お 財布 使い 始め 2020。 2020年 財布の購入時期と使い始める前は寝かせて種銭投入

【2020年下半期】財布を買う日・使い始めはこの日が金運アップ!

お 財布 使い 始め 2020

【天赦日(てんしゃにち)】 この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。 出典: 【一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)】 一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。 出典: 【寅の日(とらのひ)】 BIGの購入や財布を新しくすると出て行ったお金が戻ってくる、この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる、などと言われているのですね。 出典: 特に天赦日は、 吉日のなかで最も縁起のいい日です。 まずは財布の購入を検討している月の天赦日をチェック! もし天赦日があれば、その日に財布を新調しておろすと金運アップが期待できます。 かなりレアな日なので、見逃さないようにしましょう。 【6月】財布を新調する上半期最後のチャンス! 【天赦日】• 2日(水) 【一粒万倍日】• 1日(火)• 6日(日)• 9日(水)• 14日(月)• 21日(月)• 26日(土) 【寅の日】• 8日(火)• 20日(日) 9月は2020年下半期の中でも、財布の買い替え・使い始めにもってこいの月です。 なんといっても下半期に3回しか訪れない、 最上の吉日「天赦日」が2日に訪れます。 運気をしっかり取り込むなら、この日を狙ってみましょう。 それ以外でも、20日と26日も財布を買う日にはおすすめ! 「20日=寅の日と大安が重なる日」「26日=一粒万倍日と大安が重なる日」、このように大安と寅の日・一粒万倍日が重なるんです。 2日に財布を買い換えられないという方は、20日や26日も狙ってはどうでしょうか。

