ドッカン 数字。 【ドッカンバトル】ガチャ演出(確定演出)

【誇りの遵守】超サイヤ人ゴッドSSベジータ(進化)の考察 ※2019/5/18改定

ドッカン 数字

『極限Z覚醒』するキャラクター達の評価、それから『今後極限しそうなキャラクター達』をまとめておきます。 『極限Z覚醒』の概要および『極限Zバトル』の攻略については以下の記事を参照です。 『サブ評価』の順に並んでおり、0. 5点毎にキャラクターを区分しています。 同じ『9. 0点』でも、9. 5点寄りのキャラクターは『9. 5点~10点』へ、8. 5点寄りのキャラクターは『8. 5点~9. 0点』へ、という形で区分しています。 画像をクリックで考察ページへ飛びます。 5点~10点】 6. 5 7. 0 9. 5 9. 5 【9. 0点~9. 5点】 5. 5 5. 0 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 【8. 5点~9. 0点】 7. 0 7. 0 5. 5 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 9. 0 6. 5 3. 5 7. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 5 7. 0 5. 5 7. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 3. 5 8. 5 8. 5 【8. 0点~8. 5点】 3. 5 5. 5 6. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 4. 5 6. 0 3. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 0 3. 5 6. 0 7. 0 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 【7. 5点~8. 0点】 6. 0 6. 0 7. 0 1. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 5 7. 0 3. 5 8. 0 7. 5 7. 5 【7. 0点~7. 5点】 8. 5 6. 5 4. 5 3. 5 7. 5 7. 5 7. 5 7. 5 6. 0 4. 5 4. 0 3. 5 7. 0 7. 0 7. 0 7. 0 4. 0 7. 0 【7. 0点以下】 3. 5 3. 5 3. 5 3. 5 7. 0 7. 0 6. 5 6. 5 7. 0 4. 5 3. 5 4. 5 6. 5 6. 5 6. 0 6. 0 3. 5 4. 0 4. 0 3. 5 6. 0 6. 0 5. 5 5. 0 4. 0 5. 『コスト48フェス限と同じ超激戦で覚醒したキャラ』についても、『その極限が復刻した時に覚醒追加』がお決まりの流れになったので、間違いなく来るでしょう。 のみ、カテゴリ世代フェス限であるの登場時というかなり後出しで追加されたキャラなので、ちょっと扱いは特殊かも? 『コスト58属性リーダーフェス限』については、今の段階では極限が来るかどうかはまだ分かりません。 ただ、既にここも時代遅れの面子がほとんどですし、打ち止めにした場合、『極限Zバトル』に代わる新たなコンテンツを用意する必要にも迫られますから、おそらくここも実装されて来るでしょう。 早ければ7月にもスタートする可能性もありますが、こちらも要注目です。 0 8. 0 4. 5 6. 0 8. 5 8. 0 8. 0 8. 0 4. 0 4. 5 6. 0 6. 0 8. 0 7. 0 7. 0 7. 0 6. 5 5. 5 6. 0 6. 0 7. 0 6. 5 6. 5 6. 5 6. 0 4. 5 5. 5 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 5. 5 6. 0 4. 0 5. 5 5. 5 5. 5 5. 5 以上です。 一口に『極限Z覚醒』と言ってもピンキリですが、最近は最高難易度イベントでも大活躍出来る程の爆発的なパワーアップを遂げるキャラクターも珍しくなく、『極限』の存在感は日に日に増すばかりです。 完全に倉庫番だったのに、一気にカテゴリデッキのベストメンバー入りする者なども少なくなく、古いキャラクター達を捨てる行為はとてもじゃないけど出来なくなって来ました。 実際、昔捨てちゃったキャラが極限で超絶強化されて後悔している人も少なくないでしょう。 『極限しそうなキャラ』については、ここに載せていないキャラも、『』みたいに急遽まとめて極限したり、『』のような大型キャンペーンのイベントで極限したりとあらゆる可能性が考えられます。 今は本当にどのキャラクターが化けるか分からないですから、未極限のキャラも今使えないからと売り払わず、しっかりとBOXに保持しておきたいです。 『古いキャラクターが極限して復権する』というのは古参ユーザーからすれば感慨深いものもありますし、シンプルに強いキャラが増えるというだけでも単純に嬉しいですし、今後も多くの極限に期待です。 172.

