野津ひであき。 野津ひであきはイケメンだった?現在の顔写真と学生時代の口コミは?

野津英滉(ひであき)顔フェイスブック特定か!「人を撃ってみたかった」

野津ひであき

兵庫県宝塚市でボーガン殺人事件!祖父が孫に矢で撃たれる 4日午前10時すぎ、兵庫県宝塚市の住宅内で、数人がボーガンのようなものに刺されて負傷していると119番があった。 成人の女性2人が意識不明で、搬送先の病院で死亡が確認された。 他にも複数のけが人がいるもよう。 県警宝塚署が、殺人未遂容疑で20代くらいの大学生の男を現場で逮捕。 容疑を殺人に切り替えて経緯を調べる。 男は「複数の家族を殺した」などと話しているという。 同署などによると、けがをした人が助けを求めて近隣の家に駆け込むなどしたとみられる。 現場はJR宝塚線中山寺駅の南約2キロにある住宅街。 死亡した成人済み女性は、犯人の母親と祖母であることが判明、更に容疑者の弟も死亡。 計3名が死亡したことがわかりました。 また犯人の野津英明容疑者(23)は 「家族を殺すつもりでやった」と自らの殺意と容疑を認めています。 野津英滉(野津ひであき)「あるくあるく神戸」 あるくあるく神戸というブログに 野津英滉(野津ひであき)という人物が書いた記事があります。 あるくあるく神戸 神戸学院大学ゼミ生「野津ひであき」 『11月5日PM20:30頃、私は神戸に来た。 見て分かる通り、定番のあそこである。 ホテルの光が川面に反射することにより、夜ならではの、色鮮な景観を生み出している。 これは、あのポートタワーである。 闇夜の真っ暗な空に、ポートタワー独特のオレンジの輝きが映えている。 これは何の写真ですかね?、そう、エアーウォークですね。 中央に光る 3 つの電飾と、タワーそのものを支えている鉄骨、そしてその下を駆ける青い輝きが、実に SF チックな光景を生み出している。 そんなことはともかく昇ってみる。 』 下に続きます。。 野津ひであき容疑者は発達障害、統合失調症、精神疾患があったのか? 米国の研究によると 「特に家族を殺した 男には他の殺人犯とは違う特徴がある」と発表されています。 中学の同級生によると、「4年前にガソリンスタンドのバイトで出会ったが優しくて明るく真面目だった」と話しています。 『びみょうな三年間でした』卒業アルバムに野津容疑者が書いたメッセージ。 変わっていたと周囲に言われていることから皮肉屋な性格だったのでしょうか。 しかし、サイコパスに非常に魅力的な人間が多いことから、「明るく真面目だった」「優しかった」という証言は、あまりアテにならない印象を受けます。 米国の研究によると、 「発達障害の男(犯罪者)は知能が低く感情的になりやすく、家族を殺すことが多い」と発表しています。 家庭内での殺人事件には、他の事件とは違った特徴があるといいます。 家庭内での殺人を心理学からみる(米研究) とくに家庭内殺人を行った 「男」は、前科がなくても重篤な精神疾患を持っているケースが多い事が判明しています。 また 男のメンヘラか。 本当にヤバイのは女じゃなくて 男のメンヘラ。 感情的に家族を殺した犯人の男には「知能が低い」というデータがありますが、親の喧嘩を目の前で何度もみたり、 何度も怒鳴られて育った子供は「脳が変形している」ことも研究で明らかになっています。 そして、このような家庭環境で育ったために現代社会ではADHDや発達障害が多くなっていると言われています。 生物学的に考えて、「男」は生存本能として「種」をまく動物です。 このことから「特に家族を殺す男は知能が低い」と研究でも言われているのでしょう。 仲間である家族を殺していることから、動物本能的にも非常に知能が低いことがわかります。 