ヴェルファイア 口コミ。 ヴェルファイアのカラーは黒?白?人気理由とラインナップも紹介

アルファードとヴェルファイアの違いを徹底比較!どっちが上で人気?

ヴェルファイア 口コミ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円の下取りが、 買取業者では 80 万円になることも 実は多いんです! 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を 下取り会社が競ってくれるので、 結果として 買取価格の値段が吊り上がります。 下取り会社が自宅に来てくれて、 外で査定をしている間は 家の中で待機していればいいだけ。 トヨタには、アルファードとヴェルファイアという兄弟車が存在します。 位置づけとしてはどちらも高級LLササイズミニバンで同様ですが、当然違いもあります。 アルファードとヴェルファイアの違いの比較や、どっちの評価が上で人気なのか?気になるところです。 そこで今回は、アルファードとヴェルファイアの違いを徹底比較し、どっちの評価が上で人気なのか?についてもご紹介します。 jpg アルファードとヴェルファイアの外観(エクステリア を比較すると、違いは一目瞭然です。 基本的に、ミニバンはその車の形状=ボックス型という特性から、デザインで差をつけられるのはフロントマスクがほとんどです。 つまり、フロントマスクでそのミニバンの個性が決まるということです。 印象としては、アルファードの方がエッジの効いた存在感のあるデザインで、ヴェルファイアは落ち着いたデザインと言えますね。 アルファードに関しては、やはり大きく主張したフロントグリルがその存在感とギラギラ感を際立たせています。 一方、ヴェルファイアは水平基調のメッキパーツが入っていることで、クールな雰囲気を出しています。 このエクステリアに関しては、完全に好みによって分かれるといえますし、一概に優劣はつけがたいですね。 だからこそ、この2台が兄弟車として存在しているとも言えます。 スポンサードリンク アルファードとヴェルファイアの違い! 内装 インテリア を比較 次に、アルファードとヴェルファイアの内装(インテリア)を比較していきましょう。 画像はブラック内装で、高級車の定番カラーですが、質感の高さが画像からも伝わってきます。 その質感をさらに高めてくれているのが 木目調パネルと言えますね。 暖色系で優しい色味で、こちらも高級感は抜群ですよね。 ブラックのシックな雰囲気とは全然違って、こういう選択肢があるのは嬉しいポイントです。 全体的にスポーティな印象になり、個性的でもありながら、高級感というテーマは失っていないのが素晴らしいですね。 何となく気づいている方も多いでしょうが、 実はアルファードとヴェルファイアは内装は全く一緒です。 インテリアカラーも、ブラック、フラクセン、ブラック&ホワイトという3色展開なのも同じですので、この部分では差がないのです。 こういったところは兄弟車らしいですよね。 どちらにせよ、このインテリアならこのサイズの高級ミニバンとしては十分合格点を与えられますね! アルファードとヴェルファイアの違い! ボディーカラー 色 を比較 アルファードとヴェルファイアには、選べるボディカラーに違いはあるのか、比較していきましょう。 ブラック• ダークレッドマイカメタリック• グラファイトメタリック• スティールブロンドメタリック• ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク オプションカラー• ホワイトパールクリスタルシャイン オプションカラー• スパークリングブラックパールクリスタルシャイン オプションカラー アルファードのボディカラーには、 オプションでホワイト系が2種類選択可能なのが特徴です。 ホワイトでもパール系で、アルファードのテーマである高級感を演出するのには最高のカラーということですね。 ブラック• ダークレッドマイカメタリック• グラファイトメタリック• スティールブロンドメタリック• バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク オプションカラー• ホワイトパールクリスタルシャイン オプションカラー• スパークリングブラックパールクリスタルシャイン オプションカラー 重厚感のあるボディやデザインに合わせて、 ボディカラーも全体的に明るい色よりダーク系の色味が多くなっています。 