竈門 神社。 竈門神社(太宰府市)の御朱印について。縁結びや紅葉で知られる神社!御朱印や御朱印帳、受付時間などをご紹介!

竈門(かまど)神社

竈門 神社

竈門神社(太宰府市)の御朱印について 竈門神社は観光地としても有名は太宰府天満宮から徒歩40分程度、車では5分程度の場所に鎮座しています。 その為、太宰府天満宮の参拝後に竈門神社へ参拝と御朱印を頂きに行く方が多いようです。 また、竈門神社は縁結びの神様「玉依姫命(タマヨリヒメ)」が御祭神なので、若い女性の参拝者も多い神社です。 竈門神社の境内や歴史などをご紹介する前に、まずは福岡県太宰府市の宝満山の麓に鎮座する竈門神社の御朱印、そして、御朱印の受付時間や受付場所、オリジナル御朱印帳をご紹介します。 実際に頂いた御朱印 まずは、実際に竈門神社で頂いた御朱印をご紹介します。 竈門神社の御朱印(令和元年7月20日) 竈門神社の御朱印には、別称である 「宝満宮(ほうまんぐう)」の文字も記載されていますね。 また、 御朱印にある花のマーク は 「桜」で竈門神社の神紋(しんもん:神社の家紋)です。 後ほどご紹介しますが、竈門神社は桜の名所としても知られています。 竈門神社の御祭神は女性の神様である「玉依姫」ですので、御朱印も女性のように洗練された感じがしました。 竈門神社の御朱印は基本的に女性が担当されているから、という理由でもあると思いますが…。 御朱印の受付場所について 太宰府市の竈門神社の社務所は「スタイリッシュ過ぎる!」で有名です。 竈門神社の社務所は、他の神社とは異なりオシャレで、特に若い女性の参拝者は「むすびの糸」というお守りを買い求めておられます。 社務所の奥が御朱印の受付場所 そんなスタイリッシュ過ぎる竈門神社のお守りや絵馬、お札などが売られている 社務所の奥に御朱印を専用で受け付けている窓口「御朱印所」があります。 「御朱印所」の看板 御朱印を受け付けてる専用の窓口の上には大きく「御朱印所」と看板があります。 お守りなどが売られている社務所ではなく、御朱印専用の窓口がありますのでご注意ください。 太宰府天満宮から比較的近い神社なので御朱印の待ち時間があるかと思いましたが、参拝者は思ったほど多くないので、待ち時間はそんなにありませんでした。 ちなみに、休日は2人態勢で御朱印を受け付けているそうです。 オリジナル御朱印帳(サイズ・袋)について 上記でご紹介した御朱印の受付窓口「御朱印所」では、 竈門神社の 「オリジナル御朱印帳」と御朱印帳を入れる 「袋」が販売されています。 竈門神社の御朱印帳と袋 上記の写真が竈門神社のオリジナル御朱印帳と御朱印帳を入れる袋です。 御朱印帳と袋は それぞれ2種類で、どちらも爽やかな薄い ブルーとピンクです。 また、 御朱印帳の初穂料(料金・価格)は1冊1,500円、 袋の初穂料(料金・価格)も1つ1,500円です。 また、 竈門神社の 御朱印帳のサイズは若干大きめです。 竈門神社と伊勢神宮の御朱印帳 上記の写真は、竈門神社と伊勢神宮の御朱印帳を重ねて比較してみたものです。 5センチの一般的なサイズですが、 竈門神社の御朱印帳のサイズは、私が図ったところ 縦18. 5センチでした。 オリジナル 御朱印帳 2色あり オリジナル 御朱印帳入れ(袋) 2色あり 初穂料 (料金・値段) 各1,500円 スポンサーリンク 竈門神社へ御朱印を頂きに行く方法(バスと駐車場) 上記でもご紹介しましたが、竈門神社は太宰府天満宮から比較的近い神社ですが上り坂もありますし、 太宰府天満宮から徒歩で行くと30分以上かかります。 その為、竈門神社へ御朱印を頂きに参拝へ行く方は車かバスの利用をおすすめします。 そこでここからは、太宰府天満宮から竈門神社へのバスを使って行く方法や車で行く方向けに駐車場や駐車料金についてご紹介したいと思います。 コミュニティバス「まほろば号」での行き方 西鉄電車の太宰府駅の横に「福岡銀行 大宰府支店」があります。 html 福岡銀行の前に「西鉄バスのバス停」があり、このバス停から 竈門神社行きのバスが出ています。 