消費 税 申告 書 エクセル。 消費税申告書|税務業務|アプリケーション一覧|ACELINK NX

エクセル 2年度消費税の確定申告書 法人用の無料ダウロード

消費 税 申告 書 エクセル

消費税の申告とは? 消費者から預かっている消費税や、仕入や経費などで支払った消費税を集計し、決められた計算方法に基づいて消費税の納税額を確定させて国に申告することをいいます。 消費者から預かっている消費税とは商品販売代金や飲食代の売上に含まれている消費税のことです。 消費税はどのように経理処理するの? 店舗の売上に含まれている消費税は、下記の2種類の方法によって処理されます。 税込金額で処理する方法• 税抜金額で処理する方法 1. の税込金額で処理する方法は、売上に 消費税を含める方法です。 の税抜金額で処理する方法は売上を 税抜価格と消費税額に分ける方法です。 どちらの方法も納税額に違いはないため、処理しやすい方法を選ぶことができます。 の方法は常に納税額を把握することができるメリットがある反面、処理が大変になるデメリットがあります。 ただし、会計ソフトが一般的になった今では、消費税も自動で処理されるため、大小問わず多くの事業者で税抜きによる方法が選択されています。 以下で説明する免税事業者については、消費税を計算する必要がないため、必ず税込み金額で処理することになります。 消費税の申告対象者は? 申告対象となる事業者は、 課税事業者に限定されています。 対象とならない 免税事業者は、消費税申告をする必要がありません。 課税事業者か免税事業者かを判定する基準は、 基準期間の課税売上高が1,000万円超となっています。 基準期間はどの期間? 個人事業主は、原則として2年前の1月1日から12月31日までの期間となります。 例えば2019年(平成31年)が消費税の申告対象となるかどうかは、2017年(平成29年)の1月1日から12月31日までの課税売上の金額で判定します。 今年開業したばかりという人は、2019年(平成31年)は消費税の免税事業者となるため消費税申告は必要ありません。 消費税の仕組みは下記の記事をご覧ください。 消費税の確定申告は下記の記事をご覧ください。 消費税の計算方法は? 消費税の計算方法の種類や計算式を確認しましょう。 消費税の計算方法は2種類 消費税の計算方法は、下記2種類の課税方式によって異なります。 原則課税方式• 簡易課税方式 基準期間の課税売上高が5,000万円以下の場合のみ、2. の簡易課税方式で計算することができます。 原則課税方式の計算式 1. の原則課税方式は、売上に含まれている消費税から仕入、その他経費(消費税がかかるものに限る)で支払った消費税を引きます。 卸売業:90%• 小売業:80%• 製造業等:70%• その他の事業:60%• サービス業等:50%• 消費税の申告方法は? 消費税の申告に必要な書類と、申告方法を解説します。 消費税申告書の入手方法は3種類 出典:国税庁ホームページ()• 国税庁のサイトからPDFデータをダウンロード• 確定申告書作成コーナーからプリントアウト• 税務署窓口で入手 消費税申告に必要な添付書類 出典:国税庁ホームページ(原則課税の場合は付表2 、簡易課税の場合は付表5 ) 消費税の提出期限 例年のスケジュールどおりであれば、個人事業主の2019年(平成31年)分消費税の申告は2020年(令和2年)3月31日までとなっています。 まとめ 5分でわかる消費税申告と計算方法は、下記の5ポイントにまとめることができます。 消費税申告とは納税すべき消費税を計算して、国に申告すること• 消費税申告の課税事業者となるかどうかは2年前(会社の場合は2事業年度前)の売上額が1,000万円を超えたかどうか• 消費税の計算方法は【原則課税方式】と【簡易課税方式】のどちらかを選択• 消費税申告の必要な書類は【消費税申告書】と【付表(2か5)】• 消費税申告書の提出期限は毎年3月31日(個人事業主の場合) 消費税申告の内容を正しく把握しないと、計算ミスで税金を多く納めることになるかもしれません。 消費税申告について正しく理解すれば、税金の納め過ぎを防ぐことができるのです。

次の

puzzle7

消費 税 申告 書 エクセル

まずは提出した税務署に電話すること 間違いに気づいたらまずは書類を提出した税務署に電話してください。 連絡をせずぶしつけに送ると、 「なんだこれ」と100%電話がかかってきます。 経験上、正当な方法で話を進めないと余計に時間がかかることが多いです。 書類を送る前にまずは間違えたことについて提出先の税務署へ電話、 これは欠かさないようにしましょう。 事情を説明後、取下書の郵送手続きを 正当な理由であれば、大体オッケーは貰えるかとは思います。 そのあとは、 出した書類に対する 「取下書」を提出する必要があります。 この取下書、ネットではちょこちょこ特集はされていますが、 ファイル形式ではなかったので今回はテンプレートをワード形式で公開しておきます。 以下のURLからダウンロードしてお使いください。 個人事業主用に作ってありますので、法人の方は適宜修正してお使いください。 色んなサイトを参考にしてできたものですので、 ご自由にお使いください。 ただ、 あくまでわたしが提出して通ったという実績があるだけの書式です。 詳しくは管轄の税務署に聞いてみることをおすすめします。 スポンサードリンク.

次の

消費税の納税額の計算から申告・納税方法まで

消費 税 申告 書 エクセル

会計システムでの消費税の処理がしっかりできていれば、あとは申告書に転機するだけです。 指示に従って記載すればよいので、説明する部分はそんなに多くありません。 分かりやすくするために、多くの会社で税額計算に必要な部分だけを説明します。 まずは付表2。 ピンクの項目は消費税集計表などから数字を引っ張ってくるところ、水色の項目は指示通りに計算するだけのところです。 色のついていない項目はあまり使いません。 色付きの部分だけでほとんどの会社に対応できると思います。 ポイントは、 税抜金額を使うのではなく、税込金額を1. 08で割って計算すること です。 消費税集計表に税込金額がない場合は、税抜金額と仮受消費税との合計額を1. 08で割ります。 税抜金額でも同じような金額なので大した違いはないですが、ちゃんと計算してくださいね。 ここでも税込ですね。 これは消費税集計表にない場合もあります。 仮払金とか会社によって様々なので、漏れなく拾うようにしましょう。 全額控除か一括比例配分の会社の場合は、あとは指示通り電卓を叩くだけです。 これで付表2は完成。 あともう少しです。 申告書は転記、単純計算がほとんどです。 中間納付だけ拾ってきましょう。 横に長細い中間納付の申告書を見れば、消費税と地方消費税の額の内訳が書いてあります。 一番下まで計算すれば終了です。 税率が二つあるので手間は増えますが、基本は同じです。 【まとめ】 会計システムが自動的に作成した申告書をチェックするには、これくらいの知識で十分だと思います。 申告書にうまく反映されないこともよくありますので、しっかり見てくださいね。

次の