ジャンプ 透かし。 YouTube動画の『チャンネル登録アイコン』の作り方と登録方法。【ブランディング(透かし)】|にしやんblog

少年ジャンプ:「視姦」を蔓延させる「透かしの悪用」: Gau Gau

ジャンプ 透かし

PowerPoint(パワーポイント)をの知っているとお得な小技・機能10選 1. ファイルサイズを小さくする 画像がたくさん入ったスライドが何枚もあると、 ファイルサイズが大きくなってしまいます。 このようなときは「画像圧縮」機能を使用しましょう。 まず、現在作業中のファイルの大きさを確認をします。 続いて ファイルサイズを小さくします。 どのスライドに挿入された画像でも構いませんので、いずれか1枚の画像をクリックします。 続いて、「図ツール」の「書式タブ」の中の「図の圧縮」をクリックします。 ダイアログボックスが表示されますので、「選択した画像のみに適用」という項目のチェックボックスが空白になっていることを確認します。 このチェックボックスにチェックがついていると、選択した画像1枚のみが圧縮されてしまいますので、注意してください。 ファイルサイズをできるだけ小さくしたいという方は、「出力先」を「電子メール用」にすると、最小限に圧縮されます。 OKボタンをクリックして保存すれば、完了です。 最初に記載した、 ファイルサイズの確認方法でサイズを確認しておきましょう。 なお、圧縮すると画像の解像度が下がってしまうため、大きな画面に映し出すと荒く見えてしまうこともありますので、映す画面の大きさなども考慮しましょう。 スライドショー中のショートカットキーの活用 スライドショー中に、スライドの切り替えをするために都度メニューを表示することが非効率に感じることはないでしょうか。 そこで有効活用したいのが、ショートカットキーです。 ここでは、主に覚えておくべきものを厳選しました。 前後のページの切り替え 前の ページに戻る時は「BackSpace」、次の ページに進む時は「Enter」または「スペースキー」で切り替わります。 特定のページへの移動 特定の ページに移動したい場合は「Enter+移動したい ページの ページ番号」でショートカットできます。 ペン機能 スライドショーの実行中に、スライド内容に下線やマークを引いて解説する際にオススメしたい機能がペン機能です。 「Ctrl+P」でペン機能が起動し、「Ctrl+A」で解除されます。 書き込んだものを消したい時は「Ctrl+E」で削除されます。 スライド作成中のショートカットキーの活用 スライド作成中にショートカットキーを有効活用できれば、作成時間を短縮することができます。 ここでは、主に覚えておくべきものを厳選しました。 検索、置換をする 検索や置換をしたい場合は「Ctrl+Shift+N」で可能です。 新規スライドの作成 新規スライドを作成したいときは「Ctrl+M」で可能です。 現在表示しているスライドをスライドショーでみる スライド内で使っているアクションをのプレビューは「Shift+F5」で確認できます。 その他、「F5」でスライドショーが最初から実行され、スライドショーの終了は「Esc」です。 フォントサイズの変更 フォントサイズを大きくしたい時は「Ctrl+>」、小さくしたい時は「Ctrl+<」で可能です。 スライドショーをすぐに立ち上げる プレゼンテーションを行う時に、通常はPowerPointを立ち上げて、ファイルを開き、スライドショーの実行、という手順で行います。 この作業を短縮して、PowerPointを起動したらすぐにスライドショーを始められるようにする方法が以下です。 まず、スライドショーを実行したい元ファイル(pptxファイル)を「名前を付けて保存」で複製します。 その際、ファイルの種類を「PowerPoint スライドショー」に変換しますと、スライドショー専用のファイルが作成できます。 目的別にスライドを設定する 一つのスライドを社内発表用や社外用として使いまわす際に、わざわざファイルを複製する必要がなくなる機能が「目的別スライドショー」です。 続いて、「目的別スライドショー」のダイアログボックスで「新規作成」をクリックします。 「スライドショーの名前」の項目に、適当な名前をつけます。 つぎに、「プレゼンテーション中のスライド」から、使用したいスライドをクリックして「追加」をクリックします。 この作業を繰り返し「目的別スライドショー」使用するスライドが全て揃ったら、OKをクリックして完了となります。 