着信 拒否 解除。 iPhone SMS(ショートメール)を拒否、拒否解除する方法を画像で解説 │ Tips360

LINEで着信拒否の設定をする方法!したら/されたらどうなる?【無料通話/ビデオ通話】

着信 拒否 解除

ボタンひとつでシャットアウトやり方はとても簡単で、「 迷惑メールを報告」という機能を使います。 スマホなら、メール本文右上の設定ボタンにあります。 パソコンなら、上部にある「!」マークが同機能に当たります。 このボタンを押すと、そのメールは 迷惑メールフォルダに送られます。 その後も同じアドレスからのメールを「迷惑メールを報告」し続けていると、いずれ受信しても 自動的に迷惑メールフォルダへ送られるようになりますよ。 こうなると受信しても通知されなくなりますので、迷惑メールに悩まされることがなくなるというわけですね。 なお、編集部で試してみたところ、同じアドレスからのメールを 3通「報告」すると、以降迷惑メールフォルダに送られるようになりました。 迷惑メール解除方法 逆に、迷惑メール認定を解除するには、迷惑メールフォルダを開き解除したいアドレスから届いたメールを開きましょう。 ここで、右上のメニューボタンにある、「 迷惑メールでないことを報告」ボタンを押せばOKです。 これで、このアドレスからのメールは、普通の受信フォルダに入るようになります。 間違えて迷惑メール報告してしまった場合や、またメルマガが読みたくなったりしたときにどうぞ。 以上、迷惑メール報告による、受信拒否のやり方をご紹介しました。 届いたメールにボタンを押すだけですので、とても簡単です。 以前ご紹介しました「タグ付け」の「フィルタリング」()をうまく使うことでも、メールの受信拒否設定ができます。 こちらは少々面倒ですが、より細かい設定もできますので、迷惑メール報告では不十分な場合には使ってみてください。 (コンタケ).