ボウガンで家族を殺すといった行動は非常に感情的で知性は感じられません。 野津ひであき容疑者は発達傷害、または重篤な精神疾患があったのでしょうか? また脳が変形するほど怒鳴られて育った経験があるのでしょうか? 詳しく書いた記事リンクはこちら 下に続きます。。 追記 あさチャン記者が最低すぎる!取材を断った同級生が嫌がらせされる 『この事件家から近所なんだけど犯人中学の時の同級生だ…』このようにツイートしたことでテレビ番組の「あさチャン」から取材依頼があったといいます。 しかし、コンソンさんは 『卒業以来会ったことのない人の情報を言うわけにはいかない』と発言。 あさチャンアカウントはその後、コンソンさんをブロックしました。 『宝塚のボーガン事件の件であさチャンスタッフからDMが来たけど、卒業以来会ってない人の情報は伝えれないって返答して、そのあとの返事今確認したらブロックされてた。 無料で情報貰っといて返事がなかったらブロックって何様なんだろう 情報渡さなくてよかった』 下に続きます。。 追記 ボウガン(クロスボウ・クロスボー)の入手方法は?販売店は? テレビゲームなどでも、キャラクターの武器として頻繁に登場する「ボーガン」ですが、犯人の大学生はどのようにして入手したのでしょうか? 「孫」「大学生」と報道されていたため、未成年による犯行かと思われましたが、後に「20代男」という速報がありました。 ボーガンのような危険な商品は未成年は購入することができません。 しかし、日本国内でも「成人済み」であるなら簡単に購入することができるようです。 ボーガンやスタンガンは「娯楽用」「護身用」として売られている 販売ショップのBODY GUARD(ボディーガード)のホームページには 「ボーガンは海外では狩猟用として扱われているが、狩猟禁止の日本では的に向けて使われている」とありました。 ダーツのように遊びで使われるのが普通のようです。 こちらのショップは運営20年で総出荷数が25万件以上、在庫がある商品は即日発送ということで需要と供給が釣り合っていることがわかりますし、簡単に購入できてしまうこともわかります。 ピストルクロスボウは種類にもよりますが、こちらの商品は「一万6千800円」で購入できます。 もちろん矢や他の部品を購入すると、もっと値段は上がりますが 「大学生のバイト代でも購入できるもの」だということがわかります。 追記 ボウガンの殺傷能力(威力)とは 元々海外では狩猟用に使われているボウガン。 しかし日本は狩猟が禁止されていることから『的』を使ったダーツのような競技に使われています。 安いもので5000円から購入できますし段ボール10枚ほどを貫通してしまうほどの威力を持つといいます。 今回の被害者も血を流して死亡していますし、非常に殺傷能力が高いことがわかります。 ボウガンは規制されるか?免許が必要でamazonでも購入できる 過去にもボーガンが悪用された事件があるも、未だに規制されておらず簡単に入手できてしまうのが現状です。 購入には免許が必要との情報もありますが、ネットで販売されていますし用途は不明ですが購入者は国内に沢山いることもわかっています。 更にamazon(アマゾン)でも購入できてしまうのです。。 追記:ボウガンは至近距離から撃たれていた ボウガンなどの遠距離で矢を放って撃つ道具は直接人を刺したりしないぶん、ためらったりしにくいのかもしれません。 しかしその後の調べにより、野津容疑者は 「至近距離で被害者を撃った」ことが判明しました。 頭を貫通していたことも判明。 これにより母親の野津マユミさんは死亡。 このことから、加害者は身内に対して非常に強い殺意を抱いていたことがわかります。 下に続きます。。

