外壁 塗装 ネイビー。 イメージは壮大な海?!ネイビーの外壁塗装のココが魅力!

【外壁塗装の色選び】人気の組合せとプロが選ぶ配色9選

外壁 塗装 ネイビー

外壁の人気色ランキング 外壁の人気色は時代ごとの流行も反映しますが、 近年は「無難」といわれる色選びが人気です。 日本人特有の横並びを重んじる性質かもしれませんね。 まずは、日本の戸建て住宅における外壁の人気色ランキングを紹介します。 色によって受ける印象や効果も変わるので、確認してみましょう。 1位:ベージュ系 現在最も流行しているのが、落ち着いた印象を与え、無難さが魅力の「ベージュ系」です。 シンプルなので他の色や景観と合わせやすく、周りの家からも浮きません。 ほこりなどが付いても汚れが目立ちにくいのが人気の理由です。 2位:グレー系 ベージュ系に次いで人気なのが、「グレー系」の外壁です。 白と黒の中間にあたるグレー系は、ベージュ系と同じく他の色になじみやすく、汚れが目立ちにくい色です。 近年ベージュ系かグレー系の外壁を選ぶ人は、戸建て全体の半数以上を占めます。 ベージュには温かみがありますが、グレーはクールな印象を与えます。 他の色と組み合わせて使用し、グレー以外の色を引き立たせることもできますよ。 3位:茶系 外壁の人気色3位は「茶系」です。 茶系の外壁は、平成中期に流行し、とくに薄い色が人気でした。 サイディングなどのタイル張り風の家が増え、レンガ調タイルの色が茶系であることが影響したと考えられます。 茶色は木や土などの自然を感じさせ、温かみのある色です。 落ち着きがありシックで大人の雰囲気を持つ茶系は、飽きのこない色ともいえるでしょう。 汚れが目立ちにくく、周りと調和しやすいので、外壁におすすめの色です。 ただし、一口に茶色といっても、黒に近い濃いものから赤味がかった明るいものまでさまざまです。 想像していたイメージと異なる仕上がりにならないよう、塗装の前に業者としっかり打ち合わせをしましょう。 4位:白 4位は「白色」の外壁です。 昭和の終わり頃から平成の初期まで流行しました。 清潔感がありおしゃれな印象を与えるため、まだまだ人気の色です。 植木の緑や鮮やかな花の色がよく映える白に塗り替えれば、家は新築のように生まれ変わるでしょう。 家を大きく見せる効果もあり、サッシの色を選ばないので洋風、和風のどちらにもなじみます。 その反面、年を経るにつれてコケやカビなどの汚れが目立ちやすくなるため、定期的な洗浄やメンテナンスが必要です。 5位:黒 5位はガルバリウム鋼板の壁材でよく利用される「黒」です。 モルタル外壁に使用されることは稀なため、壁材により人気度が異なります。 黒には「クール」「格調高い」「おしゃれ」「重厚感がある」などのイメージがあります。 外壁に黒色を使うと、スタイリッシュでおしゃれな仕上がりになります。 しかし、熱を吸収しやすいため、外壁の温度を上げてしまうのがデメリットです。 夏場だと外壁の表面温度が60~70度ほどになる可能性もあります。 外壁の表面温度が上がれば室内温度が上昇するだけではなく、外壁に触れることでヤケドする恐れもあります。 黒を選ぶ場合は遮熱・断熱材などを使用して、建物内の温度が上がらないようにしましょう。 黒の外壁は一見汚れが目立ちにくそうですが、実はほこりや砂などの汚れが目立ちやすいのも黒色の欠点です。 紫外線を吸収しやすいため劣化が起こりやすいうえに、黒い外壁なのでチョーキング現象による白い粉も目立ちやすくなります。 汚れにくい外壁材を使うといいでしょう。 その他の人気色:緑系 自然を連想させる「緑色」にはリラックス効果があります。 落ち着いた雰囲気の中でホッと安心できる癒やしの色です。 ナチュラルなイメージの外壁にしたい人におすすめです。 その他の人気色:赤系 赤は「情熱的」「元気」「興奮」「攻撃的」を連想させる色です。 また、 原色の真っ赤な外壁にすると周りの景観から浮いてしまい、近隣トラブルの元にもなりかねません。 色あせしやすいデメリットもあります。 近年は、少し濃い色の「レンガ調の壁」や淡いピンク系のかわいらしい雰囲気の壁が流行っています。 その他の人気色:オレンジ系 温かみのあるオレンジは、親しみやすく元気な印象を与える色です。 濃いオレンジは周囲の景観から浮いてしまいます。 薄いオレンジであれば発色がよく仕上がりもきれいで、アットホームな雰囲気に包まれるでしょう。 その他の人気色:ピンク系 「優しさ」「かわいらしさ」が感じられるピンクは女性に人気の色です。 淡いピンクや落ち着いた色のピンクは温かみがあり、柔らかい印象を与えることができますよ。 ただし、派手なピンクはメルヘンチックでかわいらしいですが、周りの景観からは浮いてしまいがちです。 その他の人気色:黄系 黄は「幸福」「元気」「希望」をイメージさせる色です。 注意を促す色としてもよく使われるので、原色の黄色は周りの景観から浮いてしまいます。 しかし、薄い黄色は雰囲気を明るくしてくれるため、外壁に人気の色です。 周りから浮くこともなく、白に近い色なので、新築のような清潔感を出すことができます。 その他の人気色:青系 知的で冷静なイメージの青を使うと、クールで爽やかな雰囲気の外壁です。 水色や薄い青色にすれば、おしゃれで爽やかな印象を与えます。 ただし、原色の青にすると色あせしやすい特性があります。 ツートンカラー・マルチカラー・海外風 一色に決めきれない方、個性的なデザインに塗装したい方、好きな色にしたいけど景観を損ねてしまうとためらっている方は、ツートンカラーやマルチカラーで解決できるかもしれません。 ツートンカラー:建物の上下や凹凸により色を塗り分ける方法• マルチカラー:サイディング材のデザインによる凹凸に合わせて色を塗り分ける方法 どちらの塗装方法もデザイン性に優れる仕上がりになります。 また海外の建物をイメージした、地中海風やプロバンス風、ブリティッシュ風の色選びも人気です。 定番人気のベージュ系とブラウン系でおしゃれかつ調和のとれた外壁に。 モノトーンでそろえてよりスタイリッシュな印象に。 ビタミンカラーのオレンジをあわせて。 淡いグリーンを差し色に柔らかい雰囲気を演出。 ベージュ系、ブラウン系にブルーを入れて。 