新型 タント 色。 新型タントカスタムグレード別違いまとめ!人気・おすすめグレード・カラーはこれ!

タント 新型 2018 年モデルの色や内装を画像で大公開!

新型 タント 色

軽自動車で人気のスーパーハイトワゴンのパイオニアとして依然人気のダイハツタント、そしてタントカスタム。 人気車ゆえに多くのボディカラーが揃います。 そんなタント&タントカスタムの全てのカラーバリエーションと、メーカー広報部に取材した最新人気カラーランキング、イメージ別の編集部おすすめカラーもご紹介します。 人気車だからこそボディカラー選びは重要! ボディカラーは一般的に白(パール)、黒、シルバーが人気色と言われています。 これ以外の色だと売却時に価格差が付くことがあるのはご存じでしょうか。 たかが色ですが、されど色。 また標準の色とオプションで設定されている有償色もあります。 個性を出しやすいパールやツートーンカラーなどは有償色として設定されているケースが多いのです。 他人とかぶることを覚悟で人気色を選ぶか、下取りの不利を承知で個性的なカラーを選ぶのか。 クルマを購入する際はボディカラーをしっかりと考えて選んだほうが後悔しないということになります。 ここでは、広い室内空間が魅力のスーパーハイトワゴンのパイオニア、ダイハツタント&タントカスタムの全ボディカラーと人気のボディカラー、そしてカルモマガジン編集部がオススメするカラーなどを紹介します。 ダイハツタント&タントカスタムの人気カラーランキング発表! まずはカルモマガジン編集部がダイハツ広報部に独自取材を行い、判明したタント&タントカスタムの最新人気ボディカラーベスト3を発表しましょう。 標準車のタントはモノトーンカラーが10色、ホワイトルーフのツートーンカラーを2色。 そしてタントカスタムは8色を用意しています。 モデルによるダブりをなくすと、全14色となります。 人気色の定番といわれているパールホワイトIIIがタント&タントカスタムでは一番人気となっています。 第2位となったのが、こちらも定番のブラックマイカメタリックです。 ブラックはカスタムで人気となるのはわかりますが、標準車のタントでも人気となっているのは正直驚きです。 一転して第3位は個性的なファイヤークォーツレッドメタリックでした。 標準車のタントのイメージカラーとなっている色ですが、タントカスタムでも人気が高くなっています。 1位と2位が定番カラー。 そして3位は個性的なボディカラーというタントの人気ボディカラーランキングの結果になりました。 +2万7000円で設定されている有償色ながら、安定した人気を誇ります。 売却時の査定も高めとなるでしょう。 ブラックマイカメタリック タント&タントカスタムで人気第2位のボディカラー。 +2万7000円で設定されている有償色。 カスタムだけでなく、標準車でも人気となっています。 ファイヤークォーツレッドメタリック 真っ赤なボディカラーのファイヤークォーツレッドメタリックが人気色の第3位。 標準車タントのイメージカラーです。 両モデルに設定されています。 ホワイト ソリッドの白です。 こちらは営業車としてのニーズが多いボディカラーです。 タントのみに設定されています。 ディープブルークリスタルマイカ 濃紺のボディカラーです。 +2万7000円の有償色となっています。 タント&タントカスタム両モデルに設定されています。 シルキーブルーパール 水色のボディカラーです。 +2万7000円の有償色となっています。 ホワイトルーフのツートーンカラー仕様も用意されています。 タントの専用色です。 コットンアイボリー 淡い黄色のボディカラーで、優しい感じがファミリーカーにピッタリです。 標準車のタントにのみ設定されています。 ライトローズマイカメタリック 薄いピンク色という珍しいボディカラーです。 ホワイトルーフのツートーンカラー仕様も用意されています。 標準車のタントにのみ設定されています。 ブライトシルバーメタリック 定番の明るいシルバーです。 タント&タントカスタム両モデルに設定されています。 プラムブラウンクリスタルマイカ 最近人気の高いコゲ茶のボディカラーです。 +2万7000円のボディカラーで、タント、タントカスタム両モデルに用意されています。 メテオライトグレーイリュージョナルパール 青みの強い濃いグレーで、+2万7000円の有償色。 タントカスタムの専用色です。 ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック 濃い紫色のボディカラーです。 +2万7000円の有償色。 タントカスタムの専用色となっています。 カルモマガジン編集部おすすめのカラーは? 全14色用意されているタント&タントカスタムのボディカラーの中から、カルモマガジン編集部が「売るときに有利なカラー」「気取らないカラー」「クールなカラー」「個性的なカラー」という4つの視点でオススメのボディカラーを選んでみました。 「気取らないカラー」 タントはブライトシルバーメタリック、シルキーブルーパール、プラムブラウンクリスタルマイカ。 一方のタントカスタムはブライトシルバーメタリック、ブラックマイカメタリックが該当します。 「クールなカラー」 タント&タントカスタム共通なのはパールホワイトIII、そしてディープブルークリスタルマイカ。 そしてタントカスタム専用色のメテオライトグレーイリュージョナルパールが挙げられます。 「個性的なカラー」 タントはコットンアイボリー、そしてツートーンカラーも用意されているライトローズマイカメタリックです。 そしてタントカスタムは妖艶な雰囲気が漂うナイトシャドーパープルメタリックが個性的と言えるでしょう。 せっかく個性的な色が用意されたタント&タントカスタムなら 黄色やピンク、水色いったお子さんが喜びそうなボディカラーも用意されているタントですが、押し出し感を強めたタントカスタムと奇しくも人気色のベスト3が一致するという結果になりました。 お子さんの成長に合わせてクルマの買い替えを考える方も多いので、売却時に高い査定となるボディカラーが人気のようです。 ちなみに売却時の査定額のカラーの人気・不人気を気にしなくて良いカーリースの定額カルモくんなら、自分や子供の好きなボディカラーを選ぶことができます。