なお、作成した目的別スライドショーを実行する場合は、同じ手順で「目的別スライドショー」のメニューを表示し、一覧から実行したいものを選択し、開始ボタンをクリックすると実行されます。 Excel(エクセル)で作成した表を貼付ける Excelで作成した表をPowerPointに貼り付ける方法が以下です。 Excelの表を選択してコピーし、PowerPointに戻って貼り付ける箇所で右クリックをします。 5種類の貼り付け方が選べますので、違いを理解して目的に合ったものを選択しましょう。 貼り付け先のスタイルを使用 この項目を選択すると、表のデータがそのまま貼付けられます。 表の項目名や数字などのデータは、PowerPoint上でも編集が可能です。 Excelではデータ整理をし、PowerPointで見た目の修正を行いたい場合にオススメです。 元の書式を保持 この項目を選択すると、Excel上での見た目と全く同じ状態で貼り付けられます。 「貼り付け先のスタイル」とは見た目は異なりますが、表のデータの扱い方は同じです。 埋め込み この項目を選択すると、Excelのブックのデータが、シートや数式など全てそのまま埋め込まれます。 計算式が非常に複雑かつ、PowerPoint上でも数値の変更を行いたい場合にオススメです。 図 この項目を選択すると、Excel上で選択した表を、図として貼り付けられます。 そのため、PowerPoint上ではデータの修正などはできす、表全体のサイズの変更のみ可能になります。 社外に向けて資料としてPowerPointを提出する際など、データの改ざんを防ぎたい場合などにはオススメです。 テキストのみ保持 この項目を選択すると、Excel上で選択した表の中の、数値のみが テキストデータとして貼り付けられます。 資料作成前にExcel上で数字を整理して、PowerPointで実際に資料を作成する場合などにはオススメです。 動画の再生をする プレゼンテーション中に動画を見せたい場合にオススメの方法です。 PowerPointを一度閉じて動画ファイルを立ち上げる、という手間をなくしてスムーズに動画再生をすることができます。 すると「 オンラインビデオ」または「このコンピューター上のビデオ」のどちらかを選択するように示されるので、目的に応じた方を選択してください。 挿入後、メニューのビデオツールの再生タブで再生の細かい設定を行うことができます。 再生方法を後で変更したい場合は、動画を右クリックし、アニメーションの設定から変更することが可能です。 パスワードを設定する パソコンを共有している方や、PowerPointのファイルをメールで送信する時など、セキュリティの観点からパスワードをかけておいた方が安全な場合があります。 iPhoneでPowerPointを操作する プレゼンテーションをするときに、パソコンの前にずっといるのは嫌だ、という方にオススメしたいiPhoneをリモコンの代わりにして、PowerPointを操作する方法です。 この アプリは、Apple Watchでも使用可能です。 パソコンにも専用のソフトをインストールして、iPhoneのi-Clickrと通信します。 直接、無線でつながれていますので、USBケーブルやWi-Fiルータなどは必要ありません。 この アプリでは、iPhoneの方でもスライドやメモの確認、タイマー機能などが使用可能です。 タップかスワイプのみの操作なので、初心者でも簡単に使用できます。 スライドに透かしを入れる 社外に漏れてはいけない資料を作成する時に「社外秘」の透かし文字を入れることがあります。 この透かし文字をいれておくと、印刷した際にも透かし文字が入り、管理しやすくなります。 スライドに1枚1枚透かし文字を入れることもできますが、時間も手間もかかってしまいます。 そのような時にオススメの方法です。 まず「表示」タブの「スライドマスタ」をクリックします。 スライドマスタで レイアウトを選択しておくと、すべてのスライドに反映されます。 つぎに、画面左側の一番上にある「スライドマスタの挿入」をクリックし、スライドマスタ上に「社外秘」の文字を入れます。 スライドマスタ上に「ここに文字を入力」と表示されたら「社外秘」の文字を入れます。 これで完了です。 ファイルサイズ ファイルサイズとは、コンピューターで扱うファイルの容量のことをいいます。 ハードディスクなどにファイルを転送する際などは、この容量をしっかりチェックしておく必要があります。 その数値に応じてデータをコンピューターに保存することができます。

次の

ヤングジャンプの新連載、矢吹神が使った裏透かし技術を使うwww