竈門神社行きのバスは、太宰府市が運営しているコミュニティバス「まほろぼ号」で、バス提供は西鉄バスが行っています。 竈門神社行きの 利用するバス 太宰府市コミュニティバス 「まほろぼ号」 バス停 西鉄太宰府駅 (福岡銀行の前にあるバス停) 行き先 内山(竈門神社) 運賃 片道100円 所要時間 約10分程度 福岡銀行前にあるバス停から竈門神社へは 「内山」行きのバスに乗ると終点が竈門神社前になります。 バス運賃は片道100円で、太宰府駅から竈門神社までは10分程度で到着します。 大宰府駅前のバス停から竈門神社まで行くバスの時刻表は、9時台~17時台なら「2分発と32分発」の30分間隔でバスがありますよ。 竈門神社の駐車場の料金 竈門神社へ御朱印を頂きに車で参拝される方は、100台以上停められる駐車場がありますので安心してください。 私もいつも車で伺っていますが、駐車出来なかったことは1度もありませんし、正月でも駐車出来ました。 竈門神社の有料駐車場 竈門神社は無料駐車場はなく、 駐車場の料金は有料で「1回400円」です。 駐車場 3ヶ所あり。 無料でなく全て有料 駐車料 400円 駐車スペース• 第一駐車場(一の鳥居前) 40台程度• 第二駐車場(第一駐車場前) 10台程度• 第三駐車場(徒歩3分) 100台程度 竈門神社の駐車場は3ヶ所あります。 一番近い「一の鳥居前」にある駐車場が「第一駐車場」で40台程度駐車できます。 「第一駐車場」は基本的には参拝者専用の駐車場です。 宝満山への登山者は「第二駐車場」「第三駐車場」の駐車場を利用します。 また、第一駐車場前にあるの「第二駐車場」は10台程度駐車可能です。 「第一駐車場」「第二駐車場」から徒歩3分程度の所にある「第三駐車場」は100台程度できるスペースになっています。 竈門神社の駐車場の利用料金は400円ですが、内100円が太宰府市の環境税として納税している形になっています。 この環境税100円は太宰府市の観光施設の整備などに利用されているようです。 竈門神社の主祭神(神様)とご利益について 上記では、太宰府市の竈門神社の御朱印、御朱印の受付時間や料金、バスでの行き方や駐車場などをご紹介しました。 しかし、せっかく竈門神社へ御朱印を頂きに参拝されるのですから、お祀りされている神様(主祭神・御祭神)とご利益についても知っておくことをおすすめします。 そこでここからは、御朱印を頂く前に最低限知っておくべき竈門神社の神様とご利益についてご紹介してみたいと思います。 何の神様が祀られているのか まずは、竈門神社に祀られている神様(御祭神)をご紹介しましょう。 竈門神社の御祭神は以下の3柱です。 実は、私は竈門神社の崇敬者でもあり「仕事の縁結び」として事業繁栄(商売繁盛に似ている)の御祈願を3度行って頂きましたが、とても良いご利益を頂いております。 竈門神社の御朱印を頂く際には境内散策もおすすめ 福岡県太宰府市に鎮座する竈門神社へ御朱印を頂くだけが目的で参拝される方もいらっしゃると思います。 しかし、竈門神社にはおすすめのパワースポットなど境内には見どころが満載です。 そこでここからは、御朱印を頂きに参拝される際に見て頂きたい竈門神社境内のおすすめスポットをご紹介してみたいと思います。 竈門神社は紅葉や桜の名所 竈門神社の境内は、紅葉や桜の名所としても知られています。 竈門神社の紅葉と娘 竈門神社の桜 特に竈門神社の「一の鳥居」(最初の鳥居)付近には、多くの紅葉と桜の木が植えられており、春や秋になると見物される参拝者で多い神社です。 紅葉は500本も植えられているそうです。 また、桜の見どころになる3月下旬、紅葉の見どころになる11月下旬には、毎年「桜祭り」「もみじ祭り」がそれぞれ開催されており、夜になるとライトアップもされています。 竈門神社へ初めて御朱印を頂きに行く方は、ぜひ桜の季節、紅葉の季節がおすすめですよ。 参道にある3つの鳥居 竈門神社の境内にある鳥居は合計3つです。 