目の下 の クマ 病気。 病気が元で現れるくま

【画像】佐藤健の目のクマが消えたのは何故?目の大きさにバセドウ病の疑惑も!?

目の下 の クマ 病気

目の下のくまは疲れや寝不足が原因だと思いがちですが、実は何かの病気のサインである可能性もあります。 症状のひとつとしてくまが現れることのある病気について解説します。 くまは体調不良のサインかも 20代や30代でも現れることの多いくまとして「青くま」があります。 青くまの主な原因は血行不良です。 目の下の皮膚は非常に薄くなっています。 また目の周りには多数の毛細血管が集まっていて、そこで血行不良が起こると、黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく透けて見えます。 これが「青くま」の正体です。 病気によって現れるくまも、主に血行不良が原因のものです。 目の下にくまが現れる病気とは 目の下のくまには、重大な病気が隠れていることもあります。 以下で、症状のひとつとしてくまが現れることがある病気について紹介します。 鉄欠乏性貧血 赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ると、貧血が起こります。 ヘモグロビンを作るためには鉄分が不可欠です。 この鉄分が不足することによって起こる貧血が、鉄欠乏性貧血です。 貧血になると血行が悪くなり、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞、目の下に青くまとなって現れます。 鉄分の多い食事を心掛ける他、症状がひどい場合は医療機関を受診して内服薬を処方してもらうなどの治療を行いましょう。 バセドウ病(甲状腺機能亢進症) バセドウ病は、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。 主な症状として眼球の突出があります。 これは目の周りにある脂肪(眼窩脂肪)や筋肉(眼輪筋)が炎症を起こして腫れ、目の中の圧力(眼窩圧力)が高まることで眼球が前にせり出してくるものです。 眼球突出に伴い、眼球の下にある眼窩脂肪もせり出してきてたるみのような状態になり、「黒くま」ができることがあります。 バセドウ病の症状は他に、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、頻脈、汗をかきやすい、手指の震え、だるさ、体重減少などがありますので、心当たりがある場合は早めに医療機関を受診しましょう。 肝臓疾患・腎臓疾患(肝機能・腎機能の低下) 肝臓・腎臓には、解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割がありますが、機能が低下すると血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下にくまができやすくなることがあります。 病気とまではいかなくても、アルコール・甘いもののとりすぎ、過労などによって臓器が疲れている時もこのような状態に陥りやすいため、生活や食習慣の改善を図りましょう。 うつ病 うつ病になると、両目と口の周りが青白くなる特徴があります。 これは自律神経の異常によって、目の周りの筋肉(眼輪筋)や口の周りの筋肉(口輪筋)に血液がスムーズに流れなくなり、血行不良を起こしているためです。 アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎 下まぶただけでなく、目の周り全体がくすんでいる場合はアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。 目の周りのデリケートな皮膚にハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素沈着による茶くまになります。 放っておくと深刻なシミになってしまうため、早めに医療機関を受診し、皮膚炎やアレルギーの治療を行ないつつ、毎日のケアで表皮のバリア機能を高めることが必要です。 以上のように、目の下のくまが現れる病気はさまざまなものがあるため、たかが「くま」と放置せず、気になる方は早めに医療機関を受診することをオススメします。

次の

子供の目の下のクマの5つの原因と対処法は?何かの病気?

