がるちゃん コロナ。 見せかけだけの安倍「108兆円」コロナ経済対策。その寄せ集めのハリボテっぷりに驚愕

コロナ疲れで病む人・病まない人の決定的な差

がるちゃん コロナ

北海道の鈴木知事は17日に急きょ記者会見し、道内で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、居住地域や国籍などを公表すると発表した。 道内在住で初めて確認された感染者は「50歳代男性」としか公表していなかったが、「石狩地方に住む自営業の日本人」と明らかにした。 知事、情報公開巡り釈明…批判殺到 居住地域や職業を発表する鈴木知事(17日) 鈴木知事は記者会見の冒頭、「国籍を公表するかどうか、国と道に行き違いがあった。 皆さんに不安を与えたことに関して、率直に申し訳ないと思っている」と釈明した。 北海道で2人目となる新型コロナウイルスによる感染確認者を「道内在住の50歳代男性」とした、これまでの情報公開のあり方を転換した形だ。 道は方針にのっとり、男性の感染が判明した14日夜も国籍を明らかにしなかった一方、厚労省はほぼ同時刻に「日本人」と公表した。 14日に2人目の感染者を発表した後に更新した鈴木知事のツイッターには、「情報提供が曖昧で、無駄に不安をあおるだけだ」といったコメントが殺到。 15、16日には道の電話相談窓口に批判的な意見が113件寄せられた。 こうした反応を踏まえ、道幹部は16日に緊急会合を開き、本人が特定されない範囲で国籍や職業などの感染者の情報を明らかにし、居住地や滞在歴についても振興局単位で公表する方針に転じた。 ただ、全国では、感染者の立ち寄り先の一部をより具体的に公表した大阪府や東京都の事例もある。 今後の情報公開について、鈴木知事は「ケースごとに異なる部分もあるが、基本的には積極的に情報発信していく」と述べるにとどめた。 現在も男性重症 道によると、男性は現在も重症で、感染症指定医療機関の集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着している。 問いかけには応じ、意識はあるという。 男性の具体的な行動経路については、十分な聞き取りができていないとして、「申し上げる状況にない」(橋本彰人・道保健福祉部長)と明言を避けた。 濃厚接触者は43人で、家族や同僚のほか、医師や看護師などの医療関係者だが、今後増える可能性があるという。 うち16人は医師から感染が疑われたが、ウイルス検査の結果、全員陰性が確認されたという。 男性が中国人観光客と接触した事実や海外渡航歴は確認されていない。 道民同士の感染について、橋本部長は「そういったことも想定している」と否定しなかった。 「ずさんな初期対応」 識者が指摘 札幌大の浅野一弘教授(危機管理学)の話「(道の当初の情報公開は)誤った情報や感染を広げうる、ずさんな対応だ。 感染症法では感染拡大を防ぐために広く情報提供すると明示している。 情報開示することで感染者を巡る憶測や誤った情報を防ぎ、感染経路を避けるといった予防ができる。 道民やこれから北海道を訪れる人に『道は何か隠しているのか』と不信感を与えかねず、しっかりと説明責任を果たすべきだ」.

次の

バイリンガールちか炎上の理由は?みんなの反応まとめ|オタクの婚活情報net

がるちゃん コロナ

妊娠中「赤ちゃんのために」と退職勧める人たち 投稿主が同じ悩みを持つ人、既に仕事を辞めた人に意見を求めると、妊娠している点に触れて「辞めた方がいい」というアドバイスが多く寄せられた。 「妊娠中なら辞めるのも選択肢の一つだよね もし自分がかかって母子感染にでもなったら後悔してもしきれないもの」 「生活に支障がないなら赤ちゃんのためにもやめた方が良くない?...... 何よりそんなストレス抱えた状態で仕事してるのが一番お腹の子に良くないよ」 実際に、既に仕事を辞めた人もいるようだ。 こんな書き込みが。 「バスとタクシーに乗って繁華街での仕事なので、怖くて辞めた」 「私も妊娠中で、コロナだけが理由ではなかったけど、先月辞めたよ」 「扶養内の派遣辞めたよ。 満員電車での通勤での感染リスクが怖かったから。 自分が重症化する割合に入らないとは限らないし、たかが扶養内の金額稼ぐのに命の危険をおかせない」 ツイッターには「もう耐えきれなかった」 ツイッターにも「退職した」との告白がある。 「20年勤めてきたある仕事を辞めた。 思いもよらぬコロナで。 大きな仕事でやり甲斐もあったけど、感染するかもな満員電車のストレスには、もう耐えきれなかった」 「コロナウイルス感染拡大を見越して仕事辞めたしそれからほとんど部屋から出ない生活をしているので賢いし先見の明がある」 仕事を辞めたのは事実か、実際に退職したとして、生活費などをどのように稼いでいるかは不明だが、感染リスクを避けることを最優先にしている気持ちはうかがえる。 また妊婦だと思われるユーザーで「妊娠中期入ったけど、コロナの感染リスク怖くて退職しました」とツイートしている人もいた。

次の

見せかけだけの安倍「108兆円」コロナ経済対策。その寄せ集めのハリボテっぷりに驚愕

がるちゃん コロナ

妊娠中「赤ちゃんのために」と退職勧める人たち 投稿主が同じ悩みを持つ人、既に仕事を辞めた人に意見を求めると、妊娠している点に触れて「辞めた方がいい」というアドバイスが多く寄せられた。 「妊娠中なら辞めるのも選択肢の一つだよね もし自分がかかって母子感染にでもなったら後悔してもしきれないもの」 「生活に支障がないなら赤ちゃんのためにもやめた方が良くない?...... 何よりそんなストレス抱えた状態で仕事してるのが一番お腹の子に良くないよ」 実際に、既に仕事を辞めた人もいるようだ。 こんな書き込みが。 「バスとタクシーに乗って繁華街での仕事なので、怖くて辞めた」 「私も妊娠中で、コロナだけが理由ではなかったけど、先月辞めたよ」 「扶養内の派遣辞めたよ。 満員電車での通勤での感染リスクが怖かったから。 自分が重症化する割合に入らないとは限らないし、たかが扶養内の金額稼ぐのに命の危険をおかせない」 ツイッターには「もう耐えきれなかった」 ツイッターにも「退職した」との告白がある。 「20年勤めてきたある仕事を辞めた。 思いもよらぬコロナで。 大きな仕事でやり甲斐もあったけど、感染するかもな満員電車のストレスには、もう耐えきれなかった」 「コロナウイルス感染拡大を見越して仕事辞めたしそれからほとんど部屋から出ない生活をしているので賢いし先見の明がある」 仕事を辞めたのは事実か、実際に退職したとして、生活費などをどのように稼いでいるかは不明だが、感染リスクを避けることを最優先にしている気持ちはうかがえる。 また妊婦だと思われるユーザーで「妊娠中期入ったけど、コロナの感染リスク怖くて退職しました」とツイートしている人もいた。

次の