年金 免除 年収。 国民年金の免除にはデメリットも!知らずに申請すると得で無く損!

国民年金が免除に? 基準の年収はいくらなのか解説(ファイナンシャルフィールド)

年金 免除 年収

Contents• 国民年金の未納と免除 国民年金は2019年現在、毎月16410円、年間にして196920円になります。 高いですよね。 国民年金を安く支払う方法について• 年収が低くて支払いが厳しい方には免除が可能となっています。 ここで国民年金ですが・・・ どうせ、俺は65歳まで生きてないし・・・日本は破綻するし年金なんかもらえないよ・・ だから国民年金なんて払い損だからブッチしちゃえ! と思う方がいるかもしれませんが、残念ながら国民年金の支払いが義務であり後から強制支払いの可能性があります。 また年金を支払っていないと将来国民年金をもらえないだけでなく、若い時に障害を持った時に受け取れる障害年金ももらえない可能性があります。 (ただし実際は年金が貰えない場合でも生活が困難なら生活保護を受け取れると思うが・・) 国民年金をブッチ(未納)をしても徳なことはあまりありません。 所得が低いなら免除の手続きをして国民年金の免除をしましょう。 また免除をすれば過去10年間の免除期間を後から追納することが可能です。 私は今年は免除をしますから今後10年以内に支払えば満額支払ったことになります。 10年以内にパタヤで年収3000万ブロガーになるのでその時すべて支払う予定です。 未納の場合は過去2年分しか追納ができません。 また免除の場合、国民年金を支払っていなくても半額は受け取る権利がありますが未納の場合は全く受け取る権利がありません。 物凄く損ですよね。 お金がないなら市役所へ行って免除をしましょう! 免除可能な年収は? それでは免除可能な所得はいくらかというと・・・ 独身者は57万円の所得で全額免除が可能となります。 えーー俺、年収57万円よりも多いから全額免除できないやー と思う人も多いでしょう。 役所などはこのように巧妙にわかりにくくして免除手続きをやり難くしているのです。 ここで大きな誤解があります。 所得と年収や手取りは違う 日常の生活では所得や収入・手取りなどはあまり気にしないで話す人が多いと思いますが、役所や税金関係の話では所得と年収は違います。 ここは覚えておきましょう。 年収から経費や色々な控除を引いた残りが課税所得となります。 これが所得です・・・正確にいうとここから所得税や住民税がかかるので課税所得となります。 住民税は 収入ー住民税基礎控除(33万円)ー給与所得控除(65万円)=0 住民税は98万円でゼロとなります。 ただし住民税には均等割という税金がありこれも課税基準が違ってきます。 住民税均等割基礎控除(35万円or33万円or28万円 )ー給与所得控除 (65万円)=0 住民税均等割は100万円or98万円or93万円の3つのどれかになります。 これは市町村によって違いますのでお住いの街の均等割課税ラインを調べてください。 名古屋市は35万円なので均等割の課税ラインは100万円となります。 また国民健康保険の7割免除のラインは住民税非課税となるので名古屋市は年収98万円となります。 はい!凄く紛らわしいですね。 これがお役所なのです。 国民年金の減額所得は 収入ー給与所得控除=57万円以下です。 国民年金の控除は給与所得控除のみとなります。 基礎控除は含まれません・ つまり 収入ー65万円=57万円以下なら全額免除可能となります。 年収122万円以下です。 独身者の場合、大体月収10万円以下なら国民年金の全額免除が可能と覚えておきましょう。 その他に国民年金についての記事はこちらを参考に• 国民年金の全額免除は年収120万円 国民健康保険の7割減額は93万円〜98万円 このように覚えておくといいと思います。 この二つのラインを考えるとセミリタイア後の年収は90万円ぐらいがいいと思います。 免除の手続き 免除に必要な書類は市町村によって違うかもしれませんが名古屋市は年金手帳だけで手続きをしてくれまます。 市役所に行き「国民年金の免除をしたい」と伝えれば、特に何も言われないで免除の手続きをしてくれますので心配はいりません。 国民年金は翌年7月〜6月までを一年とする。 このため平成30年度は平成30年7月〜令和元年6月までとなります。 書類の書き方などは役所の人が教えてくれるので心配はいりません。 日本年金機構のPDFに書き方が載っています。 今免除を申し込むと6月までとなります。 書類の免除継続希望に丸は書けばその後も自動的に継続をしてくれます。 まとめ 収入が低い時は免除の手続きは必ずしよう! 国民年金は必ず免除をする必要はありません。 収入が低くても支払うことは可能です。 ただし生活が厳しくて支払いが難しい時は未納ではなく免除をして支払いを免除してもらいましょう。 損することは何もないので未納よりはるかにお得です。 面倒がらずに手続きを必ずしましょう! それでは カテゴリーから探す• 246• 435• 297• 332• 186•

次の

国民年金免除・納付猶予制度の条件とは?申請方法は?