ジャンプ 透かし

ロゴ作成が安く作れるおすすめサイト ロゴを作る方法でおすすめなのがクラウドソーシングを利用するという事です。 オンライン上でプロに安く仕事を発注する事ができるからハイクオリティのロゴが安く作ってもらえるのでおすすめです。 ココナラ ココナラは個人のスキルを売り買いできるフリーマーケットです。 現役のプロデザイナーが副業や趣味でスキルを販売しているので安くハイクオリティのロゴを作る事ができます。 絞り込み検索(スタイル、用途、業種、商用利用)でソートする事で好みのロゴが探しやすくなっているので、簡単に目的のロゴデザイナーを見つける事ができるでしょう。 また、個人だけでなく「企業やショップ、サロンなど」法人利用にも使われており、法人・個人問わずおすすめのサービスです。 ロゴ作成が無料のサイト(ロゴジェネレーター) ロゴを作るにはクラウドソーシングサービスだけではありません。 ロゴジェネレーターを使い自分で作ることで簡単にロゴを作ることができます。 無料で使えるロゴジェネレーターも沢山ありますので、簡単なロゴであれば十分に使えるでしょう。 逆にオリジナリティのあるロゴやハイクオリティなロゴが必要な場合はクラウドソーシングサービスを利用しましょう。 使い方 (1)トップページに色々なロゴのテンプレートが並んでいるので、お好みのデザインを選びます。 (2)テキストを入力して、サイズや色などを設定した後、「Create Logo(ロゴ作成)」をクリックすればロゴが自動的に完成します。 感想 テンプレートを選んで文字を入力し、フォントや色などを設定するだけなのでとても簡単ですし、すぐにロゴを作成できるのが嬉しいです。 ダウンロードにも、会員登録などの面倒な作業が必要ないので楽です。 2 次に自分が好きなアイコンを選択し、色や背景などのデザインも好きなように編集します。 3 テキストや形状も選択・デザインしてダウンロードすれば完成です。 感想 会員登録などの作業をせずにすぐに作り始めることができるので楽です。 また可愛いものからクラシックなものまでつくれ、フォントなども沢山の種類があるのでデザイン性も高くなっています。 しかし、ダウンロードして無料で使う際にはSNS上でDesignEvoをシェアする必要があります。 (2)ビジネスタイプに合うと思われるロゴの候補がたくさん出てくるので、お好みのものを選びます。 (3)文字とシンボルマークの位置や色、フォントなどは編集できます。 (4)他の配色にした場合や、名刺、封筒にロゴを使用した場合のイメージ画像も表示されます。 保存をクリックしたら完成です。 (5)アカウント登録をした後、ロゴをダウンロードできるようになります。 低解像度で透かし(logaster. comの文字)が入っているものなら無料、高解像度なら9. 99ドルからダウンロードできます。 感想 簡単にロゴを作成できますし、テンプレートも多いので独自性の高いロゴが作成できると思います。 有料ですが、29. 99ドルで名刺や封筒、ファビコンなどのデザインもしてくれるので、とても便利です。 (2)「START NOW(始める)」をクリックします。 (3)「ADD TEXT(文字を入れる)」をクリックします。 テキストを入力するボックスが出てくるので文字を入力し、フォントや色などを設定します。 (4)ADD SYMBOL(シンボルを入れる)をクリックして、シンボルマークを選びます。 シンボルマークは、カテゴリー分けされている中からお好みのものを選ぶことができます。 (5)「UPLOAD IMAGE(画像をアップロードする)」をクリックすれば、パソコンに保存されている画像もロゴに使用できます。 (6)ロゴのサイズを決めてダウンロードします。 VECTOR(ベクター素材:拡大縮小しても画像が粗くなることがない)は19ドル、PNG(透過ファイルで背景が透けている素材)は無料です。 感想 ロゴの作成は簡単ですが、自動で生成されるツールと比べると、やや手間がかかると感じます。 操作画面は比較的シンプルで、わかりやすいです。 (2)次に、業種に合ったシンボルマーク、文字がメインのシンボルマーク、抽象的な形のシンボルマークの中からお好みのカテゴリを選びます。 その中から、ロゴに使用するシンボルマークを選んでください。 (3)LINE1に文字を入力して、フォントを選びます。 (4)アカウント登録後、タグを付与されるので、それをコピーすればホームページなどに使用することができます。 ダウンロードは有料です。 感想 自動でロゴが生成されるツールと比べると、やや手間がかかると感じます。 