カモ られる。 「カモにする」の意味とは?読み方、対義語や使い方、具体例を紹介!

鴨は飛ぶ・飛ばない?その動画、飛べなくなった由来や生態、アヒルとの違いも

カモ られる

「 」、 「 」、 「 」に、 上の明確な違いはなく、英語ではいずれも「 duck 」と呼ばれ、区別されないことが多いです。 「カモ」とは、カモ目カモ科マガモ属に属する の総称で、漢字では「 」と書きます。 マガモ、コガモ、オナガガモなど の 「カモ」の多くは で、日本より北の地域から のため日本にやってくる冬 として知られており、冬場の や 、 などに見られます。 単に 「カモ」といった場合マガモ 真鴨 を指すことが多く、 で 50~65cm、 1~1. 5kg程度、 は黄色のくちばしに、頭部が濃緑色、首に首輪のような白色のラインがある を持ち、 は黒とオレンジ色のくちばしに、黒褐色の斑がある褐色の体毛を持った個体が一般的です。 「カモ」は、世界中で古くから食用とされてきた鳥で、鴨鍋や鴨汁、鴨 などの で用いられるほか、 や でも多く用いられる です。 なお、 の 「カモ」には、1日5羽まで、網猟においては 期間を通じて合計200羽までといった捕獲制限が設けられています。 「アヒル」とは、カモ目カモ科マガモ属のマガモを に、 用、採 、 採集、 用などを目的として 化した鳥類で、漢字では「鶩」や「家鴨」と書きます。 成体で体長50~80cm、体重3~5kg程度、オス、メスともに黄色のくちばしと足に、白い体毛を持った個体が一般的です。 また、翼は退化して小さくなっており、長距離を することはできなくなっています。 「アヒル」は、北京ダックやローストダック、ターダッキンなど世界中で様々な に用いられるほか、 「アヒル」の卵を原料とするピータンや、 「アヒル」の を肥大させた なども食されます。 鴨肉と比較して脂が多いアヒル肉は日本においてはそれほど好まれず、 「アヒル」が に用いられることも一般的ではありません。 「アイガモ」とは、野生の 「カモ」と、家禽の 「アヒル」を した鳥類で、漢字では「合鴨」や「相鴨」「間鴨」と書きます。 体色や大きさなど外観は野生の 「カモ」と類似しており、 「アヒル」と比較して、野生の 「カモ」に近い味や であることから、 「カモ」の代用として鴨料理に用いられることもありますが、肉量が少ない、 能力が低い、成長に時間がかかる、生産 が高いなど欠点も多いことから、食肉用としてはそれほど多く流通していません。 食肉以外の 「アイガモ」は、愛玩用や狩猟用のおとり雑草除去のため に放す合鴨農法などに用いられます。 日本においては、食肉用の 「アヒル」を業者 で 「アイガモ」と呼ぶことが多く、 などおいて「合鴨」が料理名にに用いられている場合でも、実際はアヒル肉が用いられていることも少なくありません。 「カモ」…マガモ属に属する鳥類の総称 「アヒル」…マガモ属のマガモを原種に家禽化した鳥類 「アイガモ」…野生のカモと家禽のアヒルを交配した鳥類.