年金 免除 年収

最近は国民年金の最低加入年数を10年にする案だったりと、一見お得感を感じそうな案が出てたりして、それに合わせて、国民年金の免除制度の案内なんかもあるけど、免除=得では無いので国民年金の免除制度のデメリットについて書いておきます。 最近は国民年金の最低加入年数を10年にする案だったりと、 一見お得感を感じそうな案が出てたりして、 それに合わせて、国民年金の免除制度の案内なんかもあるけど、 免除=得 では無い ので安易に飛びつくのも、いかがなものかと思ってしまうのです。 かくいう僕自身も過去に免除制度使おうか迷った事があるんで、 国民年金の免除制度のデメリットについて そのときに知ったことを書いておきます。 スポンサーリンク 国民年金の免除制度の条件 前提としてはどうしても払えない人への最終手段的なものと思っておいたほうがよろしいかと。 条件としては• 年収122万円以下・・・全額免除• 年収227万円以下・・・半額免除• というか国民年金は大体自営業者か。 ちなみに、過去に収入無いのに払ってた、という場合には、 遡って返してもらうことは出来ないです。 どうしても払えない場合を想定した制度だから、 「え?実際払えてたんだから駄目だよ。 返さないよ。 」 ということになる。 免除と未納の違い で、免除と聞くとめっちゃオトクな気がしてしまうんだけど、 実際の所、大してお得ではないのです。 未納になるよりはマシかな~という程度。 免除を受けると、払ったことにしてもらえるわけではなく、 催促来ないだけで、払った金額には算入されない。 正確に言うと、加入年数には数えられるけど、 その期間に払った金額にはならないので、 将来もらえる金額はグンと減ってしまうのです。 ただ、必要年数は満たすから一応受給資格はもらえると言った感じ。 スポンサーリンク 国民年金免除のデメリット というわけで、免除受けれたらラッキーってわけでもないので、 個人的には安易に免除なんか使わないほうが得策と思ってます。 免除受けてれば払って無くても半額くらいはもらえるっていうのは? 免除受ければ、通常の半分ぐらいは受け取れると言われますが、 これは、毎月払う額が15000円としたら、 これに国が15000円補助して計30000円を掛け金にしてる感じです。 なので免除の場合には、 国の補助分の15000円分の年金額がもらえるって感じ。 まぁ、元が払ってないんであれば得してるように思われそうですが、 国民年金単体だと元々大した額返って来ないんで、 それの半額って・・・老後生活できますか? ということになる。 まぁ、そもそも全額もらえたトコで・・・ と言うのも否めないですけどね^^; ホントに困ってる場合は免除使うべき で、この安易に免除使わない方が良いよと言うのは、 あくまでそんなに困ってない場合。 年金免除で得したいからあえて年収抑えると言うのはあまり意味がない、と言った感じ。 なんだけど、ホントにお金なくて払えないのであれば、免除は使うべき。 未納のまま放っとくと、督促状来て最終的に差し押さえになるし、 加入年数も数えられないので。 免除にした部分の掛け金は10年まで遡って支払えるので、 払えるようになったら払えば良いだけ。 と言うか元々こういう状態想定した免除制度のはず。 ちなみに、国保にも免除制度ってあって、 会社都合(倒産とか)で退職した場合、 1年間はかなり保険料が安くなるから、もし該当する場合には迷わず使ったほうが良いです。 あとがき なぜ、こんなこと知ってるのって? 会社潰れて国保・国民年金の切り替え と 結婚で住民票とかの更新的なやつ がほぼ同時期でかぶったので、 当時かなりややこしいことになってたのですよ^^; んで、自営業になったわけだけど、 1年目なんて大して利益でないんで、免除に飛びつこうと思ったら、 「あれ、別に得しねぇや」 ってなことになったのです。 結局未納にしてたら、差し押さえ通知来ましたw 今はちゃんと払ってますよ^^;.

