三菱ufjフィナンシャル・グループ 採用大学。 三菱UFJ銀行大学生アルバイトはいつから?応募方法や採用基準も

三菱UFJ銀行の学生アルバイト応募方法は?大学生、専門学生が対象か

三菱ufjフィナンシャル・グループ 採用大学

三菱UFJ銀行 人事が語る「グローバル金融グループの事業戦略とメガバンクで働く魅力」とは。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が掲げる「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」という経営ビジョンのもと、国内外から信頼される金融機関として人々の生活を支えている三菱UFJ銀行。 しかし、現在の金融業界では、フィンテックや人工知能の導入によって大きな構造改革が急務になっています。 そんな変化の中で、三菱UFJ銀行はいかにして「グローバル金融グループ」としての価値を高めていくのでしょうか。 今回は、三菱UFJ銀行で人事部の採用責任者を務める増子裕之さんに、今後の経営戦略と活躍できる人材像、銀行でしか経験できない仕事の魅力について伺いました。 個人・法人・政府など世の中に幅広く接点を持ち長きに渡って、人々の生活に深く関わってきた。 「確かなクオリティを、明日へ。 世界へ。 」というグループメッセージには、いつでも、どんな時でも人々の成長や夢を未来につなげる企業でありたいという想いが込められている。 <取材対象者> 増子 裕之 株式会社三菱UFJ銀行 人事部 採用・キャリアグループ 2000年入社 大学を卒業して、東京三菱銀行に入社。 法人営業や海外勤務の経験を経て、現在は人事部採用・キャリアグループにて新卒採用の責任者を務める。 <取材者> 古川 岳人 東京大学 2年 既存のシステムやサービスをより効率化して、新たな価値を創造する仕事がしたいと思い、現在は幅広く業界研究をしている最中。 竹尾 俊邦 東京大学 3年 中学の修学旅行でニューヨークに行き、世界有数の外資系金融機関の本社を見学したことをきっかけに、金融業界に興味を抱く。 いろんな事に興味があったから、 たくさんの産業に関われる銀行を選んだ。 古川岳人(以下、古川):古川と言います。 宜しくお願いします。 就活は、業界は決めていませんが、既存のサービスをより効率化して、新しい価値を提供する仕事に興味があります。 本日は、三菱UFJ銀行が考える新たな金融サービスについてお聞きしたいです。 よろしくお願いいたします。 竹尾俊邦(以下、竹尾):竹尾といいます。 僕は、幼い頃から金融業界に興味があるのですが、最近では事業会社にも魅力を感じて、悩み始めました。 そこで、三菱UFJ銀行が求める人材像や銀行ならではの魅力をお聞きしたいと思っています。 よろしくお願いいたします。 増子裕之(以下、増子):こちらこそ、よろしくお願いします。 竹尾:さっそくですが、増子さんの経歴を教えてください。 増子:2000年に大学を卒業して、新卒で東京三菱銀行に入行しました。 現在は、勤続19年目です。 入行後は、法人営業の担当となり、国内にある3つの営業店を経験。 2011年からはタイ・バンコクに行き、MUFG傘下となったアユタヤ銀行とバンコク支店の統合プロジェクトチームに参加、統合後のアユタヤ銀行に3年半出向していました。 12年間を国内営業店で過ごし、7年間をタイで過ごしました。 現在は、人事部で新卒採用の責任者を務めています。 古川:人事部への配属は、ご自身の希望ですか? 増子:人事部の人がバンコクに来てヒアリングを受けた時に「MUFG全体の人材に携われる仕事か、経営に関わる仕事がしたい」と伝えました。 結果として人事部で採用の仕事をすることになったので、希望を通してもらえたのかと思います 古川:7年ぶりの国内業務。 しかも、採用。 タイでの仕事とギャップが大きい気がしますが、大変ではなかったですか? 増子:全国各地で採用活動を行っているので、地方出張やインターンシップの参加、就職イベントの登壇などが多く、結構バタバタしています 笑。 でも、タイにいた7年間では学生と話す機会は少なかったので、学生との交流はすごく新鮮です。 今の学生は前向きで柔軟な人が多いから、私自身も刺激を受けることがあって面白い。 学生と話していると、私の考え方は「こうあるべき」という考えが深く根付いていて、硬直的だなと気付かされることもあります。 