目の下 の クマ 病気

Sponsored Link 目の下のクマは、疲れた顔に見せたり、老けて見せるという、女性にとって天敵となるものです。 しかし、女性は忙しさにストレスがプラスされるとデリケートな体に傾き、目の下のクマが体のお疲れサインとして出てきます。 クマの原因と、気軽に出来る「ながらクマ解消方法」、目の下のクマを改善・緩和だけではなく予防まで出来る栄養などをご紹介します。 目の下の小熊・ヒグマ・ツキノワグマとさよならしたい方、必見ですよ~。 ・目の下のクマの原因は? ・目の下のクマは病気? ・目の下のクマの種類について ・目の下のクマの解消方法 ・目の下のクマに効く食べ物や飲み物は? Sponsored Link 目の下のクマの原因は? 目の下のクマの原因は、 血行不良・シミ・たるみがきっかけとなっています。 血行不良・シミ・たるみになる原因は人それぞれなので、ケアの方法も変わってきます。 血行不良になる原因・シミになる原因・たるみとなる原因を見つけてケアすることが、目の下のクマの改善へと繋がります。 目の周りの皮膚は、とても薄く、皮脂腺が少ないため乾燥しやすいのに、目を潤すために瞬きをして、物を見るピントを合わせてと常に働いています。 ここに、目のストレスがかかり負担が増えると、目は疲れてしまいサインを出します。 これが「目の下のクマ」です。 目に負担がかかり緊張状態になると、血管が縮こまり血行不良を起こし、目の下にクマがぼわわ~んと出てきやすくなります。 緊張状態になるきっかけとして、 睡眠不足・疲労だけではなく、ストレスも大きく関わってきます。 目のストレスは、紫外線・パソコン・スマホ・タブレットなどを頻繁に使用することが増えたというのもありますが、それ以上に自分自身に負荷がかかっていることがあります。 心身のストレスも、目に負荷がかかる原因となります。 目の下のクマが出来るということは、心身の疲れ・ストレス・目への負担などがあるというサインなので、クマさんを見つけたら早めに、心身・目をケアして癒しましょう。 目の下のクマは病気? 目の下のクマが出来る原因となる、血行不良・シミ・たるみのきっかけが病気から来ていることもあります。 生理が来るたびに目の下のクマがひどいという方もいます。 生理の時、疲れて立ちくらみがしやすいなど貧血を伴うときには、鉄分不足によるクマということがあります。 あとは、 パセドゥ病(汗をよくかく、動悸がする)、肝機能・腎機能の低下(お酒を飲んだ後に出やすい、下まぶたがぷっくりとしている)、うつ病(物や食べ物への興味の変化)、アレルギー性皮膚炎(かさつき、痒み、擦ってしまう)がきっかけとなりクマさんがぼわわ~んと出ることがあります。 目の下のクマと一緒に、体調など()カッコ内のような変化があり、いつもと違うときには、健康診断がてら診てもらうのもいいかと思います。 病気かどうか自分で判断すると、判断することが原因でストレスとなり、目の下の小熊さんがツキノワグマになってしまうこともあるので、判断は医師にお任せしましょうね。 Sponsored Link 目の下のクマの種類について 目の下のクマには、小熊・ヒグマ・ツキノワグマさんがいて・・・ではなく 「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」があります。 青クマは血行不良、茶クマはシミ、黒クマはたるみやくぼみによる影(エイジングによるもの)に分かれます。 茶クマの緩和には、同様に晴明や瞳子髎のツボを押します。 上手にクマ対策のツボをおすことで、目の周りの負担を軽くして、シミができにくいすっきりとした目元にしていきましょう。 つぼ押しのポイント ツボを押すのって難しそうだと感じる方もいるかと思います。 ここでのポイントは、 ツボを意識しすぎないことです。 「大体、ここらへんかな~」「ツボがある辺りだな~」でいいので、軽くプッシュ! クレンジングや洗顔・ローション・ミルク・クリームを使うスキンケアのときでいいので、内側から外側へと流すように両手で顔を包み込みながらスキンケア品を使って「ツボを通りま~す、はい、プッシュ」くらい気軽にしちゃいましょう。 つぼ押し以外の改善方法 クマの緩和や改善のスピードを上げたい方には、青クマ、黒クマには、目元が潤う成分入りの目元専用コスメを、茶クマには美白成分入りの目元専用コスメを使ってやさしくお手入れがおすすめです。 今まで肌に蓄積させたものを一気に解消できる方法があるほうが怖いので、毎日「ながらプッシュ」と目元専用コスメで気付いたら「クマさん、すっきり!」へと促していきましょう。 このほかにも 「温める」「目の周りの筋肉ストレッチをする」「表情筋を鍛える」「マッサージをする」などがあります。 しかし、忙しい方々には、じっくりとゆっくりする時間を作るのもちょっと難しいかもしれません。 そんなときは 「ながら押し」ができるツボ刺激なら続けやすいし、忙しい女性の方々も仕事や育児・家事をしながらできるかなと思いますが、みなさんいかがでしょうか。 物は試しで、ちょっと「ながら押し」から始めてみるのもいいかと思います。 目の下のクマに効く食べ物や飲み物は? 目の下のクマに効くというと医学的なものになるので、あくまでも改善・緩和に繋がる食べ物や飲み物と考えて積極的に摂りたいものを調べてみました。 ところが、偏頭痛や緊張性・群発性の頭痛がある方には避けてほしいものもありました。 そこで、偏頭痛に悩む方にも安心!目の下のクマの改善・緩和に繋がる栄養たちをご紹介します。 目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たち 先ほど触れた偏頭痛についてですが、女性ホルモンのバランスが崩れやすい、生理前・生理中・生理後に起こることが多いという方は マグネシウム(豆腐・豆製品など)を一緒にプラスすると、目の下のクマがツキノワグマから小熊に変わっていくお手伝いができます。 目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たちは、食べ物や飲み物で摂るのも一つですが、 サプリメントに頼ってもいいかと思います。 今は女性の体を考えて作られているサプリメントが揃っているので、その中から、栄養・コスパ・飲みやすさと自分のライフスタイルに合わせて選んでくださいね。 しかし女性は忙しくストレスが多くなりがちで、体はデリケートになるので、「ながらツボ押し」と「食べ物」「飲み物」だけではなく「サプリメント」をうまく取り入れましょう。 そして毎日頑張っているご褒美に「目元専用コスメ」を投入し、イキイキとハリのある目元で、周りを魅了してくださいね。 目の下のクマはそのまま「クマった状態」にしないことが一番です。 お後がよろしいようで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