次の

[のづひであき]は三田松聖高校出身で弟へのコンプレックスがあった!多重人格の発達障害

野津ひであき

野津英滉 ひであき の生い立ちがヤバい! 野津容疑者ですが、生い立ちがヤバいという噂があります。 人物像を調べてまとめてみましたので、 ご紹介していきたいと思います。 野津容疑者は兵庫県宝塚市内の中学校を卒業後、 兵庫県三田市内にある高校(三田松聖高校との噂)に入学します。 地元は宝塚市のようです。 高校時代は穏やかで、大人びた口ぶりが印象的だったそうですが、 サッカー部に入部するも、2〜3ヶ月で退部をしていたそうです。 その後、 神戸学院大学に進学をしていますが、 また、大学在学中に 学費未納により退学となっているようで、 2019年の9月頃に退学しているようで、 本当なのであれば、大学側はいい迷惑ですよね。 この流れを見ていくと 家庭環境がかなり複雑だったようです。 近所の人や同級生からの評判については、 以下のように証言をしているようです。 【中学時代の同級生の話】 4年ほど前、ガソリンスタンドでアルバイトをしている時に会ったが、 真面目に頑張っているなと思った。 こんな事件が起き、ただ驚くしかない 引用:毎日新聞 【高校時代の同級生の話】 明るくて優しい普通の子だった。 格闘技が好きで習っていた 引用:毎日新聞 【大学の同級生の話】 「大学では、すごく場を楽しませてくれる人で 個人的には面白い人だなと思っていました。 」 「先生が言ったことに対し文句を言うなど先生にしばしば反抗するところはありました。 講義中にけんか腰に先生と言い合いしていたとは聞いたことがあります。 」 「大学1年の後期の時点で、 全然単位が取れていないというのは聞いていました。 」 引用:NEWS ZERO 【近隣住民の話】 変わっている。 普段はおとなしいけれど、スイッチが入ると気性が激しくなり、性格が180度変わった。 出典:日刊スポーツ やっぱりかという印象。 時折、物を振り回したりする事もあり、 近寄りがたい印象だった 出典:NEWS ZERO なんとなく、二面性があるような印象ですね。 近所住民や大学の同級生の証言がヤバいため、 大人の前では荒れていた様子ですよね。 この分を読んでいると、「大人」に対して反抗する 場面が多いように思われます。 野津英滉 ひであき の卒アルがヤバい! 野津容疑者ですが、地元の同級生からの協力により 卒アルの情報が流出しているようです。 その 卒アルがヤバいというのですがどうヤバいのでしょうか? 【小学校の卒アルの内容!】 ?高学年の六年生。 六年生になってからは、また修学旅行にいきました。 今までは、戦争なんてどうでもいいと思っていたけど、修学旅行に行って少し変わりました。 友達と仲良くすごし、時にはケンカもしたけど、今まで色々あって全てが懐かしく感じる位です。 そして、もう卒業式に向けて準備を始めています。 卒業式の前にもまだ色々?祭りなどが残っています。 中学に入ったら、あとたったの三年で社会に出る人もいます。 ぼくはまだ夢がまだ決まっていません。 自分にできるのかどうかも今はまったくわかりません。 この先自分自身がどうなるのかもわかりません。 だけど、もし 自分が変われば何か一つでも変わるのかもしれません。 けれど卒業の事を考えると?としての子供である時間がもうすぐ終わってしまう気がします。 だけどこの?小学校では勉強、宿題そんな事ではなく、友達というこれからの人にとって必ず必要になることを学ばせてくれました。 小学校生活最後のイベント卒業式は最高にしたいです。 そして将来の夢をいつか必ず見つけてなりたい者になります。 心 引用:野津容疑者の卒アルより 「 変わる」という言葉を連呼しているようですが、 小学校の時点で「 現状が嫌だ」と感じていたようですね。 何かを変えたいということは、自身の中で悩んでいたことが あったのかもしれませんね。 こんな形で変わってしまったのでは残念ですが… 卒アルの文集があったので載せておきますね。 (上記の内容と一緒です) まず字がきれいですし、文章が下手ではないですよね。 その後に、 「(ゴッド)野津英滉」 ちょっと怖い感じしますよね。 まとめ 野津英滉容疑者の中学高校が荒れていて ヤバいかどうかを調べてみましたが、 なかなかのものでしたね。 やはり家庭環境がかなり複雑だったようですね。 今回起きてしまった事件がどんなものかは こちらに詳しく書かれています。 動機についても現在調査中です。 最後までご覧下さり、ありがとうございました!.

次の

【ボーガン殺人】野津英滉の複雑な家庭環境とは?母子家庭で母とは別居?

野津ひであき

野津ひであきボーガン襲撃事件概要 野津容疑者は4日朝、同居する祖母、好美さん(75)、弟の英志(ひでゆき)さん(22)の順に、住宅内で頭に向けてボーガンを発射し殺害。 その後自宅を訪れた伯母、百合江さん(49)を玄関先で襲撃し、続いて家に入った母親のマユミさん(47)をリビングで撃って殺害した。 一連の犯行には、間隔をあけながら全体で数時間かけたとみられる。 野津容疑者は事前に伯母に電話をかけ、この日の来訪を確認。 祖母と弟を撃った後、別居している母親と伯母が自宅に来るのを待っていたとの趣旨の供述をしているという。 重傷を負った伯母は、首に矢が刺さったままの状態で近所の住民宅に助けを求めて駆け込んだ。 通報で臨場した警察官が野津容疑者を住宅付近で見つけ、「伯母を撃った」と説明したため現行犯逮捕した。 産経WESTより引用 野津マユミさんは野津ひであき容疑者への子育てに失敗してた? 野津容疑者の子供の頃の印象について、 ・小学生の頃はいつもひとりでいるところしか見なかった。 友達もいない様子。 誰もいないのに独り言を言ってたことがあった。 ・中学生の頃は学校も休みがちで、クラス内での存在感は薄い少年だった。 ・高校時代は穏やかで、大人びた口ぶりが印象的 ・普段はおとなしいけれど、スイッチが入ると気性が激しくなり、性格が180度変わった このように、小学生の頃からサインはでていたことがわかります。 父親の情報は全く出てこないですが、もともと3人で暮らしていたのであれば、野津マユミさんは夫と離婚か別居していたと考えられます。 そこに至るには夫婦間の関係が悪化していたことが想像できるのですが、その時期の息子達は多感な年頃。 男の子を育てる親なら誰もが経験するであろう、難しい年頃だったと思われます。 自分のことで精一杯で、息子のことをかまってやれなかったかもしれない。 だけど、もし母親としてもう少し息子と向き合っていれば、、。 と思うと悔やまれます。 さらに、野津容疑者は神戸市内の大学に通っていたが、昨年9月に学費滞納で除籍処分されていたことが判明。 このことも母親への恨みとの関係性がありそうです。 もちろん、だからといって人を殺して良いわけではなく、同じ境遇の人でも、たくましく生きていく人がほとんどです。

次の