結論から言うと、乗車定員に 違いはありません。 兄弟車ということで、ボディデザイン以外は基本的に同じ構造を使っています。 アルファードとヴェルファイアの違い!グレードの種類と価格 値段 を比較 アルファードとヴェルファイアは、実は 各グレードの価格に違いはありません。 ただ、グレードの名称に少し違いがあるので、比較してみました。 なお、価格は2019年10月時点での税込み価格です。 アルファードとヴェルファイアの違い! 燃費を比較 アルファードとヴェルファイアで燃費を比較してみても、 カタログ数値(JC08モード)に全く違いはありません! パワートレインは3タイプ存在しており、• 5Lガソリンエンジン• 5Lガソリンエンジン• ハイブリッド(2. 5Lガソリンエンジン+モーター) です。 そして、それぞれのカタログ燃費 JC08モード燃費)は、以下の通りです。 パワートレイン カタログ燃費(JC08モード燃費) 2. 5Lガソリン 11. 5Lガソリン 10. 実は、この点でもこの二台に 違いはありません。 乗り心地というのは様々な要素が複合的に合わさって決まっていくのですが、その中でも特に重要な役割を果たすのが サスペンションです。 アルファード、ヴェルファイアではこのサスペンションを「 ダブルウィッシュボーン式」というものを採用しています。 このダブルウィッシュボーン式は、衝撃吸収に大変優れていて、なめらかな乗り心地を作ってくれます。 それを踏まえて、アルファードとヴェルファイアの乗り心地は、以下のような特徴があります。 街乗り、高速走行ともに路面の段差をうまくいなしてくれ、安定して走る• 静粛性は抜群で、ロードノイズはだいぶ処理される• 特に2列目の乗り心地が良く、非常に快適 高級サルーンとして、非常にクオリティの高い乗り心地を実現しているといえますね。 こちらも、この2台には違いは全くありません。 では、その内容を見ていきましょう。 アルファード、ヴェルファイアともに、政府認定の「 セーフティ・サポートカーS(ワイド)」になっています。 主な安全装備としてまず挙げられるのが、衝突回避支援パッケージ「 Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)」です。 その内容は、以下の通りです。 レーントレーシングアシスト• プリクラッシュセーフティ• レーダークルーズコントロール• アダプティブハイビーム• ロードサインアシスト この中で、特に素晴らしいのが、トヨタブランドで初採用となった 進化版「プリクラッシュセーフティ」です。 それまで歩行者、自転車ともに昼間しか認識できなかったのが、 歩行者は昼夜両方認識可能となり、その精度がグッと上がりました。 そのほかに、• インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]• リヤクロストラフィックアラート[RCTA]• デジタルインナーミラー と言った、かゆいところに手が届く充実した安全装備です。 最上級ミニバンとしてふさわしいと言ってよいですね。 アルファードとヴェルファイアの違い!ターゲット層を比較 アルファードとヴェルファイアには、ターゲット層の違いはあるのでしょうか。 まず、この2台の共通のブランディングとして、「 ラグジュアリーミニバン」ということが挙げられます。 そのため、メインターゲットとしては 高級車、特にセダンに乗ってきたような人々です。 ミニバンはセダンと比べてより広くて快適ですので、居住性が高く、座席はまるで飛行機のファーストクラスのようなので、セダンに代わる選択肢としては非常に有力です。 また、家族の人数が多くてセダンに乗ることが叶わない方にも、非常に魅力的な車です。 その上で、アルファードとヴェルファイアにターゲットの違いを見るとすれば、 エクステリアデザインです。 アルファードは煌びやかで凛と構えている、落ち着きを求める方をターゲットにしているのに対し、ヴェルファイアはよりドライバーズカーらしい、スポーティなものを求める方をターゲットにしているといえます。 アルファードとヴェルファイアの違い!口コミ評価・評判はどっちが上 アルファードとヴェルファイアでは、実際の口コミ評価・評判はどちらが上なのでしょうか。 