逆転オセロニア 毒デッキ。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 毒デッキの組み方と戦術

【逆転オセロニア】初心者の方が最初にやるべき7つのこと

逆転オセロニア 毒デッキ

最凶決戦で入手できるボルクスは、盤面で表になっている間、毎ターン1,200の毒ダメージを与え続けるというとんでもないスキルの持ち主。 強力だが、「相手の手駒が2枚以上呪い状態」である必要があるため、ボルクスを生かすためには呪いスキルを持った駒が必須となる。 ボルクスのスキルを確実に発動させるようなデッキを考えると、や、といったS駒や、呪いコレクションで入手できるA駒が多数必要となってしまう。 編成難易度が非常に高いので、ここではストラクチャーセット「Master of CURSE」で入手できる呪い駒を利用した、比較的作りやすい呪い・毒デッキを紹介していく。 ストラクチャーセット「Master of CURSE」で入手できる呪い駒 理想的な展開になれば、毎ターン最低でも1,200ダメージを与えられることになる。 ほかの毒駒と重なれば火力はかなりのものだ なお、コスト180の呪い・毒デッキも考えてみたのだが、軸となるS駒が少なくなり火力に欠けてしまう。 がない場合は、呪いに特化させたほうがいいだろう。 特化させない呪いデッキはバリエーションが豊富 呪いをメインとして攻撃しないデッキは、ほかの魔駒の特徴を取り入れられるところが魅力だといえる。 今回は相方として毒をメインにすえたが、吸収やダメージBマス、デバフなど選択肢はかなり多い。 いくつかおすすめの駒を紹介するので、呪い駒が充実していない方は、ほかの魔駒を利用した自分だけの呪いデッキを作ってみてはいかがだろうか。 デバフ駒の多くはコンボスキルに吸収を持っているので、こちらも活用できるとよりバトルを有利進めることができるだろう。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse 新着記事•

次の

ゲーム「逆転オセロニア」で、自分は毒デッキを作ろうと思っているのです...

逆転オセロニア 毒デッキ

ほぼ同じランクです。 S駒は、所持駒で大丈夫です。 アズリエル・ラァナだけでも良いです。 ヨシノ・アバドンは未所持 後は、AとBに「毒スキル」駒を集めるだけです。 現在組んでいる魔デッキが「毒デッキ」なので ご参考になればと思います。 注意1 ココに載せている説明は「スキルのみ」です。 注意2 スキルLv. 1の場合を明記しています。 MAXでは数値に変化があります。 注意3 SとAは進化させています。 注意4 毒スキルを持つ駒のみ載せています。 足りない部分は、質問者様の毒スキル駒で埋めて下さい。 ココに「進化・アバドン」を入れてもOKです。 ヨシノは「闘化」しないと、毒スキルが使えません。 ヨシノの毒スキルは「召喚した駒」が持っています。 ヨシノ自体、毒スキルがありません。 そして、その闘化が難しいです。 MAX このデッキは「自駒を如何に盤面に残すか」にかかっています。 辺や角に置く事を最優先にしないと、スキルを活かす事が出来ません。 なるべく「ひっくり返されない場所を見つける」様にして下さい。

次の

ゲーム「逆転オセロニア」で、自分は毒デッキを作ろうと思っているのです...

逆転オセロニア 毒デッキ

上昇したHPを保ちつつも、デバフなどで敵の攻撃を抑え、 毒・吸収・特殊ダメージなどで火力を出していこう。 初手に置くことによってコンボスキルの1,000吸収を最大限活かすことができる。 風車定石の場合、 先攻なら3手目、後攻なら2手目に辺に配置するのが有効だ。 先攻なら2手目にC打ちすることで、毎ターン1,200の毒ダメージを最大限に与えられるぞ。 デバフ駒はコンボが確定した時に置く 「ルシファーデッキ」には、1ターン40%デバフの駒を2体採用するのがポイントになる。 「3周年サキュバス」や「テラーナイト」のデバフキャラは、相手にコンボ導線を作られてしまった際に置くと被ダメージを抑えられるぞ。 手駒ロックは簡単に切らないこと 「ルシファーデッキ」では、手駒ロックをスキルに持つ 「ルキア」と「 ハロウィンアンカード」は、簡単に切らないのが重要だ。 フィニッシャーとなる「サタン」の火力を上げるために 相手の駒を残しつつ、相手のS駒を封じたい場合に使うのが最も有効だ。 ハルは罠回収に使おう 特殊ダメージを持つキャラが少ないため 、「ハル」は罠回収要員として非常に優秀だ。 また、 序盤から中盤にかけての削り役としても活躍が期待できる。 HPを高く保ちつつ、毒・呪い・吸収等で攻めていけるので ライフアドバンテージをとって有利に立ち回ることができる。 メフィスト毒オーラデッキのレシピ コスト200デッキ HP コスト 約29,000 200 納涼メフィスト 【闘化】 ヴィーナス 【闘化】 ラファエル 【進化】 夏シュクレ 【闘化】 イシュケ 【闘化】 アイドルアンナプールナ 【進化】 エンデガ 【進化】 バレンタインウケモチ 【進化】 ヴァイセ 【進化】 夏ブランジェッタ 【進化】 ミサト 【進化】 ブランジェッタ 【闘化】 アルカード 【闘化】 リッチ 【闘化】 イヴェット 【進化】 ルキア 【進化】 入れ替え候補 S駒 ヴィクトリア 【闘化】 クイナ 【闘化】 ティターニア 【進化】 A駒 エルリック兄弟 【闘化】 聖ピリキ 【進化】 夏ピリキ 【進化】 メフィスト毒オーラデッキの使い方 ライフアドバンテージを取り続けよう メフィスト毒デッキ主軸の 「納涼メフィスト」は、手駒にある時に毎ターン700の毒ダメージを与えることができる。 序盤は、「アズリエル」や「リッチ」毒に加えて「ティターニア」や「アルカード」の特殊ダメージスキルでHPを削っていき、中盤以降は「エンデガ」や「ヴァイセ」などのフィニッシャーで大ダメージを与えていこう。 また、合わせて「碧音」から召喚される「妖猫」や、「オルプネー」の吸収スキルで、 ライフアドバンテージを取り続けよう。 手駒ロックに気をつけよう メフィスト毒オーラデッキのリーダーに編成している「納涼メフィスト」は、他のS駒と比較するとATKが低く「ルキア」の手駒ロックで釣られる可能性が高いぞ、対策方法として 「納涼メフィスト」よりATKが低い駒を常に手駒に持ち、ルキアの手駒ロックを回避しよう。 関連記事.

次の