次の

ダイハツ新型タントの人気色ボディーカラーはこれ!

新型 タント 色

そんな時代を象徴するのが、2019年7月に発売された新型タントだろう。 当記事では、試乗記とともになぜタントが2位にランクインされるほどの人気を得ているのかについても考えてみたい。 先代から人気のBピラーのない「ミラクルオープンドア」は、新型タントでも健在だ。 1,490mmという開口幅によって、抜群の乗降性を誇る まず、新型タントが販売ランキングの2位に入った理由は、軽自動車に求められる高い商品力を備えているからだ。 先代型と同様、全高が1,700mmを超える水平基調のボディによって、前後席とも車内が広い。 後席をたためば、自転車も積める広い荷室になる。 左側のピラー(柱)はドアに埋め込まれ、前後のドアを開けば開口幅が1,490mmに広がるから、ベビーカーを持ったまま車内に入ることもできる。 さらに、新型タントでは先代型の欠点を徹底的に改善してきている。 先代型の後席は座面の柔軟性に乏しく、床と座面の間隔も不足気味で、座面の角度は水平に近いために足を前方へ投げ出す座り方になっていた。 だが、新型タントではシートの造りと着座位置を改良することで、座り心地にボリューム感が与えられて着座姿勢も快適になった。 先代タントであった動力不足などのネガティブな部分は、新型では見事に解消されている 走りに関しては、先代型では動力性能が不足していて、操舵に対する反応が鈍いといった欠点があった。 そこで、新型タントではノーマルエンジンの実用回転域における駆動力を向上させている。 通常走行の加速力を左右する最大トルクは先代、新型ともに6. 1kg-mだが、発生回転数は先代型は5,200rpmであったのに対し、新型は3,600rpmとなっている。 最大トルクの数値こそ同じだが、発生回転数が実用域に下がって運転しやすくなったのだ。 新型タントでは、CVTにも変更が加えられており、ギヤ比がワイド化されている。 売れ筋グレードの車両重量は900kgに達するため、動力性能は十分とまではいえないが、登坂路でパワー不足を感じる機会は明らかに減った。 新型タントのターボモデルは、当然ながら動力性能が高い。 最大トルクは10. 2kg-m(3,600rpm)と、1Lノーマルエンジンを搭載しているような感覚で運転できる 実際に試乗してみると、プラットフォームやサスペンションが変更されていることで、先代型で気になった操舵感覚の鈍さと、走行安定性の不満が解消されている。 操舵に対する反応の仕方が自然になり、峠道などを走っても先代型に比べて旋回軌跡を拡大させにくく、カーブが曲がりやすくなっている。 操舵感の鈍さは無くなり、走行安定性も先代と比べて大きく高められている また、以前は車線を変更したときなど、ボディがフラッと唐突に傾いて不安を感じたが、新型ではこの挙動についても改善されている。 乗り心地は、今でも低速域で硬さを感じるが、先代型に比べると粗さが抑えられている。 さまざまな部分に、プラットフォームとサスペンションの刷新が効いていると感じる。 「運転席ロングスライドシート」を使って運転席を後端に寄せれば、たとえばチャイルドシートに座っている子供にすぐにアクセスすることができる 新型タントでは、先代型の欠点を解消しつつ、さらに新しい機能も追加されている。 車内では、運転席を前後に540mm調節できる「運転席ロングスライドシート」を新たに装備。 助手席を前に寄せて、かつ運転席を後ろまでスライドさせれば運転席から後席へすぐに移動ができるようになっている。 新型タントでは、新たな運転支援機能も採用されている。 緊急自動ブレーキを作動させる2つのカメラセンサーを活用して、車間距離を自動で制御する「アダプティブクルーズコントロール」を搭載。 先行車に追従走行してくれることで、ドライバーはアクセルやブレーキペダルの操作から解放される。 アダプティブクルーズコントロールの作動中は、車線の中央を走るように操舵も支援される。 