芸人 あやこ。 カニササレアヤコは高学歴で旦那持ち!友達はペッパー?雅楽器ってなに?

芸人ユーチューバー人気ランキングTOP30!一番面白いのは…アイツ!?2019年決定版!?

芸人 あやこ

1.カニササレアヤコ お笑い芸人 さんの芸歴や経歴や本名は? 今年のR-1グランプリのファイナリストの 中には何名かの女性芸人さんがいらっしゃる ようで、カニササレアヤコさんもその一人です。 kawakami888 gmail. com」になっています。 つまり「カワカミ(888は笑い声?)a=アヤコ」 ではないか?と推測しました。 【主な経歴】 お笑い芸人を目指そうと決めたきっかけは 中学3年生の時、文化祭でご友人と漫才をやった 時に、「楽しい」と感じた事だったそうです。 カニササレアヤコさんは早稲田大学卒業後、 東京都内の「ロボット「Pepper(ペッパー)」 のアプリを開発する会社のエンジニアとして 勤務されているそうです。 大学は文化構想学部という、文化系を専攻 されていたそうなのですが、会社では、 未経験でエンジニアとして働かせて もらっている、と仰っています。 「カニササレアヤコ」という芸名は よく蚊に刺されるから付けたそうです 笑 また、 現在24歳だそうですが、2017年に ご結婚をされているそうです。 旦那さんが誰で、どんな人なのかは 公開されていない為、わかりませんでした。 【芸歴】 カニササレアヤコさんは 2016年に芸能事務所「ワタナベエンター テイメントに所属していたそうです。 その時は「なまちゃん」という芸名で R-1ぐらんぷり2016に出場したが、1回戦で 敗退されたそうです。 2016年(22歳)の時に大学を卒業し、 22歳で芸人さんとして活動し始めたと 仮定すると、カニササレアヤコさんの 芸歴は2年程度ということになりますね。 現在、所属している事務所はなく、今回の R-1はフリーで出場されているそうですよ。 ネタの面白さどうこうよりも、普通にヴァイオリン ・琴・笙(しょう)を演奏できることが純粋に 凄いですよね! こちらは2017年にツイッターに投稿された マリオのテーマを演奏されている動画です。 雅楽ってゆっくーり、のったーりしてるイメージあると思うんですけど、笙は全然マリオとか吹けますよ。 現在のネタのについては全く情報がないので どんな芸人さんなのか謎に包まれていますが、 R-1ぐらんぷり2018のファイナリストに 選ばれるくらいなので、きっとネタの完成度は 高いのではないでしょうか? 冒頭でもお伝えした通り、 3月6日(火)19時から、フジテレビで 「R-1ぐらんぷり2018決勝」が放送 されます。 興味のある方は是非、ご覧ください。 コメントも随時 お受けしていますので、気軽に書いて下さいね。

次の

ロンハーで話題、井口綾子の現在!ミス青学の自演炎上事件とは?

芸人 あやこ

本名、吉田 有里(よしだ ゆり)。 ワタナベエンターテインメント所属。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 大阪NSC30期生。 よしもと漫才劇場に出演中。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 大阪NSC30期生。 よしもと漫才劇場に出演中。 本名は井本 絢子(いもと あやこ)。 愛称は珍獣ハンター・イモト。 鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)出身。 ワタナベエンターテインメント所属。 ばんえい記念を3回優勝するなどして活躍し、ばんえい競馬において初めて1億円を超える賞金を獲得、さらに生涯獲得賞金額もばんえい競馬において史上1位である歴史的名馬である。 お笑いコンビ「フォーリンラブ」のボケ(ネタによってツッコミ)担当。 北海道夕張郡栗山町出身。 本名は笹森 花菜(ささもり かな)。 ワタナベエンターテインメント所属。 東京都出身。 サンミュージックプロダクション所属。 現在はお笑いコンビ『メイプル超合金』のメンバー。 お笑いコンビ南海キャンディーズのボケ担当。 愛称は、しずちゃん。 本名、川村 恵美子(かわむら えみこ)。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

次の

ロンハーで話題、井口綾子の現在!ミス青学の自演炎上事件とは?

