富山 コロナ 保育 士。 コロナ感染の京産大生、富山で「村八分」「父親失職」「家に投石」情報はデマだったのか?

富山市 東山保育園の保育士が新型コロナに感染!すでに感染確認された京都産業大学生の濃厚接触者

富山 コロナ 保育 士

富山県富山市は4月1日、いずれも市内在住で保育士ら20代の女性2人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。 2人は、京都産業大学のゼミ卒業祝賀会に参加して感染した女性と接触があった。 また、富山県も1日、新たに県内在住者1人の感染が確認されたと発表。 県内の感染者は計5人となった。 市によると、富山市の2人はそれぞれ祝賀会に参加した女性と3月24日に乗用車内で会話していた。 濃厚接触者として検査の結果、同31日に陽性と判明した。 現在、2人に症状はないという。 市などによると、保育士は市内の私立の認定こども園「東山保育園」に勤務。 同24日の接触後も出勤しており、同28日には同僚ら20人と市内で飲食をしていた。 保育士は3~5歳の園児28人のクラスを受け持っており、同園は4月1日から2週間程度、臨時休園すると発表した。 園の消毒を行い、市が濃厚接触した疑いがある同僚と園児を調査する。

次の

高松の保育所でクラスター発生か 保育士11人が感染 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

富山 コロナ 保育 士

全国社会福祉協議会は、新型コロナウイルスによる保育の現場への影響を調べるために、先月下旬、各都道府県の保育士や認可保育所の団体の代表らおよそ300人を対象にアンケート調査を行い、221人から回答がありました。 それによりますと、現場でストレスの要因になっているものを3つ聞いたところ、「『3つの密』が避けられず、子どもや保育者に感染リスクがあること」が90%で最も多く、次いでマスクや消毒液などの不足で十分な感染予防ができないこと65%、安全な保育の方法がわからないことが43%などとなりました。 協議会によりますと、緊急事態宣言の解除で休園などしていた多くの保育所で子どもの受け入れを再開しているということですが、乳幼児が相手の保育の現場では密接や密集を避けることが難しく、アンケート調査では、こうした現状に多くの保育士が不安を感じていることがうかがえるとしています。 協議会では「感染防止対策に関する情報共有や研修を行うなどして、現場の負担を軽減していきたい」としています。 保育現場では、「3つの密」を避けるための工夫など、感染防止に向けた試行錯誤が続いています。 東京・千代田区で一時預かりのサービスを提供している保育施設では、子どもを預かる際、事前に体温を測るほか、家族にも発熱やせきの症状がないかを確認するようにしました。 また、子どもたちが手にするおもちゃなどの消毒の回数を、これまでの1日2回から1時間ごとに増やしたほか、換気も頻繁に行うようにしているということです。 そして、子どもどうしの距離を少しでも確保するため、おもちゃを離して置いて1か所に集まらないようにしたり、食事の際は、これまで1人の保育士が2人の子どもに同時に食べさせていたのを、1人ずつ別々にしたりしているということです。 施設長の早坂今日子さんは、「飛まつによる感染を防ぐ対策を徹底しているが、その分、保育士の手がかかるようになった。 治療薬もない中、未知の病とどう向き合うか、以前より気をつける点が増えている」と話していました。 都内の認可保育所にパートで勤めている30代の保育士の女性は、緊急事態宣言が出されている間は園の指示で休業し、今月から復帰しました。 女性は、「園児の8割くらいは登園を再開している状態だが、園側からは、感染防止のために、どういったことに気をつければいいかという説明もないまま、慌ただしくスタートした。 いろんなことに気を配るという意味では、今のほうがストレスがかかっている」と話していました。 勤務先の保育所では、「3密対策」として、子どもたちのクラスを室内と屋外の2つに分けるなどの対応を取っているということですが、暑さが厳しさを増す中、外遊びが限定されつつあり、女性は、対策に限界があると不安を募らせています。 そして、自分自身の感染リスクについて、「子どもが好きで、仕事が好きで働いていて、感染してもしかたないと思っている。 本当に怖かったらきょうにでも辞めると思うが、覚悟してやっている」と心の内を打ち明けました。 そのうえで、「感染すれば、私たちの年代でも死んでしまう可能性がある。 ものすごく気持ちをすり減らしていることに何の手当もないのはひどいと思う。 現場で働く人には、危険手当として、慰労金のようなものは払ってほしい」と話していました。 アンケート調査をおこなった全国社会福祉協議会は、保育士たちは、感染への不安を感じながら保育サービスの提供を続けているとして、今月1日、厚生労働省に対し、医療や介護の分野で働く人たちと同様に慰労金を支給するよう求める緊急要望を行いました。 また、立憲民主党など野党3党も、今週、厚生労働省に対し、慰労金の支給を要望しました。 これに対し厚生労働省は、これまで保育所では、医療機関や介護施設とは異なり、感染者の集団=クラスターが発生していないことや、子どもは高齢者などに比べると重症化するリスクが低いことなどを理由に、保育士を支給対象とするのは難しいとしています。 一方で、自治体の中には、独自の支援を行っているところもあります。 東京・練馬区では、保育士に1人当たり最大2万円の慰労金を支払う予定にしているほか、愛知県大府市は、保育施設で働く職員に対する見舞い金として、施設に対して助成を行っています。 保育や子育ての問題に詳しい恵泉女学園大学の大日向雅美学長は「新しい生活様式が感染予防対策に必要だということは十分にわかるが、ソーシャルディスタンスを守れというのは基本的に保育にはなじまない。 子どもを抱き締め、だっこするのは保育の原点であり、何をすれば安全に保育できるかを考える、新しいステージに入っている」と指摘しています。 そのうえで、子どもと保育士双方の体温チェックをはじめとした健康管理を徹底したり、施設内の消毒や換気を徹底したりすることで、保育士と子どもたちが安心して触れあえる環境を整備することが重要だとしています。 また、大日向学長は、慰労金の支給も含め、保育現場の処遇の改善を進めないと担い手不足がさらに深刻になると危惧していて「保育の仕事は、介護や医療と同じくらいになくてはならない社会的インフラとして、政府が認めているという意思表示がほしい」と話しています。

