アカイリンゴ ネタバレ。 アカイリンゴ【第7話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

鬼滅の刃【第176話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

アカイリンゴ ネタバレ

人気の漫画• アーカイブ• 232• 342• 328• 223• 2 カテゴリー• 228• 284• 509• 108• 141•

次の

高嶺の蘭さん【第18話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

アカイリンゴ ネタバレ

今日もテレビでは、違法なセイコウイを10年間もやっていたということで、ケンタウロスのパフォーマンスでも知られる有名人が逮捕されていた。 そのニュースのあと、人気ヒロインのウチュラこと宇宙美空(うちゅうみそら)が月9番宣のインタビューを受けていた。 テレビをみる犬田光はこのウチュラの大ファンだった。 そんなのにうつつをぬかしている光に母親は釘をさす。 光のおとうさんは厚生労働省のセイコウイ取締部(セトリ)、国家公務員である。 光はセイコウイなどするわけないといって登校した。 バスに乗ると同級生の水瀬優がいた 水瀬優(みずせゆう)は幼稚園からの幼なじみだ。 今日も光は水瀬優にからかわれている。 しかし水瀬優の成績がは光に次いで学年二位。 光は将来的に水瀬優を人工的な方法で孕ませるのもいいかなと思っていた。 そんな光は屋上で友人の志場が一足先に女とくちづけを交わしたとドヤ顔してきた。 光にも大人の階段を登れといってクラブ(音楽の方だよ)に誘うのであった。 夜、大音量のクラブにて なんとクラブは廃墟になった円山町で違法に開催されているイベントだった。 光はそこかしこで男女がくちづけをかわしているという信じられない光景を見た! 光は逆にぶつかり転げてしまう。 するとあの人気女優のウチュラが手を差し伸べてくれた。 光は気恥ずかしさもあって会話もそこそこに、はぐれた志場を探した。 たどり着いたVIPROOM、そこはセク中の男女がそこかしこでセイコウイをする場所だった。 ウチュラが黒人の大男に犯されようとしているのを目撃した光。 光は男にウチュラから離れるようにいう。

次の

【アカイリンゴ】最新話+過去全話ネタバレまとめ!【随時更新中】|漫画キャッスル

アカイリンゴ ネタバレ

はじめの一歩【第1263話】のネタバレ 【感傷】 試合後、自分が負けた理由が分かったと呟いた一歩に 「負けた理由?」と聞き返す木村。 青木は 「3敗全部、同じ理由で負けたのか?」と尋ねる。 一歩は最初の負けである伊達戦を除いた 「最近の2連敗の理由です」と返す。 一歩の 「最近…」という言葉に 思うところがある様子の木村。 そんな中、一歩が徐に話し始める。 連敗は必然で、それ以前から兆候があった。 ともすれば、実はどこで負けていてもおかしくなかった。 そう呟く一歩。 一歩の独白を聞いた青木は一歩の両肩に手を置き、辛そうな表情で 「そんなに前からパンチドランカーの自覚があったのか?」と告げる。 場違いことを呟く青木を背後から蹴り飛ばす木村は、青木に 「他人の負けた理由より今夜の試合の整理しろよ」と言う。 木村の言葉で 自分の目標が伊賀だったと思い出す青木。 そんな青木を尻目に 泰平や欽太郎、 もとい「金玉郎」を飯に誘う。 一歩もついて行こうとするのだが、木村は 「一人で感傷に浸ってろ」と言うのだった。 【各々の話題】 試合中、後楽園の主と鷹村が来ていた居酒屋に行く木村達4人。 木村と青木は、初の試合観戦がどうだったと、 「金玉郎」に尋ねる。 ここで、欽太郎は思い切って 「気になるコトがあります」と呟く。 「どうした?」と問う木村に 「金玉郎じゃなくて欽太郎です」と 名前の間違いを提言する欽太郎。 欽太郎の言葉に 飲み物を噴き出す木村と唖然とする青木。 木村と青木は鷹村が普通にそう呼んでいたため、今まで 本気で「金玉郎」と思っていたのだった。 と、まあそんな話が一段落するや泰平が 「ベルトは二つとも勝った方のモノ?」と疑問の声をあげる。 泰平の疑問に答えるのは木村。 間柴は東洋太平洋王者で、伊賀は日本王者。 けれど、 試合前に日本に興味のない間柴は日本王座はいらないと発言しており、 今回の一戦は単純に東洋太平洋王座の防衛戦。 つまり、伊賀にとっては 負けても日本王座継続、 勝てば東洋太平洋のベルトと世界ランクのオマケ付きという メリットだらけだった。 木村の説明が終わると、青木が笑いながら 「オレの目標も継続中」と語る。 なのだが、泰平や欽太郎は 「勝った方を目標にすればいい」と気勢をあげる。 その声に青木はぼそりと 「人間だもの」と呟き、その次の瞬間 「あんな化け物目標にしてどうする!?」と逆ギレする。 【感傷という名の未練】 そして話は一歩に移る。 先ほど一歩が言いかけた言葉は、業界ではよくある話。 引退したボクサーがリングの外から見て、こう思う。 あの時どうしてアレができなかった。 ああすればよかった…こうすればよかった…。 そしてこうも思う。 今なら理解できる…理解しているから実行できる…。 それはつまり 未練という感情だ。 そんな言葉をや思いを聞きたくなかったから一歩を誘わなかった木村だった。 【理解しても時既に遅し】 翌朝、ジムにサンドバックを叩く音が一際響く。 それを外から聞き、音だけで判断した鴨川会長は、中へと入るや 「引退した者が何しちょるか!」と叱責する。 一歩は鴨川会長に 「おさらい」と言う。 それこそが間柴や宮田の試合を見て一歩が気付い 共通点。 ソレは 過去一歩も持っていた。 しかし、伊達に負けてデンプシー・ロールを手に入れたことで、 失ってしまったモノ。 左拳でサンドバックを殴り続ける一歩は 「左です」と呟く。 宮田も間柴もここぞという時こそ 左を多用した。 常に左を打つことで 主導権を渡さず、先手を取り続ける。 方や一歩は常に 後手に回り、懐に入ろうと一辺倒でいいようにパンチを貰う。 初めて教わった左というパンチを忘れ、 慢心していたと悲痛な声で叫ぶ一歩。 「負けて当然です」という儚げな声が響き渡るのだった。 漫画はじめの一歩最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2019年26号もそうですが好きな漫画を1巻分電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 好きな漫画を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! はじめの一歩【第1263話】の感想と考察 ボクシングでは「左を制する者が世界を獲る」なんて格言もあるくらい「ジャブ」というパンチは重要です。 最初の頃の一歩はジャブのみでKOしたこともありました。 それがいつの間にか必殺技が増え、最後にはデンプシーが代名詞となりました。 それだけに私の頭の中から攻め機転となるジャブを打つ一歩が消えていきました。 鷹村に教わり、会長に研磨されたあのパンチ。 一歩が負けた理由…確かに聞くと「そうか」と思えます。 何とか一歩が復帰する展開はこないのでしょうか。 私を含め、読者の多くがその展開を心待ちにしており、いつか描いてくれると信じております。 その時はジャブを打ちまくる一歩を見たいです。 次回のはじめの一歩【第1264話】掲載の週刊少年マガジン発売日は6月5日になります! まとめ 以上、はじめの一歩【第1263話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の