自宅の外壁塗装で「色のシミュレーションをしたい」方は、 いえふくの3Dカラーシミュレーションをぜひご利用ください。 変色しやすい色と変色しにくい色 外壁の色には、紫外線などの影響によって、変色(色あせ)しやすい色としにくい色があります。 グレードは同じ塗料であっても、色によって変色のスピードが異なるのです。 変色しやすい色としにくい色を把握し、塗装の色選びに役立てましょう。 変色しやすい色 外壁で変色しやすいのは、 透明度の高いクリアな色や原色に近い鮮やかな色、暖色系の色などです。 具体的には、次のような色が挙げられます。 黄色 とくに赤と紫は、変色しやすい色として有名です。 どうしても使いたい場合は、外壁の一部にアクセントとして用いる程度にしておくとよいかもしれません。 変色しにくい色 外壁の色で変色しにくいのは、次のような色です。 ベージュ• ブラウン• グレー ただし、白と黒は汚れが目立ちやすい色でもあるので、住宅の美観を気にかけるのであれば避けた方が無難です。 ベージュ・ブラウン・グレーは汚れの目立ちにくい色でもあるので、色あせと汚れの両方を気にする人はこれらの色を選ぶとよいでしょう。 虫除け対策になり得る色 せっかくきれいに塗り替えた外壁に、たくさんの虫がしょっちゅう引っ付いていたら、良い気分はしないですよね。 外壁の色だけで、虫を1匹たりとも絶対に寄ってこないようにするのは難しいですが、虫が寄ってくる確率を下げることはできます。 ここでは、外壁の色と虫の関係について、• 虫は色の違いをどう認識しているのか• 虫が集まりにくい色• 虫が集まりやすい色 この3点を解説します。 虫は色の違いをどう認識しているのか 色の違いを認識する能力の有無や程度は、虫の種類によって大きく異なってきます。 しかし、数多の種類の虫について、ある程度共通していえることがあります。 それは、 虫は色そのものよりも紫外線に反応していることです。 さまざまな色がありますが、色はものによって紫外線の反射率が異なります。 虫は紫外線をよく反射する色に集まりやすく、紫外線をあまり反射しない色には集まりにくいのです。 虫が集まりにくい色 虫が集まりにくい(紫外線をあまり反射しない)色には、次のようなものが挙げられます。 グレー• ブラウン• 赤系(赤、オレンジ、ピンクなど) ただし、黒は熱を吸収しやすい色でもあるため、室内が暑くなりがちです。 赤やオレンジは色あせしやすい傾向にあります。 虫除けができて、かつデメリットが少ない色はグレーやブラウンです。 虫が集まりやすい色 虫が集まりやすい(紫外線をよく反射する)色には、次のような色が挙げられます。 黄色 虫除けを考えるのであれば、これらの色は避けるべきです。 色選びの失敗が原因で起こるトラブル 外壁の色をどれにするかで、家の印象は大きく変わります。 外壁の色を現在と違うものに塗り替えることで、新築のような印象をもたせたり、かわいらしい感じからスタイリッシュな雰囲気に変化させたりできるのが、外壁塗装の魅力です。 外観に飽きることなく、自分の家を長く楽しめそうですよね。 しかし、色選びに失敗すると、思わぬトラブルに発展することもあります。 ここでは外壁の色選びが原因で起こるトラブルについて紹介します。 希望の色にならない せっかく外壁を塗り直したのに、「仕上がりが希望する色と違う」「塗り替える前の方が良かった」などのトラブルは、実はよくあります。 トラブルの原因は主に2つです。 希望する色が業者にきちんと伝わらなかったケース たとえば「青」といっても、濃いものから淡いものまで幅があります。 色は色相、明度、彩度の3つの要素で決まり、2017年度版の色見本には各要素が異なる色が632もあります。 同じ色に見えても微妙に異なるため、希望する色を正確に伝えるには詳しく具体的に説明する必要があり、難しいのです。 普段あまり色を意識していないと、「外壁は何色がよいですか?」と問われたとき、「茶色です」などのように答える方も多く見受けられます。 しかし、茶色と一口に言っても、以下の画像のようにさまざまな種類があり、種類によって印象が異なるのです。 色の見本と実際に塗られた色が違って見える 外壁の色を決める際には、「茶色」「ベージュ」などのように言葉で色を指定するのではなく、業者と一緒に色見本を見ながら相談しましょう。 しかし色は、見る状況や媒体によって違う色に見えることがあります。 そのため、色見本と実際の外壁の色が違う色に感じてしまうのです。 たとえば、蛍光灯の下で見たときと自然光で見たときの見え方は異なります。 同じように、パソコンの画面上で見た色も、実際とは違って見える可能性があります。 その日の気象状況、日陰かどうか、壁材のツヤの有無によっても、色の見え方は大きく変わるのです。 同じ色でも面積の大きさによって色の見え方が変わる!? 色の見え方を変えるものは、気象や日の当たり具合だけではありません。 その色が塗られている面積によっても変わってくるのです。 面積によって色の見え方が異なることを、一般に面積効果と呼びます。 面積効果について詳しく知りたい人は、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。 塗り直しに追加費用がかかる 希望する色が業者に正しく伝わらなかったり、玄関ドアやサッシ枠などの色とマッチしなかったりしたことで仕上がりに納得がいかず、塗り直しを考える人もいます。 しかし、工事後の色変更は想像以上に大変なのです。 新たな塗料代に人件費、足場代がかかり、少なくとも30万円は必要でしょう。 塗料の種類によっては、上塗りできない場合もあります。 また、「希望する色にならなかったら、追加料金なしで塗り直しますよ」と業者に言われたのに、料金が発生したトラブルもあります。 口約束ではなく、契約書類に記載してもらうことが重要です。 近所からクレーム 自分の好む派手な色に塗り替えたところ、近隣の景観と合わず浮いてしまい、「色が派手すぎて不快だ」とクレームが出ることもあります。 一生住むことになるお家ですから、ご近所トラブルは起こしたくないですよね。 とくに、赤や青など原色系の色の場合に起こりやすいので注意しましょう。 景観ガイドラインに違反 街の景観を損なわないよう、市区町村によっては景観ガイドラインが定められていることがあります。 