竈門神社の「一の鳥居」 上記写真が、竈門神社の正面入り口である「一の鳥居」です。 写真では「一の鳥居」前の木々が青々していますが、紅葉や桜の季節になるととても綺麗で幻想的です。 二の鳥居 20段ほどの石階段を上り「一の鳥居」を過ぎると「二の鳥居」が見えてきます。 三の鳥居 「二の鳥居」を過ぎた先には、また20段程の石階段があり、上り切った所に「三の鳥居」があります。 「三の鳥居」は紅葉の木々のトンネルのようになっており、紅葉の季節にはインスタ映えする場所でもあります。 竈門神社にある池 ちなみに、「三の鳥居」を抜けてさらに石階段を20段程上ると池があります。 この池の水は、宝満山から湧き出た水を利用しているようです。 とても綺麗です。 竈門神社にある参道の鳥居付近には、紅葉や桜の木が植えられています。 紅葉や桜の季節になると鳥居の前で写真を撮る方が多いですよ。 社殿と手水舎について 上記でご紹介した池の横の参道を進むと、最後に40段ほどの石階段があります。 最後の石階段から見える拝殿 この最後の石階段を登るにつれて、竈門神社の拝殿屋根が見えてきます。 この屋根が徐々に見えてきて、登り切ったところでみる拝殿は素敵なんです。 竈門神社の手水舎 最後の階段を登ると左側に手水舎があります。 竈門神社の社殿(拝殿) こちらの写真が竈門神社で御祈祷・御祈願を行う拝殿です。 今にも飛び出しそうな飛行機の翼のような屋根の曲線が美しいな拝殿です。 祀られている神様は女性の神様(玉依姫命)なので、女性らしい美しい拝殿ですが、凛とした重厚感も感じられます。 水鏡(みずかがみ) ちなみに、気付かずに通り過ぎる人も多いのですが、本殿手前の左側には「水鏡」があります。 この水鏡には水が入っていて、覗き込んで自分の顔を映すとケガレが清められるらしいです。 ぜひ、参拝前に覗き込んでみてください。 実は綺麗なこの拝殿は、昭和2年(1927年)に造られた歴史の長いものですが、平成25年(2013年)に改装されて綺麗に美しくされています。 竈門神社のパワースポット3選 竈門神社は縁結びとして信仰されているだけあって、恋愛などに関するパワースポットがあります。 そこで、特に竈門神社へ御朱印を頂きに行く女性におすすめのパワースポットを3つご紹介します。 再会の木(さいかちのき) 本殿向かって右側の横には「再会の木」があります。 再会の木 竈門神社に祀られている神様でもある「神功皇后」は、本殿裏手にある宝満山の頂上で「サイカチ」という木を植えて、親しい人々との再会を祈念したと伝わっているそうです。 この拝殿横の「サイカチ」が竈門神社のパワースポットの1つです。 このように竈門神社は恋愛のパワースポットにもなっています。 その為なのか、恋愛が叶った人なのか、3度ほど竈門神社で結婚式を挙げているカップルを見かけましたことがありますよ。 まとめ 今回は福岡県太宰府市に鎮座する竈門神社の御朱印や受付時間(営業時間)、料金(初穂料)、そしてオリジナル御朱印帳と袋を中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 竈門神社の御朱印の受付時間は10時~17時まで社務所横の「御朱印所」で受け付けています。 御朱印の初穂料(料金・値段)は500円です。 また、竈門神社のオリジナル御朱印帳も2種類あり、1冊1,500円です。 オリジナル御朱印帳と同じデザインの袋も1,500円で売られていました。 竈門神社は縁結びの神様で知られているので、恋愛成就の女性参拝者が多く、恋愛に関するパワースポットもあります。 太宰府天満宮からバスで10分程度ですし、有料駐車場もありますので、ぜひ、太宰府天満宮に参拝後には竈門神社の御朱印に参拝されてください。 最後までお読み頂きましてありがとうございました。 ご紹介した 御朱印 宝満宮 竈門神社 住所 818-0115 福岡県太宰府市 内山883 電話番号 092-922-4106 営業時間 10時~17時まで 御朱印料金 (初穂料) 500円 ・.