次の

iPhone SMS(ショートメール)を拒否、拒否解除する方法を画像で解説 │ Tips360

着信 拒否 解除

ここではソフトバンクの「Xperia Z3」(OSはAndroid 5. 2)を使用します。 項目により表記が異なる部分もありますが、他のスマートフォンでもほぼ同様の手順で設定を行うことができます。 まずはホーム画面上にある通話アイコンをタップしてください。 ホーム画面上の通話アイコンをタップ 次に右上にあるメニューを選択し、「通話設定」をタップします。 通話アイコンをタップ後、画面右上のメニューを選択し、「通話設定」をタップ 続いて「着信拒否設定」をタップし、「着信拒否」をオンに。 通話設定をタップ後、「着信拒否設定」を選択し、「着信拒否」をオンにします すると「拒否する着信の種類」を選ぶことができます。 選択できるのは以下の4種類です。 ・電話帳登録外からの着信 ・非通知の着信 ・公衆電話からの着信 ・通知不可能な着信 設定したい「拒否する着信の種類」をオンにしましょう。 着信拒否をオンにしたら4種類の中から設定したい項目をオンにします これでAndroidスマホでの着信拒否の設定は完了です。 設定を解除するには設定をオフにするだけです。 解除したい設定のみをオフにしてください。 着信拒否設定を解除したい設定をオフにすればOK これで一度設定したものを解除することができます。 各キャリアの迷惑電話サービスのメリット メリット1:番号を個別で着信拒否することができる ・通話に出たくない番号からの発信を拒否してくれます メリット2:サーバーで拒否するため、携帯電話の着信履歴に残らない ・迷惑な着信をチェックする必要がなくなります メリット3:通話の発信者に対し、「着信できない」というガイダンスが流れる ・相手が何度も発信しないように注意喚起してくれます スマホ単体では設定できない対策ができるので、迷惑な着信がひどい場合は検討してみてはいかがでしょうか。 ここからは、各キャリアの迷惑電話サービスの申し込み方法をご紹介します。 ドコモ 迷惑電話ストップサービス ドコモでは「 迷惑電話ストップサービス」を提供しています。 申し込み不要で、 毎月無料で利用することができます。 はじめにし、IDとパスワードを入力してログインをします。 ログイン後のdアカウントの画面 各種設定の一覧に「あんしん・安全」の項目があるので、右側にある「+」マークをタップし、「迷惑電話ストップサービス」を選択してください。 ログイン後、同じ画面にある「あんしん・安全」をタップし、「迷惑電話ストップサービス」を選択します 続いて、本人確認のために「ネットーワーク暗証番号」を入力し、「認証する」をタップしてください。 「迷惑電話ストップサービス」を選択後、「ネットワーク暗所番号」を入力し、「認証する」をタップ すると「迷惑電話ストップサービス」の設定メニュー画面に移ります。 ここで着信拒否をしたい電話番号の登録や削除が可能になります。 「迷惑電話ストップサービス」の設定画面 試しに、着信番号を個別に拒否できるように設定してみましょう。 「番号を指定して登録」をタップします。 「迷惑電話ストップサービス」設定画面内にある、「番号を指定して登録」をタップ 次の画面で、個別に拒否をしたい電話番号を入力し、「設定を確定する」をタップ。 なおドコモの場合、Webサイトにアクセスせず端末上で着信拒否設定をすることも可能です。 ホーム画面上の通話アイコンをタップして、通話画面を開きます。 ホーム画面上の通話アイコンをタップして、通話画面を開きます 次に画面右上にある「その他」をタップし、「設定」を選択してください。 通話画面を開いたら、「その他」をタップし、「設定」を選択します 続いて、「ネットワークサービス」、「迷惑電話ストップサービス」をタップしてください。 「迷惑電話ストップサービス」の設定画面 「着信番号拒否登録」では最後に着信した番号を、「番号指定拒否登録」では指定した番号を拒否できます。 着信番号拒否登録 番号指定拒否登録 これでドコモの迷惑電話ストップサービスの設定が完了です。 詳しい操作方法はドコモ公式サイトを参照してください。 参照: au 迷惑電話撃退サービス auでは「迷惑電話撃退サービス」を提供しており、 毎月100円で利用できます。 ここでは「Galaxy S6 edge SCV31」(OSはAndroid 5. 2)を使用して申込方法を見ていきましょう。 へ移動し、au ID(電話番号または任意のID)とパスワードを入力してください。 ログイン後、「au通信サービスご利用にあたってのご注意」を読み、「同意して登録する」をタップ オプションサービス変更画面に移るので、迷惑電話撃退サービスの「追加する」にチェックを入れて画面下部の「次へ」をタップ。 「同意して登録する」をタップしたら、迷惑電話撃退サービスの「追加する」をチェックし、「次へ」をタップ 確認画面に移るので、変更内容を確認した後、「この内容で申し込む」をタップします。 「次へ」をタップ後、画面下部の「この内容で申し込む」をタップ auの「迷惑電話撃退サービス」の申し込み方法は以上です。 なお、詳しい使い方は端末によって異なります。 auの公式サイトから「取扱説明書」を参照ください。 参照: ソフトバンク — ナンバーブロック 次にソフトバンクの迷惑電話対応サービス 「ナンバーブロック」の申し込み方法です。 こちらは 毎月100円で利用できます。 まずにアクセスし、電話番号とパスワードを入力してください。 My ソフトバンクのログイン画面で電話番号とパスワードを入力 ログイン後「契約確認」を選択し、オプションサービスの「確認・変更する」をタップします。 ログイン後、「契約確認」を選択し、オプションサービスの「確認・変更する」をタップ 次の画面で「サービスを探す」をタップし、「名称で絞込み」を「な行」に設定して探します。 「サービスを探す」をタップし、な行を選択 すると「ナンバーブロック」が現れるので、「加入」をタップし、画面下部にある「次へ」を選択します。 「ナンバーブロック」の加入をタップし、画面下部にある「次へ」を選択 最後に利用規約を読んだ後、画面下部の「同意する」にチェックを入れ、「申込」をタップします。 「同意する」をチェックし、「申込」をタップ ソフトバンクの「ナンバーブロック」の申し込み手続きは以上です。 なお、詳しい操作方法はソフトバンク公式サイトを参照ください。 参照: アプリを使って着信拒否を設定する Androidスマホ本体での設定や各キャリアのサービス以外にも、 アプリを使うことで着信拒否の設定ができます。 端末のOSバージョンが古いと特定の番号を着信拒否できない場合があるため、その場合はアプリを使ってみましょう。 今回は人気アプリ「 Whoscall」をピックアップ。 「Whoscall」はAndroid OS 2. 3以上の端末に対応しているアプリです。 まず、、Googleアカウントでログインします。 初期設定はGoogleアカウントでログインするだけでOK あとは知らない番号や迷惑な着信がかかってきた後に操作を行います。 「Whoscall」を開いて着信履歴から着信拒否したい番号をタップします。 迷惑電話を切ったら着信履歴内で拒否したい番号をタップ 中央左側の拒否マークをタップし、着信内容を選択してください。 拒否マークをタップし、着信内容を選択して「ブロックします」をタップ 以上の手順を踏むことで、個別に着信をブロックをすることができます。 「ブロックします」をタップすれば、個別の着信拒否が完了です もちろん非表示番号、電話帳にない番号、国際番号それぞれからの着信を拒否することも可能です。 アプリの利用自体は無料ですが、通話料金が無料になるわけではありませんのでご注意ください。 「Whoscall」をインストールする アプリ名 Whoscall 開発 Gogolook 価格 無料 ダウンロード.

