ポルシェ ボクスター 718。 ポルシェ718ボクスター、4気筒ターボがオススメな訳 [ポルシェ] All About

718ボクスター(ポルシェ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ポルシェ ボクスター 718

前後アクスルには軽量スプリングストラットを装備。 フロントはGT仕様で、リアは追加の補強材とヘルパースプリング、専用ホイールマウントを採用し、かつ718スパイダーのパフォーマンスにあわせて調整されています。 またボールジョイントによってシャシーとボディの接続はいっそう緊密になり、より精確なホイールコントロールが得られます。 シャシーの高さ、キャンバー角、トー角、およびスタビライザーは個別に調整することが可能です。 718スパイダーは、サーキットだけでなく、ヒルクライムレースであってもあなたが求める走り、つまり情熱が沸き立つレベルへとパフォーマンスを思い通りに引き上げることができるのです。 Dynamic transmission mounts 電子制御システムであるダイナミック トランスミッションマウントはドライブトレーン全体、特にエンジンの揺れと振動を最小限に抑えるもので、マウントの固さをハードまたはソフトに切り替えることでもたらされるメリットを走りに反映させます。 このシステムは、ドライビングスタイルや路面状況に応じてマウントの固さと減衰力を変化させ、例えば急激な荷重移動が発生した場合や高速コーナリング時には、マウントの固さをハードにすることでいちだんと優れたハンドリング性能を実現します。 またフルスロットルで加速する際には、エンジンの垂直方向の揺れを抑制。 リアアクスルにより大きな荷重が均一にかかるため、トラクションと加速性能が向上します。 控えめな走行スタイルでは、マウントの固さをソフトにすることにより、快適性をいっそう高めます。 Porsche Active Suspension Management(PASM) 可変ダンパーシステムのポルシェ アクティブ サスペンション マネジメントシステム(PASM)は、路面状況やドライビングスタイルに応じて各ダンパーの減衰力を無段階にアクティブ調節します。 スイッチ操作によって、ノーマルとスポーツの2種類のモードから選択することが可能です。 ノーマルモードは、ロードでスポーツ感覚あふれる走りを愉しむために適しています。 スポーツモードを選択すると、強大な横Gに対応する設定となり、サーキットで最大限のトラクション性能をもたらします。 加えて車高が30mm低く設定され、さらなる低重心を実現。 結果として、ピッチングとロールが抑えられ、ドライビングダイナミクスと前後Gおよび横Gが向上しています。 もちろん、長距離走行時の快適性にも妥協はありません。 Porsche Stability Management(PSM) ポルシェ スタビリティ マネジメントシステム(PSM)は、特にパフォーマンスの限界域で車両の安定性を維持させます。 PSMにはアンチ ロック ブレーキシステム(ABS)に加え、電子制御スタビリティコントロール(ESC)とトラクションコントロール(TC)が組み込まれています。 PSMはさまざまなセンサーを用いて、進行方向や走行速度、ヨーレート(垂直軸周りの回転速度)、横Gを計測し、これらのデータをもとに実際の進行方向を解析します。 走行中の車にオーバーステアまたはアンダーステアが発生すると、PSMは各輪個別にブレーキをかけて、物理的限界の範囲内で本来の走行ラインに戻すよう作用します。 新しい718スパイダーのPSMでは、極めて素早く精確に作動するだけでなく、GTモデル専用の機能であった2段階解除を行うことが可能です。 ポルシェのスポーツカーは、ドライバーを大きな期待とともに車内へ迎え入れます。 そして新しい718スパイダーのコックピットに身を置けば、その思いは確信に変わるでしょう。 あなたは、完全にフィットする手袋に手を入れるように、身体がシートに滑り込む感覚を味わうはずです。 全てがドライバーを最優先に設計されており、座った瞬間、あなたと車は一体となります。 その基盤が、何十年にもわたって磨き上げられたスポーツカーに必須のエルゴノミクスです。 前方に向かって上昇するセンターコンソールは、モータースポーツ由来の小径のGTスポーツステアリングホイールと短めのシフトレバーとの間隔を短縮します。 ドアプルループは細部まで軽量化を徹底したインテリアを強調。 ドライビングを純粋に堪能したいとお考えなら、オーディオおよびコミュニケーションシステムを省略することも可能です。 傑出したパフォーマンスを愉しむには、高度な制動能力が不可欠です。 そのため、新しい718スパイダーは911 GT3に由来するブレーキシステムを装備しています。 レッドでカラーリングされたアルミニウム製モノブロックキャリパーはフロントが対向6ピストン式、リアが対向4ピストン式で、極めて高い形状安定性を持ち、ブレーキを酷使するような状況でも迅速なレスポンスを発揮します。 強大なパワーに対応するため、フロントとリアのコンポジットブレーキディスクの外径は380mmです。 またベンチレーテッドタイプとクロスドリル加工によって、高い耐熱性とともに濡れた路面でも優れたレスポンスをもたらします。 Porsche Ceramic Composite Brake(PCCB) ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)は、オーディオやコミュニケーション機能をコントロールするための中心的役割を担います。 最新世代のPCMでは、高解像度の7インチタッチスクリーンディスプレイで多くの車両機能を操作することができます。 また、車両の位置情報などスマートフォンによって利用できる各種のカーコネクト機能が、日常のシーンで利便性をもたらします。 Navigation including Porsche Connect 最高のリスニングプレジャー。 マイクテクノロジーに基づくサウンドコンディショナーが走行状況にあわせてリアルタイムに音質を調整するうえ、プリセットされたイコライザーを幅広く選択できるため、あなたは思うままに至福の体験を味わえます。