次の

鬼滅の刃の聖地!別府「八幡竈門神社」は漫画の世界観とシンクロ?

竈門 神社

1月初 詣 歳のはじめは神様に詣で、様々なご縁結びを願い、輝かしい佳き一年となるよう祈念いたします。 2月厄除祈願 厄年は誰もが迎える人生の節目。 厄年は前厄・本厄・後厄と三年間を続き、この間自身の日頃の生活を改め、身を慎み過ごすことが望ましいとされています。 また、節分の前後に神社に詣で、厄除祈願のお祓いをお受けするのが古来よりの習わしです。 3月式部稲荷初午祭 下宮境内中ほどに位置する式部稲荷社では、毎年旧暦初午の日に初午祭を斎行し、衣食住の豊かな実りと氏子崇敬者の幸福を祈念します。 4月さくら祭り 春は生命の誕生や草花の息吹を感じる季節。 桜は竈門神社の御神紋でもあり、「宝満山の桜」といえば古歌にも詠まれるほど古くから世の人々に親しまれてきました。 境内の桜が満開を迎える頃、神様と多くのご参拝の皆さまとともに、桜を愛でながら今年の春麗をお楽しみいただく季節の行事を開催いたします。 4月春のえんむすび大祭 古来より結びの神、良縁成就の神として広く信仰されている宝満宮竈門神社では、桜や石楠花が咲き誇る春四月に「春のえんむすび大祭」を斎行し、男女の良縁をはじめ、家族、友人、仕事など、様々な良きご縁を願う祈願祭を斎行します。 5月峰入り 山々の若葉が美しく映える季節、山にこだます法螺貝の音を先頭に、山中の霊場を回峰する宝満山峰入り行事が行われます。 一の鳥居では古式のままに入山作法が行われ、山頂の上宮や開山心蓮上人の墓前で勤行が行われます。 5月採燈大護摩供 護摩木に様々な願いを託し御神火で焼納する勇壮な修法です。 宝満山修験会のご奉仕により厳修され、引き続き火生三昧(火渡り)の行事も行われ、老若男女どなたでも参加することができます。 6月水無月大祓 この半年間に知らず知らずのうち身についた罪や穢れを祓い、今後半年も幸福に満ちた新たな毎日を過ごすため、「大祓」の神事を斎行いたします。 7月夏まつりと茅の輪神事 七月中旬の土曜日、夏まつりが斎行されます。 この夏を病気や怪我などもなく元気に過ごせるようにと、氏子の方々によって丹念につくられた「茅の輪」を、左回り、右回り、左回りと順にくぐり、お祈りします。 7月夏山開き 毎年7月中旬の日曜日、宝満山頂の上宮にて多くの登山者とともに、今夏の山の無事故安全を祈願する神事が行われます。 8月七夕まつり 古くから旧暦で行われている竈門神社の七夕祭は、八月七日、色とりどりの七夕飾りがつけられた笹が参道いっぱいに立てられ、午後6時30分より御本殿にて皆様の幸福と様々な良縁を祈念する七夕良縁祈願祭を斎行いたします。 祭典後にはきらめく星空の下、七夕コンサートも行われます。 ご参拝の皆様には、縁結びや日々の幸福などの願い事を短冊に書いて笹に結んでご奉納いただきます。 10月秋のえんむすび大祭 「ご縁」とは男女の仲をはじめ、家族、友人、仕事など人と人との関係、さらには 人と自然、人と神様などあらゆる関係を意味します。 黄金色に輝く実りの秋10月「秋のえんむすび大祭」を斎行し、皆様のご多幸と様々な良きご縁を願う祈願祭を斎行します。 11月もみじ祭り 紅葉の錦が境内を彩る季節、もみじ祭りを開催し、神様と多くのご参拝の皆様とともに秋の情景をお楽しみいただきます。 御本殿前ではミニコンサートなど、季節の情景に合わせた催しを行います。 また夜間はライトアップにより、色鮮やかなもみじと社殿の荘厳な姿が浮かび上がり、季節の映ろいを目と心で楽しんでいただけます。 12月師走大晦日大祓 この半年間に知らず知らずのうち身についた罪や穢れを人形に遷して祓い清め、心身ともに清浄な状態で新年を迎えるため「師走大晦日大祓」の神事を斎行いたします。 年間予定表 令和2年の年間予定です。 天候やその他の理由で変更や中止になることもございます。 日時の迫ったお祭り・催事に関しましては、にて最新の情報をご確認いただいた上、お越しいただきますようお願いします。