この機能が搭載されたことによって、高速道路を使った長距離移動などは快適になるだろう。 なお、このアダプティブクルーズコントロールは、ターボエンジン搭載車のみにメーカーオプションで設定されている。 N-BOXの「HondaSENSING」や、デイズの「プロパイロット」と違って、ノーマルエンジン車には装着できないのが残念な点だ。 新型タントは、後席の居住性、動力性能、走行安定性の欠点を改善させて、車内の居住性や使い勝手も高められた。 安全装備も充実させている。 先代型に比べると、商品力は相当に高くなっていると言える。 ダイハツ 新型「タント」は、標準ボディの「X」が割安でおすすめだ 新型タントのグレード選びにも触れておこう。 機能と価格のバランスを考えると、最も買い得なのは標準ボディの「X」だ(146万3,400円/消費税率8%時。 以下同)。 ベーシックな「L」との価格差は15万6,600円だが、左側スライドドアの電動機能、キーフリーシステム、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、運転席と後席のロングスライド機能など、20万円相当の装備を加えた。 全高が1,700mmを超える軽自動車は、140〜150万円の価格帯で激しい販売競争を展開しているため、タントもXの価格を割安にした。 ダイハツ 新型「タントカスタム」では、ターボモデルの「カスタムRS」が買い得だ いっぽう、エアロパーツなどを備えた上級シリーズのカスタムが欲しいときには、ターボエンジン搭載車のカスタムRS(174万9,600円)を検討したい。 カスタムRSの価格は、ノーマルエンジンのカスタムXに比べて8万1,000円高いが、アルミホイールのサイズが14インチから15インチに拡大され、本革巻きのステアリングホイールなども装着される。 そうなると、ターボは実質6万円の上乗せで搭載されることになり、カスタムRSが買い得と判断される。 グレードは自分のニーズだけでなく、機能と価格のバランスもチェックして決めるといいだろう。 新型タントが人気を得た理由のひとつとして、先代からの好調な売れ行きがあげられる。 フルモデルチェンジを受ける直前の末期モデルであっても、2019年1〜6月の販売ランキングを見るとN-BOXとスズキ「スペーシア」に続いて3位にランクインされている。 タントは安定的に売れる人気車だから、先代型から新型への乗り替えも活発に行われている。 半面、少なくとも2019年8月までの販売データを見る限り、N-BOXには勝てていない。 この理由についても考えたい。 まず、N-BOXの強みとして車内の質感の見せ方が上手なことがあげられる。 タントも新型では内装はていねいに造り込まれているが、インパネのデザイン、シートの座り心地といった即座に分かるところは、N-BOXが依然として上質に感じる。 N-BOXのシートは座り心地にボリューム感を持たせたので、ボディに伝わる振動を吸収する効果も高い。 そのために乗り心地にも良い影響を与えている。 装備も、N-BOXはHondaSENSINGを全車に標準装備しており、緊急自動ブレーキと併せて車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも含まれる。 新型タントはターボのみにオプションで用意されるが、N-BOXは全車に標準装備されている。 機能が全般的に充実して、商品開発も周到だ。 ここに、N-BOXが好調に売れる理由がある。 右がダイハツ 新型「タント」、左が新型「タントカスタム」 いっぽう、タントは前後のドアを開いたときに得られる左側面のワイドな開口幅、チャイルドシートを装着したときの使い勝手など、子育て世代に焦点を合わせて開発されている。 タントとN-BOXは一見似通った軽自動車に見えるが、ターゲットにしている顧客が明確に異なる。 もし読者のみなさんが軽自動車を選ぶときは、ライバル車のスペーシアも含めてご自身のニーズとクルマの持つ性格をじっくりと見極めてほしい。

