会社 コロナ 飲み会。 【コロナ禍】飲み会っていつから参加して良いの?それぞれの会社の温度感に差 │ ごきげんワーキングマザー生活

会社の飲み会に行きたくない!コロナを機会に上手な断り方を考よう

会社 コロナ 飲み会

この会社の感染者はこれで15人となり、保健所は職場内クラスターが起きたとみて調査している。 — ライブドアニュース livedoornews この件について、毎日新聞などは以下のように報じています。 東京都内で24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに55人確認されたことが、都関係者への取材で判明した。 都内で1日あたりの感染者が50人以上になるのは5月5日(57人)以来で、同25日の国の緊急事態宣言の解除後は最多となる。 感染者55人のうち20人程度が新宿区が接待を伴う飲食店などで実施している集団検査や、同じ人材派遣会社内で感染が確認されたケースという。 東京都の小池都知事は、新規感染者数が公表される前の24日昼の段階で、『かなりの数になる』との懸念をすでに表明していました。 これは夜の店や、都内の会社でのクラスターが報告されていることが主な理由で、55人という数字が公表される前からTwitter上で大きな話題になっていました。 そして、新規感染者数の公表後に報じられた毎日新聞の報道では、 『人材派遣会社内で集団感染が起きている』という記述があり、この会社についてネット上で話題になっています。 クラスター(集団感染)の人材派遣会社は新宿に本社を構えている? 東京都で55人が感染 うち8人はすでに7人が感染している人材派遣会社の濃厚接触者 (AbemaTIMES) 関係者によると、きょう東京都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は55人だった。 50人を超えたのは、先月5日の57人以来となる。 この人材派遣会社では23日までに7人の感染が確認されており、24日で新たに9人の新規感染者が発覚。 つまり、現在までに16人のコロナウイルス感染者が確認されていることになります。 Abema Timesなどのニュースでは、『新宿歌舞伎町の夜の店でクラスターが起きている』というくだりから、そのままの流れで人材派遣会社のクラスターに話が移りました。 そのことから、『この人材派遣会社は新宿に本社を構えている会社』という認識がネット上に広まっていますが、現状分かっているのは東京都内ということのみ。 新宿と報じている報道機関はひとつも無いことに注意が必要です。 また、そのなかの複数人は 飲み会を行っており、その場での感染の可能性も指摘されているようです。 この報道から、当初あった 『人材派遣会社=特殊な人材派遣(女性派遣型)』という憶測は否定されたと言っていいでしょう。 一方、SNSや掲示板などでは パソナの名前が取り沙汰されています。 パソナグループといえば、南部靖之氏が代表を務める日本の大手人材派遣会社で、70社近い連結子会社を有する大企業。 取締役会長には、総務大臣などを歴任した竹中平蔵氏の名前もあります。 報道内容を見る限り、当該人材派遣会社がある程度大きな規模であることや、東京大手町に本社を構えている会社であること、さらには週刊新潮などによって政府との蜜月関係が報じられていることなどが噂の理由です。