次の

淡水で多く見られるカモの仲間

カモ られる

水辺の鳥 その1 マガモ(真鴨) カモ目カモ科 体長:59cm(カラスぐらい) 見られる時期:1年中 見られる場所:河川、湖沼 日本で広く見られる種類のカモ。 オスは頭が光沢のある緑で、くちばしが黄色い。 メスは地味な褐色で、くちばしが黒く、縁がオレンジ色をしている。 アヒルはマガモを家畜化した物で、生物学的には同じ種である。 カルガモ(軽鴨) カモ目カモ科 60. 5cm(カラスぐらい) 見られる時期:1年中 見られる場所:河川、湖沼 マガモと並んでよく見られるカモで、市街地から河口まで、どこでも生活できる。 オスとメスで見た目にほとんど違いがなく、目立たない褐色をしている。 マガモのメスに似ているが、くちばしの先端部分が黄色い点が違い。 マガモに比べて雑食性が強く、タニシや小エビも口にする。 コガモ(小鴨) カモ目カモ科 体長:38cm(ハトぐらい) 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼 日本で見られる淡水生のカモの中では最も小さい種類の一つ。 秋になるとシベリアや中国北部から来て日本で繁殖し、晩春になると帰ってゆく。 オスは頭が茶色で、目の周りから側頭部にかけて緑色の模様があるのが特徴。 多くのカモと同じように、メスは褐色の地味な姿をしている。 ヒドリガモ(緋鳥鴨) カモ目カモ科 体長:49cm(カラスぐらい) 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼、海岸 冬になるとユーラシア大陸北部から越冬のために日本にやってくる。 メスは他のカモと同じように「グァグァ」と鳴くが、オスは「ピューピュー」と口笛のような甲高い声を出す。 淡水生のカモだが海に近い場所にもよく集まり、河口や海岸にもやってくる。 オナガガモ(尾長鴨) カモ目カモ科 体長:オス75cm メス53cm 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼、海岸 日本では冬にシベリアから飛来する。 オスは体が白と灰色のグラデーション、顔が茶色で、尾羽が後ろに長く伸びる。 メスは褐色のまだら模様で、尾羽は少し長いがオスほどではない。 エサは水草、小さな貝などで、首が長いので深い場所の餌を食べることが出来る。 ハシビロガモ(嘴広鴨) カモ目カモ科 体長50cm 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼 冬になるとユーラシア大陸の高緯度地域から越冬のために日本にやってくる。 名前の通りくちばしの幅が広いのが特徴で、オスは頭が緑で目が黄色。 食事の際は水中のプランクトンや草の実を水ごと吸い込み、くちばしにある細いくしのような突起で漉し取って水だけ吐き出す。 ホシハジロ(星羽白) カモ目カモ科 体長:45cm 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼 夏はシベリア付近で繁殖し、冬になると越冬のために日本にやってくる。 オスは赤褐色の頭と赤色の目が特徴で、メスの目は茶色で頭も褐色。 他のカモは潜水が出来ないが、ハジロは潜水が得意で、長い間潜っていられる。 エサは植物食寄りの雑食で、夜になると食べ物をあさりに出かける。 キンクロハジロ(金黒羽白) カモ目カモ科 体長:40cm 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼、海岸 冬になるとシベリアから越冬のために日本にやってくる。 オスとメスは似た姿をしているが、オスは後頭部の飾り羽が伸びる点が違う。 ホシハジロに比べると潜水時間が短いが、深いところまで潜ることが出来る。 エサは動物食寄りの雑食で、昼間にエサを食べに出かけることが多い。 オシドリ(鴛鴦) カモ目カモ科 体長:45cm(カラスより小さい) 見られる時期:1年中 見られる場所:河川、湖沼 繁殖期のオスは鮮やかな姿だが、メスや非繁殖期のオスは地味である。 食性は植物食寄りの雑食で、特にどんぐりを好む。 オシドリ夫婦という言葉があるが、実際は他のカモ類と同じように、冬の繁殖期ごとにパートナーを変える。 ミコアイサ(神子秋沙) カモ目カモ科 体長:42cm(カラスより小さい) 見られる時期:冬 見られる場所:河川、湖沼 夏はシベリアなどの針葉樹林地帯で繁殖し、日本へは越冬のために渡ってくる。 繁殖期前後のオスは全身が白く、目の周りだけが黒いパンダのような顔になる。 メスや繁殖期以外のオスは体が灰色で頭が茶色く、喉の付近が白い姿をしている。 食性は動物食寄りの雑食で、主に魚やカエル、甲殻類を食べる。

次の

マガモ

カモ られる

が孵化してすぐ,あるいは数日以内に巣を離れる性質。 類や類,類,など地上性のやの雛は,孵化時になどの類よりかなりした状態になっており,目が開き,体がで覆われ,歩き回ることができる。 孵化するとすぐに巣を離れ,親鳥について歩くものが多い。 離巣性の雛の巣立ち後の状態は,生息場所やの仕方により異なる。 類の雛は孵化時には飛んで逃げられるほど体が発達しており,親鳥の世話を受けずに独立し,食べ物もでとる。 ズグロガモ Heteronetta atricapilla は性で,仮親に抱卵されて孵化した雛はすぐに独立できる。 についても違いがあり,カモ類やチドリ類などの雛は自分で食べ物をとるが,カイツブリや類,類などの雛は,巣を離れたあとも親鳥のとった食べ物を与えられる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 鳥類の雛 ひな が孵化 ふか 直後、あるいは孵化後の比較的早い時期に、自力で巣を離れる性質をいう。 カモ類、シギ類やチドリ類、キジ類など地上営巣性の種でこの性質が発達している。 これらの種の雛は孵化時にすでに開眼しており、身体は綿毛に覆われ、まもなく立ち上がって歩いたり、走ったりすることができる。 しかし、すぐには自力で餌 えさ をとれないので腹腔 ふくこう 内に卵黄を蓄えている。 また、なるべく短時間で全卵が孵化を済ませるために、孵化が近づいた雛たちは、卵の殻を通して互いに音声で連絡をとり合いながら、孵化を同調させるという事実も知られている。 これらの性質が進化してきた背景には、地上に営巣することに対する捕食の危険性が考えられる。 カモメ類は地上営巣性で雛の諸形質も離巣性のものに近いが、捕食者が近づきにくい離れた小島や断崖 だんがい などに営巣するため、雛は長い間巣にとどまり、親の給餌 きゅうじ を受けている。 [山岸 哲] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について 世界大百科事典 内の離巣性 の言及.

次の