広島 原子 爆弾。 リトルボーイ

広島の原爆による被害者の方々の人数はどれ位なのでしょう

広島 原子 爆弾

相対性理論と原子爆弾 まず、原子爆弾の開発とアイシュタインの相対性理論との関係から説明していきましょう。 原子爆弾開発の流れ 原子爆弾(ヒロシマ型原爆)は、ウランの核分裂を利用したものです。 その後、大量のウランを使うことで、核分裂反応が連鎖的に起こる可能性が見出されました。 連鎖的というのは、ひとつのウラン原子が核分裂すると、それを引き金に次々と核分裂反応が誘発され、一気に大量の核分裂反応が起こるという現象です。 それを使ったのが原子爆弾です。 そして、1941年にアメリカで原爆を開発するマンハッタン計画が始まり、1945年の広島、長崎の悲劇につながります。 相対性理論との関係 アインシュタインの相対性理論からエネルギーEと質量mの等価性を表すE=mc 2という式が導かれます。 この式が、原子爆弾の根源のように扱われているのです。 アインシュタインが特殊相対性理論から、E=mc 2の関係を導いて発表したのは、1907年です。 しかし、この式は、エネルギー全般に関する公式であり、特に原子核に関する公式ではありません。 何しろ、核分裂が発見される30年も前のことですから、核分裂に関する理論でないことは明確ですし、この式から核分裂反応が予想されるものでもありません。 核分裂は、もしアインシュタインがいなくても、とっくにE=mc 2程度は発見されていたであろう時代に見つかったのです。 もちろん無関係という訳でもありません。 ウランの連鎖的な核分裂を利用した爆弾ができたとき「 この爆弾は、どれほどのエネルギーになるか」という計算にE=mc 2が使われたはずです。 相対性理論と原爆の関係はこれだけです。 相対性理論から原爆が導かれるものではありません。 アインシュタインと原子爆弾のかかわり 次にアインシュタインと原子爆弾のかかわりについてみてみましょう。 マンハッタン計画とアインシュタイン アインシュタインは、原爆を開発するマンハッタン計画には携わっていません。 「アインシュタインたちによるマンハッタン計画によって開発された」という間違った報道()がされたりしてますが、アインシュタインは計画に加わっていません。 しかし、原爆開発と無関係ではありません。 アインシュタインは、1939年に当時の科学者たちがルーズベルト大統領に送った手紙に署名をしています。 アインシュタイン=シラードの手紙 その手紙を書いたのはレオ・シラード、署名したのはアインシュタインなので『アインシュタイン=シラードの手紙』とも呼ばれています。 大統領にアピールするためには、著名なアインシュタインの名前が必要だと考えてのことです。 その内容は、• ウランを使ったきわめて強力な爆弾が作られるかもしれないこと• ドイツが国家単位で開発を進めていること• ウラン鉱石の供給に関心を寄せること などを知らせるものです。 その時は原子爆弾の開発は行われませんでした。 原子爆弾の開発をするマンハッタン計画が始まったのは、イギリスから原子爆弾の製造が可能という情報が入った1941年のことです。 ドイツの状況 アメリカにいる科学者たちが、大統領に手紙を出したのは何故でしょうか? 理由は手紙自体に書いてあります。 ドイツがウランの販売を停止したことから、ドイツが国家単位で原子爆弾の開発を進めていると判断したからです。 実際に、1939年からドイツは原子爆弾の開発を進めており、その判断は間違っていませんでした。 アインシュタインもユダヤ系です。 