20 代 末期 が ん ブログ。 末期大腸がん発覚まで。ステージ4でした。

20~39歳末期がん患者の自宅療養を助成している自治体

20 代 末期 が ん ブログ

私も不妊治療をはじめ早7年を迎えました。 不妊治療を振り返り立ち止まった時期は幾度となくありました。 それは金銭的・身体的・精神的すべてにおいて苦痛だからだったと思います。 ようやく去年妊娠しましたが、8週で稽留流産をしてしまい本当に精神も体もほとほと疲れてしまいました。 治療もいったん休憩をし体を調える事をしようと東洋医学に出会いました。 東洋医学は今までの治療との違いが沢山ありました。 そして数か月で私の体は瞬く間に元気になりました! 主人も驚くほど変わっていったのです。 ただ、まだ完ぺきとは言えません。 でも今までの体で妊娠ができなかったのだから健康な体を作ってこそ妊娠出来るのではないか? 体質改善は必ずと言っていいほど必要だと思いました。 少しでも体質改善に興味のある方。 少し不妊治療に嫌気がさしたり、疲れた方。 一緒に体質改善の情報交換して妊娠に近づきませんか?•

次の

【OL貯金ブログ】1月前半家計簿!OLの休日の過ごし方

20 代 末期 が ん ブログ

女性特有のがんといえば子宮のがんが思い浮かびます。 子宮がんには、子宮体がんと子宮頸がんがありますが、近年増え続けているのが子宮頸がんです。 子宮頚がんと向き合い闘病する人たちの様子をブログを通してみていきたいと思います。 子宮頸がんとは 女性特有のがんとして、増え続ける子宮頸がん。 子宮がんとよばれるがんのうち70%を占めているのが子宮頸がんです。 子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分に発生します。 子宮の入り口付近で発生することが多く観察や検査がしやすいため、早期発見しやすいがんといわれています。 (参照:) 今では乳がんに次いで罹患率が高いがんとなっています。 乳がんは50歳代~60歳代に多く発見されるのに対し、子宮頸がんは20代~30代と比較的若年層にもみられます。 罹患率も子宮頸がんによる死亡率も若年化してきているという現実があります。 その理由として、性交渉の低年齢化があげられます。 子宮頚がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)による感染であることが明確になってきています。 HPVは、性交渉で感染するウィルスで、子宮頸がんを患った約90%以上からHPVが検出されています。 性交開始が早いほどHPVに感染する時期も早くなり、若年で発症しやすくなるということにつながるのです。 子宮頸がんの患者さんの90%以上からHPVが検出されることが知られています。 このHPVウイルスは子宮頸部に感染して定着し、年数をかけてがん化することがわかっています。 子宮頸がん闘病ブログ ここからは実際に子宮頸がんを患い、生の闘病の記録を綴ったブログを紹介していきます。 女優の古村比呂さんのオフィシャルブログです。 2012年1月に子宮頸がんの告知と手術。 その後転移を2度繰り返し、現在も放射線と抗がん剤による治療を続けながら闘病中です。 47歳で子宮頸がんを患い、その後3度の再発を繰り返しているぴょんこさんのブログです。 がんを告知された時の気持ちや治療の様子をわかりやすく綴っています。 2015年しろぴぃさんは亡くなってしまいました。 抗がん剤治療のほかに免疫療法による治療も試しています。 現在は治療をやめ緩和ケアでがんと付き合いながら生活していらっしゃいます。 子宮頸がんの予防 子宮頸がんは予防できるがんです。 現在は、子宮頸がん予防ワクチンがあり、それを受けることでHPVの感染を予防することが可能です。 また早期発見で早期治療ができるため、予後のよいがんといわれています。 定期的な子宮頸がん検診などのチェックでがん化を防ぐことができるのです。

次の

家計管理・貯蓄(20代) 人気ブログランキングとブログ検索

20 代 末期 が ん ブログ

再発率が高いことは分かっていた 落胆する私達 事情が呑み込めず いつもと変わらないパパちゃん -2019年 7月2日- 姉達へ再発の件と 病院での対応を相談せねば。 パパちゃんがいる前では あまり話ができない。 おそらく良くわかっていない。 再発したらどうなるのか。 この先の事を知られたくなかった。 家では話せず 翌日会社の休み時間に連絡を入れた。 ざっと昨日病院でのことを話した。 長女曰く 「先生が話すときは、ボイスレコーダーで 録音したがいいね」 次女曰く 「セカンドオピニオンだな」 どちらの気持ちも分かった。 ボイスレコーダーで取るとなると 先生もいい気はしないだろう。 また、セカンドオ… 分からない 順調だと思っていたのに なぜ どうして 再発の無慈悲な告知 説明のない抗がん剤治療 -2019年 7月1日- 6月25日に受診をした際に 外来から、腫瘍内科というところへ 廻された。 特段、外科の先生から説明もなく。 病院は別棟にがんセンターを併設していた。 予約をして訪れたのだが とにかく、待たされた。 ようやく呼ばれ、入っていくと 腫瘍内科の担当です、と男性医師が挨拶された。 そこで「転移してますから、どうします?」と 突然言われた。 は?え?なんの話??? 私もパパちゃんも話が呑み込めず、止まってしまった。 「だからね、肺へ転移してますから。 言われなかった?外科で」 首を振る… 毎日、本当にご苦労様です。 介護・看護って、待った無し。 色々な立場からトラックバックしてください。 看護師(かんごし)とは、医療、保健、福祉などの場において以下の事柄を行う医療従事者の呼称である。 医師等が患者を診療する際の補助 病気や障害を持つ人々の日常生活における援助 疾病の予防や健康の維持増進を目的とした教育 現代では、看護師の業務を行うためには、多くの国でその国が定めた看護専門学校や看護大学等の看護師養成課程における基礎看護教育を受けた上で国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を有している必要がある。 日本国においては、2002年3月まで法律上、女性を看護婦(かんごふ)、男性を看護士(かんごし)として区別していた。 詳細は、名称変更を参照。 女性の看護師が「看護婦」と呼ばれていた時代には、ナースキャップ[注釈 1]、衣裳、靴、ストッキング タイツ のすべてが白色[注釈 2]だったことから「白衣の天使」という別名があった。 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の