インスタ ストーリー プレビュー。 【インスタ】ストーリーにURLリンクを挿入する方法と2つの条件とは?

インスタ|ストーリーの閲覧履歴を残さない裏技

インスタ ストーリー プレビュー

カテゴリ: 写真/ビデオ 現在の価格: 無料 「インスタグラム Instagram 」のストーリー機能とは 複数の動画や写真を、好きなだけシェアしてテキストやスケッチツールを利用して編集したり、複数のクリップを組み合わせて一つの動画を作成出来ます。 そして、ストーリーは「24時間限定」でシェアされ、24時間経つと表示されなくなります。 インスタのストーリーは、検索のページで見ることが出来ます。 友達のストーリーを見る場合は、ホームボタンを押します。 上に表示された赤い丸は、ストーリーを投稿している人の一覧です。 タップすると、ストーリーが順番に流れます。 Instagram インスタグラム のストーリー保存方法は? インスタのストーリーを保存する方法を説明していきます。 ストーリーの保存方法は複数あります。 アプリ「リポスト Repost 」を使用する方法• 画面録画する方法 まず、自分のストーリーはインスタから保存出来ますが、他の人のストーリーを保存するにはアプリなどが必要です。 アプリ「リポスト Repost 」とは 今回オススメするアプリは、リポスト(Repost です。 録画アプリなどを使用しないと保存出来ないと言われている方もいますが、このアプリは本当に簡単に5秒程で保存出来ます。 1番オススメのアプリです。 インスタグラムの投稿を再投稿出来るアプリです。 再投稿とは、ツイッターでいうリツイートの事です。 このアプリはインスタグラムの投稿を簡単にリツイート出来るアプリなんですが、インスタグラムのストーリーをすごく簡単に保存することもできます。 PhotoAroundを起動したら先ず、インスタのアカウント情報を入力します。 アカウント情報を入力すると、インスタのアイコンの横が「OK」に変わりますので「ログインする」をタップしてください。 ログインすると自分のインスタのホーム画面が表示されます。 この時、保存したいストーリーのアカウントをタップしてください。 タップすると、 インスタでは通常ストーリーが流れますが、ここではアカウント主のページに飛びます。 アカウント主のアイコン下に表示されているのがストーリーです。 これをタップしてください。 そうすると「写真へのアクセスを求めています」と出るので「OK」をタップします。 これで自分の写真フォルダを見るとストーリーが保存されています。 簡単に出来ますので是非ご利用ください。 【iPhone版】インスタグラムのストーリーを保存する方法(リポストforインスタグラムとツイッター) インスタグラムのアカウントでログインしましょう。 インスタグラムのアカウントでログインしないと使用出来ません。 ログインしたら、自分のアカウントが表示されます。 上の赤い丸で囲んでいる所が、ストーリーを投稿している人の一覧です。 友達のアカウントが表示されると思うので、保存したい人のをタップしましょう。 友達ではない人のストーリーを保存したい場合は検索しましょう。 検索マークをタップすると検索できます。 インスタのストーリーを保存したい人のアカウントをタップしたらこの画面になります。 その人が投稿したストーリーが全て閲覧出来ます。 保存したいストーリーをタップしましょう。 タップするとストーリーが再生されます。 ストーリーが再生されたら、右上の赤い丸で囲んでいる所をタップしましょう。 タップすると、保存という文字が出てきます。 保存マークをタップしましょう。 これで保存完了です。 リポストという文字をタップしても保存されませんので注意してください。 リポストをタップすると、リツイートされます。 インスタのストーリーはカメラロールに保存されます。 24時間経っても消えることなく、いつでも閲覧可能になります。 なんといっても 「日本語」に対応しているリポストアプリなので、操作に関しては非常にわかりやすいのが特徴です。 簡単なボタン操作のおかげで、 インスタ初心者の人でも楽してインスタのストーリーを保存することができるでしょう。 カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 現在の価格: 無料 PhotoAroundの使い方ですが、まずはアプリを開いて「インスタ」と「Twitter」のどちらをリポートするか選択してください。 今回はインスタで紹介したいのでインスタを選択しますが、選択したら「ログイン」画面が出てきます。 ログイン情報を端末に保存していなかったり、はじめてPhotoAroundを開く場合はID(メールアドレスや電話番号でも可)、パスワードを入力する必要があるので、そちらを入力してください。 