スペクトロ ニクス。 スペクトロライン 工場設備業界

スペクトロニクス,5.2億円を調達

スペクトロ ニクス

加工用レーザー機器開発のスペクトロニクスは1月16日,5. 2億円の第三者割当増資を実施したと発表した()。 割当先となったのは,新規株主のイノベーティブ・ベンチャー投資事業有限責任組合,KSP4号投資事業有限責任組合,京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合と,既存株主である産業革新機構,大和企業投資,三菱UFJキャピタル。 近年,微細加工において短パルスレーザーの応用が注目を集めている。 現在主流である欧米製短パルスレーザーは,高品質な加工を実現できるものの,生産ラインで使うには加工速度が遅く,また部品劣化に伴う交換が頻繁に発生するため,運用コストやメンテナンスコストで課題があった。 スペクトロニクスは2004年に設立された,微細加工用の短パルスレーザー発振器を開発するベンチャー企業。 同社が開発したハイブリッド型ピコ秒パルスレーザーは,欧米製レーザーとほぼ同等の加工品質を維持しつつ,加工速度を材料によっては2~25倍高速化できることが最大の特長。 また,劣化の少ない汎用部品で製品を構成できるため,競争力の高い製品価格を実現できるとともに,消耗品も格段に減少するため大幅にランニングコストを低減することができる。 さらに,オンサイトでのメンテナンスや現場での消耗品の交換ができることから,顧客の製造プロセスの稼働率を上げ,大幅に生産性を向上させることができる。 同社のハイブリット型ピコ秒パルスレーザーは,新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択され,さらなる研究開発を進めている。 同社は今回調達した成長資金により,生産体制の強化,及び研究開発の促進を実施する事で,「世界で最も頼りにされるレーザー技術のパートナー企業」となる事を目標に事業を推進する。 また,国内外の微細加工ニーズに応えられる産業用レーザー発振器メーカーとして更なる飛躍を目指すとしている。

次の

スペクトロライン

スペクトロ ニクス

加工用レーザー機器開発のスペクトロニクスは1月16日,5. 2億円の第三者割当増資を実施したと発表した()。 割当先となったのは,新規株主のイノベーティブ・ベンチャー投資事業有限責任組合,KSP4号投資事業有限責任組合,京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組合と,既存株主である産業革新機構,大和企業投資,三菱UFJキャピタル。 近年,微細加工において短パルスレーザーの応用が注目を集めている。 現在主流である欧米製短パルスレーザーは,高品質な加工を実現できるものの,生産ラインで使うには加工速度が遅く,また部品劣化に伴う交換が頻繁に発生するため,運用コストやメンテナンスコストで課題があった。 スペクトロニクスは2004年に設立された,微細加工用の短パルスレーザー発振器を開発するベンチャー企業。 同社が開発したハイブリッド型ピコ秒パルスレーザーは,欧米製レーザーとほぼ同等の加工品質を維持しつつ,加工速度を材料によっては2~25倍高速化できることが最大の特長。 また,劣化の少ない汎用部品で製品を構成できるため,競争力の高い製品価格を実現できるとともに,消耗品も格段に減少するため大幅にランニングコストを低減することができる。 さらに,オンサイトでのメンテナンスや現場での消耗品の交換ができることから,顧客の製造プロセスの稼働率を上げ,大幅に生産性を向上させることができる。 同社のハイブリット型ピコ秒パルスレーザーは,新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択され,さらなる研究開発を進めている。 同社は今回調達した成長資金により,生産体制の強化,及び研究開発の促進を実施する事で,「世界で最も頼りにされるレーザー技術のパートナー企業」となる事を目標に事業を推進する。 また,国内外の微細加工ニーズに応えられる産業用レーザー発振器メーカーとして更なる飛躍を目指すとしている。

次の

スペクトロニクス株式会社

スペクトロ ニクス

~斜陽産業で急成長を遂げた賢者~ 動画サイト「賢者グローバル」(kenja. tv)で、急成長した畳屋の社長さんが紹介されているのを見つけました。 キツタカという会社の橘高勝人(きつたか・かつひと)社長です。 キツタカの本社は東京都大田区。 関東と関西に17の支店があります。 東京の多摩地域でも、八王子と調布に支店を構えています。 畳屋として全国1位だそうです。 個人経営の畳店から、年間売上高が50億円を超える業界のリーダーへと発展。 市場規模が年々急減している「畳」という斜陽産業において、極めて異例な存在として注目を集めてきたようです。 橘高社長は1958年(昭和33年)生まれ。 父親は畳職人だったそうです。 その父が脳出血で倒れたため、高校生ながら家業を全面的に手伝うようになったといいます。 それまで医学部を目指していたという橘高氏。 畳屋の息子ながら、畳を縫ったことすらありませんでした。 父親が元気なころに縫った畳の裏を見て、糸の形跡から縫い方を覚えたそうです。 「大きい仕事」を獲るために、営業に奔走。 マンションなどの建築現場への体当たり的な営業も繰り返し、ディベロッパーやハウスメーカーから仕事を取るようになっていきました。 ようやく売上高が拡大していくと、今度は資金繰りが悪化したといいます。 これを受けて、入金までに日数がかかる新築物件を減らし、賃貸物件へと転換したそうです。 つまり、畳の「張り替え」を主力事業にしたのです。 また、畳製造の世界に成果主義を導入したといいます。 今後は、畳だけでなく、和室に必要な様々な建具や建材を扱う"和室業界のリーダー"としての活躍が期待されています。 若者へのメッセージでは「1回や2回の失敗にめげることなく、謙虚な気持ちを持って自分の目標を達成していただきたい」と話しています。 需要が大きく減っている業界でも、やり方次第では飛躍が可能なのですね。 新鮮な驚きでした。

次の