だからこそ、ナチスドイツが原子爆弾の開発を進めていることを大統領に知らせる手紙にサインをしたのです。 その証拠に、1945年の3月にドイツが原爆を開発していないことがわかると、シラードたち科学者たちは、日本に対する原爆使用に反対する活動を行っています。 アインシュタインは原爆開発を知っていたのか アインシュタイン自体、マンハッタン計画が進んでいることを知っていたのでしょうか? マンハッタン計画は、完全に秘密裡に進められていました。 アインシュタインは、反戦思想の持主としてアメリカ政府からマークされていたので、マンハッタン計画がスタートしたことすら知らされていませんでした。 マンハッタン計画に参加したどころか、そんな計画が進んでいることすら知らなかったのです。 スポンサーリンク アインシュタインは原子爆弾の生みの親か? アインシュタインがいなければ、もしかしたら広島や長崎の悲劇はなかったかもしれません。 でも、アインシュタインは非難されるほどの関与をしていたのでしょうか。 アインシュタインが残したもの アインシュタインと原子爆弾を関連づけるものは、次のふたつです。 彼が発見したE=mc 2 が、原爆のエネルギーの計算に使われたこと• 1939年にルーズベルト大統領に出した手紙に書名したこと アインシュタインの思想 アインシュタインは、徹底した反戦主義者でした。 そのこともあって、1896年、17歳のとき、軍拡を進めるドイツの国籍を自分の意思で放棄して無国籍になっています(6年後にスイス国籍を取得)。 今でこそ反戦主義はふつうのことかもしれませんが、第一次世界大戦前のヨーロッパです。 そんな時代に、のちにアメリカで反戦思想の持主としてマークされるほどの徹底した反戦思想を持っていたのです。 アインシュタインの人生の中で、反戦思想が揺らいだのは第二次世界大戦開始前後の期間だけです。 その時、何が起きていたのか言うまでもありません。 反戦よりも反ナチスの想いが上回ったとしても仕方ないのではないでしょうか? 個人的な意見 ここからは個人的な意見です。 自分は、広島出身の50代の人間です。 親の世代は、実際に原爆を体験しています。 親は離れた場所にいたので被ばく者ではありませんでしたが、祖父母は被ばく者ですし、父親の兄弟には原爆の犠牲になって亡くなった人もいます。 近所のおじさん、おばさん、学校の先生など、まわりの大人は原爆を体験した人ばかりという環境で育ちました。 そんな自分でも、アインシュタインを責める気にはなりません。 手紙に署名したことは確かです。 しかし、あの時期にナチスドイツが原子爆弾の開発を行っていることを知って、ユダヤ人であるアインシュタインが、署名に参加するのは当然のように思えます。 そんな環境にいるにもかかわらず「原爆開発に積極的に参加しなかった」それだけで充分です。 自分にとって、原爆に対する憤りをぶつける相手は、アインシュタインではありません。 最後に この記事は、いまだに残っている「アインシュタインが原子爆弾の開発者」という誤解を解きたいと思って書きました。 もちろん、アインシュタインと原子爆弾は無関係ではありませんが、その責任は事実に基づいて判断すべきだということを言いたかったのです。 そのため、周辺事実だけの説明とし、アインシュタイン自身が語った言葉には全く触れてませんでした。 でも最後にひとつだけアインシュタインの言葉を引用します。 「第3次世界大戦の戦い方はどうなるのか私にはわかりません。 でも、第4次世界大戦ならわかります。 石とこん棒での戦いに戻ります」.