編集画面で「HOW DO I... 」をクリックすると、操作方法の説明をしてくれるので、ロゴの編集はあまり迷わずにできます。 STORES. JP LOGO MAKERは、簡単にオンラインストアをつくれるサービス、STORES. JPが運営するロゴ生成サービスです。 使い方 (1)文字を入力します。 必要に応じてキャッチコピーも入れられます。 (2)シンボルマークを選びます。 (3)「保存する」をクリックします。 (4)サイズを選んでダウンロードします。 感想 とても簡単で、すぐにロゴを作成することができますが、シンボルマークの選択肢は少なく、文字のフォントやサイズも変えられないので、自分好みのカスタマイズはしづらいかもしれません。 シンプルなロゴを簡単に作りたい方にはおすすめです。 終わったらNEXT(次へ)をクリックしてください。 (2)お好みで線や図を加えます。 一度加えたものは、もう一度クリックすることで消すことができます。 終わったらNEXT(次へ)をクリックします。 (3)フォントやサイズ、文字の位置を設定します。 位置の設定は、X(横)とY(縦)の値を変更することでできます。 (4)ロゴや背景の色を変えます。 BG IMAGE(背景の画像)を選択すると、背景に写真を加えることができ、BG IMAGE FILTER(背景の画像のフィルター)で背景画像をぼかしたり、明るくすることもできます。 (5)GENERATE LOGO(ロゴを作成)をクリックします。 PNG 600 x 500 は無料、PNG 2400 x 2000 とSVG 2400 x 2000 5ドルでダウンロードできます。 感想 操作方法さえ覚えてしまえば、とてもおしゃれなロゴを簡単に作成できます。 ただ、最初は操作画面が少しわかりづらいかもしれません。 特に、文字の位置を動かす設定が面倒だったり、一度加えたテキストを削除するためにはCLEAR ALL(全てを消す)で全てのテキストを消さなければならなかったりする点が少し残念です。 ですが、本当におしゃれなロゴが完成しますし、登録などの手間なく、クオリティの高いロゴをダウンロードできるのは嬉しいです。 お好みのデザインを選択すると、編集画面に進みます。 (2)文字サイズやフォント、色などを変更できます。 編集が完了したら、次へを選択するとロゴのダウンロード画面を開けます。 (3)無料でダウンロードできますが、ロゴの下部に透かし(flamingtext. comという小さな文字)が入ります。 ロゴを購入すれば、透かしのないロゴをダウンロードできます。 料金は24ドルです。 月額2. 99ドルのプレミアムプラン、または月額8. 99ドルのプロフェッショナルプランに申し込むことでもダウンロードできます。 感想 テンプレートの種類が豊富です。 シンボルマークを入れることはできないので、文字のみのロゴを作成したい方に向いています。 (2)文字を入力し、業種を選択します。 (3)シンボルマークを選びます。 (4)編集画面で、フォントや色などを変更できます。 (5)Download(ダウンロード)をクリックすると、このような画面が出てきますが、"No thanks,... "をクリックすれば、メールアドレスを入力することなくダウンロードできます。 ダウンロードは無料です。 5ドルで購入すると、高解像度で背景が透明のものをダウンロードできます。 感想 簡単にロゴを作成できます。 シンボルマークも文字も好きなように編集できるので、自由度は高いです。 使い方 (1)Instant Creativityのlogosをクリックします。 (2)お好みのロゴを選び、文字を入力します。 (3)ダウンロードします。 High-resolution(高解像度)にチェックを入れてダウンロードすれば、高解像度の画像をダウンロードできます。 感想 使い方はとても簡単です。 ホームページなどのロゴには向きませんが、お馴染みのロゴマークを自分の好きな文字に変えられるので、面白いです。 (2)文字を入力して、フォントやサイズ、色などを決めます。 (3)お好みでサブタイトルも入力できます。 サブタイトルはなしでも大丈夫です。 サブタイトルのフォントは変更できません。 (4)文字やシンボルの位置を調整して、矢印をクリックするとダウンロード画面に進みます。 ファイルはjpg形式です。 感想 簡単にロゴの作成ができます。 シンボルマークの色や、サブタイトルのフォントを変えられないのは少し残念です。 (2)お好みのテンプレートを選びます。 