その後、 「ログイン」ボタンを押します。 上記の画像のような画面が開かれますが、 ちゃんとインスタを更新していたりフォローしている人がいる場合は、インスタのほうな画面が出てきてくれますのでいくらか安心できます。 逆に、作ったばかりのアカウントや、ストーリーを保存したいだけの「捨てアカウント」では、このような真っ白な画面になります。 このうち、まずは「 虫眼鏡アイコン」をタップしてみてください。 虫眼鏡アイコンは検索するためのアイコンなので、たくさんの人のストーリーを見たいときは利用していみるといいでしょう。 この中から、ストーリーを投稿してそうな人を選択してください。 選択したらこのような画像が出るのですが、もうほとんどインスタを直接使っているような感覚になりますよね。 赤枠で囲った部分が「その人の過去のストーリー・動画投稿」になりますので、この中から保存したいものを選択しましょう。 ちなみに、上列の動画がストーリーで、下部分の動画が投稿された一般動画です。 ストーリーを選択したい場合は直接タップでストーリー保存画面になりますが、投稿動画を確認したい場合は上記のような画像がたくさん出てきますので、もう一度魅力的に感じた動画を選択する必要があります。 ストーリー・動画を選択したらその動画の下にリツイートボタンとお気に入りボタンがありますが、その隣にダウンロードボタンがあります。 ダウンロードボタンをタップすることで動画保存が完了です。 スマホ端末のフォトに保存したストーリー動画がちゃんと存在するか確認してください。 「はじめの一回でタップできなかった」ので、若干ダウンロードボタンが効きにくい(一回目が保存失敗することも有り)ことも考慮する必要があります。 フォルダ作成アプリ等を入れていた場合、「PhotoAround」というフォルダが作られているので、その中身を見てみてください。 また、ホーム画面の緑枠タップで「過去にいいね」した人の投稿にリンクすることができ、青枠タップで自分のマイページ情報からユーザーを選択することもできます。 自分のフォロワー等のストーリーを保存したい場合や、視聴したいけれど足跡をつけたくない場合は、ここからリンクしてください。 【Android版】インスタのストーリーを保存する方法(Story Savar) Story SavarというAndroid専用のリポストアプリもおすすめです。 Story Savarは日本のアプリではないので英語で説明文を読まないといけないのですが、 それを差し引いたとしても非常に簡単にストーリーを保存することができるので、Androidの人は確認してみてはいかがでしょうか。 上記のPhotoAroundでは投稿動画も保存することができたのですが、 Story Savarはストーリー専門のリポストアプリになります。 早速英語で文章が出てきましたが「Instagram」と書かれている上部分をタップしてください。 次に、赤枠部分にID(ユーザーネーム、メールアドレスでも可)、パスワードを入力して、ログインを完了させます。 ログインしたら、右側にある 虫眼鏡アイコンをタップしましょう。 この虫眼鏡アイコンがそのまま検索ボタンになっているので、ここに検索したいワード(ユーザー名など)を入力してください。 ユーザー名を 直接検索することで英語がわからなくても問題なく使用することができますよね。 ユーザーを選択した場合、 上記画像のように「その人が投稿しているストーリー」しか表示されません。 この中から、気に入っていて保存したいストーリーを選択してください。 「Repost」「Save」「Share」の3つの文字が書かれた選択式ポップアップが表示されますので、 この中の「Save」を選択するだけでストーリーを保存することができるわけです。 ちなみに、下の「Share」を押せばLINEやTwitterなどにもストーリー内容をシェアすることができます(ただし、ストーリー投稿主にとってはシェアされたくない場合もあるので気を付けましょう) フォルダ作成アプリ等を使っている人は「Story Savar」という名前のフォルダが勝手に作られているのですが、この中に保存したストーリー動画が入っています。 Shouを使用する方法 AppStore非公認アプリ「Shou ショウ 」を使用する方法もあります。 先程のリポストと比べると、以下のような特徴があります。 リポストに比べて面倒• 若干の不安要素あり• トリミングが必要• ただし、一度インストールしておけば色々なアプリに利用できる 簡単に言うと、「スマホの画面を録画するアプリ」で、ストーリーを録画する、という方向です。 詳しくは上の記事で解説しています。

次の

「Instagramストーリーの使い方を解説」インスタ初心者必見!投稿方法を解説していきます!