竹尾:ベテラン行員さんでも学生から刺激を受けることがあるのですね。 増子さん自身は、どんな学生でしたか?ぜひ、当時の就職活動についても教えてください。 増子:私は、結構ミーハーな学生でした。 就職活動では、「とりあえず、業界トップの企業は全部みておこう」という感じで、金融以外ではメーカー、通信、インフラなどいろんな業界に興味がありました。 最終的には、「若いうちから幅広い視野を身に付けることができそうだ」と考え、銀行を選びました。 自分の成長を考えるうえでも、若いうちから様々な産業や企業の活動にふれることで、幅広い分野について学べるのがいいな、と思ったのが理由です。 銀行の仕事は、驚きと発見の連続。 世界が広がっていき、成長を実感できた。 古川:増子さんは、好奇心旺盛な学生だったのですね。 そんな増子さんが、一度も転職をせずに三菱UFJ銀行で働き続ける理由って何でしょうか? 増子:端的に言うと、担当した仕事が面白かったから、だと思います。 銀行の仕事って、経験を積めば積むほど視野が広がって本当に奥が深い。 例えば、誰もが絶対に見たことある「マンホールのフタ」。 あれって世の中にたくさんあるけど、その収益構造を知る人は全然いないですよね。 あとは、ラーメンには欠かせない「もやし」。 あのもやしも、畑で作られて出荷されていると思っている人が多いけれど、実は太陽も土もないクリーンな工場で育てて出荷されている。 こういうことは世間一般に知られているわけではないため、銀行で働く日々は「え、そうだったの?」という驚きと発見の連続です。 新しい知識を身につけて、階段をどんどん登って、これまで見えなかった世界を広々と見渡せるようになった時には、はっきりと自分の成長を実感でき、大きな達成感もあります。 タイで働いていた時も、自分の仕事が大きな海を越えて広がっていくのが楽しかった。 飽きることもなく、いつの間にか時間が経っていたという印象です。 銀行のジョブローテーションは毎回新しい出会いや発見があり、キャリアアップもできる。 ある意味銀行内で転職に近いことができているということも、理由の一つかもしれません。 竹尾:視野が広がり、成長を実感しやすいという点が、増子さんが銀行で働き続ける理由なんですね。 たくさんの産業に関わりながら知識や経験を身につける点では、コンサルティング会社と似ている部分が多いと思うのですが、就活生が銀行を選ぶ理由は何でしょうか? 増子:銀行の中でも、メガバンクは国内外のネットワークを通じて豊富な情報を持っています。 その情報を活かして企業のコンサルティングを行なうこともあるので、コンサルティング会社と比較されることは多いです。 両者でもっとも大きな違いは、企業との関わり方です。 コンサルティング会社も銀行も「企業を良くしたい」という目的は同じですが、銀行はコンサルティングに留まらず、提案したことを実現していくところまでサポートし、その際に必要なソリューションを提供することで対価を頂いています。 例えば、海外での事業拡大を目的に新興国に会社を立てることを提案した際などは、異国での会社の設立に関するアドバイスだけでなく、実際にお客さまと現地を視察し、現地での事業のパートナーを探すこともお手伝いします。 そこまでして始めてお客さまの海外進出が具体化され、現地への進出に伴うファイナンスなどのソリューションに繋がっていきます。 コンサルティングと事業実現の両方に関わるのが今のメガバンクの仕事といっても過言ではありません。 加えて、提案してから最終的に融資した資金が返済されるまで10年以上かかることもよくありますし、その間に新しいプロジェクトがまた生まれていくので、お客さまと銀行は「運命共同体」として共にあり続ける。 お客さまと関わっていく時間軸もコンサルティング会社とは違うと思います。 銀行の仕事の特徴として、担当する企業の多さもその1つかもしれません。 銀行では、若手行員でも法人営業の担当者の場合、30社程度の企業を担当することが一般的で、平均3年のジョブローテーションを通じて、新たな地域で様々な業種・規模のお客さまを担当することで、非常に多くの企業に関わることができ、幅広い業界の知見が身につきます。 国内外に向けた事業戦略。 銀行の強みである信頼・顧客・情報とデジタル・AIの融合。 古川:激動する金融業界で、三菱UFJ銀行が成長していくための経営戦略を教えてください。 