テンプレートは、いくつかのカテゴリーに分けられているので、カテゴリーで絞り込むことができます。 また、右上のボックスにある、Most Liked(いいねが一番多い)やMost Used(一番使われている)、Most Recent(最新)を選択すれば、表示順を並び替えることができます。 キーワードで検索することもできます。 (3)ログインが必要です。 GoogleかDropbox、メールアドレスでログインします。 (4)Textをクリックするとテキストボックスが出てきて、文字を入力できます。 フォントやサイズ、色などを変更できます。 (5)Nodes欄、または直接クリックしてロゴの一部を選択すると、色を変更することができます。 (6)作成したロゴは、GoogleドライブかDropbox、ローカル上に保存できます。 左上の羽のマークをクリックしてメニューを開き、Save(保存)を選択します。 感想 選んだテンプレートがベースとなりますが、細かいところまで自分好みに編集できるのが嬉しいです。 一方で、編集画面は他のサイトと比べてやや複雑に感じます。 youidrawはロゴだけでなく、アイコンやボタンの作成にも役立ちそうです。 フォントやサイズ、outline color(縁の色)、縁の太さ、文字の色などを決めます。 (2)Png transoparency(背景透明のPNGファイル)かPng with background(背景ありのPNGファイル)のどちらかを選択し、ダウンロードします。 感想 他のサイトと比べるとテンプレートの数は少ないですが、日本語仮名にも対応しているので、アルファベットだけでなくかな文字のロゴも作成できます。 シンボルマークは入れられません。 フォント、サイズ、背景色、影の有無や位置などを設定します。 (2)generate(生成)をクリックすると、ロゴが完成します。 感想 とても簡単にロゴを作成できます。 ただし、フォントやサイズなど全ての要素を設定してからでないとプレビューできず、変更をその都度確認できないのが少し面倒かもしれません。 (2)文字を入力すると、ロゴのデサイン候補が出てきます。 カテゴリーを分けてロゴを絞り込むことができます。 左上にFreeの表記があるものは、無料でダウンロードでき、Customizableの表記があるものは、2,999円で購入することができます。 (3)TEXT(文字)のタブで、文字のサイズや色、影などのエフェクト(効果)を設定できます。 (4)LOGO SHAPE(ロゴの形)のタブで、サイズ変更や影付けができます。 有料のデザインは、シンボルマークの色を変えることもできます。 (5)GALLERY(ギャラリー)タブで、ロゴに使うシンボルマークを変更できます。 (6)SETTINGS(設定)タブでは、サイズの調整、ロゴの背景などを設定できます。 (7)右上のSAVE THIS LOGO(このロゴを保存する)をクリックすると、会員登録を求められます。 感想 無料でダウンロードできるロゴのテンプレートや、フォントの数は比較的少ないですが、簡単にロゴを作成できるのは嬉しいです。 (2)サイズやフォント、色を調整し、「変更」をクリックします。 感想 文字のサイズや色など、変更を加える度に「変更」をクリックしなければならないのが少しだけ面倒に感じるかもしれませんが、ダウンロードにも手間がかからず、簡単にロゴを作成できます。 使い方 (1)「enter your name」のボックスに文字を入力します。 (2)「select a logo type」で、ロゴのデザインを選ぶとロゴが完成します。 感想 文字を入力して、デザインを選ぶだけですぐにロゴが完成するので、とても簡単です。 色々なデザインを試してみたくなります。 使い方 (1)文字を入力し、サイズやフォントなどを設定します。 (2)Make glitterをクリックするとロゴが完成します。 (3)「Save this animation to your computer(パソコンにロゴを保存する)」をクリックすると、ロゴをダウンロードできます。 感想 簡単にロゴを作成できます。 ただ、サイズやフォントなどの変更の度にMake glitterをクリックしないと変更を確認できないのが少し面倒かもしれません。 また、サイズはsmall(小)、medium(中)、large(大)の3種類からしか選べないので、細かいサイズ調整はできません。 簡単に、目を引くロゴを作成したい人にはおすすめです。 Web 2. (2)フォントやグラデーションスタートカラー、グラデーションエンドカラー、背景の色、ブレンドタイプなどを設定します。 (3)Web 2. 0 styl It! をクリックするとロゴが完成します。 (4)完成したロゴは、右クリックで保存することができます。 ファイルはjpegです。 感想 簡単な設定だけでロゴを作成できて、無料で保存できます。 変更の度にWeb 2. 0 styl It! をクリックしないとロゴを確認できないのは少し面倒ですが、作成したロゴは全て右下に並ぶので、複数作って見比べられるのは便利です。 3Dテキスト. inのサイトはこちら 3Dテキスト. inでは、無料で簡単に3Dアニメーションロゴを作成できます。 使い方 (1)文字を入力します(8文字まで)。 ボックスの横にある矢印をクリックすると、ロゴが表示されます。 (2)フォントや色、文字の動き方などを設定します。 (3)Bの静止画キャプチャーボタンをクリックすると、静止画をJPGやPNGとして保存することができます。 また、Cの動画キャプチャーボタンをクリックすることで、動画の画像連番をZipファイルで保存することができます。 感想 自分で設定できる項目が多いので、その分操作画面はやや複雑ですが、使い方の詳細な説明があるので、それを読むとわかりやすいです。 簡単に3Dのロゴを作成できるのは嬉しいです。 (2)文字を入力します。 (3)グリッドのタイプとサイズ、フォントを設定します。 (4)「ロゴを作りましょう」のボタンをクリックします。 (5)ダウンロードをクリックするとロゴのダウンロードができます。 感想 自分でイラストを描くというハードルがありますが、操作画面はシンプルで、簡単にロゴを作成できます。 無料ロゴ作成. ロゴのデザインは、ロゴマークとロゴタイプに分かれています。 (2)文字を入力して、色や太さ、フォントなどを設定します。 (3)全てを設定したら、作成ボタンをクリックします。 感想 文字の色やフォントだけでなく、影や文字の立体感など、細かい調整もできるので、オリジナリティの高いロゴを作成できます。 YahooやGoogleのロゴのようなデザインもあります。 使い方 (1)デザインを選びます。 (2)文字を入力します。 (3)文字の色(2色設定可)、フォント、サイズを設定します。 (4)Badge(バッジ)の設定をします。 バッジとは、ロゴの文字の上に四角形や星型のシンボルマークを付けられる機能です。 ここで文字、色、形を選びます。 No Badge(バッジなし)を選択することもできます。 (5)ロゴの大きさをリサイズできます。 (6)背景色を選択します。 (7)Create Logo(ロゴを作成する)をクリックすると、ロゴが出来上がります。 (7)完成したロゴは、右クリックで保存します。 感想 選べるロゴのデザインパターンは7種類と少ないですが、簡単にロゴを作成できるので、早く簡単にロゴを作りたい方にはおすすめです。 また、アルファベット以外にかな文字や漢字のロゴを作成することができるのも嬉しいところ。 使い方 (1)「LOGO NAME(ロゴの名前)」と書かれている部分に、ロゴにしたい文字を入力します。 (2)「Search for symbols(マークを探す)」と出てくるので、お好みの形を入力します。 今回は、square(四角形)にしました。 (3)ロゴには、「tagline(キャッチコピー)」を設定することもできます。 (4)完成したロゴをダウンロードします。 作ったロゴは無料でダウンロードできますが、解像度の高い画像をダウンロードするためには課金が必要(Squarespaceのユーザーは無料だが、そうでなければ10ドルで購入)です。 感想 操作画面がシンプルでわかりやすく、簡単にロゴを作成できます。 名刺やTシャツにロゴを使用した場合の画像も出てくるので、イメージが湧きやすいのも良いですよね。 ただし、ロゴの色は黒以外選ぶことができないので、カラフルなロゴを作成したい方には向いていないかもしれません。 使えるフォントも今のところ1種類のみのようです。 まとめ ロゴを作るにはクラウドソーシングでプロに安く依頼したり、ロゴジェネレーターを使って自分で作るという方法があります。 簡単なロゴであれば無料で使えるロゴジェネレーターでも十分でしょう。 もし、それなりのクオリティで安くロゴを作りたいのであればクラウドソーシングサービスを利用しましょう。 ロゴ作りに最適なクラウドソーシングサービスはココナラです。 プロのデザイナーが副業や趣味で作ってくれるので安い金額で依頼する事ができます。 ロゴの作成でおすすめはココナラ ココナラは個人のスキルを売り買いできるフリーマーケットです。 現役のプロデザイナーが副業や趣味でスキルを販売しているので安くハイクオリティのロゴを作る事ができます。 販売実績や口コミなどが確認できるから安心してロゴのデザインを依頼する事ができます。

