テレビ サイズ 選び方。 テレビの正しいサイズの選び方。型とインチの違いと最適な視聴距離。

テレビのサイズは部屋の広さに応じて決める!最適な大きさとは

テレビ サイズ 選び方

テレビのサイズを見るときに、「V型」と「インチ」という呼び名があって混同してしまうのではないだろうか。 テレビのサイズを選ぶ前に2つの違いを知っておこう。 ・V型:Visual Size(ヴィジュアルサイズ)のこと。 画面の液晶部分の大きさを表す。 ・インチ:テレビ画面全体の対角線の長さを表す。 1インチは2. 54cmだ。 インチはブラウン管テレビの時代から使われている単位であるが、現在は液晶やプラズマなどの薄型テレビが主流で、こちらはV型で大きさを表示しているものが多い。 また、テレビの縦横の寸法が「16:9(ワイド画面)」と「4:3」では対角線の角度が違ってくる。 同じインチ数でも画面の大きさは変わってくるのだ。 テレビは大きければ遠くても見やすいが、近すぎると見辛くなる。 大きければよいというものではなく、大きさに応じた適切な視聴距離があるのだ。 一般的にフルHD液晶画面のテレビなら、画面の高さの3倍の距離が適切だといわれている。 例えば、32V型テレビの高さ(画面サイズ)は39cmなのでその3倍なら117cmとなる。 以下の視聴距離をだいたいの目安にしてほしい。 ・24V型:90cm ・32V型:1. 2m ・40V型:1. 5m テレビをテレビ台に置くのか、壁掛けにするのかでも適切な視聴距離は変わってくる。 もしも距離をあまり取れない場合は、台に置くのではなく壁にかけるなどしてできるだけ距離を取るような工夫をするといいだろう。 視聴距離だけでなく高さも大事 4Kテレビは画素数が非常に多いテレビであり、一般的なフルHDのおよそ4倍もの画素数になる。 テレビは大きくなるほど画面が粗く見えてしまうという弱点を克服したのが4Kテレビなのだ。 これまでになかった迫力のある映像を楽しむことができる。 部屋はそれほど広くはないが、最新の4Kのテレビが見たい!という場合は、どのくらいの部屋の広さが適切なのだろうか。 画素数が多い分鮮明で細かいところまで表現できるので、近くで見ても粗さが目立たず違和感がない。 そのことからフルHDのテレビと比べると、4Kテレビは半分の距離で見ることができる。 先ほどテレビの視聴距離は画面の縦の長さの3倍が理想という話をしたが、4Kなら画面の縦の長さの1. 5倍の距離でも見られるのだ。 つまり、フルHDでは1. 5mの視聴距離を必要としても4Kならば80cmの距離があれば十分見ることができる。 部屋が狭いから大きなサイズのテレビは無理と諦めていた人も、4Kにすれば大画面テレビが楽しめるというわけだ。