インスタ ストーリー プレビュー

スナップチャットのようなストーリー機能がインスタに登場しました。 どんどんアップしてもタイムラインを埋めず、しかし24時間たつと見れなくなるという不思議な機能です。 ここでは実際にストーリを見たり、投稿。 ストーリーの使い方についてまとめてみました。 また、「フィルターをかけて投稿する方法」や「カメラロールから投稿する方法」、「フォローしていない人のストーリーを見る方法」などについても合わせて紹介していきますので参考にしてください。 ストーリー機能とは? インスタグラムでは、人気アプリのスナップチャットのような「ストーリー」という新機能を追加されました。 ストーリーがないいままでのインスタグラムでは、• たくさん投稿されるとタイムラインがいっぱいで見ずらい• あとで消そうと思った写真をついつい消し忘れていて恥ずかしい... などの困った場面がありました。 ところがストーリーという機能では、 タイムラインには写真が追加されませんので、どんどん写真や動画をアップしても問題ありません。 また 24時間で投稿が消えるシステムとなっており、ちょっとだけ友達に見せたい動画などをほんのちょっとだけ投稿するという使い方も便利となっています。 通常のタイムラインへの投稿よりも、よりカジュアルに使える機能といえるでしょう。 ストーリーを投稿する 1 モードの切り替え ストーリー機能搭載のバージョンへインスタアプリが更新されると、以下のような画面になると思います。 撮影では以下のようなモードがメニューから選べます。 下のスライダを横に移動させることで切り替えましょう。 タイプ 文字だけでストーリーを作れる機能が追加されました。 文字を打っていけば、自動的に全体の文字サイズが調整されます。 上にある「モダン」ボタンをタップすると、色などのテンプレートを切り替えることができます。 ライブ 日本でもストーリーでライブ配信機能が使えるようになりました。 「ライブ」を選び「 ライブ配信を開始」を押します。 終了するときは、右上の「終了する」を選び、 「ライブ動画を終了する」を選択してください。 通常 写真や動画を撮影、またはカメラロールから指定してアップします。 まずはインスタで通常どおりに写真や動画を撮影します。 BOOMERANG ブーメラン) 動画を撮影すると、自動で再生後に逆再生されるショートムービーが生成されます。 SUPERZOOM スーパーズーム) 自動でカメラがズームする効果の付いた動画を簡単に撮影できます。 逆再生 動画を撮影すると、自動的に逆再生の動画として保存されます。 ハンズフリー 撮影ボタンを押し続けなくても動画を録画してくれるモードです。 ストップモーション ボタンを押すたびに1コマ作成されていきます。 コマ撮りした動画を最終的に作成できるモードです。 ストーリーを投稿する 2 編集・加工 撮影した動画に、手書きやスタンプを追加したり、フィルターをかけることができます。 スタンプをのせる スタンプ機能に正式に対応しました。 上のアイコンからスタンプアイコンを選ぶと選択肢が出てきます。 「位置情報」を選ぶと「現在位置」に応じた場所情報を貼り付けることができます。 これを見た人がクリックすると、その位置の地図を確認できるようになります。 時刻のスタンプなどもあり、投稿時間を表示するのに便利となります。 スタンプは貼り付けた後、指でドラッグして移動したり、ピンチで拡大することができます。 アンケートをする スタンプ機能のなかにアンケート用ボタンが追加されました。 「アンケート」というスタンプをタップ。 すると出題内容と選択肢を自分で編集することができます。 するとストーリーで投票ボタンが出現。 タップすると結果が出ます。 アンケートに誰がどう答えたかは、質問を作った人にはわかってしまいます。 ウケ狙いで変な回答をしないようにしましょう:) 線を引く 画面右上のペンのアイコンをタップすると、指で線を描くことができます。 現在3種類で、上のアイコンを切りかえることで、細線・太線・まわりが光っている線と切り替えることができます。 下のカラーアイコンで色を変更。 カラーアイコンはスワイプすることで、何パターンか表示できます。 文字を入れる 文字アイコンをタップすると文字を入力できます。 もちろん日本語をいれてもOK。 文字では、インスタアカウントのリンクを入れることができるようになりました。 「 instagram」などのように「 」からはじまるアカウント名をそのままいれます。 スナップチャットと同じく、文字はドラッグして場所を変更したり、ピンチしてサイズを変更・拡大することができます。 フィルターをかける これもスナップチャットと同じなのですが、画面を左右にスワイプすると自動的にフィルターをかけてくれます。 これは濃淡が濃くなるようなフィルタ。 これはモノクロになるフィルタ。 これは光量がボワッと強調されるようなフィルタ。 連続してアップするには? 1度にストーリーとして録画できる動画時間は限度があります。 連続した動画や、2つ3つと連続した写真を、順次ストーリーに投稿したい場合があります。 その場合は?.... 