焼肉 きん ぐ 店舗。 『焼肉きんぐ』の食べ放題に平日17時から行列ができる理由を食べて確かめてみた!

焼肉きんぐランチ 店舗一覧を紹介!1,980円食べ放題は一部の店だけ!

焼肉 きん ぐ 店舗

600百万円 (2018年3月期) 従業員数 社員: 998名 時間制従業員: 9400名 (2016年6月30日現在) 決算期 6月30日 外部リンク 特記事項:東京オフィスは東京都港区南青山2-4-3に所在。 株式会社物語コーポレーション(ものがたりコーポレーション)は、に本社を置くやラーメン、、和食専門店などのを全国に展開する企業である。 2016年8月18日現在の店舗数は、直営197店舗、178店舗の計375店舗(海外5店舗含む)。 展開ブランド数は、国内11ブランド、国外2ブランド。 沿革 [ ]• 12月 - 「酒房源氏」(おでん屋)として創業。 9月 - 株式会社「げんじ」を設立。 6月 - 会社名を株式会社「物語コーポレーション」に変更。 11月 - 東京本部を開設。 3月 - に上場(2010年8月15日上場廃止)。 6月25日 - 2部に上場。 6月27日 - 1部へ指定替え。 7月 - 香港現地法人 物語香港有限公司を設立(子会社)。 11月 - 上海現地法人 物語(上海)企業管理有限公司を設立。 5月 - 豊橋本社の名称を豊橋フォーラムオフィス、東京本部の名称を東京フォーラムオフィスとする。 11月 - 大阪フォーラムオフィス、福岡フォーラムオフィスを開設。 事業 [ ].

次の

焼肉きんぐランチ 店舗一覧を紹介!1,980円食べ放題は一部の店だけ!

焼肉 きん ぐ 店舗

2019年9月15日 15:00 現在、群雄割拠の焼き肉業界の中で、急速に勢いを増しているのが、テーブルオーダーバイキングスタイルの全国チェーン『焼肉きんぐ』だ。 2007年に1号店をオープンしてから約12年で220店舗以上に拡大。 店舗数では、『安楽亭』を抜いて『牛角』に次ぐ、業界2位に躍り出ている。 外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう説明する。 「焼肉きんぐはファミリー向けの郊外型焼肉チェーン。 店舗はゆったりしていて、テーブルも6人座れるくらいの大きめなものが多いです。 3世代の家族などでも気軽に入店できるスタイルです」 アラカルトでメニューを注文することもできるが、メインとなるのは食べ放題メニューだ。 2680円(税別、以下同)の「58品コース」、2980円の「きんぐコース」、3980円の「プレミアムコース」の3種類があり、幼稚園児以下の子供は無料、小学生は半額、60歳以上は500円引きとなる。 ドリンクは別で、ソフトドリンク飲み放題は390円、ソフトドリンク&アルコール飲み放題が1380円となっている。 それぞれ制限時間は100分だ。 「大きな特徴は、注文がタッチパネル式であること。 焼肉バイキングというと、テーブルから離れて肉を取りに行くスタイルが多いのですが、焼肉きんぐは回転寿司チェーンやカラオケボックスのように、タッチパネルですべてのオーダーが可能なので、ラク。 気兼ねなく沢山頼めるし、残り時間も表示されるので、ペース配分を計算することもできる。 とても便利です」(小浦氏) 焼肉きんぐの4大名物は食べごたえ十分 そんな焼肉きんぐに友人とよく行くというのは20代の男性会社員Aさん。 いつも注文するのは『きんぐコース』だという。

次の

焼肉きんぐ 東京 店舗一覧

焼肉 きん ぐ 店舗

600百万円 (2018年3月期) 従業員数 社員: 998名 時間制従業員: 9400名 (2016年6月30日現在) 決算期 6月30日 外部リンク 特記事項:東京オフィスは東京都港区南青山2-4-3に所在。 株式会社物語コーポレーション(ものがたりコーポレーション)は、に本社を置くやラーメン、、和食専門店などのを全国に展開する企業である。 2016年8月18日現在の店舗数は、直営197店舗、178店舗の計375店舗(海外5店舗含む)。 展開ブランド数は、国内11ブランド、国外2ブランド。 沿革 [ ]• 12月 - 「酒房源氏」(おでん屋)として創業。 9月 - 株式会社「げんじ」を設立。 6月 - 会社名を株式会社「物語コーポレーション」に変更。 11月 - 東京本部を開設。 3月 - に上場(2010年8月15日上場廃止)。 6月25日 - 2部に上場。 6月27日 - 1部へ指定替え。 7月 - 香港現地法人 物語香港有限公司を設立(子会社)。 11月 - 上海現地法人 物語(上海)企業管理有限公司を設立。 5月 - 豊橋本社の名称を豊橋フォーラムオフィス、東京本部の名称を東京フォーラムオフィスとする。 11月 - 大阪フォーラムオフィス、福岡フォーラムオフィスを開設。 事業 [ ].

次の