景観ガイドラインとは、各都市がきれいな景観を守るために定めた独自のガイドラインのことです。 外壁を街並みにそぐわない奇抜な色にしてしまうと、景観ガイドラインに違反する恐れがあるのです。 京都など歴史的建築物の多い地域では、外壁に決まった色しか使えないこともあります。 お住まいの地域に景観ガイドラインがあるかどうか、調べてみましょう。 外壁の色選びのポイント 外壁を塗装する際、色選びに失敗するとさまざまなトラブルが起こることが分かりましたね。 後悔しないためにはどのように色を選べばいいのでしょうか。 続いては、外壁の色選びのポイントを紹介します。 家の周りの景観を観察する 両隣や向かいの家の色をチェックしましょう。 外壁を新しい色に塗り替えたとき、自分の家だけが浮いて見えないか想像します。 できれば、スマートフォンなどで自宅の写真を撮影し、近隣の街並みの景観と照らし合わせて確認しましょう。 住宅街か商店街かによっても、自分が塗ろうとしている色と調和がとれるかが変わります。 希望する色を詳しく業者に伝える 「仕上がりが希望する色と違う」というトラブルを防ぐためにも、業者に詳しく色を説明しましょう。 理想的な色の家の写真を見せるのも効果的です。 業者が使用する塗料のカタログの色を必ず確認し、自分のイメージと擦り合わせましょう。 混色による細かな色の調整を、有料でお願いできる業者もあります。 希望する色が家に合うかチェックする 希望する色が家に合うかも大切なチェックポイントです。 窓枠やサッシ、玄関ドアの色などとマッチするか確認しましょう。 また、好みで派手な色を希望しても、家の雰囲気や周りの景観に合わない色は浮いてしまう恐れがあります。 打ち合わせの中で、好きな色をベースに発色を抑えたり親しみやすい色にしたりしながら決めていきましょう。 住んでいる市区町村に景観のガイドラインがあるか確認 市区町村によっては、景観ガイドラインが定められている場所があります。 ガイドラインが適用される場所で派手な色や奇抜な色にすると、塗り直しになる可能性があるのです。 事前にガイドラインがあるか確認し、場合によっては周辺の街並みや自然環境に調和する色を選ぶ必要があります。 色の組み合わせは2~3色にする 使う色は3色までに抑えると、仕上がりが美しくなります。 それ以上色を増やすと、まとまりのない家になってしまいます。 2色のツートンカラーにする場合は、調和のとれた同系色か、同じような薄さの色を選ぶといいでしょう。 割合は1:1ではなく、 多く塗るベースカラーともう1色のアソートカラーの比を、6:4か7:3にするとバランスがよくなります。 上下に色分けする場合は、上よりも下を濃い色にする方が落ち着いた雰囲気になります。 ベースカラーとアソートカラーの境目に、差し色で3色目のアクセントカラーを入れる方法もあります。 個性的でスタイリッシュな雰囲気に変えることができますよ。 おすすめの色 さまざまなポイントからおすすめの色やその組み合わせを紹介します。 ぜひ参考にしてください。 しかし、おすすめは同系色や彩度が同じ色の組み合わせです。 調和がとれて家にまとまりが出ますよ。 汚れが目立たない色はグレー 外壁に付着するのは、砂やほこりといった黄土色の汚れや、コケやカビなどの緑が混じった薄い茶色の汚れです。 この汚れと同化する最も目立ちにくい色はグレーです。 アイボリーや薄いブラウン、ベージュ系もおすすめです。 逆に、汚れが目立ちやすいのは白や黒です。 色あせが起こりやすい原色の赤や青も、汚れが目立ちがちなので気を付けましょう。 無難なのはベージュ系 外壁の色は、近隣と調和する飽きのこないものがおすすめです。 無難なのはベージュ系で、グレー系もおすすめです。 奇抜な色ではなく薄い色にすることで、上品さや高級感を出すことができますよ。 部位別のおすすめ色 外壁や屋根以外も塗装する場合、どのような色を選べばいいのでしょうか。 部位別に説明します。 軒天:薄めの色 軒天とは屋根の真下部分にある壁のことで、外壁から外側に出ている屋根の裏側です。 この場所は日が当たらず、色が暗く見えます。 立体感のある家にするために、影になることを考えて薄めの色にしましょう。 白か外壁よりも薄い色にすると、室内から見たときも外が明るく見えるのでおすすめです。 雨どい:外壁と同じ色 雨どいをアクセントに使うこともできますが、外壁と同系色にして雨どいの存在感をなくす方が無難です。 ただし、白は劣化が目立つので気を付けましょう。 ひさし:屋根と同じ色 ひさしは、外からは屋根のように見える場所です。 屋根と同じ色にするのがいいでしょう。 サッシの色に合わせても構いません。 雨戸:サッシと同じ色 雨戸の色は窓などのサッシにそろえると統一感が生まれます。 破風板(はふいた):屋根と同じ色 破風板とは屋根と外壁の間にある部分で、屋根の下や横から風が吹き込むのを防ぐ役割があります。 屋根と同じ色にすると一体感が生まれていいでしょう。 風水の効果 とくに希望する色がない場合は、風水で決めるのもひとつの方法ですよ。 自分をいつも包んでくれる家の外壁の色は、風水の効果が強いといわれています。 色ごとに具体的に見ていきましょう。 色 効果 オフホワイト 愛情豊かで仕事熱心な気持ちにさせるため、仕事や家庭が順調になります。 浄化の作用もあり、悪い気を落としてくれます。 茶 茶は堅実で信頼感のある色です。 安定感も与えてくれるので、家庭が安泰になるといわれています。 南西の方角に使用するといいでしょう。 緑 緑は発展や成長を意味する色で、仕事運や貯蓄能力、不動産運が上がるといわれています。 リラックスしたいときにも効果的です。 水色 勤勉さや若さを表す色といわれています。 幸福をもたらし人間関係が良くなるカラーです。 ビジネス運も上がります。 黄 鮮やかな黄色は金運や人気運、幸福を呼び込むカラーです。 はなやいだ気分にしてくれます。 特に西側に使用すると効果がアップします。 オレンジ 元気や前向きな行動力をもたらす色です。 明るい家庭や夢の実現に効果があり、自分自身を勇気づけてくれます。 ピンク 心身共に若返るアンチエイジングの効果があり、女性ホルモンを活性化してくれます。 