増子:銀行が今すべきことは、お客さまのニーズを掴んだ新しい金融サービスを生み出していくことです。 世の中では、革新的なサービスが次々と生み出されていますよね。 特にフィンテックによる電子決済サービスは、利便性に優れ、リテール分野のお客さまのニーズをしっかりと掴んでいる。 銀行としては、このような革新的なサービスを生み出すプラットファーマーたちと一緒に、新しいビジネスの展開、サービスの拡大に挑戦していきたいと考えています。 その他にも、人が付加価値を生みにくいマニュアル仕事・事務仕事はAI等を活用していき、浮いた時間をもっとコンサルティング業務や新ビジネスの考案など、クリエイティブな活動に使うことでより我々の強みである「人」を活かして世の中のお役に立てると思っています。 銀行にあって競合にはないもの。 それは、長年培ってきた信用と信頼であり、圧倒的な顧客数であり、蓄積する膨大な情報です。 金融ベンチャーを中心とした競合は、速いスピードで大胆なサービスを生み出していますが、それに対して、銀行は、『信頼・顧客・情報』を最大限に活かして、競合よりも価値の高いサービスを提供していくことがミッションです。 竹尾:海外に向けては、どんな事業戦略を考えているのでしょうか? 増子:国内は少子高齢化による人口減少でマーケットの拡大には限界があると考えており、海外戦略はとても重要です。 現在はアジアNo. 1の銀行を目指して海外に展開しています。 具体的には、アジア諸国を第二のマザーマーケットにして、日本でやってきた従来のビジネスモデルを持ち込み、展開していきたいと考えています。 アジア各国は、まだ銀行自体の信頼度が低く、「預金できるのは便利だけど、本当に預けたお金を返してくれるの?」という不信感を抱いている人が意外と多いんです。 だから、そのギャップを埋めて、銀行の信頼を作り上げたい。 タイでは7割、インドネシアでは4割しかない個人口座の割合を、将来的には日本と同様に9割近くまで高めることも可能だと考えています。 もちろん、日本を代表する銀行として、日本の成長が第一の目的です。 我々が築いた海外のネットワークを活用して日本企業が海外で成長するサポートも積極的に行っていきます。 世界を見渡せば、各産業でたくさんのビジネスチャンスがあるので、日本企業が成長するチャンスを見つけて、MUFGの総合力を活かして国内外で企業を支援する。 三菱UFJ銀行は、国内企業とともに海外で成長していくビジョンを描いています。 グループ内の人材交流を活発にして、 社員が成長する場をもっと増やしたい。 古川:ちなみに、増子さんが個人的にやってみたいことは何かありますか? 増子:もちろん、あります。 これからはアジア諸国との仕事が増えていくので、両国の架け橋となる仕事がしたいと思っています。 以前、タイにいた時に、日本企業とタイ企業がビジネスを持ち寄る、ビジネスマッチングのイベントを開催したことがあります。 両国の企業が、お互いのビジネスや文化、国民性などに興味を持ち、活発な議論が展開されて、新たなビジネスが創出されていく光景には胸が高鳴りました。 日本人としても、銀行員としても、とても有意義な仕事をした実感があった。 そんな経験もあって、個人的には、これからも銀行業務を通して他国との結びつきを深められる仕事ができたらいいなと思っています。 そして、もう1つ。 MUFGは、9万人の日本人と6万人の外国人で構成されています。 だから、いろんな会社があって、素晴らしい人材がたくさんいる。 これは恵まれた環境ですよね。 私は、タイのアユタヤ銀行で働く機会を得て、転職したようなカルチャーショックを経験しました。 しかし、そこで苦労しながら学んだことが大きな成長に繋がり、今の自分がある。 だから、グループとしての力を強くするためにも、会社の垣根を超えた人材交流がもっと活発になり、多くの社員の方々が、切磋琢磨する中で「成長する楽しさ」を実感できる機会を創出できるといいなと思います。 竹尾:こちらまで、わくわくした気持ちになりますね。 最後に、銀行で活躍できる人材とはどんな人材か、増子さんの考えをお聞きしたいです。 増子:これからの銀行ではさまざまな個性やバックグラウンドのある人が活躍できる、多様性のある組織であることが重要です。 画一的な人ばかりだと、組織として方向性を決めて、みんなで一斉に走り出したとしても、道に落とし穴に気づくことができず全員で落ちてしまったら困りますよね。 なので、それぞれが違う考え方を持っていて、個性的な方が求められます。 銀行と言えば法人営業のイメージが強いと思いますが、理系の方が活躍されている領域も多数ありますし、営業好きでも分析好きでも開発好きでも、それぞれに適した活躍の場が用意されています。 竹尾:色んな人が活躍できるんですね。 貴重な体験談もお聞きできて、とても有意義でした。 本日は、ありがとうございました。 古川:国内外における事業戦略のお話がとても興味深かったです。 金融サービスについて、もっと知りたいと思いました。 本当にありがとうございました。