次の

Androidで着信拒否を設定・解除する方法

着信 拒否 解除

申し込み不要• 無料で使える• 圏外や電源OFF状態でもアナウンスで応答してくれる• 最大30件まで電話番号を拒否できる• 非通知設定の着信も登録できる 迷惑電話ストップサービスは、手続きをしなくてもすぐ開始できます。 こちらの都合で着信拒否が可能になり、もしかかってきたとしても スマホに着信履歴は残りません。 設定後、相手には「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」とアナウンスが流れます。 2回アナウンスが流れたあとは自動で通話が終了します。 一度、拒否設定をしてしまえば解除するまで有効です。 指定の番号から着信通知も着信履歴も残したくないときに使ってみましょう。 迷惑電話ストップサービス設定方法 迷惑電話ストップサービスの具体的な設定方法を解説します。 「My docomo」にログイン• 設定(メール等)• 迷惑電話ストップサービス• 番号を指定して登録• 拒否したい電話番号を入力• 確認する• 内容を確認し「設定を確定する」• 設定完了 個別に手入力して登録する方法のほかに、「最後に着信して通話した番号の登録」も可能です。 直前に通話した相手を拒否したい場合は、この機能を使うと手間がかかりません。 非通知設定でかけてきた番号を拒否する方法 迷惑電話ストップサービスでは、非通知でかかってきた番号も拒否できます。 スマホ画面では電話番号が表示されないので、「最後に着信して通話した番号の登録」の機能を使います。 着信して通話したことが条件になっているため、不在着信状態では設定できません。 すぐに電話を切っても良いので、 一度電話に出て通話する必要があります。 通話を終了させたあと、「最後に着信して通話した番号の登録」で相手の番号の登録が可能です。 もし拒否した相手が非通知設定を解除して電話をかけてきたとしても、拒否設定は有効のままになります。 非通知で何度もかけてくる迷惑電話があったら、この方法を試してみてください。 「144」に電話をかける ダイヤル操作で迷惑電話ストップサービスを設定する方法です。 音声のアナウンスに沿って操作していきますので、スマホの操作が不安な人におすすめです。 迷惑電話ストップサービスは無料で30件まで設定できる• 設定すると着信履歴を残さずに拒否できる• 設定と解除には「My docomo」「144へ電話」「スマホの電話アプリ」の3つ方法がある• Androidはスマホの電話アプリから登録すると、電話番号を引用できて手間いらず• スマホから設定・解除するならMy docomoが直感的でわかりやすい スマホの標準機能でも着信拒否の設定ができる 迷惑電話ストップサービスを利用するほかに、着信拒否をする方法があります。 それは、スマホに搭載されている設定機能を使う方法です。 iPhoneとAndroidで設定後の動作が少し異なりますので、それぞれの着信拒否設定について見てみましょう。 iPhoneの場合 iPhoneの本体設定から着信拒否をすると、相手には話し中の「ツーツー」という音が流れます。 電話はもちろん、メッセージやFace Timeの拒否が可能です。 着信履歴は残りませんが、 不在着信のメッセージが届くことがあります。 何も記録を残したくないときは「迷惑電話ストップサービス」を使うのが良いでしょう。 以下の操作方法はiOS12で動作確認した手順です。 iPhoneで着信拒否を設定する方法 拒否したい番号を電話帳に登録しているか、していないかで手順が異なります。 iPhone・Androidともに本体の設定から着信拒否ができる• どちらも相手には話し中の「ツーツー」という音が流れる• iPhoneの場合、着信履歴は残らないが不在着信のメッセージが届くことがある• Androidは着信履歴が残る• Androidなら非通知設定や公衆電話の拒否設定ができる 非通知設定の着信拒否には「番号通知お願いサービス」 iPhoneでは、スマホの機能で非通知設定の着信拒否ができません。 またAndroidユーザーで、非通知設定の着信履歴は残したくないといった場合もあるでしょう。 そこで使えるのが、非通知設定の着信をすべて拒否できる「 番号通知お願いサービス」です。 番号通知お願いサービスでできること 番号通知お願いサービスは無料で使えます。 番号通知お願いサービスを設定すると、 非通知設定の着信を完全に拒否できます。 相手には「最初に186をつけて発信するなど、電話番号を通知しておかけ直しください」とアナウンスが流れて自動で通話が終了します。 こちらに着信履歴が残らないのが大きなメリットです。 「迷惑電話ストップサービス」は無料で30件まで拒否でき、着信履歴は残らない• 設定と解除はMy docomoが便利• iPhoneもAndroidもスマホの設定から着信拒否ができる• Androidに限っては非通知や公衆電話も拒否できる• スマホ機能の拒否設定だと着信履歴や不在着信メッセージが残ってしまう• 非通知着信を拒否して履歴を残さないには「番号通知お願いサービス」が便利 着信履歴を残さずに、指定した電話番号を拒否するなら「迷惑電話ストップサービス」がおすすめです。 非通知設定からの着信も拒否できますが、一度通話状態にする手間がかかります。 すべての非通知設定の着信をまるごと拒否するなら、「番号通知お願いサービス」も活用してみましょう。 また、スマホの着信拒否機能を使って、迷惑電話をブロックする方法もあります。 それぞれメリット・デメリットはありますが、設定や解除方法は簡単です。 用途に応じてサービスを併用しながら迷惑電話を撃退していきましょう。

次の