次の

透かしのサイズと位置の変更 : 初心者のためのOffice講座

ジャンプ 透かし

PowerPoint(パワーポイント)をの知っているとお得な小技・機能10選 1. ファイルサイズを小さくする 画像がたくさん入ったスライドが何枚もあると、 ファイルサイズが大きくなってしまいます。 このようなときは「画像圧縮」機能を使用しましょう。 まず、現在作業中のファイルの大きさを確認をします。 続いて ファイルサイズを小さくします。 どのスライドに挿入された画像でも構いませんので、いずれか1枚の画像をクリックします。 続いて、「図ツール」の「書式タブ」の中の「図の圧縮」をクリックします。 ダイアログボックスが表示されますので、「選択した画像のみに適用」という項目のチェックボックスが空白になっていることを確認します。 このチェックボックスにチェックがついていると、選択した画像1枚のみが圧縮されてしまいますので、注意してください。 ファイルサイズをできるだけ小さくしたいという方は、「出力先」を「電子メール用」にすると、最小限に圧縮されます。 OKボタンをクリックして保存すれば、完了です。 最初に記載した、 ファイルサイズの確認方法でサイズを確認しておきましょう。 なお、圧縮すると画像の解像度が下がってしまうため、大きな画面に映し出すと荒く見えてしまうこともありますので、映す画面の大きさなども考慮しましょう。 スライドショー中のショートカットキーの活用 スライドショー中に、スライドの切り替えをするために都度メニューを表示することが非効率に感じることはないでしょうか。 そこで有効活用したいのが、ショートカットキーです。 ここでは、主に覚えておくべきものを厳選しました。 前後のページの切り替え 前の ページに戻る時は「BackSpace」、次の ページに進む時は「Enter」または「スペースキー」で切り替わります。 特定のページへの移動 特定の ページに移動したい場合は「Enter+移動したい ページの ページ番号」でショートカットできます。 ペン機能 スライドショーの実行中に、スライド内容に下線やマークを引いて解説する際にオススメしたい機能がペン機能です。 「Ctrl+P」でペン機能が起動し、「Ctrl+A」で解除されます。 書き込んだものを消したい時は「Ctrl+E」で削除されます。 スライド作成中のショートカットキーの活用 スライド作成中にショートカットキーを有効活用できれば、作成時間を短縮することができます。 ここでは、主に覚えておくべきものを厳選しました。 検索、置換をする 検索や置換をしたい場合は「Ctrl+Shift+N」で可能です。 新規スライドの作成 新規スライドを作成したいときは「Ctrl+M」で可能です。 現在表示しているスライドをスライドショーでみる スライド内で使っているアクションをのプレビューは「Shift+F5」で確認できます。 その他、「F5」でスライドショーが最初から実行され、スライドショーの終了は「Esc」です。 フォントサイズの変更 フォントサイズを大きくしたい時は「Ctrl+>」、小さくしたい時は「Ctrl+<」で可能です。 スライドショーをすぐに立ち上げる プレゼンテーションを行う時に、通常はPowerPointを立ち上げて、ファイルを開き、スライドショーの実行、という手順で行います。 この作業を短縮して、PowerPointを起動したらすぐにスライドショーを始められるようにする方法が以下です。 まず、スライドショーを実行したい元ファイル(pptxファイル)を「名前を付けて保存」で複製します。 その際、ファイルの種類を「PowerPoint スライドショー」に変換しますと、スライドショー専用のファイルが作成できます。 目的別にスライドを設定する 一つのスライドを社内発表用や社外用として使いまわす際に、わざわざファイルを複製する必要がなくなる機能が「目的別スライドショー」です。 続いて、「目的別スライドショー」のダイアログボックスで「新規作成」をクリックします。 「スライドショーの名前」の項目に、適当な名前をつけます。 つぎに、「プレゼンテーション中のスライド」から、使用したいスライドをクリックして「追加」をクリックします。 この作業を繰り返し「目的別スライドショー」使用するスライドが全て揃ったら、OKをクリックして完了となります。 