仁王2 大太刀 ステ振り。 【仁王2】ステ振りのおすすめ / ステータス上げの優先度

仁王2のステ振りについて。

仁王2 大太刀 ステ振り

もくじ• 大太刀の特徴 大太刀は、 一撃の威力と攻撃範囲の広さが特徴の武器です。 中段は攻撃が弾かれないため、気力削りに非常に有効なので、楽に敵と戦えますね。 ボス戦では上段で、複数の敵とは中段で戦うなど、大太刀は上段と中段の使い分けが肝と言えます。 同時に「剛」も上げていくことで、装備できる重さを増やし、性能の高い重防具を着込みましょう。 被ダメージをかなり抑えることができるので、落命する回数も減らせますよ! 過信は禁物ですけどね 笑 おすすめのステ振り 大太刀は「武」で攻撃力が上がっていくので、「武」に最優先で振っていきます。 次に「剛」に振って、攻撃力と装備できる重さを増やしていきます。 剛はそこまで多くは振らなくてもいいので、武に特化していくイメージで振っていきましょう。 振り方としては、 「体10、勇10」は固定で、「武>>>剛>心」の優先度で振っていきます。 剛と心は、どちらがより欲しいかで優先度を逆転させても良いでしょう。 どんな武技・スキルを習得すべき? 大太刀は上 段と中段の切り替えで戦って行くので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 そもそも、 基本火力が高いので武技が無くても戦って行ける武器ですね! そんな中でもおすすめの武技は、 「釣瓶月」と「雪月花」です。 「釣瓶月」は素早く2回攻撃する武技で、コンボに組み込みやすいのが強み。 コンボに組み込まなくても、単体で使っていて十分に強い武技ですね。 大太刀と言ったら雪月花という声も多い程。 常時発動スキルは、 「葉陰、不動心、斬人剣、武器術の練磨」がおすすめ。 奥義は、条件が整えば 「合撃打ち」がかなり強力です。 まとめ 大太刀はまさに武者って感じの武器なので、世界観には一番合っているように思えますね。 重装備の性能を最も発揮しやすいですし、どうしても被ダメが多くなる方にもおすすめですよ!.

次の

仁王2攻略 序盤おすすめのステ振りや振り直しと六道輪廻の書の入手法

仁王2 大太刀 ステ振り

もくじ• 刀の特徴 刀は 攻撃の振りが速く、小回りが利くので、隙が少ないバランスの取れた武器です。 初期武器で選ぶと「心」が上がるため、最初から刀を使っている方も多いと思います。 武技には「居合系」や「カウンター系」もあり、多彩な攻め方ができるの利点ですね。 カウンター系の守護霊を選んでいない場合は、刀でカウンターを決めるのも選択肢の一つ。 ガード状態で気力回復速度を上昇させるスキルもあり、ガードメインでの戦い方が強いです。 そして、 刀で最も優れているのは、「心」を上げることで攻撃力が上がるという点。 心は気力に関わってくるため、刀を強くすると同時に気力も上げられるのは便利。 豊富な気力を利用し、ガンガンコンボを決めていきましょう! おすすめのステ振り 刀は「心」で攻撃力が上がっていくので、 「心」に最優先で振っていきます。 次に中装の特殊効果のために、「武」も上げていきます。 気力が高ければ高いほど、敵と戦いやすくなりますしね。 どんな武技・スキルを習得すべき? 刀は どの構えも使いますが、メインで使うのは中段の構えです。 中段は攻撃が速く、攻撃範囲が横に広いので隙が出来にくいですね。 おすすめの武技は 「剣気、居合、逆波、足蹴」が使いやすいです。 居合は、能刀状態から強力な一撃を繰り出す技で、敵に気付かれていない場合は積極的に使います。 剣気は、周囲に剣気を放って敵をひるませる武技で、敵に隙を作る際に重宝しますね。 逆波は、敵の攻撃を受ける直前にガードすると、攻撃を弾き返し敵の体勢を崩す武技で、こちらも非常に重宝します。 常時発動スキルは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨、鎧通しの法」がおすすめ。 奥義「殺人剣」は『刀で背後から攻撃した際のダメージが増加する』ので、居合との相性抜群です。 まとめ 刀はまさに侍の武器なので、最も仁王の雰囲気には合いますね! 刀が使いにくいアクションゲームは無いと言っても過言では無いですし、迷ったら刀から使いましょう。 見た目も格好いいですしね。

