アイフォン 11 比較。 iPhone 11、11 Pro 、XR、SEのカメラ性能を比較!カメラと価格で選ぶなら11がおすすめ

「iPhone SE」と「iPhone 11」、どっちを買えばいい?

アイフォン 11 比較

iPhone 11とiPhone 11 Proの比較 ではiPhone 11とiPhone 11 Proの比較をしていきます。 iPhone 11 Pro Maxはサイズ以外にiPhone 11 Proとの違いが少ないのであまり触れておらず、2機種をまとめて「Pro」として比較したりしてますが、その辺りはご了承ください。 価格はiPhone 11が安い まずはiPhone 11シリーズの価格を表にまとめました。 容量 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max 64GB 74,800円 106,800円 119,800円 128GB 79,800円 — — 256GB 90,800円 122,800円 135,800円 512GB — 144,800円 157,800円 iPhone 11が最も安い機種です。 iPhone 11 ProもPro Maxも、どの容量を選んでも10万円を超えますね。 iPhone XSよりは安くなったもののだいぶ高いです。 また、上記の表から分かると思いますが、iPhone 11は512GBのモデルがないので、iPhoneで動画を撮りたい人は物足らなくなるかもしれません。 サイズはiPhone 11 Proが小さい iPhone 11 Proが一番小さくて、iPhone 11 Pro Maxが一番でかく、iPhone 11は中間くらいのサイズ感です。 価格が安いiPhone 11が小さいわけではないことに注意してください。 SEなどの小型の機種から乗り換える人はなるべく小さいものを選んだ方が相性良いと思いますので、本体サイズを重視するならiPhone 11 Proがおすすめです。 カメラの違い 望遠レンズが使いたいならiPhone 11 Pro iPhone 11は超広角と広角レンズの2つ、Proの2機種はそれに加えて望遠レンズが搭載されています。 iPhone XSなどでは広角と望遠の2種類だったので、iPhone XやiPhone 8 Plusなどの複数のカメラがついた機種を使っていた方であればProの2機種を選ぶのが良いと思います。 カラーバリエーション iPhone 11は「パープル・イエロー・グリーン・ブラック・ホワイト・レッド」の6色。 パープルとイエローとグリーンはパステル調で可愛らしい色合いです。 iPhone 11 Proは「ミッドナイトグリーン・スペースグレイ・シルバー・ゴールド」と、重厚感のある4色。 シルバーは以前よりも白っぽく、ゴールドはベージュっぽくなりました。 本体の材質とディスプレイの違い iPhone 11はアルミニウム製、iPhone 11 Proはステンレススチール製と、材質が異なっていて頑丈さが違うんですが、僕も違いがよくわかってません。 Proの方は「テクスチャードマットガラス」というガラス素材を使っているそうですが、これによって落とした時の生存率が高くなっているようです。 ディスプレイも同じように、iPhone 11が「Liquid Retina HD」、iPhone 11 Proが「Super Retina XDR」というディスプレイだそうですが、僕には違いがわかってません。 とにかくProの方がめっちゃ綺麗なディスプレイらしいので、ゲームや動画を楽しむことがメインの人はProの方がいいかもしれないですね。 これまでのiPhoneからパワーアップしたiPhone 11の共通点 ここまではiPhone 11とiPhone 11 Proの比較をしてきましたが、一つ前の機種であるiPhone XSと比べてパワーアップしている点がいくつかありまして、その中でiPhone 11と iPhone 11 Proに共通するポイントや大差がないものについてまとめておきます。 バッテリーの持ちが良くなった iPhone 11シリーズはこれまでのiPhoneと比べてバッテリーの持ちがだいぶ良くなってます。 モバイルバッテリーいらずなんじゃないかと言われているので、かなり期待できると思います。 動作がサクサクになった A13 Bionicという新しいチップが使われていて、動作はかなりサクサクになります。 ゲームやる人は最新のスマホ使ってると快適ですよ。 iPhone 5sやSEからの変化 僕の周りではまだまだ人気の小型端末iPhone 5sとiPhone SE。 動作も重くなってきてバッテリー持ちも悪くなってきたからそろそろ乗り換えたいという方もいらっしゃると思います。 iPhone 11 Proに乗り換えたとしたらどれくらい違いがあるのかという記事を書いてますので、こちらもぜひあわせてご覧ください。

