとき、ギリシャ語のイノシシとワニを組み合わせて、カプロスクスと名付けられました。 このよう命名したのは、発見された頭の骨に大きな牙があってイノシシのようだったからです。 化石が見つかった地層から、この生物が生きていたのは9300万年前のことであることが分かっています。 化石の下顎の長さは60センチもあります。 このことから、カプロスクスは体長が6メートルに及ぶ大型のワニだったと考えられています。 現在のワニとは目の位置や歯の形と大きさが違います。 これらを考慮すると、カプロスクスは肉食で、自分よりも大きい生物、たとえば恐竜などを捕食していたのだろうと考えられています。 こんな見た目のワニと遭遇したら、気を失っちゃいそうですね!それじゃあ続きをいっくよー! 4、プルモノスコルピウス イギリス・スコットランドの中心都市エディンバラの近郊で巨大なサソリの化石が発見されました。 その体長はなんと70センチもあったのです。 プルモノスコルピウスとは長いサソリの意味です。 この化石が石炭紀と呼ばれる地層にあったことから、プルモノスコルピウスは3億年以上前に地球上に存在していた生物だったことが分かります。 プルモノスコルピウスが何を餌にしていたのかは解明されていませんが、獲物を捕らえるときには毒を使っていただろうと考えられます。 また、大きなハサミを持っていたので、小動物を捕食していたのではないかと推測されます。 3、ヘリコプリオン ヘリコプリオンという魚の化石は世界中で見つかっています。 これはおよそ3億年前に現れて、2億年前に絶滅した魚です。 体長はおそらく数メートル、場合によっては10メートル近くあったと考えられますが、正確なことは分かりません。 なぜなら、ヘリコプリオンの化石はほとんどが歯だけだからです。 ヘリコプリオンの歯はとても奇妙な形をしていました。 上下の顎に生えているわけではなく、螺旋状に一列に並んでいたのです。 そのため、この歯が体のどこにあったのかという問題が、生物学者の想像力を掻き立てました。 丸ノコのチップソーのように下顎の先端についていたと考える人もいれば、上顎から鼻の方に向かって丸く渦を描いていたと想像する人もいました。 しかし、この歯の列は下顎から喉の奥の方に伸びていたものと現在では考えられています。 2、アンドリューサルクス 1923年にゴビ砂漠で、それまで知られていなかった獣の頭蓋骨といくつかの骨の化石が発見されました。 頭蓋骨の長さは83センチもあったことから、体長は4メートル近い動物のものだったと推測されます。 顎は頑丈で立派な臼歯を持っていたため、亀の甲羅や貝をそのまま噛み砕いていたものと学者たちは想像しています。 この動物は化石調査をしていた調査団隊長アンドリュースの名前をとって、アンドリューサルクスと名付けられました。 アンドリューサルクスはトラやライオン、クマよりも大きく、史上最大の肉食獣であった可能性が高いです。 しかし、今から4000万年前に大陸が移動を始めたため、しだいに水辺の餌が減少し、アンドリューサルクスは絶滅します。 超大型動物ではあったものの、脳みそが小さかったことも絶滅の原因と考えられます。 1、ギガントピテクス 2006年の映画『キング・コング』では、キングコングはギガントピテクスが進化した怪獣という設定になっていました。 ギガントピテクスは今から100万年くらい前に現れ、30万年ほど前に滅亡した類人猿です。 化石となった下顎と奥歯の大きさから計算して、身長は3メートル、体重は500キロに及ぶ大型の猿だったと考えられています。 ゴリラやオランウータンよりも大きかったということです。 1960年代には、ギガントピテクスは人類の祖先アウストラロピテクスと関係があると考えられていましたが、現在ではその説は否定されています。 ギガントピテクスが絶滅した理由は定かではありません。 しかし、中国・ベトナム・インドあたりに生息していたと見られる雑食性のギガントピテクスは、 餌となる竹をめぐってジャイアントパンダとの争いに負けて滅んだとする説が有力です。