次の

【財布の使い始め】新しい財布をおろす日に必ずやっておきたい8つのこと。

お 財布 使い 始め 2020

Contents• 2020年 財布の使い始めによいとされる吉日はいつ? 今回は、2020年の、お財布の使い始めに縁起が良い日とされている3つの吉日を紹介します。 春の時期に買う春財布は「財布が張る(春)」=「財布が膨らむ」と言われていて縁起がいいとされています。 2020年の立春は2月4日なので、それ以降は暦の上では春。 立春を過ぎてから使い始めてもいいですし、4月の新生活に合わせて新しい財布にして心機一転頑というのもいいです。 その中でも暦のうえで、特にお財布の使い始めに吉日とされる日を見ていきましょう。 天赦日(てんしゃにち) 天赦日は、暦の中で最も良い大吉日とされています。 天赦日とは、天が万物の全ての罪を許す日という意味で、最上の吉日になります。 そのため、天赦日には「万(よろづ)よし」とも注記されています。 「万よし」とは、「何に関しても良し」という意味があり、婚礼、引っ越し、開業、出生届、財布の新調などが特に良い日といわれています。 天赦日は季節と日の干支で決められており、1年に5,6回あります。 2020年(令和2年)の天赦日は• 1月22日(水)先負 天赦日+一粒万倍日• 2月5日(水)赤口 天赦日+寅の日• 4月5日(日)先負 天赦日+寅の日• 6月20日(土)友引 天赦日+一粒万倍日• 9月2日(水)先負 天赦日• 11月1日(日)赤口 天赦日• 11月17日(火)赤口 天赦日 新しいものを使い始める日としても良いとされているので、天赦日にお財布を新調すると金運アップも期待できますね。 一粒万倍日 一粒の籾が稲穂のように万倍にも増えるという意味で、これも大変良い吉日です。 そのため、何かを始める時には特に縁起が良い日とされており、商売の始めや種まき、新調した財布を使い始める日などにはぴったりです。 「物事が何倍にも膨らむ」ことから「お金が何倍にも膨らむ」と考えられているため、この日にお財布を購入したり使い始めると良いとされています。 ただし、一粒万倍日は、人から何かを借りたり、借金をするなどの負のことに関しては、その苦労の種が万倍になるということで凶とされているので注意が必要です。 銀行での借り入れの契約日や実行日、人からもし借金をするようなことがあっても、一粒万倍日は避けたほうがいいです。 「使ったお金がすぐに戻ってくる」とか「お金を招いてくれる」とされていて金運アップが期待できる日で、実は最も金運の最強な日なんです。 黄金色の虎は「金運の象徴」ともされていて、寅の日は、吉日の中でも一番おすすめしたい日でもあります。 2020年(令和2年)寅の日 2つ重なるラッキーデーは• 「春財布」ということにフォーカスすれば、立春からを春と捉えるなら、2月5日、4月5日が吉日と言えそうです。 元旦からを新春ということも踏まえるなら、天赦日+一粒万倍日が重なる1月22日も加えて最強な日といえそうです。 2020年 風水で色(カラー)や素材のオススメは? 金運UP!といえば黄色やゴールドをイメージされる方も多いはず。 一般的に知られているイメージ通り、黄色は財をもたらせてくれる色です。 さらに風水でラッキーカラーをうまく取り入れることでさらにパワーをUPさせてくれます。 【Dr. コパ風水】によれば、2020年のラッキーカラーは、• 金色(ゴールド) 風水師の李家幽竹さんが発表された2020年のラッキーカラーはバナナイエロー、ピーチピンク、サブカラーはアイボリー、キャメル、ゴールドです。 重なっているのは金色(ゴールド)ですね。 緑は、占い師・ゲッターズ飯田さん、イチオシの色でもあります。 お財布の色ということで考えた場合には• 緑色の財布:色自体に大きな金運を呼び込む力はありませんが、着実に全ての運が伸びていく色と言われています。 また自分自身が頑張れば頑張るほど、それに見合ったものがやってくる財布の色と言われています。 茶色の財布:五行からみると茶色の財布を「土」属性。 そのため、「金」を生む、育てる属性があるといわれています。 なので金運アップの色とも言われています。 金色のお財布:黄色の財布を超えるほどの金運アップ力を兼ね備えている財布と言われます。 ただし、黄色のお財布と同様に金運の効果は高く、たくさんのお金を呼び込むことができますが、出て行くお金も非常に多くなるようです。 お金の出入りが激しくなる色とも言われています。 ということで、その年のラッキーカラーがそのままお財布にオススメかどうかは、一概にはいえず、持つ人が持つ風水の特徴と合わせてみるとより自分に合ったカラーを見つけることができます。 中国の風水と日本の風水では色の考え方が違う!? 