次の

三菱東京UFJ銀行の出身大学・学歴について

三菱ufjフィナンシャル・グループ 採用大学

三菱UFJフィナンシャル・グループの平均年収• 1086万円• 初任給(大卒): 20. 5万円• 初任給(院卒): 23. 三菱UFJフィナンシャル・グループの男女年齢別年収推移 年齢 男性年収 女性年収 20~24歳 328. 0万円~ 328. 0万円~ 25~29歳 845. 0万円~896. 0万円 770. 5万円~724. 9万円 30~34歳 926. 4万円~1,027. 4万円 833. 0万円~775. 2万円 35~39歳 960. 2万円~1,063. 2万円 864. 5万円~802. 2万円 40~44歳 1,074. 6万円~1,194. 6万円 964. 0万円~901. 4万円 45~49歳 1,217. 0万円~1,338. 0万円 1,096. 3万円~1,009. 5万円 50~54歳 1,322. 5万円~1,433. 5万円 1,195. 2万円~1,081. 7万円 55~59歳 1,310. 6万円~1,421. 6万円 1,183. 3万円~1,072. 6万円 60~64歳 859. 6万円~1,421. 6万円 778. 7万円~1,072. 6万円 50代の理想年収 年代的にはトップ。 三菱UFJフィナンシャル・グループの部長や課長になってる人もおります。 また年収も一番高くなる年代。 子育てももう少しでひと段落する世代です。 そんな50代の理想の年収は 1,290. 2万円 三菱UFJフィナンシャル・グループの生涯獲得年収• 三菱UFJフィナンシャル・グループで新卒入社して定年まで稼げる生涯年収は 4億6,698万円• サラリーマンの平均の生涯獲得年収が 1億7,845万円なので三菱UFJフィナンシャル・グループは一般サラリーマンとの差は 2億8,853万円になります。 三菱UFJフィナンシャル・グループの役職別年収推移 三菱UFJフィナンシャル・グループの役職別の年収を統計データと掛け合わせ予測しました。 三菱UFJフィナンシャル・グループの年度別平均年収 三菱UFJフィナンシャル・グループの平均年収は、IRから統計を算出した結果 1086万円でした。 年度別の年収を見てみると、 平成28年:1061万円 平成27年:1066万円 平成26年:1132万円 となっており40代で 1000万円以上はキープできていると推測されます。 給料が 約67. 8万円なので、そこから考えられる平均手取りは 約54. 7万円となりました。 三菱UFJフィナンシャル・グループの新卒初任給 三菱UFJフィナンシャル・グループの新卒初任給は、 20万5000円(大卒) 23万0000円(院卒) 三菱UFJフィナンシャル・グループのおもな事業内容・かかわる職種 三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱UFJ銀行・三菱UFJ信託銀行・三菱UFJ証券ホールディングスや、三菱UFJリースや三菱UFJニコスなど主な中核企業5社を中心とした総合金融グループです。 2015年3月期決算では国内の銀行グループとして、初めて純利益が1兆円を超えました。 職種ごとによる給与規定については特に書いていません。 出身大学 三菱UFJフィナンシャル・グループに勤める方を見てどこの出身大学が多いのかを調査してみました。 沢山採用される大学から普通に採用される大学まで3段階に分けてみました。 是非ご参考にご活用ください。 