人気のカラー 外壁の色の中でも人気があるのは、ベージュ系、グレー系、白、茶系、クリーム系です。 無難で周辺の景観に調和しやすい色が人気のようですね。 どれもシンプルで飽きがこない色といえます。 ちなみに、から発表されたは、爽やかなブルーです。 は、 「明るいオレンジ」です。 色のイメージを言語化する 外壁の色の決める方法のひとつとして、イメージを言語化してから探す方法もあります。 家の外観をどのようなイメージにしたいのかをいくつかの言葉で表し、それらの言葉から1つの単語を導き出して、その単語に合った色を選択するのです。 ここでは、イメージを最終的に1つの単語にして、その単語から色を検討する具体的な手順と、単語ごとの配色の仕方の2点を解説します。 具体的な手順 イメージを最終的に1つの単語にして、その単語から色を検討するまでの具体的な手順は、以下の通りです。 1、表1の「言葉」のうちから、外壁に望むイメージや雰囲気に近いものを幾つか選ぶ。 表1 分類 言葉 ロマンチック 可愛い、愛らしい、甘い、メルヘンな、ドリーミーな ナチュラル 自然な、フレッシュな、温かみがある、柔らかな、くつろげる、親しみやすい、優しい シンプル スマートな、すっきりとした、爽やかな、クリアな カジュアル 元気な、鮮やかな、大らかな、明るい、楽しい エレガント 上品な、優雅な、おしゃれな、つややかな シック 都会的な、静かな、洗練された、シャレた モダン 近代的な、個性的な、理知的な フォーマル 大人っぽい、どっしりした、かっちりした、格調高い クラシック 風情のある、懐古的な、奥ゆかしい、落ち着いた、伝統的な、味わい深い ゴージャス 華やかな、凝った、ぜいたくな、派手な 2、1の段階で出た言葉が、表1の「分類」のうちどれに属するものが多いか確認する。 3、2の段階で出た「分類」の単語に則って色を検討する。 単語ごとの配色の仕方 自分たちが外壁に望むイメージが、どんな単語で表されるものか(「ナチュラル」や「シック」など)がわかりましたね。 次に問題となるのが、その単語のイメージを外壁で演出するには何色を使えばよいのかです。 単語ごとの色のイメージは、次の図のようになります。 「LIGHT」に近いほど色が明るくなり、「DARK」に近いほど色が暗くなります。 それぞれのイメージの代表的な色は以下の通りです。 「LIGHT」:パステルカラー• 「DARK」:ブラックやダークブラウン、ダークグリーンなど• 「WARM」:赤やオレンジなどの暖色• メインの色は図に即した色にしつつ、アクセントとして全く違う系統の色を入れるのもいいでしょう。 色選びの仕方はたくさんありますが、単語ごとにおすすめの色を紹介していきましょう。 ロマンチック パステル系など、淡く、明るく、柔らかな色を使うとよいでしょう。 具体的には、 淡い色調のピンクやベージュなどが挙げられます。 ナチュラル 自然を連想させたり、気分を和ませたりする柔らかい色や落ち着いた色を使うとよいでしょう。 具体的には、 明るめのブラウン系やグリーン系が挙げられます。 シンプル シンプルな外観にしたいのであれば、 寒色系やグレー、ブラックやホワイトを用いるとよいでしょう。 カジュアル(明るい・元気な・鮮やかな・楽しい、など) 鮮やかな暖色系の色や、原色に近く発色の強い色などを使うとよいでしょう。 具体的には、 明度の高いオレンジやイエロー、明るいグリーンなどが挙げられます。 エレガント 紫やピンクなどをグレイッシュに抑えた色や、ベージュ系統の色などを使うのがおすすめです。 シック 発色を抑えた 寒色系の色や、ブラック、グレーなどを使うとよいでしょう。 モダン トーンが暗く濃い寒色、ダークブラウン、ブラックやホワイトなどをメインにするのがよいでしょう。 フォーマル ダークブラウンや暗めのベージュ、ブラックやグレーなど、適度に地味で落ち着いた色を用いるのがおすすめです。 クラシック ダークグリーンやダークブラウンなど、暗めの色をメインにしてみましょう。 ゴージャス ワインレッドなど、高級感のある暗めの暖色を用いるとよいでしょう。 色とは話が少しずれますが、ゴージャスな雰囲気を出すなら、レンガ調やタイル調の柄を外壁の一部に取り入れる方法もあります。 たとえば、白い外壁のうちベランダの塀の部分を暖色のレンガ調にするなどです。 色選びにお悩みの方は、いえふくの3Dカラーシミュレーションを! 自宅の外壁・屋根の色選びにお悩みなら、実際にカラーシミュレーションをしてみましょう。 いえふくの3Dカラーシミュレーションは日本ペイントや関西ペイントなどさまざまなメーカーの塗料に対応しています。 ご用意している色は、全621色+塗料メーカーの標準色です。 いえふくがご提供しているカラーシミュレーションは、なんと3D! 触って動かすことができるので、「正面」「斜め下」「斜め上」など、さまざまな角度から見え方をチェックできます。 外壁と屋根はもちろん、破風や雨どい、窓枠などの色もさまざまな色でシミュレーションが可能です。 モデルとなる住宅は、「1色モデル」「2色モデル」「3色モデル」の3つから選ぶことができます! さらには、「晴れ」「曇り」「夕方」など、光の加減によってどう見えるかもチェックが可能! いえふくの3Dカラーシミュレーションは、どなたでも無料でお使いいただけます。 外壁の色選びでお悩みの方はもちろん、「まだ外壁塗装をすると決めたわけではない」という方も、ぜひお気軽にお試しくださいませ。 既存の色から他の色に外壁を変更することは可能? 基本的には外壁塗装により、現在の外壁の色から別の色に変えることが可能です。 次のようなメリット、デメリットがあります。 メリット 現在の外壁と異なる色の塗料を塗装することで、外壁の色を変えることができます。 外壁の耐久性を高めるだけではなく、家の雰囲気も大きく変えられるのが外壁塗装の大きな魅力です。 グレー系からブラウン系の家に大変身した「」をご覧ください。 塗装により、クールな印象から、ナチュラルで温かみのあるお住まいに生まれ変わりました。 デメリット 外壁を薄い色から濃い色に塗装するのは問題ありませんが、濃い色から薄い色に塗り替えたい場合は、注意が必要です。 きれいに発色しなかったり、下地の色が透けたりすることもあります。 