中国風水では五行でお財布のカラー選びをすることが重要とされています。 五行思想とは、中国古代の自然哲学の思想で、五行説ともいわれます。 万物は五種類の元素からなり、その元素は一定の法則で互いに影響を与えあいながら、変化し、また循環しているという思想です。 五行の「五」は五つの元素のことで、「行」は動く、めぐる、という意味を表します。 五種類の元素は人間の生活に不可欠な「木・火・土・金・水」の素材です。 相手を強める影響を与える関係を「五行相性(ごぎょうそうしょう)」といい、相手を弱める影響を与える関係を「五行相剋(ごぎょうそうこく)」といいます。 ここでも、強めるから良い、弱めるから悪い、ということではなく、バランスを問題としています。 trans-suite. 良い相性ということで相手を強める関係のことを言います。 木は火を強め、火は土を強め、土は金を強め、金は水を強め、水は土を強める。 この流れで人と付き合っていくと良い流れが生まれると言われています。 五行相克の法則 五行相生とは逆転して、反発してしまう関係です。 木は土に勝って、土中から木を成長させ、火は金に勝って溶かしてしまう。 土は水に勝って水の流れをせき止め、金の刃物は木に勝って切り倒してしまい、水は火に勝って消してしまう。 そのため、こちらは一方の要素が他方の要素を支配、コントロールするサイクルです。 あなたは五行では何になるかご存知ですか?わからない、知らないという方は、こちらのサイトで確認させていただくことができます。 五行の表す色 五行思想では、色をはじめ、森羅万象すべての要素が「木・火・土・金・水」の五つの要素にわけられ、象徴的に表されています。 木:青色(緑)• 火:赤色• 土:黄色• 金:白色(金・銀)• 水:黒色(青) この五行の色が風水で財布を選ぶ上で貴重な要素となります。 が、自分の五行の色がラッキカラーというわけではありません。 財運を上げるポイントはこの相克している要素にあります。 つまり、五行からみる自分のカラーそのものではなく、自分の足りない要素を補えるコトが金運のカギなのです。 2020年 金運が上がる財布の素材は? 財布の色と同様に財布の素材も重要になります。 実は素材そのものにも五行が密接に関わっているのです。 牛革の財布 お馴染みの素材という位置づけではないでしょうか?牛革は土属性の属するので豊かさを表してお金を貯める効果があるとも言われています。 羊革の財布 こちらは火の属性となります。 火の属性の財布らしく活発で、人脈などの運気アップも見込めそうです。 豚革の財布 豚革の財布は水に属する財布となります。 お金の流れをよくしてくれそうです。 パイソン(蛇皮)の財布 蛇皮の財布は金に属する財布です。 ちょっと人間味に欠けると言われるかもしれませんが、しっかりと取捨選択能力がアップする財布素材といえそうです。 ワニ柄の財布 トータル的に効果があるといわれています。 クロコダイル柄は最近、人気なってきています。 まとめ 2020年 財布の使い始めにいい日はいつかを調べてみると、「春財布」ということにフォーカスし、立春からを春と捉えるか、元旦からを新春と捉えるかによっても違いますが、• 2月5日、4月5日• 天赦日+一粒万倍日が重なる1月22日 が最良の日といえそうです。 財布の使い始めによいとされる吉日という考え方でいくと、• 天赦日• 一粒万倍日• 寅の日 などが、お金にまつわる吉日といわれています。 ただし、暦により、不成就日と重なることもあるため、注意が必要です。 金運を上げるには、自分の五行に合った、カラーと素材で選ぶのがおすすめです。 例えば「木」の私で言えば黄色かゴールドの牛革のお財布が金運UPに良さそうです。 また、お財布は買ってすぐ使うより、新札をいつもより多くいれ、家の北方位の暗くて落ち着いた場所に、きれいな布につつんで、10日から2週間程度寝かせるのがいいようです。 お金をつかっても、お金が仲間を連れて戻ってきてくれるお財布にしておくことが大事なようですね。 この記事を参考に、ぜひ金運アップしていきましょう。 今後を考える 今回は、金運UPを意識して、お財布の使い始めにいい日についてみてきました。 「お金」ってやはりみんな気になる所ですよね。 今の時代、国の年金制度、健康保険制度などをみても、このままでは苦しくなるばかり。 何かしら、手を打たないと、と漠然とした不安を抱えている人も増えています。 あなたはいかがですか? こうした中、私は先を見越して何をしたら良いのか、と考えている人に向けて、無料のメールマガジンを配信しています。 選択肢のひとつ、解決策の一助として、あなたの人生のお役に立てればうれしいです。 下記から無料で登録できます。