次の

国民年金保険料、申請して「免除」となる所得基準を解説!

年金 免除 年収

国民年金保険料、申請して「免除」となる所得基準を解説! 国民年金の保険料が免除となる基準は、所得に応じて各段階に分けられています。 法定免除に該当するならばわかりやすいのですが、そうでない方は、自分がどの免除に該当するかは、興味深いところでしょう。 そこで当ページでは、年金保険料の免除制度について、所得にクローズアップし、説明をします。 会社を辞めた後は、何かとお金について不安がつきまとうもの。 そこで年金保険料を未納にしてしまうと、将来に対し不安を持ち、未納にした引け目すら感じて、退職時の苦痛を一層増大させてしまいます。 まずは年金保険料に関する憂いを断ちましょう。 このページでは、前半は、各免除制度における所得基準を、計算例を交えて説明します。 その後、具体的な例を用い、あなたの所得だと免除はどの段階の免除に該当するかについて説明したいと思います。 理不尽な会社を辞めたことがきっかけで、あなたの未来の年金受給権が脅かされてはいけません。 申請免除を有効に活用し、将来における経済的自立を守りましょう。 例を挙げましょう。 おおむねと書いたのは、これらがあくまで基準だからです。 この基準をもとに、社会保険庁が免除をするか、またはどの段階の免除をするか決めるのです。 「所得が92万円なんて、そんなレベルすぐ超えそうだ」と思われるかも知れません。 しかしあなたの収入が給料所得であるならば、年収としては所得に対して65万円(給与者所得控除)をプラスした金額までオーケーということになります。 この扶養する親族が1人いる方の例だと、年収ベースでは157万円以下、給与者所得控除額65万円を引いた金額(所得ベース)であれば92万円が全額免除のラインとなるのです。 この扶養する親族が1人もいない方の例だと、年収ベースでは122万円以下、給与者所得控除額65万円を引いた金額(所得ベース)であれば57万円が全額免除のラインとなるのです。 法律によって当然に全額免除になる場合の基準・条件 寡婦の方の場合 『寡婦』とは、夫と死別した妻又は夫と離婚した妻のことを言います。 寡婦である場合、前年の所得が125万円以下であれば全額免除となります。 生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けるとき 本人または本人の属する世帯の他の世帯員が生活保護法に定める生活扶助以外の扶助を受けるとき。 天災事変の場合 震災、風水害・火災等で住宅などにその価格の2分の1以上の損害を受けたとき。 失業した場合 失業等により保険料を納付することが困難になった場合は、会社から送られてきた離職票(離職を証明するもの)をもって、早速市役所にいってください。 例え前年の所得が大きかろうと、基準さえ満たせば全額免除となります。 4分の3免除の基準 78万円+扶養親族等控除額(1人あたり38万円)+社会保険料控除額等 半額免除の基準 118万円+扶養親族等控除額(1人あたり38万円)+社会保険料控除額等 4分の1免除の基準 158万円+扶養親族等控除額(1人あたり38万円)+社会保険料控除額等 全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除の注意点 免除される期間 申請免除がなされると、保険料が免除される期間は、 7月から翌年の6月までとなります。 どうせ申請免除を行うなら、早い方がいいでしょう。 例えば4月に免除申請を行えば、遡って前年の7月分から保険料免除となり、未納状態が減るかもしれません。 面倒くさい、わからないではなく、いざとなった時のあなたの生活費のために、未納を無くす努力はしていきましょう。 免除が通るか否かは、あなたの世帯の世帯主や配偶者の所得も影響する あなたの世帯に配偶者や世帯主がいる場合は、 配偶者や世帯主が上の全額免除基準を下回っていなければならない。 つまり世帯主や配偶者のどちらかの収入が全額免除の基準ラインを超えていたら、本人がいくら各免除ラインを下回っていても、それぞれの免除にはならない。 免除を得た後に保険料を追納するには、10年の期間的猶予がある 未納の場合の保険料を納めることができる期間は、2年であります。 しかし保険料免除申請をしてそれが通れば、免除から10年は保険料を追納することができます。 10年あれば、家計の経済状況も立ち直っているかも知れません。 具体例で知る、申請免除の所得基準 事業所得の少ない自営業者・Aさんの場合 Aさんは、配偶者(扶養親族)たる奥さんとの二人暮らし。 