そのため 3度塗りだけではなく、4度、5度とさらに重ね塗りしなければならないことも。 塗料の量が増えて労力もかかるため、当然コストもかさみます。 中塗りと上塗りで色を変えるのはNG? 外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本です。 中塗りと上塗りでは同じ塗料を用いて塗装するケースが多いのです。 しかし、お客様を第一に考える いえふくとしては、中塗りと上塗りの色を変えることをおすすめします。 その理由をメリットデメリットから考えてみましょう。 メリット 悪徳業者の代表的な手抜き工事として、中塗りを省く手口があげられます。 中塗りと上塗りの色を同じ色にした場合、遠目からではどこからどこまで塗装しているのかがはっきりわからないためです。 中塗りと上塗りの色を変えれば、塗装した箇所がはっきりわかるため、手抜き工事を見抜きやすくなります。 また、中塗りと上塗りの色がはっきりと変わることで、業者もわずかな塗り残しなどのミスを起こしにくくなります。 ただし、中塗りは上塗りよりも薄い色になるようにしましょう。 デメリット 塗料には消費期限があるため、一度開封すると余った塗料は廃棄したり、お客様にプレゼントしたりすることになります。 そのため、中塗りと上塗りで別の塗料を使う場合は、それぞれの塗料を用意する必要があるため、コストが余分にかかります。 また、外壁が劣化して塗膜が剥がれると、中塗りの色が出てしまって色ムラが起きることもあります。 肝心なのは、塗膜が剥がれる前に外壁塗装をすることです。 早め早めのタイミングでのメンテナンスを心がけましょう。

次の

外壁塗装で人気の色&失敗しない色選びのポイント【塗装予定者必見】|外壁塗装のコラム|外壁塗装を一生懸命やる会社いえふく

外壁 塗装 ネイビー

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.そもそも「艶消し塗料」とは? そもそも艶消し塗料とはどんなものなのか。 まずはその簡単な仕組みを説明し、実際に艶あり塗料とどう違うのかについて写真を交えながら解説します。 艶消し塗料は「艶なし」、「フラット仕上げ」、「マット仕上げ」とも呼ばれ、光をあまり反射しない落ち着いた印象の塗料であるといえます。 しかし実は、艶の度合いについて公的に定められた基準があるわけではありません。 そこで塗料業界では一般的に、外壁面に光を反射させて光沢度というものを測定しています。 簡単に説明すると、平らに塗装された面に60度の角度から光を当て、そのうちどれくらいの強さの光が正反対の方向に反射されるかを測定する方法です。 このときの光沢度(グロス値ともいいます)によって、その塗料の艶の度合いが変わってくるのです。 艶消し塗料は多くの場合、ポリエステルやアクリルなどの微粒子を艶消し剤として塗料に混ぜることで塗膜表面にミクロレベルの凹凸を作り出しています。 その微細なざらつきが光を拡散させ、光沢度を低下させるのです。 また、塗料によっては三分艶までしかないものや艶有りしかないものも存在します。 塗料を選ぶ際は、艶消しがあるのかしっかりと確認しておきましょう。 1-2.艶あり塗料とどこが違う? では、艶消し塗料は艶あり塗料とどこが違うのでしょうか。 実際に写真で見比べながら、その違いを学んでいきましょう! 左:艶あり 右:艶消し 参照URL: 上の写真は、同じ塗料の艶有りと艶消しを比較したものです。 艶あり塗料は塗りたてのピカピカ感が感じられる一方、艶消し塗料は光沢のない落ち着いた仕上がりになっているのが分かります。 それでは外壁塗装時にどんな仕上がりになるのか見比べていきたいと思います。 【外壁塗装・艶あり】 参考URL: 【外壁塗装・艶消し】 画像出典: 見比べてみてわかる通り、艶ありの場合は新築同様のピカピカな仕上がりに、艶消しの場合はモダンな印象を感じる落ち着いた仕上がりになっているのが分かります。 それでは次章から、艶消し塗料を選ぶメリット・デメリット、知っておくべき知識などについて勉強していきましょう。 2.結局、「艶あり」と「艶消し」はどっちがいいの? 住宅の外壁を艶ありにするか艶消しにするか。 ハッキリ言ってしまえば、それは好みの問題ということになります。 あなたは我が家を外から見てどんな印象にしてみたいと思いますか?どんな家でどんな暮らしをしたいと思いますか? ここでは艶あり塗料と艶消し塗料を比較し、どちらにするか選ぶ際の参考になるような情報を紹介していきます。 2-1.和風住宅などをシックで落ち着いた印象に仕上げたいなら艶消し塗料! もしもあなたが艶あり塗料を選んだ場合、お宅の外壁は塗り替え後のピカピカとした印象になります。 気分も晴れやかに心機一転、また新しい生活を始めていくことができるでしょう。 一方で、人によっては艶がありすぎると「下品だ」「落ち着きが無い」といった印象を持ってしまうこともあります。 サイディングのツルツルな表面では、少し艶を抑えた「7分艶」などにするという選択肢もあります。 また、純和風住宅や砂壁調など意匠性の高い外壁には艶の強い、いわゆる全艶塗料などは合いません。 3分艶、艶消しなどであれば落ち着いた印象に仕上げる事ができます。 マイホームを高級感のあるシックな印象に仕上げたい場合は艶消し塗料、または艶を抑えた「3分艶」などを選ぶことをおすすめします。 以下では和風住宅を艶消し塗装で仕上げた事例をいくつか紹介します。 【和風住宅・三分艶】 参考URL: 黒系の色であるため、重厚感のある仕上がりとなっています。 表面が黒光りしてしまうことに抵抗がある場合は、このように艶を抑えた塗料を使うと上品な印象になります。 【和風住宅・艶消し】 参考URL: 艶消し塗装が施された外壁は和瓦や木部との相性もよく、風格のある仕上がりになります。 庭園にも上手に溶けこむため、風情や趣を醸し出すお家に生まれ変わることができます。 2-2.性能を重視するなら艶あり塗料! 艶消し塗料にした場合に性能に違いはあるのか。 当然ながら、気になるところではあると思います。 結論から申し上げると、性能の差は確かに存在します。 