次の

実在した巨大生物!絶滅してよかった怖い動物・古生物たち!│ジャングルタイムズ

アンドリュー サル クス

10.マカイロドゥス亜科スミロドン ウィリアム・ブレイクはその有名な詩「トラ」の中で、どうしてあのような凶暴な生き物が穏やかな動物たちと一緒にこの世に存在できるのか、不思議がっている。 この手の大型サーベルタイガーの中では、スミロドンがもっともよく知られている。 骨はタール坑からたくさん発見されている。 群れをつくる動物は獲物の鳴き声を聞きつけてよく現われる。 単独行動をする動物は、獲物をめぐってほかの捕食者と争うことを恐れる。 捕食者も群れでいればより安心なのだ。 だから、スミドロンが最終的にタール坑の中でたくさん見つかったのは、ほかの動物の追い詰められた鳴き声を聞きつけて、舌なめずりをしながら集まってきた結果なのだろう。 ディプロトドン 水辺の近くから発見されたディプロトドンの顎の骨が水辺の近くから発見された。 オーストラリアの伝説の生き物「ブンイップ」(下記イラスト)は、水辺に潜んで人間を捕食すると言われている。 ディプロトドンがブンイップの伝説を生んだ可能性はある。 その骨は正確には顎ではなく鼻だ。 ディプロトドンは世界最大の有袋類で、コアラのような姿をしていたようだ。 もしコアラがカバのように巨大なら、その2本の第三大臼歯で人間の頭をバリバリ噛み砕くことができただろう。 草食だったと思われるが、カバと同様、だからといって人間を捕食しなかったとは限らない。 リヴィアタン・メルビレイ リヴィアタン・メルビレイの姿のヒントはまさにその名前にある。 この名は聖書に出てくる怪物レヴィアタンにちなんでいて、モービー・デイック(白鯨)の作者につながる。 その歯の大きさからして、いかに大きな体をもつクジラであるかがよくわかる。 このとてつもない歯で必死で逃げようとする獲物を生きたまま捕えて食いちぎっていたのだ。 リヴィアタン・メルビレイの推定サイズ 干したサツマイモのように見えるが、これはリヴィアタン・メルビレイの歯の一部である。 リティオダス 海牛属の仲間で、ジュゴンやマナティーの親戚。 両者はよく似ているが、リティオダスは現存のジュゴンなどよりもかなり大きく体長3. 6メートルにもなり、小さな牙をもっている。 これは天敵やより大きな相手に対する攻撃用ではなく、小さな獲物を狙って海底の砂を掘り起こすために使っていたのではないかと研究者は考えている。 化石はフランスで見つかっている。 アルシノイテリウム サイというよりもゾウに近い仲間。 足が完全にまっすぐではなかったと考えられており、ほとんど水中で暮らしていたからではないかと言われている。 古代の沼地をこんな動物が泳ぎ回って、巨大な角を重そうな水から突き出しているところを想像したらどうだろうか。 ヌララガスレックス ウサギ界のTレックス、ヌララガスレックスは体重が22キロにもなる巨大ウサギだ。 大きく太った扁平な足をしたウサギで、地中海のミノルカ島のあたりを跳ね回っていたらしい。 この大きな哺乳類はガラパゴスゾウガメと同じような境遇で、木の根を食べながら島のまわりを闊歩し、天敵知らずで生きていた。 だが、島に天敵が入ってきたことが原因で絶滅した。 アンドリューサルクス これは、体長3. 3メートル、体重1. 6トンにもなるオオカミのような動物「アンドリューサルクス」の顎の写真。 モンゴルのジュエルズ渓谷で発見された。 頭蓋骨だけで90センチもあり、臼歯は骨を砕けるようにできている。 陸上で最大級の肉食哺乳類である。 分析の結果から研究者たちは、この生き物はクジラの仲間と考えている。 小型だがシャチに足が生えた親戚が陸に上がってきて、エサとして人間を食べようと決めたら、アンドリューサルクスの天下になってしまうだろう。 グリプトドン グリプトドンはアンキロザウルスの体とアルマジロの心臓をもち、大きさは小型車くらいあってゾウのようなイメージだ。 動きの鈍い巨体の埋め合わせのためか、敏感なよく動く鼻と口をもち、食べ物を選別することができた。 こうした動物はみんな奇妙だが、いざというときはその固い甲羅のような背中をテントとして使うことができたりして、クールだ。 メガテリウム ゾウほどもある先史時代の巨大なナマケモノ。 4万年の間、ネヴァダの洞窟を排泄場所として使っていたようだ。 その排泄物が山のように積み上がり、洞窟の構造が変わってしまうほどだった。 木の皮を剥ぐ大きなツメをもち、2足歩行ができたようだ。 さらに恐竜のように泳ぐことができ、しかも得意だった。 習慣的に水中を泳いでいたと考える人もいる。 ギガントピテクス 上の図は、身長180センチのヒトと比べてみたギガントピテクスだ。 (二足立ちのオラウータンの体格比をベースとしたグラフ) 映画『ジェラシック・パーク』のヴェロキラプトルがどれほど怖かったか、覚えているだろうか? 彼らは集団で行動し、悪がしこいがゆえによけい恐ろしい。 彼らの小鳥ほどの脳が、身長3メートルもの体躯をもつ類人猿の脳に成長した。 ジャングルからやってきたこの生き物は悪夢そのものだが、それはその大きさのせいではない。 ギガントピテクスの歯と顎の骨は現存しているが、そこからわかることは彼らが草食だったということだ。 中国とベトナムで化石が見つかったため、ジャイアントパンドと同様、竹を食べていたらしい。 だが、パンダが人間を襲う可能性があることや、草食だと思われている多くの生き物が簡単に手に入れることができる肉を常食するようになるだろうという事実を知ったら、安心できないだろう。