次の

広島市への原子爆弾投下

広島 原子 爆弾

爆発の約1秒後には直径数百メートルの火球が出現します。 百万度超の熱線で建物や人は瞬時に蒸発します。 また、もともとそこにあった空気は、瞬間的に押しのけられますから、音速をはるかに超える速度で周辺に広がります。 これが爆風となって建物に対して被害をもたらします。 さらに、瞬間的に広がった火球はその数秒後に消滅します。 火球のあったところは真空状態ですから一度押しのけられた空気は再び爆発のあった地点に引き戻されます。 これにより爆心地周辺は真空に近い状態となり、熱線や最初の爆風を免れた人に対しても被害をもたらします。 広島や長崎の核爆発は空気中で起こりました。 これは、先の火球による被害(戦果?)を有効にするためで、爆風は地上にたたきつけるように起こりました。 そして地面をはって行くように進んだわけです。 もし地上で起こった爆発なら、爆風のいくらかは上空に逃げてしまいますから、効果は薄れます。 その後、残留放射線による人的被害がおこります。 衝撃波は、音速を超える速度で物が移動した時に起こる空気の波です。 超音速旅客機などでも住宅のガラスが割れるなどの被害が言われましたが、強い衝撃が起こります。

次の

原子爆弾

広島 原子 爆弾

広島県原子爆弾被爆者援護措置要綱(19670401) 広島県原子爆弾被爆者援護措置要綱 1967年4月1日 第1 総則 1 目的 この要綱は,広島県に居住する原子爆弾被爆者(以下「被爆者」という。 )の福祉向上について,その援護措置を定め,もって社会的自立更生を図ることを目的とする。 2 援護の措置 前項の目的を達成するための援護措置は,次のものとする。 (1)被爆者健康診断受診奨励金の支給 (2)被爆者就職支度金の支給 (3)被爆者雇用奨励金の支給 3 用語の定義 (1)この要綱において「被爆者」とは,原子爆弾被爆者の医療等に関する法律〔昭和32年法律第41号(以下「原爆医療法」という。 )〕第2条に掲げる者をいう。 (2)この要綱において「常用労働者」とは,雇用期間の定めのない者及び雇用期間の定めのある者であって,おおむね1年以上経続して雇用されることが明らかな者をいう。 (3)この要綱において「低所得者等」とは次に掲げる者をいう。 ア 地方税法(昭和25年法律第226号)第703条の4又は717条の規定に基づき国民健康保険税が減額又は減免される世帯の構成員 イ 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第77条及び81条の規定に基づき保険科が減免又は減額される世帯の構成員 ウ 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護者 エ 緊急失業対策法(昭和24年法律第89号)による失業対策事業紹介対象者 オ 老人福祉法(昭和38年法律第133号)により養護、老人ホームおよび特別養護老人ホームに収容されている者 カ 前各号に掲げる者のほか地方税法第295条第1項に該当する者 第2 被爆者健康診断受診励奨金 1 趣旨 市町村が被爆者に対し,原爆医療法に基づく健康診断の受珍を促進するための奨励金を支給した場合,県はこれに要した費用を予算の範囲内において交付するものとする。 2 交付の対象 この交付金の交付の対象となる費用は,昭和42年4月1日以降,原爆医療法第4条に規定する健康診断のうち一般検査を受診した低所得者に対して支給された費用とする。 3 交付金の額並びに算定方法 交付対象者1人年2回以内とし,1回につき330円として積算した額とする。 ただし,実際に支給した額がこの交付額に満たないときは,その額とする。 4 交付の条件 (1)この交付金の適正な運用を図るため,知事は必要に応じ関係書類の提出を求め,又は調査をすることができる。 (2)この交付金の精算の結果剰余金を生じたときは返還させるものとする。 5 交付の申請等 交付の申請等の手続きは別に定める。 第3 被爆者就職支度金 1 趣旨 被爆者が経済的自立を図るため,就職するに至った場合において,就職支度に要する費用として支給する。 2 支給対象者 特別被爆者健康手帳を所持する者で6ケ月以上入院し,退院後1年以内に常用労動者として就職する者,又は退院後,公共職業訓練所,職場適応訓練実施事業所,その他各種技能養成施設(以下「公共職業訓練所等」という。 )に入所した者で,当該職業訓練所等を修了した日からおおむね6ケ月以内(修了した日が退院後1年に満たない者は1年以内とする。 )に常用労働者として就職する次の者とする。 ただし,この要綱による就職支度金をすでに受けたことのある者及び退院後他の制度による就職支度金を受けたことのある者を除く。 (1)低所得者等 (2)その他知事が特に必要と認めた者 3 支給額 就職支度金の支給額は40000円とする。 4 支給の条件 (1)知事は,被爆者が偽りの申請その他不正の手段により就職支度金を受領したときは返還させる。 (2)就職支度金を受け,就職しなかった者又は3ケ月以内に離職した場合は,その事情が止むを得ないと認められる場合を除き,その全部又は一部を返還させる。 5 支給の申請等 支給の申請等の手続きについては別に定める。 6 実施期日 昭和42年4月1日以降就職した者に対し支給するものとする。 第3 被爆者雇用奨励金 1 趣旨 被爆者の雇用を促進するため,この要綱による就職支度金を受けることができる被爆者を雇用する事業主に対し,予算の範囲内において雇用奨励金を支給するものとする。 2 支給対象者 県内に事業所を有する者で,就職支度金の受給対象者を常用労働者として雇用する事業主とする。 ただし,国,地方公共団体又は特殊法人で予算について国会の承認又は主務大臣の認可を受けなければならない事業主は除く。 3 支給額等 支給額は,対象となる常用労働者1人につき月額8000円とし,6ケ月を限度として雇用実績に応じて支給する。 ただし,対象となる常用労働者1人に支払われた賃金総額の1/2に相当する金額(その額が月額8000円を超えるときは月額8000円として計算した額)以内とする。 4 支給の条件 (1)雇用奨励金は,事業主が対象被爆者を常用労働者として雇用することを条件とする。 (2)知事は必要と認めるときは,対象事業主に対し,関係書類の提出を求め,又は随時調査することができる。 (3)知事は,対象事業主が偽りの申請,その他不正の手段により雇用奨励金の支給を受けたときは,返還させる。 5 支給の申請等 支給の申請等の手続きについては別にて定める。 6 実施期日等 昭和42年4月1日以降雇用した事業主に対して支給する。

次の