先ほど説明したように、艶消し塗料は添加剤によって表面をざらつかせ、光を拡散することで光沢を抑えています。 そのため表面に汚れやホコリが付着しやすくなってしまうのです。 また添加剤という不純物が入っている分、僅かではありますが耐久性も落ちてしまいます。 それ以降は性能の差も少なくなっていきますし、なにより塗りたてのピカピカ感も徐々に無くなっていきます。 一方艶消し塗料の場合は、経年劣化による見た目の変化は殆ど無いと言っていいでしょう。 また塗料の中には、艶消ししかない種類の製品も存在しています。 そのような塗料であれば艶消し処理による耐久性の低下はありません。 または元々の性能に優れた高グレードの塗料(シリコン系以上のもの)を選べば、耐久性の低さはそこまで気にならなくなります。 2-3.艶消し塗料の価格は艶ありの1. 1倍程度 やはり気になるのが価格。 通常の艶あり塗料に比べて、艶消し塗料の価格はどのくらい違うのでしょうか。 一般的に、艶消し塗料の価格は艶ありの1. 1倍程度です。 少しではありますが価格が上乗せされている理由としては、先ほど説明したように、艶消し塗料が通常の塗料をベースとして艶を抑える処理を施しているからです。 では実際の製品を参考に、価格の差を見ていきましょう。 下の表をご覧になって分かる通り、同じ商品でも艶消しと艶ありの価格の違いは1.1倍程度となっています。 3分艶であっても同様で、やはり価格差は1.1倍程度。 そこまで大きな差は無いことが分かります。 メーカー 商品名 艶 価格(税抜) 日本ペイント 水性シリコンセラUV(標準色) 有 12,400円 無 14,100円(1. ネットでのお見積りや業者へ相談する際の参考にしていただければと思います。 3-1.色見本は太陽の下で見るべし! 実際に外壁の色を決める際には業者から色見本表を見せてもらったり、PC上でカラーシミュレーションをすることになると思います。 この時に注意していただきたいのは、部屋の中と屋外では光の当たり方が全く違うということです。 落ち着いた色を選んでいざ塗り替えてみたら、想像していたよりも明るい色に仕上がってしまっていた・・・・・・そんな事態に陥りかねません。 実際の外壁の模様に近い形状の下地に塗装して、屋外で様々な角度からチェックしてもらうことをおすすめします。 凹凸のある下地のほうが乱反射で光沢を感じやすくなるため、艶の度合いをより正確にチェックすることが可能です。 3-2.汚れやすい立地条件では注意が必要! 性能の高いシリコン系などの塗料を使っていても、どうしても汚れやすさの差は出てきてしまいます。 大通りに面した外壁などでは、その点にも注意を配る必要があるでしょう。 マイホームが汚れやすい場所に立地している。 けれど艶のある塗料はイヤ……。 そんな場合は、5分艶や3分艶などの艶調整塗料を選ぶと良いでしょう。 光沢をほどよく抑えつつ、完全に艶を消した塗料を選ぶよりも汚染を和らげることができます。 3-3.職人の技術力を見極めよう! 何より頭に入れておいて欲しいのは、「艶を調整した塗料は扱いが難しい」ということです。 艶を調整した塗料の場合、光沢がうまく出なくなってしまう「艶ムラ」という現象が通常より起きやすくなってしまいます。 職人が塗料の性質をただしく理解し、メーカーが定めた手順にしっかりと従って施工を進めていれば問題はありません。 そのため、しっかりとした技術と経験、プロ意識をもった業者かどうか判断することが重要です。 あらかじめ不具合の知識を少し学んでおき、営業担当者に「艶消し塗料にすると艶ムラがおこりやすいと聞いたのですが……」などと質問をしてみましょう。 その際に「きちんとした対策を説明してくれるか」、「メーカー推奨の手順に従って施工をすると約束してくれる業者か」などが判断材料となります。 この時に説明がおざなりになっていたり、はぐらかすような態度をとったりする業者の場合は注意が必要です。 ここで事前知識として不具合を防ぐための正しい施工方法を簡単に紹介しますので、見積り時に質問をする際の参考にして下さい。 計測器と撹拌機を使って塗料を混ぜる 艶消し塗料は多くの場合、メーカーの工場で艶消し剤を混ぜてから出荷されています。 しかし塗料によっては現場で職人が艶消し剤を入れて撹拌することを前提としたものもあり、その際に撹拌不足が起こってしまうと艶ムラなどの不具合が置きてしまうのです。 撹拌不足が生じる原因は主に、「塗料の重さをちゃんと測っていない」「電動撹拌機を使わず、手で混ぜている」の2つです。 計測器で正確な量を測り、電動撹拌機によって入念に塗料を撹拌することが必要なのです。 「あまりしつこく聞き過ぎると、相手にいい思いをされないのではないか?」と不安に思う方もいるかもしれません。 しかし、優良な業者の最大の目的は少しでもお客様の理想に近付けることですので、施主様の質問には快く応えてくれると思います。 そして何より住宅塗装というのは決して安い買い物ではありません。 終わってから後悔することのないように、契約する前には疑問点を全て解消しておきましょう。 3-4.明るめの色を選ぶとなおよし 最後にもうひとつ。 これは好みの問題になってくるのですが、艶を抑えた塗料を塗る場合は少し明るめの色を選ぶといいとされています。 これは艶消し塗料は光をほとんど反射しないために、暗い色を選ぶとやや重たい印象になってしまうからです。 反対に全艶の塗料では、少し暗めな色を選ぶことで落ち着いた印象を与えることができます。 外壁を赤など鮮やかな原色系にしたい場合でも、艶を抑えた塗料にすることによって、周囲の景観に違和感なく溶けこませることが出来るでしょう。 まとめ いかがでしたか? ここまで、艶消し塗料とは何か、メリットやデメリット、塗替えの際の注意点まで説明してきました。 高級感と風情を感じさせる和風住宅や、景観に馴染む落ち着いた印象の家、あなただけの個性と上品さを併せ持つモダンな家。 艶消し塗料を使って外壁塗装をすることで、理想の暮らしに近づくイメージは持てましたでしょうか。 これを読むあなたが、新しく生まれ変わるあなたの家で、どんな暮らしをしたいのか。 この記事が、検討する際のひとつの参考となるものであれば幸いです。 業者と密に相談しながら、イメージ通りの家に仕上げていきましょう!.