次の

新型タントの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介

新型 タント 色

現車の下取りは一括査定を使うことが鉄則!! 今ある車の下取りは必ず一括査定を使うことが鉄則です!! ディーラーでは30万円の下取りでも、 買取業者での査定では80万円になることが あるんです。 その差はなんと50万円・・・!! 憧れだったオプションが付けられたり、車自体をさらに安く買えますよね。 この一括査定サイトを活用することで 大手買取業者の 最大10社が、 あなたの現車を競ってくれます。 買取業者同士での競争になりますので、 あなたの現車の買取価格は 自然にどんどんと吊り上がっていきます。 しかも、買取業者が自宅まで来てくれますから その後の面倒な手続きやしつこい勧誘は一切ありません。 とにかく 手続きはかんたんです。 査定手続中は家の中で昼寝して待っていても良し、 一緒に査定を確認するも良し、自由に使えます。 新型タントカスタム全グレード• カスタムL• カスタムX• カスタムRS• この 5グレードそれぞれに2WDと4WDの設定があり、ユーザーが 予算や用途に応じて自由に選ぶことが出来ます。 意外と少ないグレード設定のため、とても覚えやすいですね。 新型タント(標準車)は 全部で6グレードが設定されています。 daihatsu. htm 新型タントの標準車は全てのグレードの基本モデルです。 そのため、 エクステリアやインテリア、主要装備等は基本的な物でまとめられています。 daihatsu. htm 新型タントカスタムは新型タントの上位、エアロモデルの位置付けです。 エアロモデルであるため、特にエクステリア等はスポーティな印象が強いタイプに変更されています。 新型タントカスタムは5グレードですが、新型タント(標準車)も含めると 全部で11グレードの設定です。 予算や使用用途に応じて選べるのがとても嬉しいですね。 スポンサーリンク 新型タントカスタムのグレード別違いは? 次は新型タントカスタムのグレード別違いを紹介していきます。 新型タントカスタムは全部で5グレードなので、じっくり見ていきましょう。 ターボ有りか無しによる違い 新型タントカスタムは、 ターボ有りか無しかだけの違いでグレードが分けられるので、とてもわかりやすいです。 新型タントの標準車は、 ターボの有り無しと、 スマアシ(次世代スマートアシスト)の有り無しで分けられます。 新型タントカスタムは、 全てのグレードでスマアシが標準で装備されています。 daihatsu. htm スマアシ(次世代スマートアシスト)とはダイハツが開発した 予防安全機能の略称です。 このスマアシは、 15個の予防安全機能を備えた先進の安全装備です。 新型タントカスタムは高い性能を誇る予防安全装備が標準で装備されているので、安全性を買うという意味ではお得なモデルと言えるでしょう。 高額化している軽自動車ですが、それでも車体本体価格が2,000,000円以内であるため、値段設定はまずまずと言ったところでしょうか。 ボディカラーによる違い 新型タントカスタムボディカラー(ツートーン)• また、赤字のカラーは 新型タントカスタム専用のボディカラーです。 次は 新型タントカスタム専用ボディカラー(カラーナンバー有り)を紹介をします。 daihatsu. htm 新型タントカスタム専用色のパールブラック(X15)です。 有料色のため別途 27,500円が掛かりますが、 人気色でリセールバリューが高いのも特徴の一つです。 ブラック系のカラーに共通して言えることですが、 洗車傷のような小傷は目立ちやすい特徴がありますので、洗車する際には十分注意してください。 daihatsu. htm こちらが新型タントカスタム専用色のプラムブラウンクリスタルマイカ(R59)です。 このカラーも有料色のため 27,500円の費用がかかります。 専用色であることに加えて、ブラウンともボルドーともとれるような中々見ない色のため、人とは違うカラーを選びたい方におすすめです。 daihatsu. 有料色で 77,000円と中々のお値段ですね。 ホワイトパール一色だとただ上品なだけになりがちですが、ブラックマイカメタリックで要所をシメることで、凛々しい姿にまとめています。 daihatsu. こちらも有料色のため 77,000円が別途必要です。 緑に近いブルーを黒で上手くまとめているので、カッコイイ深海魚といったようなイメージがあります。 