【毎年採用されやすい大学】 北海道大学、東北大学、新潟大学、宮城大学、筑波大学、東京大学、一橋大学、、富山大学、金沢大学、福井大学、福井県立大学、信州大学、静岡大学、名古屋大学、三重大学、滋賀大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、岡山大学、島根大学、鳥取大学、広島大学、山口大学、徳島大学、愛媛大学、九州大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学 【それなりに採用される可能性が高い大学】 横浜国立大学、早稲田大学、青山学院大学、学習院大学、慶應義塾大学、上智大学、中央大学、法政大学、明治大学、同志社大学、立命館大学、兵庫県立大学、関西大学、近畿大学、大阪市立大学、大阪府立大学 【普通に採用される大学】 宇都宮大学、関東学院大学、武蔵大学、中央学院大学、明治学院大学、立正大学、龍谷大学、東洋大学、成蹊大学、成城大学、摂南大学、甲南大学、専修大学、大阪経済大学、大妻女子大学、創価大学、南山大学、崇城大学、大東文化大学、高崎経済大学、拓殖大学、玉川大学、東邦大学、東北学院大学、文教大学、獨協大学、帝京科学大学、帝京大学、帝京平成大学、日本工業大学、日本大学、日本女子大学、東海大学、名城大学、明星大学、豊田工業大学、桃山学院大学 理系大学からの採用が多いと感じます。 三菱UFJフィナンシャル・グループが求める人物像 求める人物像を見てみると下記のような人を求めているようです。 ・行員全員に流れる価値観「社会的責任の重さを一人ひとりが十分認識し、常に公明正大かつ誠実な姿勢で臨み、長期的な視点でお客さまと社会の健全な成長に繋がる行動をとる。 」・「プロフェッショナリズムとチームワーク(Professionalism and Teamwork)プロとしての自覚と責任を持ち、多様な社員が互いに尊重・切磋琢磨しながら、地域・業態を越えたチームワークで、お客さまの期待を超えるために常にグループとしてベストを尽くす。 」・「世界的な視野で時代の先を見据え、変化を自らの成長の機会ととらえ、現場重視でスピードと柔軟性を持つ活力溢れる職場作りに全員で取り組み、新たな領域へ挑戦する。 」 これらの価値観を共有し、世界を舞台に活躍したいという方です。

次の

三菱UFJフィナンシャル・グループのグループ採用情報

三菱ufjフィナンシャル・グループ 採用大学

概要 [ ] 創業はが(現・付近)で経営していた「九十九商会」。 それを土佐藩士であったが買い受け個人企業とした。 そして九十九商会を「三菱商会」(現在の日本郵船の前身)と改称し、海運とを中心に事業を展開した。 マークは赤い (三菱マーク:創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱のマークが、現在のスリーダイヤ・マークの原型。 郷士出の岩崎家家紋「三階菱」と、土佐藩主の山内家家紋「」の組合せに由来。 後に社名を三菱と定める機縁)。 三菱グループの中核とされる、三菱UFJ銀行(旧・三菱銀行)、三菱商事、三菱重工業の3社を「三菱グループ御三家」と呼ぶ。 グループの主要企業、あるいは金曜会会員企業ながら、社名に「三菱」が付かない企業(日本郵船、ENEOSホールディングス(旧・JXTGホールディングス)、明治安田生命保険(旧・明治生命保険)、東京海上日動火災保険(旧・東京海上火災保険)、AGC(旧・旭硝子)、ニコン、キリンホールディングス(旧・麒麟麦酒)、ローソン)もある。 これら三菱の名前の付かない企業はスリーダイヤマークを使わない。 一例としては下記の事象が挙げられる。 三菱グループ各社の本社、支社等は三菱地所や明治安田生命保険が保有するビルに置かれている事が多い。 また、グループ各社の本社はに本社を構えている場合が多い。 そういった背景から丸の内は「三菱村」とも呼ばれる。 三菱地所のビルには、ほぼ必ず三菱電機のやが設置されている(同様にのビルには、ほぼ必ずの製の物が使われているほか、のビルの設計は、外ながら同根の(旧住友本店建築部)が担当することが多い等の事例もある)。 三菱グループが所有するビルには、ほぼ必ず、キリンビバレッジのが設置されている。 グループ各社の社用車は、三菱自動車工業(現在は大型乗用車市場から事実上撤退したため、及び小型車が多い)及び三菱ふそうトラック・バス(の)の車両が多い。 また、三菱自動車から新型車が発売される際には、グループ社員限定の事前発表会が行われる。 