基本的な部分はほぼ共通ということで、評価、評判自体も似たり寄ったりということなのですが、例えば価格. comなんかを見てみると、 総合評価としてはアルファードの方が少し上です。 どこで評価が分かれるかというと、やはりその 外観(エクステリア)です。 ヴェルファイアの評価が少し下がる理由としては、そのフロントマスクのデザインが「 ヤンキーっぽい」という評価が多いことです。 高級ミニバンということなので、そういったやんちゃな雰囲気よりも、より重厚感があるデザインが好まれるということですね。 アルファードとヴェルファイアの違い!新車販売台数はどっちが人気? アルファードとヴェルファイアの新車販売台数を調べてみました。 自販連(日本自動車販売協会連合会)のホームページを見てみると、直近のデータで2018年4月~9月までの累計販売台数があり、• 15位 アルファード 28,117台• 26位 ヴェルファイア 19,059台 となっています。 このことから、販売台数としては、アルファードの方が多く、人気があることがわかります。 ちなみに、以前はヴェルファイアの方が販売台数も上でしたが、 アルファードのマイナーチェンジによってその勢力図が変わったそうです。 こうなってくると、どちらを選ぶかは完全に外観の好みになってきます。 ヴェルファイアの方がフロントの造形がシンプルなので、 少し手を加えたい場合はやりやすいかもしれません。 一方、アルファードは特徴的なフロントになっているので、 最初からあの雰囲気を手に入れられるのは魅力的だと思います。 トヨタ店• トヨペット店• ネッツ店• カローラ店 トヨタは、各ディーラーですべての車種を取り扱っているわけではなく、各ディーラー専売のモデルを置くことで、その差別化を図っています。 アルファードとヴェルファイアは、それぞれ以下のディーラーで取り扱っています。 アルファード トヨペット店• ヴェルファイア ネッツ店 いくらトヨタのディーラーでも、チャネルが違うとその車種は取り扱いがありませんので、事前にしっかり調べてから行ってくださいね! アルファードとヴェルファイア比較!どちらかが統合されるかも?! アルファードとヴェルファイアは兄弟車として、特にそのエクステリアデザインに差をつけることで高級LLサイズミニバンの市場をけん引してきました。 販売チャネルも違うため、兄弟車でありながらライバルのような存在でもあります。 そんな中、 アルファードとヴェルファイアがどちらかに統合され、1車種になるなんて話が浮上しています。 その理由は、トヨタが現在推し進める戦略になります。 ですが、日本の人口減少等の影響で、自動車の市場も縮小傾向にある中、これだけの販売網を維持するのは難しい面もあります。 そこで、 販売チャネルを1つにまとめ、全車種を取り扱うようにするというのです。 東京では2019年4月から、そして、全国で2020年からスタートすることがすでに決まっています。 アルファードとヴェルファイアの統合はどうなるのか そこで、まず整理されるのが、兄弟車の一本化です。 そのため、アルファードとヴェルファイアもその流れに沿って統合される可能性があるのです。 ただ、こういったことはハレーションも起きやすいので、今後慎重に検討されていきますし、可能性としては以下のようなパターンが考えられます。 ヴェルファイアをアルファードに統合• 1本化するが、グレードでそれぞれの特徴を出す• 残したままフルモデルチェンジで差をつける• 従来モデルの継続 今後の動向にも注目ですね。 アルファードとヴェルファイアの違いを比較!どっちが上、人気まとめ 今回は、アルファードとヴェルファイアの違いを徹底比較し、どっちが上で、人気はどちらの方があるのかまでお伝えいたしました。 比較していくと、アルファードとヴェルファイアには、外観 エクステリア のデザインという大きな違いがありました。 そして、どちらにするかは完全にデザインの好みで決まってきますよね。 せっかくなら、どちらも現車を見て、試乗してから決めるのが絶対におすすめです。 カタログや写真ではわからない雰囲気を感じることができます。 アルファードは「 トヨペット」系列、ヴェルファイアは「 ネッツ」系列で取り扱っているので、足を運んでみてくださいね。 【アルファードの関連記事】 【ヴェルファイアの関連記事】.

次の

ヴェルファイアの欠点を暴露!口コミ評価の統計で分かる本当の評判は?

