振込 手数料 無料。 振込手数料 : 三井住友銀行

振込手数料

振込 手数料 無料

ランク1:月1回• ランク2:月3回• ランク3:月7回• ランク4:月15回• 1テックま君:月1回• 2テックま君:月3回• 3テックま君:月7回• 4テックま君:月15回 ソニー銀行• ステージなし:月1回• シルバー:月3回• ゴールド:月5回• 新生スタンダード:月1回• 新生ゴールド:月5回• 新生プラチナ:月10回 楽天銀行• ベーシック:なし• アドバンスト:月1回• プレミアム:月2回• VIP:月3回• じぶんプラス1・2:なし• じぶんプラス3:月1回• じぶんプラス4:月8回• じぶんプラス5:月15回 イオン銀行• ブロンズ:なし• シルバー:月1回• ゴールド:月3回•

次の

【裏ワザ】家賃や仕送りの振り込み手数料を無料にする方法【サラリーマンの節約術】

振込 手数料 無料

に給与振込または年金受取をご指定いただいた方が、ろうきんダイレクトのインターネット/モバイルバンキングでお振込したときにかかる 振込手数料を月3回までキャッシュバックします。 対象となるお取引 に給与振込・年金受取をご指定の方による、ろうきんダイレクトのインターネット/モバイルバンキングでの普通預金・貯蓄預金からのお振込。 キャッシュバックの回数 お1人様あたり1ヵ月につき日付・時刻の早い順に3回までとなります。 キャッシュバックの時期 翌月20日(休業日の場合は前営業日)にお振込手数料をお引きしたお客様の普通預金・貯蓄預金口座へご入金します。 キャッシュバックの対象外となる事由 お客様が下記 1 〜 7 のいずれかに該当した場合、当金庫はあらかじめ通知・催告等することなくキャッシュバックの対象外とすることができることとします。 1 キャッシュバック対象口座が解約されたとき。 2 キャッシュバック対象口座が当金庫以外の労働金庫へ口座移管されたとき。 3 お客様について相続の開始があったことを当金庫が知ったとき。 4 支払い停止または破産、民事再生開始の申し立てがあったことを当金庫が 知ったとき。 5 キャッシュバック対象口座について仮差押え、保全差押えまたは差押えの 命令・通知があったとき。 6 お客様からの申し出または当金庫の判断により、取引停止の措置をとったとき。 7 その他、上記 1 〜 6 に準ずる場合で、当金庫がキャッシュバックの対象外と することを妥当と判断したとき。

次の

振込手数料を無料に!便利なネット銀行を詳しく解説!