残念ながらインスタのカメラでやるよりは、別のアプリでまず動画や写真を撮影します。 ギャラリーからインスタグラムンストーリーにアップできるので、そちらのやり方をしたほうがよいでしょう。 方法は下の記事を参考ください。 カメラロールから投稿するには? すでに編集されたようなビデオが投稿されていて、どうやって投稿するんだろう?と思ったのですが、どうやらカメラロールからストーリーへアップできることがわかりました。 通常ここではカメラの撮影モードになるのですが、上からスワイプするとカメラロールにある動画や静止画が一覧できます。 これをタップすることで、ストーリーとして送ることができます。 ただしこれらは24時間以内に作られたものが候補として出てきます。 つまり、ストーリーへ送るのであれば、過去の動画ならば一度作り直しておく必要がありそうです。 ストーリー動画は何分まで? ストーリーでは動画もアップできます。 どのぐらいかなぁと思ってうちで試したところ、 15秒まで撮影できました。 15秒以上の動画をアップしたい場合にはどうすればいいでしょうか。 「Continual」というアプリでは、動画を自動的に15秒に分割してくれます。 すると、順次アップロードすれば長い動画として見れるようになります。 削除するには? 自分のストーリーを開きます。 右下のアイコンをタップするとメニューが出るので削除を実行します。 ストーリーはタイムラインへアップできる? 自動ではタイムラインへ追加されません。 自分でアップしなおす必要があります。 ストーリー多くの人に見てもらうには? ストーリーを自分のフォロワー以外にも見てもらいたい... というときに便利な機能が追加されました。 「ハッシュタグ」です。 タグでは、自分の指定位置に近いところでのストーリーがまとめて紹介される機能なども追加されます。 もしストーリーをあげても1人、2人しかみてくれないんだよね... という人はタグや位置をうまく使ってみるとアップできるかもしれませんね。 ストーリーを見るには? ストーリーが更新されるとピンク色の円で囲まれています。 ストーリーが見れる相手は、こちらがフォローしている人たちのストーリーとなります。 つまりAさんという人のストーリーを見たければ、Aさんをフォローしておく必要があります。 再生方法は以下の通り• タップすると、次の写真または動画へスキップされます。 ストーリー再生中は、指を長押しするとその間停止します。 画面をスワイプすると次の人のストーリーへ移動します。 今のところストーリーへ「いいね」したりする機能はないようです。 ストーリーを見終わると、周りの絵が灰色になります。 ここに色がつくと、更新されたことを教えてくれます。 フォローしていない人のストーリーをチェックするには? 基本的にはフォローしている人のストーリーが、メイン画面上では更新されてみれるのですが、フォローしなくても見れるのでしょうか。 見れるんです。 ユーザ検索などでプロフィール画面を開きます。 そしたらユーザアイコンをタップします。 ストーリーがある場合には、アイコンのまわりがカラフルになっています。 タップするとストーリーが開きます。 特定の人のストーリーを見たくない場合は? ストーリーはフォローしていると自動的にアイコンが表示されます。 しかしフォローはしても、ストーリーは面倒なのでイヤという場合には、ストーリーをミュートに設定するとよいでしょう。 まずはターゲットの人のプロフィールを開きます。 右上の「... 」メニューをタップ。 すると「 ストーリーを表示しない」という選択肢があるのでタップして実行しましょう。 ストーリーのアイコン欄を出ないようにするには? 現状ではストーリーアイコンの表示ブロック自体をまるまる非表示にする機能はないようです。 そのため、フォローしている人のプロフィール欄からすべて「ストーリーを非表示」にするか、ストーリーを使っている人すべてアンフォローする、といった方法しかないようです。 ストーリーの不具合 ストーリーにアップロードできない ネットワーク転送速度が遅すぎる場合にはエラーになる可能性が高いです。 ただしまれにインスタ側の障害で「アップロードできませんもう一度実行してください」というエラーになる場合があります。 サーバ側の不具合の場合には、こちらには対処方法はありません。 一度保存しておいて、時間をおいてからアップロードを再度試しましょう。 ストーリーが見れない ストーリーには時間制限があります。 一定時間過ぎていたり、配信者が配信を停止した場合ストーリーが見れなくなります。 こちらもごくまれにですが、インスタグラム側のシステム障害のせいでみれなくなることがあります。 その場合には、しばらく時間をおいてから確認しなおすぐらいしか対処はありません。 ストーリーの撮影後にアプリが落ちる ストーリーの撮影した直後、「問題が起きました」となってアプリが落ちるケースがうちでおきました。 動画、写真ともだめ。 さらに新しくできたブーメランモードで撮影しても直後に終了してしまいました。 同様の症状の場合にはお試しください。 その他のインスタを便利にする技はこちらにまとめてあります。 apicode.