ヴェルファイア 口コミ

では、どんなポイントがあるのでしょうか。 ヴェルファイアの人気のグレードがわかる まずはヴェルファイアで人気のグレードが分かります。 たとえばヴェルファイア30系後期では、最も高いグレードとしてエグゼクティブラウンジクラスが登場しました。 内装も非常に豪華で、ラグジュアリー感満載のクラスです。 ヴェルファイアの今回のマイナーチェンジで、最も力を入れていると言えるグレードですが、もちろんお値段もかなり張ります。 口コミで人気の高いグレードは、値段と装備のバランスが良いと思われる、Z-AやZ-Gなどのグレードのようですね。 ヴェルファイアの人気のカスタムがわかる またヴェルファイアの人気のカスタムもわかります。 たとえば標準ボディが良いか、エアロボディが良いかをはじめ、気になる点は無数にあるものですよね。 カスタムが楽しみでヴェルファイアを選ぶオーナーも多いので、カスタムの人気は当然気になるポイントです。 ヴェルファイアの実燃費の本当がわかる ヴェルファイアに実際乗っているオーナーたちの本音トークからは、実燃費の実態もわかります。 メーカー公式カタログに記載されている燃費より、実燃費はかなり落ちることはよく知られていますよね。 しかし乗り方や運転の仕方次第で、公式燃費よりも良くなることもあり得るんです。 自分がオーナーになった時を容易に想像できる 多くの人々がすでにオーナーとなり、満足したり後悔したり、カスタムを楽しんだり不満を抱えていたりしながら口コミを投稿しています。 それらを読みながら、自分の予算と欲しいグレードを組み合わせ、「手に入れて、カスタムを施していったらどんな感じかな」とオーナーになった時のことを容易に想像できるようになります。 これは参考にしたいですよね! 維持費が安く交換パーツも豊富で安価である ヴェルファイアの最新型は高級ミニバン・維持費もかかりそうですよね。 でも実際はハイブリッドを選ぶなどすれば維持費も安く済みますし、交換パーツも豊富で手頃な価格で手に入ります。 できるだけ切り詰めながらハイクラスのミニバンに乗りたい!という方にも優しい車種と言えます。 整備をするのに時間がかからない カスタムベースとして考えられており、簡単にカスタムできるパーツも多く、整備に時間がかかりません。 自分で気軽に交換できるパーツもたくさんありますし、本体を傷めることなく交換できるパーツもあるので、リセールの時も純正に戻して高値で売ったり、逆にカスタムを活かして高額で売ったりするなどの工夫が可能です。 車体重量が大きさの割に軽いのが良い ヴェルファイア30系最新型は、車体がかなり大きく迫力があります。 でも車体の大きさの割には車体重量が軽く、燃費にも重量税にも影響してきます。 そういったポイントは、実際に乗っている人でなければ分からない点ですよね。 乗り心地がミニバンの中でも最高クラス ヴェルファイア30系最新型は内装のラグジュアリー感にこだわった造りになっています。 そのため乗り心地はミニバンの中でも最高クラスと高く評価されています。 車は乗り心地で決めたい、という方には大きなポイントですよね。 乗り心地に関しては、エグゼクティブラウンジなどのハイグレードを買うか、カスタムで内装にお金をかけるか、もうひとつホイールとタイヤをカスタムせずにしっかりサスペンションを利かせるなどいろいろな方法があります。 どの方法が一番自分の好みに合うかも、口コミでチェックできますよ。 長く付き合えるミニバンだと感じた 乗り心地が良く、維持費もお得で、しかもモデルチェンジに関係なく自身の好みに応じてカスタムを楽しめるため、「長く付き合えるミニバン」「悩んでも結局ヴェルファイアを選ぶし、しっくりくる」という嬉しい声もたくさん載っています。 初めてヴェルファイアのオーナーになるという方には一度目を通して欲しい口コミです。 手始めにアルミホイールとローダウン ヴェルファイアのカスタムといえば、やはりホイール&タイヤでしょう。 普通ヴェルファイアには16~18インチのホイールが入っていますが、そこを21インチくらいまでカスタムで変えていく方は多いのです。 またローダウンも定番のカスタム。 ホイールとローダウンを両方カスタムするという方は少なくありません。 ホイールの人気ブランドやローダウンに使用する車高調の人気ブランドなど、コストパフォーマンスも合わせてしっかり口コミでチェックしておきたいところです。 また車高調のカラーと車体カラーの組み合わせなども知りたいところですよね。 室内外のLED化 室内外のライト系のLED化も人気がありますね。 今注目されているのは「流れるウィンカー」ことシーケンシャルウインカーです。 標準装備のグレードもありますが、憧れの装備なのでライトごとLEDに交換したり、バルブを埋め込むなどのカスタムを施す方もいます。 圧倒的な存在感を出すエアロ エアロボディは、最初から選べるカスタムのひとつです。 ほかにも自分なりのエアロカスタムパーツを使用して、エアロカスタムをする方もいますね。 エアロボディには圧倒的な迫力と存在感があり、ヴェルファイアに乗るならエアロ!と決めているオーナーも少なくありません。 買ってから「そこはちょっと不満だった」とならないように、口コミをしっかりチェックしておきたいですね。 エクステリア エクステリアは、なんといってもヴェルファイア本来のやんちゃさ、スポーティーさと高級感をあわせ持つ、迫力がポイントです。 