次の

ウィズコロナで変わるMR 営業所メンバーとの付き合い方

会社 コロナ 飲み会

「 行きたくないけどしぶしぶ行く 」のが2割強 3.職場でのオンライン飲み会経験は2割。 「経験してみたい」を含めても3割弱でまだ少数派 1.会社の禁止やテレワークの影響もあるが、自粛明けでも約8割が職場の飲み会に行っていない 緊急事態宣言が解除され、居酒屋等の営業も再開されていく中、一方では職場での会食による感染の報告も散見されています。 今回の調査で分かったのは、職場の飲み会に対してリスクヘッジしている会社がかなり多かったことです。 職場での飲み会を禁止している会社が20. 人数の制限などを設けている会社まで合わせると51. 6%が何かしらの制限を課しています。 そんな状況もあいまってか、自粛明けに職場での飲み会に参加した人は13. 3%にとどまります。 2.同僚に誘われても断るのが過半数。 「行きたくないけどしぶしぶ行く」のが2割強 感染リスクはもちろん、周囲の目も気になる中、「自分から飲み会に誘う」のはわずか5. 自分からは誘わないものの「誘われたら飲みに行く」のが19. 「きっぱり断る」のが52. 感染リスクにより「周囲の目が気になる」と回答した割合が14. 3.職場でのオンライン飲み会経験は2割。 「経験してみたい」を含めても3割弱でまだ少数派 仕事ではテレワークが急激に普及していくなか、オンラインでの飲み会も広がりを見せています。 職場の飲み会をオンラインで行っているのかを聞いたところ、自粛中に「職場でのオンライン飲み会を経験した」と回答したのは18. 「まだ経験していないもののやってみたい」のが8. 一方で、「オンライン飲み会を経験し今後もオンライン飲み会で十分」と回答したのはわずか5. 若年層のオンラインリテラシーの高さが浮き彫りになっています。 少子高齢化による労働力人口の構造変化やIT技術の進化、グローバル化による産業構造変化が加速する中、ますます広がりを見せるアルバイト・パートを中心とした多様な労働市場において、「個人の価値観が尊重される働き方」「現場の人材が最も輝く働き方」「21世紀をリードする多様な働き方」をテーマに、調査・研究・開発に取り組む。 所長である平賀充記 ひらがあつのり は、リクルートフロムエー 現リクルートジョブズ にて、FromA、タウンワーク、とらばーゆ、ガテン、はたらいくなど、リクルートの主要求人メディア編集長を歴任。 特に30年以上にわたり観察を続けてきた「職場の若者」には造詣が深く、「若者の働き方研究の第一人者」として活動している。 近著に「パート・アルバイトの応募が殺到!神採用メソッド」「なぜ最近の若者は突然辞めるのか」がある。

次の

会社のコロナ対策や新型コロナウイルスに対する考え方が酷すぎて戦慄した|KSM×LOG

会社 コロナ 飲み会

コロナ禍での会社の飲み会等、懇親会についての相談です。 我が社では従来から飲み会 懇親会 が頻繁に行われていました。 緊急事態宣言中や飲食店に休業要請がかかっていた時期には、さすがに飲み 会も自粛されていました。 しかしながら飲食店の休業要請が解かれた現在に至っては積極的に飲み会が開かれています。 事業所長が従業員を誘って飲み会が開かれているのです。 事業所トップから誘われれば簡単には断れません。 緊急事態宣言が解かれた現在でも飲み会は自粛したいと思っている従業員は多くいます。 私もその一人です。 できればまだ会社として飲み会の自粛要請は継続するべきと考えています。 事業所長に言わせると、「飲食店の休業要請が解かれたのに会社として飲み会自粛はかけられない。 日本経済を動かすためにも積極的に飲み会をするべきだ」と部長会で発言しています。 声高々にあたかも正論のように発言されるので誰も反論できません。 でもこの第2波が起こりそうな現状、やはりまだ会社として飲み会の自粛要請はかけておくべきだと思うのです。 うまく事業所長を説得 反論 する方法があったら教えてください。 その、よくわからなかったのですが、 事業所長より上の方は、いらっしゃらないのでしょうか。 もしいらっしゃって、お話しできて、飲み会反対、の方であれば その方に、事業所長の説得をお願いします。 また、飲食関連でクラウドファンディングなどがあったと思います。 たしか券とかを買って、コロナ後に食事を、とかだったかと。 他にも、大なり小なり資金集めしている飲食関連はあったかと…。 経済を動かす、というのなら、方法は飲み会を今実施する、以外もあるかと。 どーしても飲み会を、というのなら、オンラインもありますよ…。 …私も、といったらいいのか。 私自身、トップの現状把握・認識能力のなさと、問題解決能力のなさと 危機管理能力のなさと、 トップから見て下の人間を(いろいろな意味で)数字としてしか見ていないこと、 に悩まされています…。 ただ間違って行けないのは トップはあくまで仕事上の、であり、私自身の生活のトップではないのです…。 何かコロナで問題があったとき 事業所長が、質問者さんの生活や問題を解決するか、と言われれば なにもしないと思われます(質問内容を見る限り、する人には思われない…) 私自身、うまく回答できたかはわかりませんが、 質問者さんの願った通りになることを、祈っています。

次の