次の

お祭り

竈門 神社

ようこそ『神殿大観』へ。 ただいま 試験運用中です。 歴史も教義も制度も無視して、用語も正しく理解しようとせず、「宗教専門新聞」を称しているのは恥ずかしい。 ましてや記者の暴力や差別発言や脅迫的発言は論外。 「殺してやる」「お前の脳みそは腐っている」「お前は強姦殺人犯のようだ」。 これが「葬式をしない」代わりの21世紀劈頭の「ともいき」の宣言なのか。 「読売新聞では暴力は当たり前だ」(真偽は不明)と何度言われても、本願にはほど遠い。 「俺は神戸で人が燃えているのを見てきたからな」と自慢するのが「一流のジャーナリスト」か。 宗教団体・大学・メディアは「平和憲法を守れ」と主張する以前に、自ら刑法を侵さず、労働基準法を守るべきだ。 「愚者の自覚」「智者のふるまいをしない」を言い訳とせず、人権同和活動を閉鎖せず、総本山警備員の集団リンチ傷害事件の隠蔽をやめるべきだ。 国民の税金も使われた上で、血が流れた事件を曖昧にして落慶法要を行うつもりか。 「お前を人権侵害で訴える」というなら早く訴えたらいかがか。 宗教界、言論界から暴力や差別が無くなるにはまだ無量年かかるのか。 まあ無理か。 竈門神社 目次• 祭神 『宇佐託宣集』(1313)には755年の託宣として、八幡神は「竈門明神は吾姨」と述べたという。 『伊呂波字類聚抄』(平安時代末)には大分宮が筥崎宮に遷座したい旨を告げた921年の託宣で「竈門宮」を「我伯母」としている。 鎌倉時代末には宝満大菩薩と呼ばれた。 江戸時代の『和漢三才図会』(1712)や『筑前国続風土記』(1703)では「玉依姫」を祭神とし、神武天皇の母だとする。 また相殿を神功皇后と八幡大神としており、現在の祭神もこれを踏襲している。 伴信友の『神名帳考証』(1813)では「宝満明神」は「玉依姫命」だとする。 『書言字考節用集』(1717)では神功皇后の妹の淀姫だとする説もある。 歴史 由緒 神社縁起では664年、大宰府の鬼門除けとして竈門山上に八百万神を祀ったのが始まりという。 673年2月10日に心蓮が登頂すると玉依姫命が示現し、社殿を建てた。 古代 1960年の調査で山頂祭祀遺跡から8世紀の奈良三彩や皇朝銭が出土しており、大宰府が祭祀を行っていたとみられる。 840年4月21日、従五位下から従五位上となる(『続日本後紀』) 同時に阿蘇神社と高良大社にも神階が授けられている。 この頃、大宰府管内で疫病が流行り、遣唐使船の事故も増えていた。 842年7月3日、朝廷は「祟」のため宗像大社、竈門神社、阿蘇神社に奉幣している。 838年、円仁が入唐の際に大山寺で竈門神などに祈願。 847年に帰国すると11月28日、大山寺で金剛般若経を転読し、竈門神などに使者を送り帛を奉った。 852年4月、入唐する円珍は博多浜で諸社の方角に向いて転読。 竈門神社には4月7日に行った。 859年1月27日、全国の267社に神階が授けられ、竈門神社は従四位下となった(三代実録)。 879年6月7日、従四位上(三代実録)。 896年9月4日、正四位上(日本紀略)。 894年遣唐使廃止で注目が弱まる。 竈門神社の支配を巡った延暦寺と石清水八幡宮の争論の後、1106年、正一位となる。 上宮・中宮・下宮の三宮があるが、一般的に下宮から順に成立していくと考えられている。 近代の文献では下宮を903年3月に建立したとあるが、もっと古いとみられる。 下宮周辺からは奈良時代の神宮寺跡の瓦が出土しており、下宮の成立も同時期の可能性がある。 