ヴェルファイアファンは、その「顔」が好き、という方も多いですよね。 今回は切れ長の目のイケメンに仕上がっています。 さらにバックも美しくなりました。 背中美人で、スッと一直線に入ったガーニッシュや、スラリとしたライト、シーケンシャルウインカーなど、憧れがたっぷり詰まったエクステリアが人気を呼んでいます。 価格 価格は決して安くはありません。 しかし、性能の良さやカスタムの楽しさ、乗り心地の素晴らしさなど、コストパフォーマンスは決して悪くありません。 もともとハイクラス車なので、価格には納得!という方も多いのです。 インテリア インテリアの高級感は他に追随を許しません。 ゴージャス感はもちろん、コンフォータブルな点や、スイッチ系の使い良さのほか、ファンが多いのがドリンクホルダーです。 細かい部分ですが、使いやすいと嬉しいですよね。 走行性能 走行性能は、カスタムによっても違いますがエンジン性能もよく、ハイブリッドの場合かなり音が静かになります。 ミニバンということでコーナーなどに不安がある方もいると思いますが、燃費も良くなる安全運転なら問題ありません。 街乗りでも高速でも満足という声が多い車です。 乗り心地 乗り心地はとても良い、という方が多いようです。 とにかく心地よく乗っていられるので、ドライブの際じは運転者は楽しく、同乗者はリラックスできると好評です。 パパの運転で寝てしまう家族も多いようですよ。 ヴェルファイア30系の口コミのまとめ.

次の

ヴェルファイア(トヨタ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ヴェルファイア 口コミ

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。 でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。 その差は 51万円!! 僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。 いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑) 僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。 なぜ、そんなことが起きるかというと、 市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。 その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。 例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。 だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。 まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。 査定価格がよかったらグレード上げれますからね!! 査定費用は無料で、 スマホで 45秒操作するだけ で最高額がわかる 皆さん、車お好きですかー?僕は詳しいってほどではないのですが、大好きです。 でもやっぱり車って簡単に買える値段じゃないし、ほいほい乗り換え出来ないじゃないですか。 なので、カッコイイきらめくボディに快適な空間…想像 妄想? しまくってます。 僕の妄想マイブームは、目下のところヴェルファイアです!なんですか、なんなんですか、あの いかついやんちゃフェイスは!そしてあの 堂々たる大きさ、まさにキング オブ ミニバン!はあ、カッコイイ…あんなのブイブイ乗りまわしたいです。 憧れませんか、あの黒光りするボディ…「いや、ヴェルファイアは白だろ!?」…っておっとぉ、僕の妄想に付き合える友人が、酒の肴持参で僕の妄想ワールドに侵入してきた模様。 こいつぁビール片手に議論ぶちかまさないと駄目ですね。 トヨタだって傷つきやすいことの対策として、 セルフリストアリングコートってなコーティングを全色標準装備してるよ。 細かい傷くらいなら自己修復するんだって! ただ、「このコートはあまり効果を感じられない」との口コミがいくつかあったりするんですね…。 それに対しても• 「納車直後に ガラスコートを施して、間を開けて数回塗り重ねれば大丈夫」• 「イエローハットの シルバーポリマーを半年に1回すれば磨き傷はほぼなくなる。 値段は8,000円くらい」• 「 ブリスXというコーティングを洗車の度にしてますが、洗車傷はほとんどついてる感じがしません」 など、ヴェルファイア愛好家の皆さん、愛車のために頑張ってます。 グレードや装備も大事ですが、色を決めるのも一大事、超大事。 たとえ維持が大変でも、 愛着の湧く色で愛情持って乗りたいですね。 維持が大変なら意地を通すのも大変ですが…やっぱり車は何色であれ、家族みんなに愛される家族の足、憩いの場であるべきだと思うんですよ。 色を決められる際は、 一度販売店で実物を確認されることをオススメします。 納得のいく色選びをしてくださいね。 スポンサードリンク ヴェルファイアのカラーについて語る! 「やっぱエアロがカッコイイよね!カタログなんかじゃちょっとゴテゴテに見えるかもだけど」「あー…だな。 でもあれだ、標準にしといてモデリスタのエアロパーツでカスタマイズするってのも…」 「あら、来てたの。 