テプコ。 テプコ豊洲ビル

Webログイン画面

テプコ

なお、これまでの料金・使用量は「でんき家計簿」でご覧いただけます。 他社サービスとのID・パスワードの使い回しや、第三者が容易に推測できるパスワードの設定を行わないようご注意ください。 お客さまの電気・ガスのご使用量・料金の情報等の正確性・有用性についてまで保証を行わないとの誤解を招く記載があったため、ご利用規約の第20条を、訂正させていただきました。 会員の皆さまには、お詫びさせていただくとともに、訂正後のご利用規約はをご確認ください。 ご利用規約はよりご確認ください。 ご利用規約はよりご確認ください。 [カスタマーセンター電話番号] 電話番号はをご確認ください。 [受付時間] 月〜土曜日(休祝日をのぞく)9時00分〜17時00分 なお、当社ホームページからも各種ご契約のお手続きを24時間受付しております。 ぜひ、からご利用ください。 今回の変更で新たなお手続きは発生いたしません。 詳しくはをご確認ください。 お客さまにご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 以後、再発防止を徹底いたします。 引き続き、お客さまのお役に立てる情報をお届けできるように努めてまいります。 今後とも、ご愛顧いただきますよう、よろしく申し上げます。 詳しくは。

次の

電気料金・検針情報|東京電力エナジーパートナー(TEPCOEP)

テプコ

概要 [ ] 「TEPCOひかり」で用いられている回線の最初の起源は、電力系統・電力設備の制御・保守のための()である。 東京電力は、(53年)に光ファイバーケーブルをで初めて実用化し、電力保安通信線をメタル回線から光回線に置き換えていった。 その後は1986年設立の子会社 (後の)にて企業向けに通信サービスを提供していたものの、東京電力本体では一般向けサービスを行なっていなかった。 しかし2004年10月に策定された東京電力グループの中期経営方針「経営ビジョン2010」により情報通信事業を重点的に推進してゆくことが決定し、その一環で等の未使用の帯域を活用して一般向けのネットワーク事業を行なうことになった。 このサービスの商品名が「TEPCOひかり」である。 この名称は、東京電力の英語名略称である「TEPCO」に光ファイバーサービスであることを示す「ひかり」を組み合わせたもの。 に・・でサービスを開始し、1都4県(東京都・・・・)に提供エリアを広げていった。 形態は、 ISP が窓口となる一括契約型となっている。 タイプでの契約を除くすべての回線は、最大100占有型(加入者と局舎間はシングルスター方式で接続)であり、近隣利用者の利用状況に影響なく高い品質を保つことができた。 またISPによっては、光ファイバーケーブルを使った固定電話サービス()も使うことができた。 理論的には東京電力の管轄地区(・・の以東)においてのみ提供が可能のサービスではあるが、2006年時点における提供エリアはその中でもとその周辺地区(北東部・南部・北西部)がほとんどで、・・山梨県での提供はわずかにすぎず、・静岡県や東京都でも都心郊外にあるなどではまったく提供されなかった。 また、周辺地区では中心部に限られる場合が多かった。 に、の通信事業撤退に伴い、TEPCOひかり事業をからに移管 することが発表され、サービス名も同社が提供する「ひかりone」(現・)に統一されることとなった。 に、TEPCOひかりの回線サービスををもって全て終了すると発表された。 具体的な終了理由は明確となっていないが、「同等サービス(ひかりone)が他にあり、設備の維持費などが過重にかかるため」と指摘されている。 再参入 [ ] とパネイルが2018年4月に共同出資で設立した PinTにより、2018年10月22日からNTT東日本・西日本の光(光コラボレーション 対応)を利用したインターネット接続サービス「TEPCOひかり」のサービスを開始した。 東京電力グループの一般向けFTTH事業としては、11年ぶりの再参入となった。 サービスプラン [ ] 旧サービス [ ]• 回線占有型。 同時接続数5台まで。 回線占有型。 同時接続数20台まで。 回線占有型。 同時接続数64台まで。 固定IPアドレス対応。 回線共有型。 マンション内では電話回線用のメタルケーブルを利用した方式で、VSDLモデムを使って接続。 回線共有型。 マンション内では電話回線用のメタルケーブルを利用したVDSL方式で、VSDLモデムを使って接続。 回線共有型。 マンション内ではで接続。 回線共有型。 の無線アクセスサービスを引き継いだもの。 の親機を電柱に設置し、加入者宅の子機にパソコンなどを接続する。 現在のと同じ仕組みであった。 現行サービス [ ]• TEPCOひかり 最大1Gbps。 TEPCOひかり マンションタイプ 最大1Gbps。 ただしVDSL方式・LAN配線方式の場合は100Mbps。 対応プロバイダ [ ] サービス開始当初に対応していたインターネットサービスプロバイダ。 POINT() - 光プランTEPCOひかり• () - So-net光(TEPCO)• nifty() - アットニフティTEPCOひかりコース• () - TEPCOひかりコース• (東京電力) - TEPCOひかり。 () - DION光ファイバーTEPCOひかりコース• ()- TEPCOひかりコース• hi-ho() - 光-TEPCOコース• () - 「TEPCOひかり」コース CM [ ]• キングコング• 出典 [ ]• KDDIの前身の1つである設立時から2011年まで、東京電力はKDDIの大株主であった。 BB Watch Impress Watch. 2009年12月8日. 2009年12月10日閲覧。 『』KDDI株式会社、2009年12月8日• MSN産経ニュース 産業経済新聞社. 2009年12月8日. 2009年12月10日閲覧。 「プレスリリース 」『東京電力エナジーパートナー株式会社』、• 「」『日本経済新聞』 日本経済新聞社、2018年10月22日• ただしプロバイダ事業としては、2004年に東京電力(現 東京電力エナジーパートナー)の子会社となり、東京電力系のテプコシステムズ・パワードコムの集合住宅向け事業を受け継ぐ、集合住宅向けプロバイダ ファミリーネット・ジャパンがすでに存在している。 「」『ITmedia』 ITmedia、2003年11月20日 外部リンク [ ]• - TEPCO光ネットワークエンジニアリング株式会社。