社殿の存在を示す初出史料は、『石清水文書』に1085年9月5日に陰陽寮が「竈門社」の遷宮日時を同年12月17日と定めた文書とされる。 これは下宮の遷座祭とみられる。 上宮も平安時代末期には存在した。 1105年3月3日、竈門宮上宮が焼失(中右記)。 1112年4月、陰陽寮が竈門上宮の遷宮日時を勘申。 1130年12月、大宰府が竈門上宮の遷宮日時を報告。 1155年4月、天火で「竈宮」が焼失(台記)し、 1160年、竈門宮、大山、安楽寺が焼失(百錬抄)したとあるが上宮か下宮かは分からない。 803年、最澄は入唐のため遣唐使船で難波津を出発するが、難破して九州に漂着。 翌年9月の再出発までの間、多くの時間を竈門神社神宮寺の竈門山寺で過ごしたという。 扶桑略記には803年閏10月23日、薬師仏4体を造立したとある。 この薬師仏の1体が福岡市東光院にあるという。 藤原経衡は天喜年間、「竈門明神」に雨乞いのため水鏡を奉納した。 969年には筑前国の諸大社と同時に大宮司が置かれたらしい。 神人がいたことは分かるが詳細は分からない。 中世 1518年、上宮が炎上。 筑紫満門、1521年再建(北肥戦志) 1594年、小早川隆景が諸堂再興。 大宰府五条にあった頓宮に神輿が渡御していた。 戦乱で途絶。 近世 宮司はほとんどの期間は座主が担っていたらしい。 権宮司には子院住職が就いた。 1709年3月、下宮再興。 1855年、上宮再建。 藩主と座主の関係がこじれた時には太宰府天満宮を頼ることもあった。 近現代 明治5年11月、村社。 この時から太宰府天満宮の管轄下に入ったとみられる。 太宰府天満宮の強力な支援によるものだった。 明治11年、山上の本社が大破。 11月に修復。 明治37年10月3日、上宮が焼失。 大正1年に再建され10月23日に遷座祭。 組織 社務頭• 藤井高門():最後の座主。 明治5年の村社列格と共に離れたとみられる。 吉田広成():吉祥坊 歴代宮司• 1西高辻信厳(1846-1899) :宮司。 明治28年10月14日兼務。 1899年1月29日死去。 2大橋鐐輔() :1901年3月1日、竈門神社宮司。 同年10月21日、宮司に転任。 3木庭保久() :1901年10月31日、竈門神社宮司。 1902年10月11日、に転任。 4西高辻信雅() :1902年10月11日、竈門神社宮司を兼務。 1903年3月11日退任。 5本田豊() :1903年3月11日、竈門神社宮司。 1912年10月22日、宮司に転任。 6後藤周次郎() :1912年10月22日、竈門神社宮司。 1920年11月19日、宮司に転任。 7大久保千濤(1877-1943) :1920年11月19日竈門神社宮司。 1926年10月1日、宮司に転任。 8西高辻信任() :1926年10月1日、竈門神社宮司。 1937年10月9日、在職で死去。 9中井藤一郎() :1937年10月16日、竈門神社宮司。 1944年7月4日、宮司に転任。 10業合弘海() :1944年7月4日、竈門神社宮司。 1947年3月2日、病気で宮司を辞任。 11西高辻信貞(1920-1987) :1948年4月30日、竈門神社宮司を兼務。 1952年10月23日退任。 12荒川孝() :1952年10月23日、竈門神社宮司。 1954年8月10日退任。 13西高辻信貞(1920-1987) :1954年8月20日、竈門神社宮司に再任。 14西高辻信良():太宰府天満宮宮司。

次の