次の

【図解】高さは?横幅は?テレビボードの選び方

テレビ サイズ 選び方

家具のサイズ選びって難しい....。 そのように頭を悩ませる家具の中でも、特にテレビボードのサイズの選び方は難易度が高い。 僕の周りにはなんとなく選んで、しっくりこなかったという方が多くいるので、 事前に下調べをすることが重要だと言える。 各テレビサイズにオススメできるテレビ台がある! この記事に出会ったあなたは、今後テレビボードのサイズ選びが確実に上手くいくことだろう。 将来持つ家族、意中の女性、仲の良い友人に自慢できる情報になるはずだ。 全テレビサイズを詳しく説明し、完全な比較表にまとめ上げた。 では見ていこう。 まずは、テレビのサイズを比較しよう 同じメーカーでも違いがあるが、家電の知識が豊富な僕が調べ上げた中で、 テレビの幅はこのように分類することができる。 30V型は70cm前後、37V型は90cm前後、 42V型は100cm前後、47V型は110cm前後、50V型は115cm前後、55V型は125cm前後であった。 これ以上大きいサイズももちろんあるが、一人暮らしの場合、 圧迫感が強くなるので55V型までにしておこう。 テレビ台とのバランスを確認しよう 一般的にはテレビの幅と同じ幅があるテレビ台であれば、機能的には問題はないとされている。 しかし、テレビの幅よりも余裕のある大きさのテレビ台を選ぶことでより安定感が増すので、 できる事なら少し余裕を持たせることが理想だ。 また、両サイドに余裕があるので、優雅な印象になる。 さらにお気に入りの雑貨や照明、スピーカーなども置けるので、 オシャレにコーディネートしやすいのも特徴である。 僕のオススメは、このガラス扉のテレビボードだ。 スッキリピッタリを追求した背面構造 64,798円 税込 3. 注意点はテレビボードの片方の幅に10cmは余裕をもたせること テレビとぴったりのサイズを避けたい理由には、歩く時ぶつかって、 テレビ転倒の原因にも繋がるリスクなどがあるからだ。 そこでまずテレビ台がどの大きさまで入るか、この表から確認してみてほしい。 幅70cm以下は22V型以下、幅90cm以下は30V型以下、幅120cm以下は42V型以下、 幅130cm以下は47V型以下、150cm以下は55V型以下 4. テレビボードには3種類の用途がある 単純に幅と言ってもこのように、コーナーに設置するテレビボードもある。 そこで、テレビ台の種類も合わせて抑えよう。 まず大きく分けると3種類のテレビ台がある。 1つ目がコーナーテレビボード、2つ目が伸縮テレビボード、3つ目が一般用のテレビボードである。 柱のあるコーナーにも使える! 16,198円~ 税込 5. テレビボードの特徴を考慮しよう 次に特徴を解説する。 コーナーテレビボードは、様々な方向からテレビ画面を見やすくするメリットがある。 しかし、コーナーテレビボードには27V型を置くことが一般的で、 37V型が最大であることなどテレビの大きさに制限が出てくる。 一方で伸縮テレビボードは、部屋に余裕があればその分伸ばすことができるので、 手持ちのテレビに合わせることができる。 高さの違いも理解できれば、ベストなテレビ台が見つかる 3つ目で挙げた一般用のテレビボードには、高さの違いもある。 例えば、この背面収納鏡面テレビボードはロータイプと呼ばれている。 目線が低くなりやすいので大きなテレビを乗せたい時や、 床に座ってテレビを楽しみたい時に最適である。 コード類の収納もばっちり、裏ワザあり! 15,118円~ 税込 7. テレビ台をイメージしてシミュレーションをしてみよう その他にはミドルタイプと呼ばれる高さが60cm~80cmほどのテレビボード、 壁一面に収納棚がありその中にテレビを置くハイタイプなどがある。 これらのタイプには様々なサイズがあり、一概にテレビの大きさを選定できないが、 上記の表を使って幅を参考に購入してみると良い。 まとめ このように部屋の大きさからテレビボードのサイズは選べる。 また、手持ちのテレビからも逆算して、最適なテレビボードを探すことができると理解出来ただろう。 注意する点は大きいテレビを購入して、部屋に圧迫感を与えることだ。 また、必要な時はこの表を見返してほしい。 もう一記事いかが?家具選びの色々な指標になる記事はこちら ・ サイズ感がわかったら、テレビの見やすさも考慮しよう! ・ 色から探すならこちらも参考に! ・ 例えば黒を使ったコーディネートはこんな感じで! ・ テイストをアクセントに部屋作りにチャレンジ!•