次の

【仁王2】最強候補「大太刀」のおすすめステ振りや武技・使い方など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2 大太刀 ステ振り

おすすめのステ振り 1 ステータスをALL10にする 2 「剛」を20程度まで上げて、強い装備を付ける 3 「忍」か「呪」を20にする 4 武器が装備できない場合は、必要ステータスを適宜上げる 5 ステータスをALL20にする レベルが低いステータスは上昇率が高い レベルが低いステータスは、1レベル上げた時の上昇率が高いです。 レベルを上げるにつれて恩恵が少なくなるので、1ステに集中して振るよりも平均的に上げた方が強いキャラになります。 「剛」を上げて敏捷Bにする 「剛」のステータスを上げると、「装備の重さ上限」が増加します。 「剛」のステータスは優先して上げておくのがおすすめです。 「忍」か「呪」を20にする 忍術と陰陽術で、使用頻度が高い方を20まで上げましょう。 忍術は直接ダメージ、陰陽術はバフ・デバフ・回復が主な用途となります。 飛び道具のダメージを増やすとボス攻略が楽になるので、「忍」を上げておく方がおすすめです。 武器の対応ステータスは上げなくてもいい 武器攻撃力の対応ステータスを上げても、ダメージは大きく伸びません。 武器対応ステータスより、「剛」や「忍」を上げておく方が攻略が楽になります。 レベル21以上は伸びしろが少ない レベル21以降のステータス上昇率は、かなり少なくなります。 装備に必要なステータスが足りているなら、基本的にレベル20で止めておくことをおすすめします。 クリア後に目指すステ振り 1 「忍」か「呪」を30にする 2 メイン武器の対応ステータスをカンスト 99 にする 3 「剛」は適宜上げて、敏捷Bを維持 メイン武器の対応ステータスをカンストする 武器の攻撃力は3項目のステータスで決まっています(対応ステータスは影響度が高い)。 武器改造で1ステータスの影響度を高くすることができるので、最終的にはカンストしたステータスがある方が攻撃力が高くなります。 序盤にカンストステータスを作らない理由 武器改造の効果は、ステータスがレベル60以上はないと効果が薄いです。 全ステータスをレベル20にしておいた方が強いので、序盤から1ステータスに特化することはおすすめしません。 改造は6章まで利用できない 鍛冶屋で改造の機能を使用するには、 6章「夢路篇」で解放されるサブミッション「漂泊の匠」をクリアする必要があります。 また、改造できる武器はストーリークリア後からドロップするようになります。 術容量はレベル30でMAXになる 忍術と陰陽術の術容量はレベル30時点でMAXになります。 31以上に上げても恩恵が少ないので、30で止めておきましょう。 ステータスの効果 ステ 効果 関連武器・術 体 体力と、毒や麻痺に対する強さに関係 槍 心 気力と、火に対する強さに関係 刀、弓 勇 気力回復速度と、雷に対する強さに関係 旋棍 剛 装備できる重さや、体力に関係 斧、大筒 武 重厚な防具の特殊効果の発揮に関係 大太刀 技 軽量な防具の特殊交換の発揮に関係 二刀、手斧 銃 忍 忍術の効果や、忍術の容量に関係 鎖鎌、忍術 呪 陰陽術の効果や、陰陽術の容量に関係 薙刀鎌 陰陽術 ステ振りをやり直す方法 「六道輪廻の書」を鍛冶屋で購入 「六道輪廻の書(鍛冶屋で販売)」を使うと、今まで使用したアムリタが返還され、レベルが初期化されます。 返還されてアムリタを使って、「社」の「能力開花」からステ振りをやり直すことができます。 攻略メニュー• 初心者向け攻略• キャラ育成・武器強化• ハクスラ要素• おすすめビルド• ストーリー攻略• 覚醒篇• 飛翔篇• 暗影篇• 旭光篇• 薄明篇• 夢路篇• 残照篇• サブミッション• おすすめスキル• データベース• 小ネタ・お役立ち情報• キャラクター•

次の