新型 コロナ ウイルス 大阪 市。 大阪)市内の新型コロナ陽性率など公表 大阪・堺両市 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

大阪)市内の新型コロナ陽性率など公表 大阪・堺両市 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ ウイルス 大阪 市

新型コロナウイルス助け合い基金とは 新型コロナウイルス感染症は全世界において感染が拡大しています。 大阪府においても、感染経路が不明の患者など、感染の拡大が続いています。 大阪府内の医療機関等においては、感染者や感染の疑いのある患者への医療や療養等にあたる医療従事者等が、昼夜を問わず、自分の感染リスクへの不安を抱えながら業務を行っています。 新型コロナウイルス助け合い基金は、こうした新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に従事される皆さんを支援するための基金です。 皆様の寄附へのご協力をお願いします。 <大阪府新型コロナウイルス助け合い基金設置目的(同基金条例)> 第一条 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百四十一条第一項の規定に基づき、府の区域内において新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成二十四年法律第三十一号)附則第一条の二第一項に規定する新型コロナウイルス感染症に関する医療及び療養に係る役務に従事する者を支援するため、新型コロナウイルス助け合い基金を設置する。 新型コロナウイルス助け合い基金にご寄附・ご協力いただける皆様へ 以下の方法によりお申込みいただきますようお願いいたします。 1 寄附申込書に必要事項をご記入ください。 寄附申込書はをクリックしてください。 2 郵便、ファックス又は電子メールのいずれかの方法により、申込書を大阪府健康医療部新型コロナウイルス助け合い基金チームまでご送付ください 3 受付後、「納付書」等を郵送いたします。 4 大阪府の公金収納のの窓口でご入金ください。 をクリックしてください。 下のQRコードからも電子申請サイトへアクセスできます。 1 電子申請のサイトに必要事項を入力してください 2 受付後、「納付書」等を郵送いたします。 3 大阪府の公金収納のの窓口でご入金ください。 Bがご利用いただけます。 をクリックしてください。 下のQRコードからも電子申請サイトへアクセスできます。 1 電子申請のサイトにメールアドレスとパスワードをご登録いただき、「申請者ID」を取得してください。 2 申請者IDが取得できましたら、このIDとパスワードでID認証いただいた上で、申請内容入力ページに必要事項を入力してください。 3 申込み受付後、健康医療部新型コロナウイルス助け合い基金チームから、ご入力いただいた連絡先あてに確認のため連絡させていただきます。 確認ができましたら、お申込み受付完了とさせていただきます。 4 入金が確認できましたら、領収証書を送付いたします。 5 クレジットカードの利用代金の支払いは、カード発行会社の会員規約に基づくお支払いとなります。 支払予定日などについてはカード会社が発行する利用明細書などにてご確認ください。 をクリックしてください。 お申込みにあたっては、「さとふる」ホームページ上の案内をご確認ください。 なお、「さとふる」を通じた寄附に関しては、寄附決済手数料等の費用を株式会社さとふるが負担するため、寄附金全額を基金に充当することができます。 氏名公表に同意いただきました場合、ご芳名を以下のとおり、ホームページ上で掲載させていただきます。 なお、10万円以上の寄附者には、大阪府知事の感謝状を贈呈させていただきます。 寄附金については次の優遇措置を受けることができます。 詳細については(Loving Osaka[ラビング オオサカ]納税(ふるさと納税)寄附のお申込み方法)のページへ)をご覧ください。 お申込み件数:21,096件 お申込み金額:2,717,615,730円 (令和2年6月26日9時現在 速報値) <寄附申込者のみなさまへ> 多くの寄附申込をいただき、ありがとうございます。 現在、寄附納入手続きを進めていますので、しばらくお待ちください。