芸人 あやこ

鈴川 絢子(すずかわ あやこ) 1991年生・千葉県出身。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 2014年の「第2回 かわいすぎる女芸人No. 1決定戦」で1位の座に輝く。 同年に男児を出産。 YouTubeチャンネルの登録者数が12万人を超えるトップクラスの人気YouTube芸人として活躍中。 近著に『鉄分多め。 』(ヨシモトブックス)。 」拝見致しました。 あれ、全部撮影するのにどれくらいかかったんですか? 鈴川:だいたい4日間くらいですかね……。 youtube. もともと鈴川さんが芸人を目指したきっかけは何だったんですか? 鈴川:大学時代に知り合った相方とすごく気が合って、いつか二人で何かできたらいいな~と思っていたんです。 ただ、とくに芸人を目指していたというわけではなく……当時地上波でもたくさん放送されていたコント番組を観て、「二人で面白そうなことができるのは吉本なのかな?」と。 鈴川:いつも行き当たりばったりなんですよ、私(笑)。 スクールを卒業して3年目くらいでしょうか、インターネットを使ったオリジナルの配信番組とか、少しずつ自分たちがやりたいことができるようになってきました。 と同時に、相方と私との見ている方向も違ってきて、それぞれピンで活動しようと。 私はずっと鉄道が好きで、鉄道系のお仕事がやりたかったんですね。 また、母親が航空会社で働いていたので、私もよく飛行機に乗って全国を旅行していました。 その土地その土地で観光列車に乗ったりしたのも、鉄道にハマるきっかけだったかもしれません。 なんだこれは……って。 自分で調べてみたら、あれはわざとああいう音階にしていると知って、ますますスゴイと思いました。 エンターテインメントじゃないですけど、心意気を感じたんです。 そのあたりから京急、そして地元の路線である京成……日々の生活の中で、「今日はこれに乗ってみよう」と電車を楽しむようになりました。 鈴川:そうなんですよ! クラスにひとりだけ鉄道好きの男子がいて、その子は堂々と修学旅行にズームのカメラ持ってきていて、うらやましかったなぁ。 今でこそゴールデン番組で鉄道を取り上げたり、かなり入り口がライトになりましたけど、10年前くらいまではまだ鉄道は男性の趣味というイメージ。 だから自分の中で「好き」をずっと温めていた感じです。 鈴川:本当ですね(笑)。 私、結婚したのが2012年で、そのくらいからニコニコ動画で鉄道動画の生配信を始めたんです。 たまたま珍しい皇室専用車両が中央線を走るというので、遠くに住んでいて見られない方のためにその様子を生中継しようと。 そのときは一回限りと思っていたんですが、たくさん反響をいただいてネット配信の面白さを知りました。 で、その配信でカメラを回していたのが、今の夫なんです。 夫もすごく鉄道が好きで、私より詳しいくらい。 鉄道好きならではのカメラワークをしてくれるところにグッときました。 あの配信が芸人として鉄道系の仕事をやっていくきっかけにもなったので、それからは人生が鉄道とともに動いているかんじです。 鈴川:鉄道の仕事は地方に行くことも多いので、他人と一緒よりは家族内で完結させたほうが、旅行としても楽しめますし。 ただ鉄道は本当に一瞬が勝負なので、のんきに旅行気分だけではいられないんですよ。 今の悩みはまだ保育園に預けられないこと。 1歳も過ぎて歩けるようになってきたので、近距離であれば連れていくこともあります。 鈴川:まずベタですが、JR九州の特急『あそぼーい!』。 木のボールプールがあったり、親子限定のシートがあったり……小さい子どもと楽しむための工夫がたくさんされている列車です。 首都圏であれば、JR東日本の「鶴見線」。 終点の海芝浦という駅は海に突き出していて、夕暮れ時の景色は抜群ですよ。 車両そのものをたくさん観たい方には、「新鶴見信号場」がオススメです。 信号場に隣接する「新川崎ふれあい公園」には、汽車を模した遊具やベンチもあり、ママ鉄子鉄の聖地とも言われています。 まだデビューしていない新幹線を見られる貴重な機会もあるんです。 あとは、東京都北区王子にある飛鳥山公園は、高台から新幹線、在来線、貨物列車が一望できます。 昔の都電の車両やSLもあり、よく子どもたちが運転席でガチャガチャ遊んでいます。 鈴川さんはお子さんを連れて電車に乗るときにどんなことを心がけていらっしゃいますか? 鈴川:インターネットでなるべく事前にチェックしますね。 エレベーターの有無はもちろん、在来線であれば車イススペースがある車両は比較的広さに余裕がありますし、時間帯によっては抱っこ紐で移動することも。 そうそう、こんど新しく運行が始まる山手線の新型車両は全車両に車イス/ベビーカースペースができるんですよ。 時代がようやく動いてきたなぁって感じてます。 鈴川:鉄道系のおもちゃが多いんですけどね……。 でも今アツいのは、最近発売になった『ピタゴラスイッチ』(NHK)のゴール部分だけを再現した「ピタゴラゴール1号」というおもちゃ。 私の場合はプラレールで装置を作って、ゴールと繋げてます。 これはかなり熱中してしまいますよ。 youtube. 鈴川:そうなんです。 でもそれくらいでいいかなとも思います。 どんなおもちゃでも「一緒に遊ぶ、夢中になる」っていうのが大事なのかも。 ブロックひとつ重ねられたら「すごいね」って拍手したり、リアクションを示すことでコミュニケーションになりますし。 あまりおもちゃを与えすぎるのはよくないという意見もありますが、今の段階ではなるべく色々な種類のおもちゃに触れさせて、自分が好きなものを見つけてほしいなと考えています。 