daihatsu. こちらのツートーンカラーも有料色ですが、3つの中では一番安い 66,000円です。 渋い赤系のカラーに、黒の組み合わせでとても大人の雰囲気が漂うカラーに仕上がっています。 daihatsu. htm ツートーンカラーに共通しているのは、ブラックマイカメタリックとモノトーンカラー有料色の組み合わせであることです。 どのグレードがユーザーに多く選ばれているか楽しみですね。 daihatsu. daihatsu. htm カスタムLの選択率は 新型タント全体では4位、 タントカスタム内では3位でした。 新型タントカスタム内ではエントリーグレードに位置するため、価格もまずまずといったところですね。 オプションを付けても2,000,000円以内で収まりそうであるため、よく選ばれているのではないかと思います。 daihatsu. daihatsu. htm カスタムXの選択率は 全体、 新型タントカスタム内ともに1位です。 新型タントカスタム内では中間グレードにあたり、価格と装備のバランスがとても良いグレードです。 2WDの場合、オプションを付けても2,000,000円以内には収まりそうな価格帯であることが、多くのユーザーに支持されている証拠ですね。 daihatsu. daihatsu. htm カスタムRSの選択率は 新型タント全体、 カスタム内共に惜しくも2位でした。 新型タントカスタムのターボモデルで 上級グレードです。 価格も上級グレードに相応しく、2WDの場合でもオプションを付けると2,000,000円はオーバーしてしまいそうな金額になります。 カスタムXと比較すると100,000円近く差額があるため、若干敬遠されがちになってしまっているのではないでしょうか。 daihatsu. daihatsu. daihatsu. またターボが付いていないモデルですが、例えば幹線道路など 比較的流れが速い道路の合流時でも動力性能としては全く問題無いです。 daihatsu. こちらは人気色の白系と双璧なす黒系のカラーになりますが、標準色のため別途費用はかからないのでブラックマイカメタリックもおすすめです。 新型タントカスタムグレード別違いまとめ 新型タントカスタムのグレード別違いや人気・おすすめグレードを紹介してきました。 新型タントカスタムグレード別違いまとめ• 新型タント(標準車)は 6グレード、新型タントカスタムは 5グレードで 合計11グレード• タントカスタムはグレードに関係なく スマートアシスト(スマアシ)が標準装備• タントカスタムのグレードは ターボ有りか無しかで大きく2つに分類出来る• ボディカラーは タントカスタム専用のツートーンカラーの設定がある(全て有料色)• タントカスタムの人気順は、 カスタムX、カスタムRS、カスタムLの順になっている• 新型タントカスタムのグレード毎の特徴をしっかりつかんで頂いて、お気に入りのタントカスタムを見つけてくださいね。 欲しかったあの車がさらに50万円安くなる方法とは! 「あのミニバン、欲しいんだけどちょっと予算がなぁ・・・」 「なるべく安く買いたいけど、値引き交渉とか面倒だし苦手なんだよな・・・」 「休日にディーラーを何ヵ所も回るのはかなり大変だよ・・・」 「誰よりも安く車を買いたい・・・」 「お得に買って浮いた費用をオプションに回したい・・・」 「ディーラーの言いなりで買わせられるのは嫌だ・・・」 このように、新しい車の購入を考えてはいるけど なかなか踏ん切りがつかない・・・ 実は、同じように悩んでいる方は 意外と多いんですよ。 なぜなら私も悩んでいるうちの一人だからです。 そんなことにならないためにも、今すぐにこの簡単な裏技を試してみて! 現車の下取りは一括査定を使うことが鉄則!! 今ある車の下取りは必ず一括査定を使うことが鉄則です!! ディーラーでは30万円の下取りでも、 買取業者での査定では80万円になることが あるんです。 その差はなんと50万円・・・!! 憧れだったオプションが付けられたり、車自体をさらに安く買えますよね。 この一括査定サイトを活用することで 大手買取業者の 最大10社が、 あなたの現車を競ってくれます。 買取業者同士での競争になりますので、 あなたの現車の買取価格は 自然にどんどんと吊り上がっていきます。 しかも、買取業者が自宅まで来てくれますから その後の面倒な手続きやしつこい勧誘は一切ありません。 とにかく 手続きはかんたんです。 査定手続中は家の中で昼寝して待っていても良し、 一緒に査定を確認するも良し、自由に使えます。

次の