次の

大阪府/報道発表資料/新型コロナウイルス感染症患者の発生(1522例目から1553例目)および患者の死亡について

新型 コロナ ウイルス 大阪 市

新型コロナウイルスの感染拡大で、大阪府内の市町村が独自に実施する緊急対策の総額が少なくとも118億円にのぼることが、朝日新聞の調べでわかった。 市民生活への影響をなるべく軽くしたいとの思いがにじむが、財政負担は重くのしかかる。 4月下旬、全43市町村にアンケートした。 独自対策にかける経費を聞いたところ、未定とした大阪市と豊能、太子両町、未回答の千早赤阪村を除き、39市町が一般会計予算で支出する総額は計118億円に達した。 対策の内容では、休校中の学校などの給食費を無償にする自治体が目立つ。 大阪市は2021年度から実施するとしていた小中学校の給食費無償化を今年度に前倒しした。 泉大津市は、小中学校や幼稚園、保育園などの給食費を再開後3カ月程度、無償にする方針。 予算は5291万円を見込む。 泉佐野市や熊取町、岬町は来年3月まで小中学校の給食を無償にするほか、羽曳野市は小学校を無償、中学校では半額にする。 子育て世帯に現金を支給する自治体も多い。 門真市は0歳から中学生までの子がいる世帯に1人あたり1万円を支給する。 豊中市は、一定の所得水準以下の子育て世帯に5万円を支給する。 予算は4億5200万円を見込む。 寝屋川市や吹田市は児童扶養手当を受給している一人親世帯に5万円を支給する。 水道料金を減額する動きも。 堺市は水道の基本料金を4カ月間にわたって8割減額する。 10億円程度の減収になるという。 大阪市は全世帯の上下水道基本料金を3カ月全額免除し、80億円の減収を見込んでいる。 「中小企業のまち」として知られる東大阪市は、マスクや防護服といった感染症対策の商品開発をめざす企業の支援に3千万円を支出する。 一方、岸和田市など複数の自治体は、予算計上が必要な緊急対策はしていないと回答した。 どの自治体も財源の手当てには苦慮している。 府の休業要請に応じた事業主に最大100万円の支援金を出す事業も、400億円超の経費の半分は43市町村が負担することも決まり、さらに重荷になりそうだ。 摂津市は一人親世帯に5万円を支給するなどの施策に必要な1億4534万円について、「貯金」である財政調整基金から繰り入れた。 市財政課の担当者は「摂津市は法人税の占める割合が多いため、景気に左右されやすい。 今後の税収見通しは非常に厳しい状況になるかも」と話す。 東大阪市も独自対策の経費は財政調整基金から捻出する形で補正予算を組んだ。 野田義和市長は4月30日の会見で、「(今後も)何度も補正を組むということになれば、市事業の見直しや延期などが必要になる」と懸念を示した。 和泉市は職員らの人件費をカットする。 市長ら特別職の給与や管理職の手当を5月から来年3月分まで1~2割カットし、計2028万円を削減するという。 自治体の主な独自支援策 ・給食の無償化 吹田市、茨木市、寝屋川市、大東市、羽曳野市、泉佐野市、熊取町、岬町など ・子育て世帯や一人親世帯に現金支給 豊中市、吹田市、池田市、高槻市、茨木市、寝屋川市、門真市、大東市、貝塚市、忠岡町など ・プレミアム商品券の発行 守口市、泉佐野市、貝塚市など ・マスク配布 高石市、守口市、富田林市、田尻町、島本町など ・水道料金の減免や減額 大阪市、堺市、高石市、泉大津市、和泉市、羽曳野市、八尾市、柏原市、松原市、東大阪市など.

次の

大阪市:新型コロナウイルス感染症で高齢者の方に気をつけていただきたいポイント (…>こころとからだの元気づくり(予防・学習)>予防)

新型 コロナ ウイルス 大阪 市

新型コロナウイルス感染症( COVID-19) は、 2019 年 12 月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、感染が国際的に拡がりを見せています。 世界保健機関 (WHO) は、 2020 年 1 月 30 日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態( PHEIC) 」、3月11日に「世界的大流行(パンデミック)」を宣言しました。 日本では、 2 月 1 日に指定 感染症および検疫感染症に指定されました。 4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言が発出され、大阪府は感染拡大警戒地域に指定されました。 5月21日に解除されましたが、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する大阪モデルをふまえ、 6 月 1 日以降は、全ての施設の休止要請が解除されました。 これまでの知見より、 主な感染経路は飛沫感染や接触感染です。 臨床的な特徴として、潜伏期間は 1~14 日(平均 5~6 日)で、その後、発熱や呼吸器症状、全身倦怠感等の感冒様症状が 1 週間前後持続することが多いと報告されています。 一部のものは、呼吸困難等の症状が現れ、肺炎を呈します。 発病者の多くは軽症ですが、高齢者や基礎疾患等を有する者は重症化する可能性があります。 感染の再拡大を防ぐには、手洗い、咳エチケット、3密(密閉、密集、密接)の回避など「新しい生活様式」の実践、感染者の早期探知、封じ込めが重要です。 新しい集計システムへ移行作業中ですので、第23週で更新作業を中止しました。 新集計 システム に 移行 が 完了 するまで、下部に記載の大阪府ホームページをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症 週別陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計) 新型コロナウイルス感染症 年齢階級別 累積陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計).

次の