次の

アンドリューサルクス!陸生史上最大級の肉食獣!

アンドリュー サル クス

(メソニクス目メソニクス科) 初期 - 初期 : : : : : : : :? 階級なし : Cete? 階級なし : メソニクス目 Mesonychia , Acreodi メソニクス目• メソニクス目(めそにくすもく、 Mesonychia)は、の絶滅した系統で、中型から大型のである。 無肉歯目(むにくしもく、 Acreodi)とも呼ぶ。 ただし、メソニクス目に近縁な可能性のあるなどを加えた群を無肉歯類としてメソニクス目と区別することもある が、それらは実際は近縁でない可能性が高い。 系統的には、おそらく鯨類と近縁である。 これを類鯨目としてその中に鯨亜目と メソニクス亜目を置くこともある。 概要 [ ] メソニクス目はの初めに出現したが、その数はの終わりには先細りになってゆき、の初期における Mongolestes 属の消滅を以って絶滅した。 この目の起源はおそらくであり、メソニクス目の中で最も原始的な種である (暁新世初期)の化石もアジアで見つかっている。 彼らはアジアで多様化し、暁新世のの中で主要な位置を占めた。 やといった他の肉食動物がまだ居なかった(もしくはごく少数しか居なかった)ころには、メソニクス目は大型者のを占めていたと思われる。 という属は暁新世の初めのころにはヨーロッパと北アメリカに広がることに成功していた。 Dissacus は大の肉食獣で、北半球の全域から発掘されている。 しかしその子孫と思われる属 (暁新世初期 - 中期のに分布)はもっと大きく、ほどのサイズがあった。 後代に現れた 属は始新世の序盤には既に北アメリカに入っており、その地で Ankalagon を凌ぐ巨体に進化した。 メソニクス目は、暁新世初期から始新世中期にかけての北アメリカ大陸においては、最大の捕食性哺乳動物であった。 特徴 [ ] メソニクス目の( Sinonyx jiashanensis)の骨格標本。 の展示。 メソニクス目の動物は表面的にはによく似ている。 初期のメソニクス目は五本の指を持ち、おそらくはであった。 しかし後期型になると指は四本で、なおかつ各指先は小さなとなっており、走行に適した形態であった。 偶蹄目の走者たちと同様、彼ら( Pachyaena など)は蹄行性だったのである。 これらの「蹄を持った狼たち」は暁新世の後半および始新世のヨーロッパ(当時そこは多島海であった)、アジア(島大陸であった)、北アメリカの生態系で最も重要な捕食者(もしくは腐肉食者)であった。 歯は、肉や骨を齧るようには出来ていたが、真のは備えていなかった。 多くの種が魚食性だったと推測されており、最大の種たるも捕食性ではなく腐肉食性だったと考えられている。 系統と進化 [ ] かつては、メソニクス目はの一部、もしくは、の一部 のメソニクス亜科と考えられたこともある。 ただし、鯨偶蹄目に近縁であるものの含まれない可能性もある。 3つの(Mesonychidae, Hapalodectidae, Triisodontidae)を内包する。 メソニクス目に属するほぼ全ての動物が、同時代の肉歯目やミアキス上科()の肉食獣より大きかった。 古い資料では 無肉歯目(Acreodi)との呼称もある。 メソニクス目の臼歯は三角形の特異なもので、のそれと類似していた。 とりわけ(頭骨の構造やその他の形態学的特徴からも)との類似性が強い。 そのことから、メソニクス類を鯨目の直接の祖先だする説が長らく信じられていた。 しかし古代クジラ類のよく保存された骨が発見されたこと、そして近年の的な分析 によって、今日では、鯨目はメソニクス目よりも寧ろを始めとするに近縁であることが示された。 この説は的な知見とも一致する。 