次の

Instagramの新アプリ「IGTV」を徹底解説!既存の動画サービスとの違い、動画作成のポイント

インスタ ストーリー プレビュー

インスタグラムには通常の投稿やストーリーズ、コレクション、タグなどいろいろな機能がありますが、検索画面の上のほうにひっそりとある「IGTV」という機能はご存知ですか? 写真を投稿したりストーリーズをアップしたりしていても、このIGTVは使ったことがない、機能を知らない、「アイコンは見たことがあるけど使い方がよく分からない」という方もいらっしゃると思います。 この記事では、Instagramで1分以上60分以下の動画をシェアできる「IGTV」の特徴や使い方、作り方、インスタ集客で活用する方法についてご紹介します。 InstagramのIGTVとは? 一般的にInstagramというと、「画像を投稿するアプリ」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? 実は、アップロード後、24時間で消えてしまうストーリーズよりも、きちんとした動画をアップしてインスタ集客に活用したい方におすすめなのがIGTV機能です。 このIGTVはストーリーズほど手軽に投稿はできないものの、写真と同じ感覚で動画を投稿し、プロフィール画面から過去の動画をさかのぼって見られることが最大の特徴です。 まさに、IGTVはインスタグラムの中のYouTubeなのです。 IGTVの使い方 IGTV動画の閲覧方法 アプリの下にあるメニューから虫眼鏡のアイコンをタップして[検索]を開き、画面右上にあるブラウン管テレビのアイコンをタップして[IGTV]のメニューを表示します。 バージョンによって見え方が違います。 この画面では、フォロワーが公開している動画や、Instagramの「おすすめ動画」が表示されます。 サムネイルをタップすると動画が再生され、右から左にフリックすることで次の動画が再生されます。 IGTV動画を投稿する方法 スマホから動画をアップロードする場合、1分〜15分の間の動画を用意します。 カバーを選択する画面が表示されたら、IGTVで動画が一覧になっている時に表示されるカバー画像を動画のフレームの中から選択します。 (スマホのカメラロールに保存されている画像を設定することもできます。 タイトル• IGTVシリーズ追加• 動画を表示するSNSの設定• プレビューを投稿するか 以上の設定をします。 タイトルや詳細は動画のサムネイルの上に表示され、ユーザーが動画を見るかどうかを決める際に重要なので「わかりやすくキャッチーなタイトル」にしましょう! 通常、IGTVにアップした動画は検索画面の右上のアイコンからしか見ることができないので、ユーザーに動画をアップしたことを知ってもらうために「プレビューを投稿」をオンにしてタイムラインに表示させる設定にしておきましょう。 すべての設定が完了したら、画面右上にある「投稿する」をタップして動画を投稿します。 動画アップ後にできる操作 インスタのプロフィール画面から動画をタップし、メニューのアイコンを選択するとリンクをコピーしたり、インサント(ユーザーの反応)などを表示することができます。 この中でも特に「リンクのコピー」と「インサントの表示」という2つの機能をご紹介します。 リンクをコピーする ストーリーズで公開した動画は、InstagramのフォロワーにDMで共有することはできても、URLを取得してお店のホームページにアップしたりFacebookなど他のSNSで宣伝することはできません。 一方でIGTVでは公開した動画のURLを取得できるので、お店のホームページに埋め込んだり、QRコードを作ってパンフレットから動画を見てもらうなど、より自由に動画を見てもらうことができます。 インサントをチェックする Instagramのストーリーズや、写真の投稿など他の機能と同じように、IGTVもユーザーの行動をグラフや数値で表示してインサントすることができます。 「インサントを表示」をタップすると、以下の内容をチェックできます• 動画の再生数• いいね!数• コメント数• 平均再生率 (動画の再生回数は動画が3秒以上視聴された回数を、平均再生率は動画の再生率を指します。 ) 特に、平均再生数がグラフで表示されるので、ユーザーが離脱したタイミング(動画の視聴をやめたか)」についても詳細なデータを分析できます。 IGTV動画の保存方法 動画を再生している状態で、画面左下に並んでいる4つのアイコンのうち一番右にある「…」メニューアイコンをタップし、「保存」をタップするとIGTVの動画を保存できます。 現時点ではIGTVの動画を端末のカメラロールに保存する方法はないので、もしスマホに保存したい場合は「画面録画」の機能などを使用しましょう。 IGTVを活用した集客方法 IGTV動画で店舗への集客方法 24時間で投稿した動画が消えるストーリーズは、リアルタイムの情報をユーザーに適しています。 それに対して、IGTVは動画をアップするとプロフィールからいつでも見てもらうことができるので、お店や商品の紹介などをお知らせするのに活用できます。 メニューの紹介には画像の投稿が向いているかもしれませんが、商品を作っている様子のダイジェスト動画やお店のスタッフからのメッセージなど「過程を伝える」には動画コンテンツが適しているといえます。 例えば、レストランなら料理を作っている動画、エステなら施術を行っている動画、ラーメン屋ならラーメンを食べている動画、猫カフェなら猫と遊んでいる動画、遊園地ならアトラクションを楽しんでいる動画などなど、色々なものを動画で表現できます。 お店のジャンルや雰囲気によって具体的な活用方法は違ってくるかもしれませんが、いずれにしても動画を使うことでフォロワーの印象に残るコンテンツを作ることができます。 更に、IGTVはインスタグラムの投稿やストーリーズの投稿ではできない、詳細欄にURLを貼ることができるのです。 このURLは通常のインスタ投稿から見たときにはリンク先に飛ぶことはできないですが、「IGTV」ボタンやアプリから見ると、リンク先に飛ぶことができます。 そのため、IGTVの動画でお店や料理、施術などを紹介して、予約サイトへ誘導したり、ホームページに飛んでもらったりできるのです。 直接集客ができるので、この機能は大きいですよね! IGTV動画から他のSNSやブログへ集客する方法 次に、IGTVはYouTubeやブログなどへの集客することができます。 これは上の理由の通りですが、詳細欄にURLを貼れるので、そこで直接他の媒体へ誘導することができます。 特に、YouTubeに誘導してアクセスアップさせるのに最適で、途中までIGTVで動画を流して、全編はYouTubeに飛んで見てもらうことができます。 また、力を入れているブログやツイッターなどのSNSがあれば、そちらに誘導することもできます。 こうやってアクセスアップしたり、メイン媒体に誘導して集客したりしています。 IGTVをSNS集客する際の注意点 IGTV機能の使い方や特徴などをご紹介しましたが、実は「画像をシェアするSNS」という認識が強いInstagramにおいてIGTVは多くの人に浸透していないのが現実です。 しかし、IGTV機能を知っている人が少なくても、アップした動画はストーリーズで宣伝ができたり、インスタ投稿としてタイムラインの表示からIGTVに誘導できたりする効果があります。 IGTVをアップするときは動画を「プレビューをタイムラインに投稿する」を選択してインスタのタイムライン(フィード)にも流れるようにするのがオススメです。 まとめ この記事では、Instagramの中でも意外と活用する人が少ない「IGTV」の作成方法や使い方、集客方法、SNS運用での注意点などについてご紹介しました。 少し手間がかかるところはありますが、公開後24時間で消えてしまうストーリーズと違って、長期間にわたってユーザーに見てもらえる動画をアップできるところがIGTVのメリットです。 1分〜15分(パソコンからの投稿なら一定条件をクリアすれば1分~60分)と、インスタとしては長めの動画を公開できるので、 お店や施術などの紹介だけでなく、スタッフからのメッセージや料理を作っているシーン、施術を行っている場面など「過程を伝える」ための動画として活用してみると良いですよ! 画像・写真の共有に強いInstagramとIGTVの動画をかけ合わせて、SNS集客に活用していきましょう!.

次の