鈴川:今はネットの動画にひとつのおもちゃに対するたくさんのレビューがあがっているので、製品名で動画検索をかけて、まずはそこで安全性や子どもの反応をチェックするのも手ですよ。 これも賛否両論あるみたいですが、見せることもあります。 とりあえず画面にブルーライトのカットシートは貼って、長時間は見せないのをルールとして……。 見せるとしたら、おもに電車内とかでうるさくなってしまうときかな。 本当に不思議なもので、お気に入りの動画を見せただけで泣き止む。 抱っこしてもミルクあげてもダメだったのに(苦笑)。 でもそれは私の仕事においても参考になっていて、「あぁ、こういうのが子どもは好きなんだな」とか。 YouTubeを使ってそういう情報も発信していきたいということも考えています。 ちなみにお子さんはどんな動画が好きなんですか? 鈴川:本当にただ電車が走っている動画や、運転席からの前面展望なんかをひたすら見ています。 大人から観たら子どもがただおもちゃで遊んでいるだけなんですけど、うちの子はそれをニコニコしながら観てますね。 子ども同士分かることがあるのかな? 動画のセレクトも含めたスマホの管理さえ親がしっかりしていたら、テレビの子ども番組を見せることとそんなに変わらないのでは、と私は思っています。 楽しく家族で過ごせれば、細かいことはまぁいいかって。 でもそれっていつも身近に鉄道があったからかなとも思う。 心の拠り所というか。 産後まもなくから鉄道の仕事をたくさんさせていただいたので、それが逆に育児のストレスを忘れさせてくれたんだと思います。 出産あたりから芸人活動の中心の場がYouTubeに移ってきて、仕事のスタイルを自宅寄りに変えることができたのもラッキーでした。 鈴川:メディアにやりたいことを合わせるのではなく、自分がやりたいことを発表できる場があるのは大きな変化だと思います。 賞レースで勝つことを望む芸人さんは劇場でがんばるし、私のように自分の好きなことをやりたい人はインターネットを使うこともできるし。 子どもができてから鉄道に注目する点も変わってきました。 車イスやベビーカーのスペースだったり子ども向けサービスの有無とか。 鉄道は公共の交通機関であり、どんな人でも利用できるのが理想。 誰も気兼ねなく電車に乗れる未来であればと心から思います。 ----- キュートな笑顔にアツい鉄道トークのギャップがたまらない鈴川さん。 子育ても電車も、走り出したら止まらない、止まれない。 だからこそ元気なときは特急で、疲れたときはのろのろ徐行で、自分のペースで進むことが大切と勝手に勇気づけられた次第です。 youtube. 二児(男児)の母であるが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。 「散歩の達人」 交通新聞社 「QuickJapan」 太田出版 「サイゾーウーマン」などで執筆中。 学研の編集者を経てネット業界に。 育児、教育分野を中心にネットメディアで10数年にわたり活動中。 思春期の娘の父。 おもに住宅、家事まわりを専門とするライター・アドバイザー。 2001年よりAllAboutガイド。 三女の母。 教育・家族問題、世界の子育て文化、書籍評論等、多彩な執筆を続ける。 家族とともに欧州2ヵ国の駐在経験。 経営、人材、ISOなど産業界のトピックを中心に、子育て、食生活、町歩きなど のテーマで執筆。 二女の母。 ウェブデザイナー・ライター。 技術書籍やICT教育関連の記事を中心に執筆。 著著に『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』。 新聞記者、アメリカ留学を経て、2010年第一子出産。 育児、教育分野の取材を続ける。 南アフリカで4年間の駐在を経て現在米国在住。 フリーライター。 二児(男児)の母だが、実家が近いのをいいことに母親仕事は手抜き気味。 「サイゾーウーマン」等でも執筆。 管理栄養士としてメーカー勤務の後、独立。 現在は雑誌やWEBで活動。 夫の転勤に伴い2004年よりアジアを転々と。 二児の母。 フリーデザイナーとして活動後、TV各局のWEBセクションを転々とし、現在はWEBディレクターとして活動中。 二児の母。 ソフトウェア開発、携帯向け音楽配信事業でのSE業務を経て、マーケティング業務に従事。 現在は夫・2012年生まれの娘と都内在住。 米・シアトル在住。 現地日本語情報サイトを運営し、取材コーディネート、リサーチなどを行う。 家族は夫と2010年生まれの息子。 大手SIerのSEから、東日本大震災を機に退職し、ライター活動を開始。 2012年に結婚&長男を出産、その後シングルマザーに。 編集者&ライター。 編プロや出版社勤務経験後フリーに。 結婚、離婚や子ども、家族をテーマにした仕事を数多く手がける。 絵本と子育てをテーマに執筆。 これまでに取材した絵本作家は100人超。 家族は漫画家の夫と2013年生まれの息子。 フィンテック系企業に所属。 ワーキングマザーとしてフリーランスと会社員の両方を経験。 夫の海外赴任に帯同中、2012年ドイツで長女を出産。 コンサルティング会社、リクルートを経て、第一子出産を機に退職。 現在は食育・マザーズコーチング講師、ライターとして活動。 夫と娘の3人暮らし。 コピーライター。 得意分野は美容。 最近日本酒にハマり、主に飲んで勉強中。 これからの家族旅行は酒蔵見学。 二児の母。 編集者&ライター、気象予報士。 母親向けお天気教室の講師や地域向け防災講師も務める。 家族は夫と2014年生まれの長女、2018年生まれの長男。

次の