Aさんは、2010年12月に会社を退職。 意を決して2011年1月から自営業者として独立しました。 しかしなかなか収入に恵まれず、一年目から厳しいスタートとなりました。 Aさんの2011年の売り上げは、トータル120万円。 今年一年の経費は60万円だったとします。 そうなると、年収は120万円、所得は60万円ということになります。 これを国民年金保険料免除基準の表に当てはめてみましょう。 Aさんは、配偶者たる奥さんとの2人世帯なので、全額免除の所得基準たる92万円すら大きく下回っています。 よってAさんが2012年7月以降に保険料免除申請をした場合は、2012年の7月から2013年の6月までの年金保険料は全額免除されることになるのです。 母子家庭で、母親たるBさんは第一号被保険者としてパートとして働き、家計をやりくりしていた場合 Bさんは、小学生の娘さんとの2人暮らし。 Bさんは、2010年12月に夫と離婚。 2011年1月から、引き続きパート従業員として働いています。 その時、第3号被保険者から外れ、第1号被保険者に移行。 Bさんは、2011年1月から、パートの時間を増やし、その結果2011年のトータルパート収入は150万円となりました。 そうなると、年収は150万円、所得は85万円ということになります。 これを国民年金保険料免除基準の表に当てはめます。 Bさんは小学生の娘さんと2人暮らしなので、2人世帯の欄を見ます。 所得が85万円であり、全額免除の92万円ラインをわずかに下回っています。 よって、Bさんが2012年7月以降に免除申請をした場合、2012年7月から2013年6月までの国民年金保険料が全額免除されることになるのです。 また、全額免除の『所得』による理由だけでなく、『寡婦』に該当する者としても全額免除となりますね。 このカテゴリーの記事一覧• 国民年金保険料の免除制度について• 免責事項 当サイトは、利用者が当サイトに掲載された情報を用いて行う行為について、一切責任を負うものではありません。 法律等は頻繁に改正等が行われますので、あくまでも参考としてください。 また、本サイトは予告なしに内容を変更することがあります。 管理人自己紹介 現場の労働者として多くの労働紛争を経験して、この道を選ぶこととなりました。 当サイトでは、労働者の皆様誰もが出来る「不当な会社との戦い方(戦略と戦術)」・「労働紛争から自由になることが出来る方法」をメインに紹介していきたいと思います。 ブラック企業に負けないための道具・本 新労働事件実務マニュアル 第4版 ブラック企業との戦いにおいて、まず参考とする本。 労働者側、使用者側双方の視点から書いてあるため、正確な知識はもちろんのこと、公平な視点によっても目の前にある問題を眺めることができます。 弁護士も依頼者から受任する場合において参考にすることが多い定番の実務書。 労働法 第11版補正版 法律学講座双書 上記「新労働事件実務マニュアル」で得た知識に、より詳細な理論的裏付けを加えたい場合に紐解く辞書的参考書。 当該サイトもこの本を大いに参考にしています。 労働弁護士・裁判官・司法試験受験生も、当該書籍を参考にしている労働法の超定番書。 労働事件審理ノート第3版 戦いが訴訟にまで発展しそうな場合に、集めるべき証拠の種類や、訴状・答弁書の書き方を知るために参考にする本。 争点や、訴訟運営上のポイントについても記載してあるので、大いに参考になります。 BESETOデジタルペンボイスレコーダー VR-P003N 最も頼りにしているペン型ボイスレコーダー。 ペン型は上着のポケットにかけておくことが可能で、そのため、隠すことによる障害物の影響を受けることなく、相手との会話を非常に明確に録音できます。 携帯電話と、このペン型ボイスレコーダーの2つを用意して交渉に臨んでいました。 超小型カメラ スマートウォッチ型カメラ 重要な交渉において、ペン型との併用で使用するスマートウォッチタイプのカメラです。 音声のみならず、動画も撮影でき、パワハラやセクハラの証拠をつかむための切り札としても役立ちます。 しかし動画撮影のため、事前の練習は必要です。 イラストでわかる 知らないと損する労働組合活用法 外部労働組合(ユニオン)を利用する予定の方、もしくは自ら結成する予定の方には、是非とも読んでもらいたい本です。 イラストが秀逸で、知識がすんなりと頭に入ってきます。 知識レベルも高度で、上記で挙げた「労働法」を参考にしつつ読み込めば、他の本はほとんどいらないくらいです。

次の