では、三菱UFJ銀行・三菱商事・三菱重工業の「御三家」が経営再建に加わった。 社内行事では、麒麟麦酒・キリンビバレッジの製品を扱う飲食店を優先的に選ぶ。 「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」というグループ広報誌が、毎月社員に配布される。 三菱グループ各社が(前身はで、プロ化に伴い筆頭株主は三菱自動車工業になったが、自工が傘下になった際に筆頭株主も重工に戻された)のオフィシャルパートナーに名を連ねている。 現在でも継続されている習慣も多い。 全従業員数を計る目安に、月報誌の「THE MONTHLY MITSUBISHI(マンスリーみつびし)」の発行部数は、約32万部(入手当該誌より)。 (2019年12月公開HPでは約40万部と記載。 プロパー社員・関連出向社員向けであり、通常は同フロアでも協力会社社員(派遣)は含まない)この数は日本の労働人口を6700万人と仮定すると、約0. 47%にも及ぶ。 ただし、金曜会会員企業の中にも、ドイツのがほぼ90%の株式を保有している三菱ふそうトラック・バスや、合併前の出身者から一人も役員が出ていないJXTGホールディングス(合併先のと、その後あらたに合併したの二社の出身者が会長、社長、および役員を分け合う体制となっている。 そしてにと経営統合し、JXTGホールディングスが発足したが、やはり東燃ゼネラル出身者に一部の役員席が回されただけとなっている)のように、グループとの結びつきがきわめて希薄な企業も含まれている。 JXTGホールディングスの筆頭株主は三井住友系のであるが、三菱系の所有株式数の割合は10. 財閥時代から「三菱は岩崎家一個のものではなく、国家社会のための三菱である」とする考えがある。 この言葉は戦後にも引き継がれ、「三菱は国家なり」として三菱グループが国家との結びつきが強いことでも知られている。 また、ビジネス以外の福利厚生面や広報については、施設を共有していたり、三菱系企業社員等が集まってスポーツ大会・・コーラス等をするなど交流を行っている。 また、による株の買収に際して、三菱電機がの支援を表明するなど、財閥・金融系以外の企業グループにもかかわりを持つようになっている。 一方では、三菱自動車工業の再建をめぐって、東京三菱銀行、三菱商事、三菱重工業の間で意志の相違が生じ、また、旧・明治生命保険や旧・東京海上火災保険が、同業他会社との経営統合(前者は安田生命保険と合併し「明治安田生命保険」に、後者は日動火災海上保険と合併し「東京海上日動火災保険」に社名変更)で、グループから自立の動きを見せている。 また、三菱グループの総売上は約70兆円(2019年現在)で世界最高とされている。 三菱金曜会 [ ] に始まった 三菱金曜会(略称・ 金曜会)は、毎月第2、グループ企業の会長・社長を集めて行う懇談昼食会を、活動の中心としている。 この他、歴史的建造物である本邸の維持・管理、およびグループの迎賓館・社交クラブとしての運営に当たる三菱開東閣委員会が、グループ32社によって組織されている。 主要会社 [ ] ここでは、三菱金曜会の会員(27社)、および三菱広報委員会の会員(37社)を挙げる(なお、三菱金曜会の会員は、三菱ケミカル以外すべてが三菱広報委員会の会員である )。 その他の会社は、下記の会社を中心とするグループのいずれかに属する形となる。 過去の主要会社 [ ] 『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページに基づき、かつに掲載されていない会社を列記している。 また、以下のリストは、三菱広報委員会加盟社である。 東京海上火災保険(現・東京海上日動火災保険)• 三菱金属(現・三菱マテリアル)• 三菱鉱業セメント(現・三菱マテリアル)• (現・三菱UFJ信託銀行)• (現・)• (現・)• 明治生命保険(現・明治安田生命保険)• 大日日本電線(現・)• 三菱アセテート• 三菱液化瓦斯(現・アストモスエネルギー)• 三菱原子力工業(現・三菱重工業)• 三菱ヨーク• 「三菱」「スリーダイヤ」の商標について [ ] 製造の 、熊本県のが販売していたは、「三菱」の名前との商標を使用しているが、両社とも三菱グループとは、一切の資本・人的関係がない。 