クジラ類がメソニクス目の子孫であるという考えに、2007年現在ではほとんどの古生物学者が疑問を呈し、代わりにクジラ類はアントラコテリウム科 ()の子孫もしくはそれと共通祖先を持つものであるとの説が浮上してきている。 ただし、クジラとカバをメソニクス目の生きた子孫だとする研究者がいなくなったわけではない。 未確認動物学 [ ] メソニクス目は漸新世の初期には絶滅した。 しかし、の中には猫もしくは犬に似た有蹄獣がいるかもしれない。 有名なものとしてが挙げられる。 これの目撃者の中には、問題の獣を「足先が蹄のようになった巨大な狼」と表現した者もいた。 関連項目 [ ]• 出典・脚注 [ ]• ただし、Mesonychia Matthew, 1937 としている資料もあり。 Tabuce, R. ; et al. ; et al. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. 出典:O'Learya, Maureen A. , Spencer G. Lucas, and Thomas E. Williamson 2000. "A New Specimen of Ankalagon Mammalia, Mesonychia and Evidence of Sexual Dimorphism in Mesonychians". Journal of Vertebrate Paleontology 20 2 : 387—393. doi:10. CO;2. 出典:Jehle, Martin 2006. Paleocene mammals of the world online. Zhou, Xiaoyuan; et al. 1995 , Journal of Vertebrate Paleontology 15 2 : 387—400,• 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2003. "Morphological support for a close relationship between hippos and whales". Journal of Vertebrate Paleontology 23: 991—996. doi:10. 出典:Geisler, J. and Uhen, M. 2005. "Phylogenetic relationships of extinct cetartiodactyls: results of simultaneous analyses of molecular, morphological, and stratigraphic data". Journal of Mammalian Evolution 12 1 and 2 : 145—160. doi:10. 出典:Boisserie, J. , Lihoreau, F. , and Brunet, M. 2005. "The position of Hippopotamidae within Cetartiodactyla". Proceedings of the National Academy of Sciences 102: 1537—1541. doi:10. 0409518102. 出典:Gatesy, J. , Hayashi, C. , Cronin, A. , and Arctander, P. 1996. "Evidence from milk casein genes that cetaceans are close relatives of hippopotamid artiodactyls". Molecular Biology and Evolution 13: 954—963. 脚注:アントラコテリウム科 - 半水棲の偶蹄類で、カバの祖先。 出典:Hall, Jamie 2007. 外部リンク [ ]•

次の