目の下に黒いクマ&ひどい体のだるさが1年以上…病院回っても原因不明→迎えた意外な結末

目の下 の クマ 病気

目の下のくまとは? 目のくまは、下瞼やその周辺の皮膚が青や茶色に変色して見えたり、目の下のお肌がたるんでしまい、影ができて、それが黒く見えてしまう状態です。 クマの種類は、大きく次の3つに分けることができます。 茶クマ・・・色素沈着などが原因のクマ 青クマ・・・血行不良などが原因のクマ 黒クマ・・・たるみ、皮膚のへこみなどが原因のクマ 眼の下のこの部分は皮膚が大変に薄く、脂肪も少ないため、血行障害や代謝異常によって色素沈着が現れやすいと言われています。 皮膚の厚さは遺伝的な形質ですので、先天的に皮膚が薄めの人は目のくまが出やすいとも考えられます。 子供にも表れるくまは? 目のくまは、年齢が高い人ほど現れやすいと言われますが、子供にも見られます。 原因としては アトピー性皮膚炎・アレルギー、花粉症皮膚炎が原因 目の下にクマがあるだけでなく目元全体がくすんだ印象に見える場合は、アトピー性皮膚炎、アレルギー、花粉症皮膚炎のためのクマの可能性があります。 目の周りは顔の中でも特に皮膚が薄く、非常にデリケートな部分でなので、かゆみで目元を強くこすったり引っかいたりしまうと、その刺激で色素沈着を起こし、茶色いクマができやすくなります。 花粉症皮膚炎の場合は、目の周りにアレルゲンである花粉やハウスダストが付着することで炎症を起こし、クマができやすくなります。 子どもはかゆみを我慢できないので、目元がかゆいと思ったら力いっぱいこすってしまいます。 寝ている間にもこすります。 くまをつくらないためには、こすらない、ひっかかないことが大事です。 まずは眼科を受診して、かゆみの治療をおこないましょう。 かゆみが落ち着いて目元をこすることがなくなれば、色素沈着によるクマは時間の経過とともに改善されます。 日焼けは色素沈着を助長するので避けるようにしましょう。 スマホ、ゲーム、パソコンによるもの テレビやパソコン、ゲームなどを長時間見るすることによって起きます。 まばたきがに少なくなることで、瞼の筋肉も動かないため、血行が悪くなり、くまが現れる場合があると考えられています。 まばたきの運動をすることが大切ですが、子供のゲーム、スマホのやりすぎは最近問題になっていますので、お子さんと使用の方法についてよく話をすることも大切です。 貧血によるもの 貧血は、大人だけでなく、子供のにも起こります。 鉄分の不足しているときにおこります。 貧血によって目にくまが現れやすいと言われています。 貧血で血流が滞り、うっ血した血液が皮膚に透けて見え、青いクマとなって表れているのです。 毎日きちんと栄養に気をつけて食事をしても貧血になってしまうこともあり、よく運動する子供などは活発すぎて鉄分が不足した状態になってしまうことがあると言われています。 対策としては食事の栄養バランスに配慮することが大切です。 レバー、牛モモ肉、まぐろ、かつお、あさり、ひじきなど、できるだけ鉄分の多い食品を多くとり入れましょう。 眼輪筋の働きが弱いことによるもの 子供の目の下のクマが出来やすい理由として考えるのが考えられるのが、眼輪筋という目の周りにある筋肉を上手に動かすことはできなくて、その周りの毛細血管が血行不良になり、目の下のクマとして見えてしまいまうことがあります。 目の下にクマが現れる原因にはほかにもさまざまなものがあります。 目の下のクマは年齢に関係なく、肌の白い人は目の下のクマができやすく、目の下の皮膚の内側の部分が薄い人も子供の頃から目の下のクマができやすいです。 お子さんのクマでなにか異変を感じ、心配な場合は医療機関を受診しましょう。

次の