これは、三菱グループが商標登録するよりも早くからこの商標を用いており(鉛筆が1903年、サイダーが1919年)、三菱グループにはその使用を差し止める事が出来ないためである。 他にもの三菱クリーンサービス、文房具卸売業のなど、グループ外で「三菱」を名乗る企業も一部存在する(いずれも、スリーダイヤは使用していない)。 なお、2010年8月にはの「三菱タクシー」がに改称した。 また、にはこれまた三菱鉛筆や三菱サイダー同様、スリーダイヤを社章に用いた三菱グループ外のLPガスの販売を行う(株)菱友という企業がある。 も参照のこと。 この一覧表はグループ内で「三菱」がつく会社を、子会社・孫会社等・海外合弁会社にいたるまで漏れなく表示している。 つまり、この表にない「三菱」がつく企業はグループ外である。 一方、三菱グループの中には「スリーダイヤ」マークを使用しない企業がある。 三菱UFJ銀行 やENEOSグループ のような「非」三菱グループと合併した企業や、日本郵船やキリンビール、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険 などのように、古くから「三菱」「スリーダイヤ」とは異なる商標を用いてきた企業がそれに当たる。 脚注・出典 [ ] []• ただし、三菱商事が(運営会社の役員も出している)の、三菱電機が・(2012—)のスポンサーとなっているように、三菱グループながら他のクラブのスポンサーとなっている企業もある。 三菱金曜会概要• 『炎の男たち・三菱 野望の軌跡』242ページから245ページ• com. 2016年3月7日閲覧。 2018年11月30日付の読売新聞大阪本社版朝刊11面の記事によれば、商標上の問題が確認できず訴訟では争えないと判断した三菱グループが三菱タクシー側に社名変更の対価を支払ったとのこと。 三菱銀行時代は「スリーダイヤ」マークを使用していたが、旧・との企業合併による旧・東京三菱銀行発足以後は「スリーダイヤ」マークを使用していない。 保険両社は、合併前(明治生命、東京海上時代)から「スリーダイヤ」を使用していない。 関連項目 [ ]• () - 旧:分校• 三菱商船学校 - 現:• - 岩崎家が設立に関わっており、現在も三菱グループとのつながりが強い。 - 三菱電機の製品を販売する。 - 、一時期日曜日のデーゲーム(当時はナイターとのとなる試合が多かった)を「三菱ダイヤモンドナイター」として三菱商事・三菱石油を筆頭とするグループ各社で協賛した。 - かつての提供番組• - (一時期同上で「三菱ダイヤモンドグローブ」と冠されていた)• - (までかつての提供番組)• - (同上)• - (上記『おはよう地球さん』で放送された「地球は家族だ」を歌唱)• ・ - の強化試合シリーズで、キリンビール・の冠協賛であるが、三菱グループの数社も協賛している。 - の主催で毎年、日本全国各地のゴルフ場を転戦する形で開催されている男子プロゴルフトーナメントで、前身の「三菱ギャラントーナメント」時代から三菱グループ各社がサブ協賛してきた。 から三菱グループ各社による共同協賛で行われている。 - 東京都千代田区。 いわゆる「三菱村」• - 旧岩崎家茅町本邸• - 旧岩崎家別邸• - 岩崎家深川別邸跡• - 岩崎家駒込別邸跡• - 岩崎家鳥居坂別邸跡• - 旧岩崎弥之助家高輪本邸・非公開• - 関係が深い。 同じくメインバンクが三菱UFJ銀行で、車に製の自動車用が多く使用されていたり、元日本電池(現:GS YUASA)系のが三菱重工業との提携関係を強化している。 - 関係が深い。 同じくメインバンクが三菱UFJ銀行。 () - 関係が深い。 のメインバンクは三菱UFJ銀行で、電車の電装品に三菱電機の製品が一部を除き使われているほか、は三菱重工業と業務提携している。 - 関係が深い。 やはりメインバンクは三菱UFJ銀行。 大東急時代以降に三菱グループとの関係が強くなった。 現在でも三菱電機製の制御装置を使っている。 - 一時期投資会社を通じて株を保有していた他、通勤型車両の制御装置や空調装置、モータ等の大半は三菱電機製である。 - 三菱商事との関わりが強い。 - 三菱自動車工業が廃業の瀬戸際に追い込まれたが、三菱グループの支援により救済された。 (、) - 作品中の東京中央銀行は現在の三菱UFJ銀行である。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の