次の

Chevron

ポルシェ ボクスター 718

ボクスターは、車体の中心 ミド にエンジンを搭載した2シーターのオープンスポーツカーです。 VWのエンジンを流用した914以降、長年の間、ポルシェの水平対向といえば6気筒が定番だったのですが、2015年に発表された新型ボクスター&ケイマンでは、環境などの問題を受けてエンジンをダウンサイジング。 エントリーモデルは、水平対向4気筒の2. 0Lターボになりました。 現行モデルから与えられた「718」という数字は、1950年代から60年代にかけて、さまざまなレースシーンで活躍したポルシェ718から頂いたもの。 当時の718が、4気筒エンジンをミドに搭載したオープンスポーツカーだったことから、ボクスターが4気筒化されたことにともない、車名に718を冠するようになったのです。 エンジンが縮小されたことによるネガティブなイメージが先行した718ボクスター&ケイマンですが、蓋を開けてみれば、エンジンパワー、燃費ともに向上し、着実に進化を遂げています。 なかでも自動車税は、年に1回の支払いですが、それなりの出費となるため気にする人は多いでしょう。 718ボクスターのエンジンは、ベースグレードの2. 0Lターボと、ボクスターSの2. 5Lターボの2種類。 先代のボクスターは、ベースグレードでも2. 7Lだったので、自動車税は1万円以上安くなりました。 ちなみにベースグレードの税金は39,500円、718ボクスターSは45,000円となっています。 エンジンのダウンサイジング化は、往年のポルシェファンにとっては賛否両論あると思いますが、区分が変わったことで、より手が届きやすくなったという見方もできますね。 車重がほぼ同じ ボクスターSのほうが約20kg増 なので、重量税は両グレード、ミッション形式による差はなく、車を取得した場合に発生する取得税や消費税は、車両価格の高いボクスターSのほうが高額になります。 718ボクスター 718ボクスターS 自動車税 39,500円 45,000円 自動車取得税 173,400円 222,000円 重量税 36,900円 36,900円 ガソリン代 車の走行距離に比例するガソリン代は、ドライブ好きであれば気になるところです。 718ボクスターでは年間いくらくらいかかるのでしょうか? 718ボクスターのカタログ燃費 JC08モード は14. 年間で1万km走行する場合のガソリン代は、ボクスターが127,273円、ボクスターSで155,556円となります。 ただし、これは、あくまでひとつの目安。 アクセルを開け気味で走ると、もう少し燃費は悪化するかもしれません。 718ボクスター 718ボクスターS 実燃費 仮定 11. 今回、任意保険計算の条件は下記のように設定しました。 保険料率クラスは、対人、対物、登場者、車両ともに5です。 用途:自家用 走行距離:10,000km以下 年齢条件:30歳以上 運転者限定:なし 等級:7等級 免許の種類:ブルー 対人保険:無制限 対物賠償:無制限 車両保険:なし 同様の条件なら、トヨタ アルファードの2. いつかはポルシェに乗りたいと思っている方にとって、ボクスターは決して手の届かないモデルではないと言えるでしょう。

次の

新型ポルシェ 718 ケイマン/718 ボクスター 納車ブログまとめ!