次の

ベストシーズンはいつ?外壁塗装に適した季節を知ろう

外壁 塗装 ネイビー

外壁塗装で得られるメリットを知っておくと、高額な費用をかけるべき意味や丁寧な優良業者を探すことの重要さがわかるでしょう。 建物の保護効果 外壁塗装の一番の目的といえば、塗装した建物の保護効果です。 外壁塗装はカラーチェンジや外観の印象アップのために行われるものと思っている方も多いですが意匠性に関する部分はあくまでも付加効果であり、それよりも大切なのは建物を塗装で保護することにあります。 屋外にある外壁や屋根は、紫外線や雨水、風、汚れなど様々な外的要因で日々劣化し続けています。 そのためどんなに高性能な最新の建材でもいずれは耐用年数を迎え劣化し、劣化を放置すれば老朽化してしまいます。 誰も住んでいない空き家が周りの家よりもぼろぼろに朽ちてしまうのは、メンテナンスをする人がおらず経年劣化がどんどん進行しているからです。 その鎧が劣化しないように紫外線や雨から保護しているのが外壁塗装です。 外壁塗装が劣化して保護効果を失えば次は外壁や屋根そのものが劣化し、いずれその劣化は構造体に及び雨漏りや躯体の老朽化を招くでしょう。 また構造体や躯体のリフォームになると壁の解体や撤去が発生し、塗装の2~3倍の費用がかかってしまいます。 建物の内部劣化や高額な費用を発生させないためにも、塗装を定期的に塗り替えることが非常に重要です。 外観デザインをリニューアルできる 多くの方が外壁塗装で楽しみにしているのがカラーチェンジでしょう。 建物が新しい塗料でピカピカにコーティングされれば建物の耐久性も増して気分も明るくなります。 色が人に与える効果は絶大ですので、外壁や屋根の色を変えたり色あせた塗料を新しい塗料で塗り替えたりするだけで、家のイメージは大きくアップします。 例えば同じ「青」を使って塗装する場合の組み合わせを考えてみましょう。 色の使用パターン 雰囲気 パステルブルーをベースに窓サッシなどの付帯部を白で塗装 爽やかかつ穏やかな雰囲気 濃いネイビーで外壁を塗装 茶色や白で付帯部を塗装 北欧風の外観 スタイリッシュかつ鋭すぎず穏やかな雰囲気 濃いブルーの外壁に指し色として茶色や木目調サイディングを使用 モダンだがシャープすぎず遊び心のある雰囲気 ベースカラーを白にして、指し色に青を使用 ベースカラーの白がナチュラルな雰囲気を作る ネイビーとのコントラストでメリハリの効いた雰囲気になる 上記はあくまでも一例ですので、実際に塗装するときは建物の形や周りの家々との調和と比べながら色を決めることが大切です。 建物全体の点検が行える 外壁塗装では見積もりを作る際に建物の現場調査が行われます。 例えば、• 相談された劣化箇所の深刻度はどのくらいか• 他にどのような劣化がどこで生じているか• 何が原因で劣化しているのか• どんな塗料で保護すべきか などを施工業者が直接家を訪問してじっくり調査します。 この現地調査の結果を反映させて、施工業者は工事工程や見積もりを作ります。 現地調査では壁や屋根の表面だけでなく、雨樋や雨戸、屋根の側面に設置されている鼻隠しや破風板、屋根の棟板といった付帯部の劣化状況も調べてもらうことができます。 その他にも家にはベランダやテラス、窓サッシ、玄関ドア、エアコンの配管といったパーツが付いていますので、これらの状態についても問題があれば報告してもらえます。 つまり外壁塗装の現地調査では家の外装全体で点検が行われますので、現地調査によって意外な設備の故障が発覚したり、思わぬ箇所の雨漏りの兆候を見つけたりすることもできるのです。 特に付帯部の劣化は雨漏りを招きやすく建物全体の老朽化に繋がることもあるため放置するのは危険です。 自分たちだけでは気づけなかった建物の深刻な症状をプロの業者に発見してもらえるという点も、外壁塗装の大きなメリットと言えるでしょう。 また、家の屋外で行われる作業ですので周りの家にも配慮して工事を進めなければなりません。 ただしいずれも工事を行うためにはやむを得ないことであり、外壁塗装を行ったからといって家に負担がかかるというわけではないため厳密にはデメリットではないとも言えます。 しかしこれらへの配慮を怠れば重大なトラブルを招く可能性があるため、できるだけ工事を行う前に内容を知っておきましょう。 約2週間の長い工事になる 外壁塗装は足場の設置や高圧洗浄といった複数の工程が行われ、また塗装も3回の重ね塗りを行いそのたびに乾燥時間を24時間置かなければなりませんので、約2週間の工事期間となります。 その間建物は足場に囲まれ室内が暗くなり、洗濯物を屋外に干しづらい、作業員の出入りを気にしなければならない、工事車両を停めるスペースを確保しなければならないなど普段の生活の中で様々な制約が生じます。 窓を開けると高圧洗浄の水や塗料が室内に入ってしまい、さらに塗装作業中はビニールシートで養生されて窓そのものが開けられなくなります。 当然ベランダにも出られないため洗濯物も干せません。 特に夏場は工事期間中に窓を開けて換気が行えなくなり、エアコンや給湯器もシートで養生されて設備の一部が使用できなくなってしまうため事前に暑さ対策を考えておきましょう。 ご近所に配慮する必要がある 外壁塗装で使用する塗料は臭いを持っていますので、作業中は塗装している建物の周りにも臭いが拡がります。 さらに足場の設置・解体時や車両の移動時には大きな音も発生し、車両の駐車位置が近隣の方に迷惑をかける可能性もあります。 