次の

電気料金・検針情報|東京電力エナジーパートナー(TEPCOEP)

テプコ

概要 [ ] 「TEPCOひかり」で用いられている回線の最初の起源は、電力系統・電力設備の制御・保守のための()である。 東京電力は、(53年)に光ファイバーケーブルをで初めて実用化し、電力保安通信線をメタル回線から光回線に置き換えていった。 その後は1986年設立の子会社 (後の)にて企業向けに通信サービスを提供していたものの、東京電力本体では一般向けサービスを行なっていなかった。 しかし2004年10月に策定された東京電力グループの中期経営方針「経営ビジョン2010」により情報通信事業を重点的に推進してゆくことが決定し、その一環で等の未使用の帯域を活用して一般向けのネットワーク事業を行なうことになった。 このサービスの商品名が「TEPCOひかり」である。 この名称は、東京電力の英語名略称である「TEPCO」に光ファイバーサービスであることを示す「ひかり」を組み合わせたもの。 に・・でサービスを開始し、1都4県(東京都・・・・)に提供エリアを広げていった。 形態は、 ISP が窓口となる一括契約型となっている。 タイプでの契約を除くすべての回線は、最大100占有型(加入者と局舎間はシングルスター方式で接続)であり、近隣利用者の利用状況に影響なく高い品質を保つことができた。 またISPによっては、光ファイバーケーブルを使った固定電話サービス()も使うことができた。 理論的には東京電力の管轄地区(・・の以東)においてのみ提供が可能のサービスではあるが、2006年時点における提供エリアはその中でもとその周辺地区(北東部・南部・北西部)がほとんどで、・・山梨県での提供はわずかにすぎず、・静岡県や東京都でも都心郊外にあるなどではまったく提供されなかった。 また、周辺地区では中心部に限られる場合が多かった。 に、の通信事業撤退に伴い、TEPCOひかり事業をからに移管 することが発表され、サービス名も同社が提供する「ひかりone」(現・)に統一されることとなった。 に、TEPCOひかりの回線サービスををもって全て終了すると発表された。 具体的な終了理由は明確となっていないが、「同等サービス(ひかりone)が他にあり、設備の維持費などが過重にかかるため」と指摘されている。 再参入 [ ] とパネイルが2018年4月に共同出資で設立した PinTにより、2018年10月22日からNTT東日本・西日本の光(光コラボレーション 対応)を利用したインターネット接続サービス「TEPCOひかり」のサービスを開始した。 東京電力グループの一般向けFTTH事業としては、11年ぶりの再参入となった。 サービスプラン [ ] 旧サービス [ ]• 回線占有型。 同時接続数5台まで。 回線占有型。 同時接続数20台まで。 回線占有型。 同時接続数64台まで。 固定IPアドレス対応。 回線共有型。 マンション内では電話回線用のメタルケーブルを利用した方式で、VSDLモデムを使って接続。 回線共有型。 マンション内では電話回線用のメタルケーブルを利用したVDSL方式で、VSDLモデムを使って接続。 回線共有型。 マンション内ではで接続。 回線共有型。 の無線アクセスサービスを引き継いだもの。 の親機を電柱に設置し、加入者宅の子機にパソコンなどを接続する。 現在のと同じ仕組みであった。 現行サービス [ ]• TEPCOひかり 最大1Gbps。 TEPCOひかり マンションタイプ 最大1Gbps。 ただしVDSL方式・LAN配線方式の場合は100Mbps。 対応プロバイダ [ ] サービス開始当初に対応していたインターネットサービスプロバイダ。 POINT() - 光プランTEPCOひかり• () - So-net光(TEPCO)• nifty() - アットニフティTEPCOひかりコース• () - TEPCOひかりコース• (東京電力) - TEPCOひかり。 () - DION光ファイバーTEPCOひかりコース• ()- TEPCOひかりコース• hi-ho() - 光-TEPCOコース• () - 「TEPCOひかり」コース CM [ ]• キングコング• 出典 [ ]• KDDIの前身の1つである設立時から2011年まで、東京電力はKDDIの大株主であった。 BB Watch Impress Watch. 2009年12月8日. 2009年12月10日閲覧。 『』KDDI株式会社、2009年12月8日• MSN産経ニュース 産業経済新聞社. 2009年12月8日. 2009年12月10日閲覧。 「プレスリリース 」『東京電力エナジーパートナー株式会社』、• 「」『日本経済新聞』 日本経済新聞社、2018年10月22日• ただしプロバイダ事業としては、2004年に東京電力(現 東京電力エナジーパートナー)の子会社となり、東京電力系のテプコシステムズ・パワードコムの集合住宅向け事業を受け継ぐ、集合住宅向けプロバイダ ファミリーネット・ジャパンがすでに存在している。 「」『ITmedia』 ITmedia、2003年11月20日 外部リンク [ ]• - TEPCO光ネットワークエンジニアリング株式会社。

次の