ポルシェ ボクスター 718

ポルシェがミッドシップオープン「718ボクスター」の新モデル日本発売を発表しました。 魅力をアップした新型718ボクスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】6気筒復活搭載!ポルシェ新型「718ボクスターGTS4. 0の画像 ポルシェが、オープンスポーツ「718ボクスター」のハイスペックモデルとなる「718ボクスターGTS4. 0」の日本発売を発表しました。 新型718ボクスターGTS 4. 0は、これまで2. 5L水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されていた「GTS」の新モデルとして制作され、エンジンに4L水平対向6気筒エンジンを搭載。 最高出力は、2. 5Lターボエンジンの365psから400psにまで高められています。 トランスミッションには6速MTが設定され、「ドライビングの楽しさを感じることができる」モデルとされています。 加えて新エンジンでは環境性能も重視し、負荷が小さいときに2気筒を休止することで欧州検査値9. 足回りには「アクティブサスペンションマネージメントシステム」を装備することで、20mm車高がダウンされています。 日本での価格は1111万円とされ、シリーズの最上位モデルとなっています。 4L水平対向エンジンを搭載するハイスペックモデル「718ボクスターGTS4. オプション設定されていた「パークアシスト(リア)」を全モデルで標準装備• GTSモデルに標準装備されていた「スポーツエグゾーストシステム」を全モデルに採用 ポルシェ新型718ボクスターは、前モデルの「ボクスター」から、過去に活躍したレーシングカーの名前を使用しモデル名が変更されていたポルシェのミッドシップスポーツモデルで、クーペの「718ケイマン」もラインナップされています。 スマート!ポルシェ新型718ボクスターの外装(エクステリア)デザイン ポルシェ新型718ボクスターの外装は、ポルシェの伝統的フロントスタイルと、ミッドシップに最適化されたリアデザインに仕上げられています。 開閉するルーフによりオープンエアを楽しむことができ、ルーフを収納した際のスタイリングもスポーティに仕上げられています。 ホイールベース:2475mm• 車高はモデルが装備するサスペンションにより変化します。 車重は2. 5Lエンジンを搭載するSでアップしますが、大きくなるエンジントルクでさらなる速さが追求されています。 上質!ポルシェ新型718ボクスターの内装(インテリア)デザイン ポルシェ新型718ボクスターの内装は、ミッドシップスポーツの運動性能を楽しむことができる上質な仕上げとされています。 室内空間はオープン時も重視し開発され、風の巻き込みなどを抑えることで快適性がアップされています。 【718ボクスター】【718ボクスターT】 水平対向4気筒 2L ターボ 最高出力:300ps 最大トルク:38. 【718ボクスターS】 水平対向4気筒 2. 5L ターボ 最高出力:350ps 最大トルク:42. 【718ボクスターGTS4. 0】【新設定】 水平対向6気筒 4L 最高出力:400ps 最大トルク:42. トランスミッション:6速MT or 7速DCT• 駆動方式:MR ポルシェ新型718ボクスターには、ベースラインに水平対向4気筒ターボエンジン、ハイスペックモデルの「GTS」に水平対向6気筒4Lエンジンが搭載されています。 排気量はベースモデルで2L、「S」で2. 5L、「GTS」で4Lとなっており、高いパフォーマンスと環境性能が両立されています。 トランスミッションは素早いシフトチェンジが可能な7速デュアルクラッチのほか、ミッドシップスポーツの軽快な走りをより楽しむことができる6速MTが設定され、好みで選択することができるようになっています。 718ボクスター:9. 718ボクスターS:9. 718ボクスターGTS:10. 718ボクスター 6速MT:7,323,148円、7速PDK:7,803,890円• 718ボクスターS 6速MT:9,248,148円、7速PDK:9,728,890円• 718 ボクスターT 7速PDK:9,322,000円• 718ボクスターGTS 6速MT:11,110,000円 ポルシェ新型718ボクスターの日本価格は、732万3148円からに設定されています。 ハイスペックモデルとして設定された「GTS4. 0」は日本で1111万円となり、シリーズの最上位モデルとなっています。 いつ?ポルシェ新型718ボクスターの発売日は? ポルシェ新型718ボクスターに設定された「718ボクスターGTS4. 0」は、2020年2月19日に日本での受注が開始されました。 ポルシェはボクスターに6気筒エンジンを設定することで、よりハイスペックなモデルを求めるユーザーの要望にも対応していく考えです。 車名の由来は、ポルシェが伝統的に採用する水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster)を組み合わせた造語になっています。 以前販売されていた「ポルシェ968」の後継モデルとなりますが、直列4気筒エンジンとFRレイアウトの組み合わせから、水平対向エンジンとMRレイアウトに大きく変更され、20年ぶりに登場したポルシェのミッドシップスポーツとなりました。 フラッグシップスポーツに設定されているポルシェ911に配慮し、ブランドのエントリーラインとなるエンジン出力とされていますが、ミッドシップ2シーターのスポーツカーに適したパッケージから独自のファンを獲得しています。 2004年に登場した2代目では、ボクスターをベースに製作されたクーペボディの初代ケイマンを2006年にラインナップし、ポルシェのエントリーラインを充実。 3代目として2012年に登場した現行モデルの981型は2016年のマイナーチェンジにあわせ、ボクスターとケイマンをポルシェ「718シリーズ」として統一し、エンジンもそれまでの水平対向6気筒自然吸気から、水平対向4気筒のターボチャージャーつきに変更。 同時に、ボクスターからケイマンが製作された経緯からコストがかかるオープンカーが安くなっていた価格設定を見直し、ケイマンのほうが低価格とされました。 「ポルシェ 718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来しています。 新型718ボクスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の