次の

財布の使い始めにおすすめな日をチェックしよう!【2019~2020年】|mamagirl [ママガール]

お 財布 使い 始め 2020

旦那がむかつく!イライラする!そんな気持ちで当HPにたどり着いた方はまずはこちら• 実は、財布は「使い始め」こそが肝心です。 手にいれたばかりの新しい財布は、まだ誰も住んでいない新築の家のようなもの。 そこに初めてお金が住み、どんな一夜を過ごすかによって、その後、その財布にどれぐらい大きな金運がついてくるのかが決まるといってもいいほどです。 財布の使い始めを侮ってはいけません。 最初に入れたお金に「これはとてもいい家だな。 ずっと長く住んでみたいし、仲間や友達をたくさん連れてきたいな」と喜んでもらえるようにしましょう。 そのためには、新しい財布をおろす日には財布に厄が寄り付かないよう運を補給しておくことです。 今回は、財布の使い始め、新しい財布をおろす日にやっておきたいことをご紹介していきます。 財布の買い替えを検討されている方、または新しい財布を今から使い始める方はぜひ参考にしてくださいね! 目次• 財布の使い始め・新しい財布をおろす日にやっておきたい8つのこと お金のことで悩みを抱えている人ほど、財布やお金を大切に扱っていないというケースが本当に多いです。 金運を下げないためにも、ここからご紹介することを、財布の使い始めには一つでも多く取り入れてみてください。 きっと、その効果を実感できるはずです! 新しい財布を満月の光にかざす 財布を使い始める前に、まずは新しい財布を満月の光にかざして月光浴をさせましょう。 満月の光には金運を上げてお金を増やすパワーがありますので、新品の財布にそのパワーを注入するのです。 みなさん楽しそうに財布をふっていますよね(笑) 財布には何も入れず、ベランダや窓辺などに満月の光に2~3分かざすだけでOK。 光が財布の中まで差し込むように、内側の仕切り部分なども大きく広げるといいでしょう。 この方法は、財布の使い始めに限らず、現在使っている財布の金運が落ちてきたと感じたときにも大きな効果を発揮しますので、ぜひ覚えておいてください。 ちなみに2020年の満月の日は次のようになっていますよ。 2020年満月の日• 2月9日(日)16:34• 3月10日(火)2:48• 4月8日(水)11:36• 5月7日(木)19:46• 6月6日(土)4:13• 7月5日(日)13:45• 8月4日(火)0:59• 9月2日(水)14:23• 10月2日(金)6:06• 10月31日(土)23:50• 11月30日(月)18:30• 12月30日(水)12:29 お金を清め一晩寝かせる そして、こちらでご紹介したに入れて清めたお札を財布に移し替えて、家の北や中央で一晩寝かせます。 これで、厄を祓うと同時に運がどんどん入ってきます。 入れるお札の金額は、風水で天下を取る最強数字といわれる「115」にちなんだ11万5千円、もしくはラッキー数字の「8」にちなんだ8万円にするのがおすすめです。 これは財布を使い始めるにあたり、最初に財布に運を呼び込むための「見せ金」にようなものですから、これくらい高額のほうがいいでしょう。 一晩寝かせたら、すぐに抜いてしまってもかまいません。 神社で参拝する 財布の使い始めは、神社で参拝するようにするのもおすすめです。 こうすると財布の厄を落とせると同時に、自分がかなえたい夢を応援してもらえるようになります。 新しい財布をおろす日は運のいい日から 財布の使い始める、新しい財布をおろすのに縁起のいい日や時期は、こちらでご紹介した財布を買うといい日や時期と概ね一致します。 関連記事>> つまり、 季節でいうなら春と秋。 春の「張る(春)財布」は大寒の1月20日頃から春のお彼岸の3月23日ごろまで。 秋の「実り財布」は秋のお彼岸の9月20日頃から物部神社鎮魂祭の11月24日まで。 この時期に財布を購入すると同時に、このあたりから使い始めると良いということです。 ちなみに春の場合は、くわしくいうと以下の4つにその効果が分かれます。 日本に昔から伝わる季節行事の日には、祈願したことが直接神様に届きやすくなるので、ぜひ財布を持って神社で参拝してから使い始めてください。 誕生日から使い始めるのもいいでしょう。 自分の誕生日は、運の流れが変わるターニングポイントでもあるからです。 この日を選んで、運のいい新しい財布を使い始めることで、運気の波に乗りやすくなります。 財布には現金を多めに入れるようにしよう 「普段、財布に入れておく金額はどれぐらいがいいのでしょう?」このような悩みを持つ方も結構いらっしゃいますよね。 財布の気持ちになって考えると、中身がスカスカよりは運のいいお札がたくさん入っているほうが喜ぶと言われています。 財布を使い始めてからは、できれば、10万円程度、「これだけあれば、何か予定外のことが起きてもあわてずにいられる」と思えるくらいのお金を入れておきたいもの。 さきほどもご紹介した風水開運数字の「115」や「8」にこだわった11万5千円や8万8千円などもおすすめです。 たくさんの現金を財布に入れることで、財布の存在を常に意識するようになり、扱いも丁寧になります。 落としたり、紛失したりすることもかえって少なくなるはずです。 