これらは作業を行ううえでどうしても発生するため、工事を行うことを近隣の住民や施設に事前に必ず連絡しておかなければクレームや近隣トラブルの原因になりません。 事前のあいさつ回りは施工業者が行ってくれますので施主があいさつの内容を考えたり粗品を用意したりする必要はありませんが、工事期間中は近隣へ常に配慮して過ごす必要があるでしょう。 高額な費用を伴う 戸建て住宅における外壁塗装費用の相場は約70~90万円です。 キッチンやシステムバスといった水回り機器の交換リフォームが1箇所につき約70~100万円ですので、外壁塗装だけが突出して高い住宅リフォーム工事というわけではありません。 しかし選んだ塗料や建物の大きさ、建物の劣化状況などによって費用が高くなることもあり、フッ素系塗料などグレードの高い塗料を選んだときなどは100万円を超える工事金額が必要になることもあるため決して安い金額ではありません。 外壁塗装を行う場合は、できるだけ費用を積み立てておくといったある程度の計画性も求められると言えるでしょう。 ちなみに外壁塗装は使用する塗料のグレードによって費用が変動します。 どの塗料を使ってもやはり最低でも60万円は用意しなければならず、一定以上の耐久性を求めるのであれば100万円近い費用は覚悟しなければなりません。 塗料のグレードと費用相場は以下の通りです。 発色がよく安価• 耐用年数が短いため現在はあまり使用されていない• 伸びがよく伸縮性があるため割れを少し防ぐ「弾性」の性質を持つ• 最も選ばれているコストパフォーマンスに優れた塗料• 塗料が内側から劣化因子(ラジカル)を抑えて塗膜を守る最新塗料• 紫外線に強く耐久性も高い最もハイグレードな塗料• 断熱のはたらきで冬場に暖かい空気を屋内から逃げにくくする• 遮熱のはたらきで夏場に暑い日差しが屋内に入りにくくする• 光に反応して外壁表面の汚れを分解するため耐汚染性が高くセルフクリーニング効果がある• 水に馴染みやすい「親水性」を持つため分解された汚れは雨水で流れ落ちる• 紫外線で劣化しない無機質が有機塗料に配合されているため耐候性・防水性が共に高い• ゴムのような弾性を持ちひび割れ(クラック)の発生を防ぐ• 耐用年数はウレタン系やシリコン系など樹脂の強さによって変動する• しかし悪質な業者に依頼してしまうと、デメリットは通常通り発生して肝心のメリットが全く得られないという結果にもなりかねません。 建物の保護、イメージチェンジ、家のメンテナンスという、外壁塗装の3つのメリットを最大限得るためのポイントを知っておきましょう。 優良業者はデメリットを緩和してくれる 先ほど挙げたデメリットはいずれも外壁塗装を行ううえでは避けられないものばかりです。 そのため外壁塗装業者側も、必ず発生するデメリットをいかに和らげて工事期間中も施主が安心して過ごせるかについて日々研究しています。 例えばエアコンの室外機を養生するときは事前に施主に知らせて使用できない期間を伝えてくれたり、窓が開けられるように窓を直接覆わず窓の上にシートをテントのように張る養生方法を施してくれたりする所もあります。 また臭いに関してもできる限り周囲に臭いが発生しないよう努めてくれます。 塗料の強いシンナー臭は溶剤型塗料(油性塗料)を希釈する際に発生しますが、真水で薄める水性塗料を使用すれば刺激臭は大幅に減らすことができます。 その他にも「体調が悪い家族がいる」「小さな子供がいる」「庭でペットを飼っている」などお家の事情を伝えておけば、配慮して工法や道具を選んでくれるでしょう。 もしずさんな手抜き工事が行われた場合、施工不良が起きて外壁塗装のメリットである建物の保護が失われてしまうでしょう。 またいい加減な現地調査によって点検が適当に済まされてしまい、建物全体のメンテナンスというメリットもなくなってしまいます。 このような業者に依頼して仮にカラーチェンジしても、施工不良だらけで気分が明るくなるばかりか、塗装された壁を見て不快な思いだけが残ってしまうでしょう。 悪質業者は工事後の保証書も発行せず、工事を済ませたあとは会社ごと行方をくらましてしまうことも多いため、やり直しを命じようにも逃げられてしまう恐れもあります。 そうなると別の業者に再び高額な費用を支払わなければなりません。 このように悪質な業者を選んでしまうと、外壁塗装の一切のメリットが無くなりデメリットだけが増えてしまうことになるのです。 外壁塗装はいつか必ず行うことになる 塗料の耐用年数が過ぎればいずれ塗り替えが必要になります。 塗り替えが不要なタイル外壁や日本瓦の屋根など一部例外もありますが、そのような建材を使っていてもシーリング材や釘、下地材といった周辺の部材や、雨樋や雨戸といった付帯部のメンテナンスは必ず発生します。 このように外壁塗装はたとえデメリットがあるからといってやらずに済ませることはできないリフォーム工事です。 デメリットを恐れて点検のタイミングを逃さないように、デメリットが発生することも視野に入れて、デメリットを緩和するためにどのような対処ができるか準備しておかなければなりません。 そのためにも数々の現場をこなしてきた地域内の優良業者など、信頼できる施工業者に建物の点検を任せることが大切です。 発生するデメリットも工事を行ううえで必ず生じるため、事前に対策を練って被害や負担を和らげることもできます。 メリットの効果を最大限にしてデメリットを最小限にするためにも、施主目線で見積もりや工事計画を考えてくれる優良業者を見つけておきましょう。

次の