なお、作成した目的別スライドショーを実行する場合は、同じ手順で「目的別スライドショー」のメニューを表示し、一覧から実行したいものを選択し、開始ボタンをクリックすると実行されます。 Excel(エクセル)で作成した表を貼付ける Excelで作成した表をPowerPointに貼り付ける方法が以下です。 Excelの表を選択してコピーし、PowerPointに戻って貼り付ける箇所で右クリックをします。 5種類の貼り付け方が選べますので、違いを理解して目的に合ったものを選択しましょう。 貼り付け先のスタイルを使用 この項目を選択すると、表のデータがそのまま貼付けられます。 表の項目名や数字などのデータは、PowerPoint上でも編集が可能です。 Excelではデータ整理をし、PowerPointで見た目の修正を行いたい場合にオススメです。 元の書式を保持 この項目を選択すると、Excel上での見た目と全く同じ状態で貼り付けられます。 「貼り付け先のスタイル」とは見た目は異なりますが、表のデータの扱い方は同じです。 埋め込み この項目を選択すると、Excelのブックのデータが、シートや数式など全てそのまま埋め込まれます。 計算式が非常に複雑かつ、PowerPoint上でも数値の変更を行いたい場合にオススメです。 図 この項目を選択すると、Excel上で選択した表を、図として貼り付けられます。 そのため、PowerPoint上ではデータの修正などはできす、表全体のサイズの変更のみ可能になります。 社外に向けて資料としてPowerPointを提出する際など、データの改ざんを防ぎたい場合などにはオススメです。 テキストのみ保持 この項目を選択すると、Excel上で選択した表の中の、数値のみが テキストデータとして貼り付けられます。 資料作成前にExcel上で数字を整理して、PowerPointで実際に資料を作成する場合などにはオススメです。 動画の再生をする プレゼンテーション中に動画を見せたい場合にオススメの方法です。 PowerPointを一度閉じて動画ファイルを立ち上げる、という手間をなくしてスムーズに動画再生をすることができます。 すると「 オンラインビデオ」または「このコンピューター上のビデオ」のどちらかを選択するように示されるので、目的に応じた方を選択してください。 挿入後、メニューのビデオツールの再生タブで再生の細かい設定を行うことができます。 再生方法を後で変更したい場合は、動画を右クリックし、アニメーションの設定から変更することが可能です。 パスワードを設定する パソコンを共有している方や、PowerPointのファイルをメールで送信する時など、セキュリティの観点からパスワードをかけておいた方が安全な場合があります。 iPhoneでPowerPointを操作する プレゼンテーションをするときに、パソコンの前にずっといるのは嫌だ、という方にオススメしたいiPhoneをリモコンの代わりにして、PowerPointを操作する方法です。 この アプリは、Apple Watchでも使用可能です。 パソコンにも専用のソフトをインストールして、iPhoneのi-Clickrと通信します。 直接、無線でつながれていますので、USBケーブルやWi-Fiルータなどは必要ありません。 この アプリでは、iPhoneの方でもスライドやメモの確認、タイマー機能などが使用可能です。 タップかスワイプのみの操作なので、初心者でも簡単に使用できます。 スライドに透かしを入れる 社外に漏れてはいけない資料を作成する時に「社外秘」の透かし文字を入れることがあります。 この透かし文字をいれておくと、印刷した際にも透かし文字が入り、管理しやすくなります。 スライドに1枚1枚透かし文字を入れることもできますが、時間も手間もかかってしまいます。 そのような時にオススメの方法です。 まず「表示」タブの「スライドマスタ」をクリックします。 スライドマスタで レイアウトを選択しておくと、すべてのスライドに反映されます。 つぎに、画面左側の一番上にある「スライドマスタの挿入」をクリックし、スライドマスタ上に「社外秘」の文字を入れます。 スライドマスタ上に「ここに文字を入力」と表示されたら「社外秘」の文字を入れます。 これで完了です。 ファイルサイズ ファイルサイズとは、コンピューターで扱うファイルの容量のことをいいます。 ハードディスクなどにファイルを転送する際などは、この容量をしっかりチェックしておく必要があります。 その数値に応じてデータをコンピューターに保存することができます。

次の