次の

【誇りの遵守】超サイヤ人ゴッドSSベジータ(進化)の考察 ※2019/5/18改定

ドッカン 数字

『極限Z覚醒』するキャラクター達の評価、それから『今後極限しそうなキャラクター達』をまとめておきます。 『極限Z覚醒』の概要および『極限Zバトル』の攻略については以下の記事を参照です。 『サブ評価』の順に並んでおり、0. 5点毎にキャラクターを区分しています。 同じ『9. 0点』でも、9. 5点寄りのキャラクターは『9. 5点~10点』へ、8. 5点寄りのキャラクターは『8. 5点~9. 0点』へ、という形で区分しています。 画像をクリックで考察ページへ飛びます。 5点~10点】 6. 5 7. 0 9. 5 9. 5 【9. 0点~9. 5点】 5. 5 5. 0 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 【8. 5点~9. 0点】 7. 0 7. 0 5. 5 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 9. 0 6. 5 3. 5 7. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 5 7. 0 5. 5 7. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 3. 5 8. 5 8. 5 【8. 0点~8. 5点】 3. 5 5. 5 6. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 4. 5 6. 0 3. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 0 3. 5 6. 0 7. 0 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 【7. 5点~8. 0点】 6. 0 6. 0 7. 0 1. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 5 7. 0 3. 5 8. 0 7. 5 7. 5 【7. 0点~7. 5点】 8. 5 6. 5 4. 5 3. 5 7. 5 7. 5 7. 5 7. 5 6. 0 4. 5 4. 0 3. 5 7. 0 7. 0 7. 0 7. 0 4. 0 7. 0 【7. 0点以下】 3. 5 3. 5 3. 5 3. 5 7. 0 7. 0 6. 5 6. 5 7. 0 4. 5 3. 5 4. 5 6. 5 6. 5 6. 0 6. 0 3. 5 4. 0 4. 0 3. 5 6. 0 6. 0 5. 5 5. 0 4. 0 5. 『コスト48フェス限と同じ超激戦で覚醒したキャラ』についても、『その極限が復刻した時に覚醒追加』がお決まりの流れになったので、間違いなく来るでしょう。 のみ、カテゴリ世代フェス限であるの登場時というかなり後出しで追加されたキャラなので、ちょっと扱いは特殊かも? 『コスト58属性リーダーフェス限』については、今の段階では極限が来るかどうかはまだ分かりません。 ただ、既にここも時代遅れの面子がほとんどですし、打ち止めにした場合、『極限Zバトル』に代わる新たなコンテンツを用意する必要にも迫られますから、おそらくここも実装されて来るでしょう。 早ければ7月にもスタートする可能性もありますが、こちらも要注目です。 0 8. 0 4. 5 6. 0 8. 5 8. 0 8. 0 8. 0 4. 0 4. 5 6. 0 6. 0 8. 0 7. 0 7. 0 7. 0 6. 5 5. 5 6. 0 6. 0 7. 0 6. 5 6. 5 6. 5 6. 0 4. 5 5. 5 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 5. 5 6. 0 4. 0 5. 5 5. 5 5. 5 5. 5 以上です。 一口に『極限Z覚醒』と言ってもピンキリですが、最近は最高難易度イベントでも大活躍出来る程の爆発的なパワーアップを遂げるキャラクターも珍しくなく、『極限』の存在感は日に日に増すばかりです。 完全に倉庫番だったのに、一気にカテゴリデッキのベストメンバー入りする者なども少なくなく、古いキャラクター達を捨てる行為はとてもじゃないけど出来なくなって来ました。 実際、昔捨てちゃったキャラが極限で超絶強化されて後悔している人も少なくないでしょう。 『極限しそうなキャラ』については、ここに載せていないキャラも、『』みたいに急遽まとめて極限したり、『』のような大型キャンペーンのイベントで極限したりとあらゆる可能性が考えられます。 今は本当にどのキャラクターが化けるか分からないですから、未極限のキャラも今使えないからと売り払わず、しっかりとBOXに保持しておきたいです。 『古いキャラクターが極限して復権する』というのは古参ユーザーからすれば感慨深いものもありますし、シンプルに強いキャラが増えるというだけでも単純に嬉しいですし、今後も多くの極限に期待です。 172.