次の

富山コロナ感染20代女性は誰でどこ?京都産業大学のゼミ祝賀会に参加

富山 コロナ 保育 士

登園する園児が大幅に減る中、少なくない園が実施したのは、非正規の保育士の出勤の削減、そしてそれに伴っての賃金カットだった。 保育士の仕事は、その責任の重さに比べると極端に給与が少ないことで知られるが、今回給与カットを言い渡された非正規の保育士たちからは、不満と不安の声が続出した。 そもそもこの間、国から園に支払われる運営費は減らされておらず、賃金カットはまったく適切でないのだが、混乱の中、誤った運用が広がってしまっていた。 この問題を指摘した筆者の記事を4月21日に掲載した。 それから1週間後、4月28日に内閣府はこの問題に関連する通達を出した。 その内容は、「コロナの影響を受けても運営費用は通常どおり給付を行うため、人件費も適切に対応するように」というもの。 その後、新聞各紙も不当な賃金カット問題について報道し、この問題は全国で大きく波紋を広げている。 こうした一連の騒動の中では、非正規の保育士に対するバッシングも見られた。 たとえば、「非正規で働くとはそういうこと」「空前の人手不足でなぜ非正規でしか働けないのか」という自己責任を求めるコメントなどだ。 しかし、これは自己責任という観点で語るべき問題なのだろうか。 緊急事態宣言が解除されて保育園が本格的な再開を迎え始め、改めて、保育園を支える一員である非正規雇用の保育士が置かれる状況を考えたい。 36歳、非正規保育士の訴え 「子育て中だから非正規雇用で働いているけれど、体力的にきつい人もいれば、親の介護でフルタイムが難しい人もいる。 紘子さんは現在、週4日、午前8時半から午後4時まで時給1300円で働いている。 非正規雇用でも2歳児クラスの担任という責任ある立場だ。 2歳児の保育士の最低配置基準は、子ども6人に保育士1人。 紘子さんの保育園では2歳児クラスの定員が30人のため、担任が5人は必要だ。 現在、担任を6人配置しているが、正職員はたった2人。 残りの4人は子育てや介護で短時間の勤務している非正規雇用となっている。

次の