そして何より、財布の中にお札がたくさん入っていると、「類は友を呼ぶ」の法則で、不思議とさらに新しいお札がどんどん財布の中に呼び込まれるようになります。 これが難しい場合は、 最低限、財布の値段以上の金額は入れておきたいものです。 財布を使い始めるにあたり、お札を入れる際に大切なことは、 銀行で下したお金など、まとまった金額(とくに1万円札)をそのまま入れないことです。 いろんな人の手を渡って世の中を循環しているお金には、欲や恐れ、心配、不安などのネガティブなエネルギーが少なからず厄となってついています。 そのお金をそのまま財布に入れると、厄がほかのお金や財布にも移って運を落としてしまいます。 こういったお金は、一度家に置いてあるに入れて、そこでしっかりと厄を落としてから、持ち歩き用の財布に入れるようにしましょう。 スポンサーリンク 財布の中でのお札の定位置を決める 財布を使い始める前に、財布の中でのお札の定位置を決めておくことも大切です。 定位置を決めておけば、いくら入っているのかがひと目でわかり、お札が取り出しやすくなり、財布の整理整頓だけでなく、無駄遣い防止にもつながります。 お札を入れるスペースは通常、2つに分かれていることが多いと思います。 お札の中でいちばん格上なのは、いわずと知れた1万円札です。 できれば、1万円札を5千円札や千円札と分けて専用スペースに入れるようにしましょう。 お札の向きは、自分の絵の頭が上向きになるようにそろえて入れます。 頭が下向きになるように入れると、お札が息苦しくなって「この財布からは早く出ていきたい!」思うようになってしまいます。 レシートや領収書を入れっぱなしにしない 財布はお金の家ですから、いつもすっきりと整理整頓しておくことは開運の基本です。 財布を使い始めれば、たまったレシートや領収書は整理整頓の大敵になりますから、必要がないものはすぐに処分する癖をつけるようにしましょう。 必要なら専用の袋やポーチ、箱などを用意しておいて、できるだけ早くそちらに移しましょう。 実際にレシートや領収書は、家計簿をつける際などにも役に立ちます。 財布に長く入れっぱなしにしない限りは、保管してもかまいません。 財布はバッグに入れて持ち歩こう 財布を使い始めたら、バックに入れて持ち歩く習慣をつけましょう。 椅子や机の上に直接置いたりすれば、その厄がついて運を落としてしまいます。 実際、手あかや汚れ、傷もつきやすくなりますし、防犯の面から見ても危険です。 よく見るOLさんのこういう姿はよくないってことですね。 せっかく金運のいい財布を持っていても、大切に扱わなければ意味がありません。 ちょっと近くの店まで買い物にいくときでも、必ずバッグに入れて持ち歩くようにしましょう。 男性の方でもカバンに入れるのがベストですが、実際は財布をコートや上着の内ポケットに入れることが多いと思いますがそれでも結構です。 ただし、そんなときでも ズボンのお尻ポケットに財布を入れることは絶対にしてはいけません。 ますますお金に縁遠くなってしまいますよ。 財布の使い始めまとめ• 使う前に、満月の光にあてて、家の北や中央で一晩寝かせる• 春か秋から使い始める。 財布の値段以上の金額を入れるようにする• 金庫財布でお清めしたお札を入れる• お札の向きを揃えて入れる• レシートや領収書を入れっぱなしにしない• 裸のまま持ち歩かず、バッグに入れる ぜひ、財布の使い始めにはこのあたりのことを取り入れて、金運を上手に上げてくださいね! 財布の買い替えについてのまとめ 財布って本当に金運に大きな影響を与え、自分の人生の大きく左右するアイテムです。 そんな財布はどんなタイミングで、どんな価格のものに買い替えするのがベストなんでしょうか。 ここでは「財布の買い替え」をテーマに、次のような内容をご紹介しています。 こんな内容をご紹介!• 財布の買い替え時期はいつがおすすめ?• いくらの財布に買い替えたらいいの?• どんな素材に財布を買い替えたらいいの?• 長財布と二つ折り財布は結局どっちに買い替えるべき?• 財布を買い替えるときにおすすめのタイプは?• 風水でおすすめする財布の買い替え方法とは• あなたの財布はどれ?買い替えが必要な財布7パターン• 財布の買い替え時には入っているものを仕分けしよう!• 【財布風水】おすすめの色はどれ?その色にはこんな意味があるよ!• 財布を買い替えるなら「JOGGO(ジョッゴ)」がイチオシ! 続きはこちらから確認できますので、ぜひ合わせてご覧くださいね!>> 金運財布を作りたいなら「JOGGO(ジョッゴ)」がいいよ ちなみに僕も少し前に財布を買い替えたんですが、その財布をとても気にいっているので、少しご紹介を。 このJOGGOは、オシャレ通の中で最近人気沸騰中のオリジナル革ブランドです。 この財布の何が一番良いって、自分が好きな色を使って自由に財布をデザインすることができる点! 金運財布を作りやすいんですよね! この記事は、財布のおすすめの使い始め方法をご紹介してきましたので、すでに財布は購入済みの方が多いとは思いますが、もしまだ財布を新調していないなら、このブランドも買い替えの選択肢の1つに入れてみてください。 結構満足すると思いますよ~。 僕がこの財布を実際に購入したときの口コミをこちらの記事でご紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね。

次の