次の

【ドッカンバトル】極限Z覚醒キャラクター評価まとめ&今後覚醒しそうなキャラ

ドッカン 数字

『極限Z覚醒』するキャラクター達の評価、それから『今後極限しそうなキャラクター達』をまとめておきます。 『極限Z覚醒』の概要および『極限Zバトル』の攻略については以下の記事を参照です。 『サブ評価』の順に並んでおり、0. 5点毎にキャラクターを区分しています。 同じ『9. 0点』でも、9. 5点寄りのキャラクターは『9. 5点~10点』へ、8. 5点寄りのキャラクターは『8. 5点~9. 0点』へ、という形で区分しています。 画像をクリックで考察ページへ飛びます。 5点~10点】 6. 5 7. 0 9. 5 9. 5 【9. 0点~9. 5点】 5. 5 5. 0 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 【8. 5点~9. 0点】 7. 0 7. 0 5. 5 7. 0 9. 0 9. 0 9. 0 9. 0 6. 5 3. 5 7. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 5 7. 0 5. 5 7. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 3. 5 8. 5 8. 5 【8. 0点~8. 5点】 3. 5 5. 5 6. 0 4. 5 8. 5 8. 5 8. 5 8. 5 7. 0 4. 5 6. 0 3. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 0 3. 5 6. 0 7. 0 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 【7. 5点~8. 0点】 6. 0 6. 0 7. 0 1. 5 8. 0 8. 0 8. 0 8. 0 6. 5 7. 0 3. 5 8. 0 7. 5 7. 5 【7. 0点~7. 5点】 8. 5 6. 5 4. 5 3. 5 7. 5 7. 5 7. 5 7. 5 6. 0 4. 5 4. 0 3. 5 7. 0 7. 0 7. 0 7. 0 4. 0 7. 0 【7. 0点以下】 3. 5 3. 5 3. 5 3. 5 7. 0 7. 0 6. 5 6. 5 7. 0 4. 5 3. 5 4. 5 6. 5 6. 5 6. 0 6. 0 3. 5 4. 0 4. 0 3. 5 6. 0 6. 0 5. 5 5. 0 4. 0 5. 『コスト48フェス限と同じ超激戦で覚醒したキャラ』についても、『その極限が復刻した時に覚醒追加』がお決まりの流れになったので、間違いなく来るでしょう。 のみ、カテゴリ世代フェス限であるの登場時というかなり後出しで追加されたキャラなので、ちょっと扱いは特殊かも? 『コスト58属性リーダーフェス限』については、今の段階では極限が来るかどうかはまだ分かりません。 ただ、既にここも時代遅れの面子がほとんどですし、打ち止めにした場合、『極限Zバトル』に代わる新たなコンテンツを用意する必要にも迫られますから、おそらくここも実装されて来るでしょう。 早ければ7月にもスタートする可能性もありますが、こちらも要注目です。 0 8. 0 4. 5 6. 0 8. 5 8. 0 8. 0 8. 0 4. 0 4. 5 6. 0 6. 0 8. 0 7. 0 7. 0 7. 0 6. 5 5. 5 6. 0 6. 0 7. 0 6. 5 6. 5 6. 5 6. 0 4. 5 5. 5 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 6. 0 5. 5 6. 0 4. 0 5. 5 5. 5 5. 5 5. 5 以上です。 一口に『極限Z覚醒』と言ってもピンキリですが、最近は最高難易度イベントでも大活躍出来る程の爆発的なパワーアップを遂げるキャラクターも珍しくなく、『極限』の存在感は日に日に増すばかりです。 完全に倉庫番だったのに、一気にカテゴリデッキのベストメンバー入りする者なども少なくなく、古いキャラクター達を捨てる行為はとてもじゃないけど出来なくなって来ました。 実際、昔捨てちゃったキャラが極限で超絶強化されて後悔している人も少なくないでしょう。 『極限しそうなキャラ』については、ここに載せていないキャラも、『』みたいに急遽まとめて極限したり、『』のような大型キャンペーンのイベントで極限したりとあらゆる可能性が考えられます。 今は本当にどのキャラクターが化けるか分からないですから、未極限のキャラも今使えないからと売り払わず、しっかりとBOXに保持しておきたいです。 『古いキャラクターが極限して復権する』というのは古参ユーザーからすれば感慨深いものもありますし、シンプルに強いキャラが増えるというだけでも単純に嬉しいですし、今後も多くの極限に期待です。 172.

次の