男ふたりで語りあってないで、まぜてよー」まさかの嫁さん乱入です。 彼女は、車にとんと興味がないんです…そのくせ車談義には混ざりたがるという。 爪弾きにされた-、と拗ねられても困るので座布団をもうひとつ追加してご着席願いました。 「…で、エアロって何?」はい、そこからデスヨネー。 ヴェルファイアの外観 エクステリア は、標準ボディとエアロボディの2種 カラーの話なのに、なぜエクステリアに触れるのか?それは、 標準ボディにしかない色、エアロボディにしかない色があるから。 まずは標準ボディとエアロボディを見比べてみてください。 引用: 左側がエアロボディ、右側が標準ボディです。 エアロボディのほうが怒ってるような顔、標準ボディのほうが微笑みモードに見えますね。 標準ボディとエアロボディの違い• フロント、リア、サイドに専用のエアロパーツがついていることにより外観が変わる• ボディカラーにエアロ専用色2色を選べる 標準ボディ専用色1色は選べない• 内装色が標準ボディはフラクセン ベージュ系 、エアロボディはブラックになる ハイブリッド車だと、エアロボディと標準ボディの装備内容・仕様に違いはないけれど、ガソリン車だと同じグレードでも価格差や装備に違いがありますね。 ここら辺は追々記事にしていきますんで、またよろしくです! 標準ボディで選べるのは5色! 「標準ボディのほうがいかつくないのね。 可愛い色ってあるの?」えー、可愛いと思うかどうかは個人の判断によりますが。 まずは順番に説明していきましょう。 『クールかつモダンな存在感を強めたエクステリア。 室内を華やかに彩るフラクセンの内装色。 ボディカラーには、上品な輝きが高級感を感じさせるブロンド系の専用色を新規設定しました。 』 公式サイトより この色! ヴェルファイアのオリジナルカラーなんだ。 黒系の紫だな。 黒より傷の目立ちも幾分ましだって選ぶ人も多いとか。 エアロボディは6色展開! 「エアロボディのほうが高くつくんでしょー?なんでエアロボディがいいの?」…それこそ、人それぞれ。 顔に惚れた!という人もいれば、内装は黒に決めてるから、という人もいるでしょうし…。 ハイブリッド車とガソリン車でも迷うのに、エアロボディと標準ボディでも悩むという、さらにカスタマイズとかアクセサリーとか、ああもうヴェルファイア悩みどころ多すぎーそんなところが好き-。 『さらにダイナミックさを増したエクステリア。 エアロタイプにふさわしい、重厚感のあるブラックの内装色。 ボディカラーには、力強さを表現したレッド系の専用色を新規設定しました。 』 公式サイトより スポンサードリンク 新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!! ) 正規ディーラーで勤めている友人に ディープな値引きの裏情報を聞きました。 バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。 正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。 買取金額はほぼ上がります。 僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。 買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。 その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。 たった1分で何十万円と金額が変わってきます。 1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。 実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。 それだけ変われば オプションやグレード上げれます。 やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。 なんせタダですからね。 自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情 自動車保険も買取査定と同じ、 知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。 みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。 損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。 保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、 3〜5万の節約に成功します。 今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。 「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。 もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。 だから成約金が自分に入らないので、 自動車保険自体を安くした方が賢いです。 心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。 気にせず安い保険に入るべきです。

次の