振込 手数料 無料

SMBC信託銀行PRESTIA GOLD(無制限で無料) SMBC信託銀行PRESTIA GOLDならば他行宛て振込は無制限で無料です。 が、PRESTIA GOLDは月間平均残高1,000万円以上でかつ外貨運用をお考えになっている方で、さらにSMBC信託銀行からお声がかからなければ入れませんので、普通の方には縁が無いサービスかもしれません。 大和ネクスト銀行(最大3回、本人名義ならば原則無制限で無料) 大和ネクスト銀行は、他人名義の他行宛口座への振込は3回まで無料で、本人名義の他行宛振込手数料が月何回でも無料です。 ただし、楽天銀行と新生銀行は本人名義であっても月3回まで無料と制限がありますのでご注意を。 三井住友信託銀行トラストプレミアムサービス(月20回まで無料) トラストプレミアムサービスのゴールドステージかプラチナステージならばテレフォンバンキング・インターネットバンキングでの他行宛振込手数料が20回まで無料になります。 ただし、ゴールドステージの条件は、取引残高1,000万円以上、プラチナステージの条件は、取引残高3,000万円以上とハードルが高いです。 住信SBIネット銀行スマートプログラム(最大月15回まで無料) 平成28年1月に導入したスマートプログラムですが、最高ランクなら月15回まで他行宛振込手数料が無料になります。 最高ランク狙いならば、と連携させたハイブリッド預金、外貨1通貨保有とSBIカード(かSBIカードプラチナ)の保有のコンボをオススメします。 auじぶん銀行じぶんプラス(最大月15回まで無料) auじぶん銀行じぶんプラスは、11月13日からスタートする新しいプログラムです。 それまではプレミアムバンクfor auということでauユーザーならば無条件で他行宛振込手数料が月5回まで無料だったのが、預資産等でステージごとに他行宛振込手数料無料回数が違ってきます。 ソニー銀行Club S(旧外貨預金優遇制度)(最大月11回まで無料) ソニー銀行はClub S(旧外貨預金優遇制度)というプログラムがあり、優遇ステージに応じて他行宛振込手数料無料となる回数が変わります。 べつに外貨預金していなくてもシルバーステージまでは円預金を預けることで条件を満たすことができます。 なお、ソニー銀行は普通に口座を持っているだけで月1回まで振込手数料が無料になるほか、Visaデビット付きキャッシュカード(Sony Bank WALLET)を保有しているとさらに1回プラスになり、合計月2回まで無料になります。 野村信託銀行(月10回まで無料) 野村信託銀行は、他行宛振込手数料は月10回まで無料です。 ただし、楽天銀行宛と新生銀行宛(平成28年11月1日より)の振込については月2回まで無料と異なりますのでご注意を。 新生銀行新生ステップアッププログラム(最大月10回まで無料) 新生銀行新生ステップアッププログラムは、取引条件によって他行宛振込手数料が無料となる回数が変わってきます。 最低でも無条件で月1回、最高で10回ですが、中間の新生ゴールドは比較的条件も緩く回数も多い(月5回)のでオススメです。 三井住友信託銀行 三井住友信託VISAポイントクラブ(月5回まで無料) 三井住友信託VISAポイントクラブ(三井住友信託銀行と三井住友トラスト・カードの提携サービス)だと、ユアパートナー(無通帳タイプの口座)にすると、他行宛振込手数料が5回まで無料になります。 預資産の縛りは無く、三井住友トラストVISAカードを保有すればOKです。 ゴールドカードが年会費75%OFFの2,500円で保有できるうえに、宿泊施設やスポーツクラブなどのレジャー施設が割引価格で利用できるポイントクラブClubOffサービスにも入れますので、オススメです。 イオン銀行Myステージ(最大月5回まで) イオン銀行Myステージにおいて、最高ステージのプラチナに該当すると、他行宛振込手数料が月5回まで無料になります。 新銀行東京(月5回まで無料) 新銀行東京に普通預金、決済用預金、定期預金を合計100万円預けると、翌月から月5回までインターネットバンキングやモバイルバンキングの振込手数料が無料になります。 (ただし、楽天銀行宛振込み手数料は対象外) ただし、新銀行東京は、同じ東京TYフィナンシャルグループの東京都民銀行と八千代銀行と平成30年5月1日に合併し、新しく「きらぼし銀行」となります。 東京都民銀行と八千代銀行は他行宛振込手数料が無料となるサービスを実施していませんので、合併後はこのサービスを継続する可能性は低いと思われます。 ジャパンネット銀行手数料優遇(月5回まで無料) ジャパンネット銀行は、円普通預金と円定期預金の月間平均残高が3,000万円以上あると、翌月の他行宛振込手数料が5回まで無料となります。 ハードル高いわりには回数が少ないです。 みずほ銀行みずほマイレージクラブ「うれしい特典」(最大月4回まで無料) みずほ銀行みずほマイレージクラブ「うれしい特典」で最高ランクだと最大月4回まで他行宛振込手数料が無料になります。 条件はありますが、比較的容易に達成できることからメガバンクの中ではオススメです。 楽天銀行ハッピープログラム(最大月3回まで無料) 楽天銀行のハッピープログラムを利用すると、給与振込口座指定もしくは預資産残高などの条件を満たした場合、最大3回まで振込手数料が無料となります。 東京スター銀行 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)での他行宛て振込手数料の優遇サービス(月3回まで無料) 東京スターダイレクト(インターネットバンキング)での他行宛て振込手数料の優遇サービスが2017年12月1日からスタートしました。 条件が緩いのが特徴です。 三菱UFJ銀行メインバンクプラス(月3回まで無料) 三菱UFJ銀行メインバンクプラスのプラチナステージならば、月3回まで振込手数料が無料になります。 りそな銀行りそなクラブ(月3回まで無料) りそな銀行りそなクラブで最高ランクのダイヤモンドステータスになると他行宛振込手数料が月3回まで無料になります。 埼玉りそな銀行埼玉りそなクラブ(月3回まで無料) 埼玉りそな銀行埼玉りそなクラブで最高ランクのダイヤモンドステータスになると他行宛振込手数料が月3回まで無料になります。 近畿大阪銀行近畿大阪クラブ(月3回まで無料) 近畿大阪銀行近畿大阪クラブで最高ランクのダイヤモンドステータスになると他行宛振込手数料が月3回まで無料になります。 中央労働金庫振込手数料キャッシュバックサービス(月3回まで無料) 中央労働金庫を給与振込指定か年金受取指定をしている方向けのサービスで、ろうきんダイレクトのインターネットまたはモバイルバンキングの振込手数料が月3回までキャッシュバックされます。 なお、中央労働金庫は、関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)に居住または勤務する方なら原則誰でも利用可能です。 公式情報 オリックス銀行(月2回まで無料) オリックス銀行は、eダイレクト預金などの振込手数料は月2回まで無料です。 (ただし楽天銀行宛振込み手数料は無料にはならず1回につき432円かかります。 ) 特に条件がないのがいいですね。 横浜銀行ゼロ手数料(月2回まで無料) 平成29年4月1日からスタートする横浜銀行ゼロ手数料は、<はまぎん>ダイレクト(インターネットバンキング)と横浜バンクカードの契約だけで、月2回、インターネットバンキングでの振り込み手数料が無料になります。 条件も緩くオススメです。 紀陽銀行インターネット支店(本人名義他行口座のみ月2回無料) 紀陽銀行インターネット支店は、振込先は書面にて事前に登録した契約者本人名義口座宛しか振込できませんが、月2回まで無料で振込が可能です。 富山第一銀行インターネット支店(月1回無料) 2017年5月15日に開設した富山第一銀行インターネット支店は、他行宛振込手数料が月1回まで無条件で無料になります。 他行宛振込手数料が無料となる金融機関のまとめ 今回紹介した22金融機関の振込手数料が無料となる回数をまとめると以下のとおりです。 オススメ度は、管理人の主観です。 「条件なし」は預り資産や取引条件などの条件が無くても無料となる回数ですが、別途インターネットバンキングなどの契約が必要なケースもありますので、必ず詳細解説記事や公式情報をチェックしてください。 なお、メガバンクのうち三井住友銀行は手数料無料となるサービス自体はありませんが、SMBCポイントバックのポイントを貯めて、他行宛振込手数料に充当することができます。 預けている資金を無料で他の金融機関に移動させる方法 振込手数料が無料とならない銀行や信用金庫から資金を引き上げる方法は以下のページで解説しました。 証券会社のクイック入金を利用するという方法ですが、振込手数料が無料となる金融機関から振り込んで、このクイック入金を利用すれば、本人名義間の資金移動は無料にできます。 たとえば、満期となった定期預金を引き上げる場合に利用可能です。 多くの金融機関において、、、、でクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

次の