次の

テレビの正しいサイズの選び方。型とインチの違いと最適な視聴距離。

テレビ サイズ 選び方

家具のサイズ選びって難しい....。 そのように頭を悩ませる家具の中でも、特にテレビボードのサイズの選び方は難易度が高い。 僕の周りにはなんとなく選んで、しっくりこなかったという方が多くいるので、 事前に下調べをすることが重要だと言える。 各テレビサイズにオススメできるテレビ台がある! この記事に出会ったあなたは、今後テレビボードのサイズ選びが確実に上手くいくことだろう。 将来持つ家族、意中の女性、仲の良い友人に自慢できる情報になるはずだ。 全テレビサイズを詳しく説明し、完全な比較表にまとめ上げた。 では見ていこう。 まずは、テレビのサイズを比較しよう 同じメーカーでも違いがあるが、家電の知識が豊富な僕が調べ上げた中で、 テレビの幅はこのように分類することができる。 30V型は70cm前後、37V型は90cm前後、 42V型は100cm前後、47V型は110cm前後、50V型は115cm前後、55V型は125cm前後であった。 これ以上大きいサイズももちろんあるが、一人暮らしの場合、 圧迫感が強くなるので55V型までにしておこう。 テレビ台とのバランスを確認しよう 一般的にはテレビの幅と同じ幅があるテレビ台であれば、機能的には問題はないとされている。 しかし、テレビの幅よりも余裕のある大きさのテレビ台を選ぶことでより安定感が増すので、 できる事なら少し余裕を持たせることが理想だ。 また、両サイドに余裕があるので、優雅な印象になる。 さらにお気に入りの雑貨や照明、スピーカーなども置けるので、 オシャレにコーディネートしやすいのも特徴である。 僕のオススメは、このガラス扉のテレビボードだ。 スッキリピッタリを追求した背面構造 64,798円 税込 3. 注意点はテレビボードの片方の幅に10cmは余裕をもたせること テレビとぴったりのサイズを避けたい理由には、歩く時ぶつかって、 テレビ転倒の原因にも繋がるリスクなどがあるからだ。 そこでまずテレビ台がどの大きさまで入るか、この表から確認してみてほしい。 幅70cm以下は22V型以下、幅90cm以下は30V型以下、幅120cm以下は42V型以下、 幅130cm以下は47V型以下、150cm以下は55V型以下 4. テレビボードには3種類の用途がある 単純に幅と言ってもこのように、コーナーに設置するテレビボードもある。 そこで、テレビ台の種類も合わせて抑えよう。 まず大きく分けると3種類のテレビ台がある。 1つ目がコーナーテレビボード、2つ目が伸縮テレビボード、3つ目が一般用のテレビボードである。 柱のあるコーナーにも使える! 16,198円~ 税込 5. テレビボードの特徴を考慮しよう 次に特徴を解説する。 コーナーテレビボードは、様々な方向からテレビ画面を見やすくするメリットがある。 しかし、コーナーテレビボードには27V型を置くことが一般的で、 37V型が最大であることなどテレビの大きさに制限が出てくる。 一方で伸縮テレビボードは、部屋に余裕があればその分伸ばすことができるので、 手持ちのテレビに合わせることができる。 高さの違いも理解できれば、ベストなテレビ台が見つかる 3つ目で挙げた一般用のテレビボードには、高さの違いもある。 例えば、この背面収納鏡面テレビボードはロータイプと呼ばれている。 目線が低くなりやすいので大きなテレビを乗せたい時や、 床に座ってテレビを楽しみたい時に最適である。 コード類の収納もばっちり、裏ワザあり! 15,118円~ 税込 7. テレビ台をイメージしてシミュレーションをしてみよう その他にはミドルタイプと呼ばれる高さが60cm~80cmほどのテレビボード、 壁一面に収納棚がありその中にテレビを置くハイタイプなどがある。 これらのタイプには様々なサイズがあり、一概にテレビの大きさを選定できないが、 上記の表を使って幅を参考に購入してみると良い。 まとめ このように部屋の大きさからテレビボードのサイズは選べる。 また、手持ちのテレビからも逆算して、最適なテレビボードを探すことができると理解出来ただろう。 注意する点は大きいテレビを購入して、部屋に圧迫感を与えることだ。 また、必要な時はこの表を見返してほしい。 もう一記事いかが?家具選びの色々な指標になる記事はこちら ・ サイズ感がわかったら、テレビの見やすさも考慮しよう! ・ 色から探すならこちらも参考に! ・ 例えば黒を使ったコーディネートはこんな感じで! ・ テイストをアクセントに部屋作りにチャレンジ!•

次の