次の

iPhone 11

アイフォン 11 比較

Appleは4月16日、最新となる2020年モデルの「iPhone SE」を発表した。 「iPhone 11 Pro」や「Galaxy S20」のような1000ドル(約11万円)もする端末にお金はかけられないと考えそうな、予算意識の高いスマートフォンユーザーを引き込むのが狙いだ。 2016年に発売されてから予想外のヒットを飛ばした同名製品の第2世代であり、価格は399ドル(日本では税別4万4800円)から。 画面は4. 7インチで、Appleの現在のフラッグシップモデルや「iPhone XR」よりだいぶ小さくなる。 以下に、iPhone SEと「iPhone 11」のモデルの違いを手短にまとめてみた。 内部の性能スペックは多くの点で同じだが、iPhone 11の方が勝っている主な点は2つある。 スクリーンが大きく(iPhone SEの対角4. 7インチに対して6. 1インチ)、カメラ性能も全体的に上ということだ(例えば、広角を含むデュアルレンズを採用し、前面カメラの性能も高い)。 サイズとデザイン:iPhone SEの方が小型でコンパクト 両者の最も顕著な違いは、iPhone 11の方が大きいということに尽きる。 スクリーンサイズは、iPhone 11が6. 1インチ、iPhone SEが4. 7インチ。 iPhone 11の方が、アプリを使ったり動画を見たりするときの有効画面は広い。 一方、iPhone SEがユーザーにとって魅力的なのは、何といっても、かさばらず、手に持ちやすいコンパクトさだ。 どちらもLCDディスプレイを採用しているが、iPhone 11では「Liquid Retina HDディスプレイ」、iPhone SEでは「Retina HDディスプレイ」となる。 これらの名前は、Appleがディスプレイ技術を差別化するために使っているブランド用語にすぎず、iPhone 11の画面の方がシャープだということが分かっていればいい。 ただし、ppi、つまりピクセル密度は変わらない。 PRODUCT REDモデルの売上金の一部は9月まで、新型コロナウイルス対策の支援のために寄付される 提供:Apple iPhone SEのホームボタンを歓迎するユーザーもいるだろう。 「iPhone 8」の販売が終了したので、Appleの現行ラインアップで物理ホームボタンがあるのは、新しいiPhone SEだけとなる。 直感的に使えるうえに、ホーム画面に戻ったり、直前に使っていたアプリを呼び出したりするのに、いちいちスワイプする必要がない。 ホームボタンには、端末のロック解除やスマホ決済のときに使う指紋認証センサー「Touch ID」も内蔵されている。 かたやiPhone 11は、前面カメラによる顔認識センサーを使った生体認証「Face ID」だ。 どちらも、IP規格の耐水性を備える。 ただし、iPhone 11はIP68等級、iPhone SEはIP67等級なので、iPhone 11の方が水没にはわずかに強い(等級によって、水没したときの最大水深と最大時間が異なる)。 カタログ上では、IP67等級のiPhone SEは最大水深1mで最大30分間の水没に耐えられることになっている。 最後に、カラーバリエーションは、iPhone SEがブラック、ホワイト、 PRODUCT REDだけなのに対して、iPhone 11ではその3色のほかにパステル調のイエロー、グリーン、パープルも用意されている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

updates.team.odesk.com:iPhone 11やiPhone 11 Proと過去のiPhoneのスペック詳細比較

アイフォン 11 比較

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が、2019年9月20日に発売された。 超広角を加えた3眼カメラをはじめ、バッテリー駆動時間の増加や豊富なカラーバリエーションなど、新モデルとしてさらなる進化を遂げている。 発売前から機種変更を考えていた人もいるだろう。 そこで、本記事では新モデルの機能を紹介しながら、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」「iPhone XS」「iPhone XR」といった過去機種からどんな進化を遂げているのかを比較してみた。 ぜひ、検討する際の参考にしてほしい。 スペックの比較 まずは、それぞれのスペックや仕様を確認してみよう。 ただ、まったく同じディスプレイを使っているわけではなく、iPhone 11 Proと11 Pro MaxはSuper Retina XDRディスプレイへと進化した。 輝度を数値で表すと通常時の最大は800nit(ニト)で、従来の625nitから大きく向上。 屋外の日光下でも画面をはっきり見ることができる。 これに加えて、HDRコンテンツの表示時には最大1,200nitまで輝度を上げられる。 より明るく、見やすいディスプレイになったと言っていいだろう。 本体サイズ・重さの比較 iPhone 11 Proと11 Pro MaxはiPhone XS、iPhone XS Maxと比べると、液晶サイズは変わらないものの、若干大きく重くなっている。 また、iPhone 11シリーズとiPhone XS、iPhone X、iPhone 8を比較すると、やや厚みが増えているため、手にしたときに違和感があるかもしれない。 しかし、横幅はそれほど変わらないため、それほど持ちにくいとは感じないだろう。 数字上は、iPhone 11 ProはiPhone XSより11g、11 Pro MaxはiPhone XS Maxより18g重量が増しているが、実際に手にしてみた筆者の体感としては、そこまで気にする必要はないというところだ。 また、iPhone 11については、iPhone XRとサイズ・重さともに変わっていない。 それでも最軽量となるiPhone 8と比べると46gも重いので、小さく軽いiPhoneがほしい人はiPhone 8を選ぶのもいいだろう。 カラーバリエーション iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはそれぞれ、ミッドナイトグリーン、ホワイト、スペースグレイ、ゴールドの4色展開。 フレームにはステンレススチールが採用され、背面のガラス部分はiPhone XS、iPhone XS Maxの光沢感のある処理と異なり、曇りガラスのような落ち着いた印象になっている。 3D Touchは画面を強く押し込むことで圧力を検知し、ショートカットなどの操作が可能になる機能だが、触覚タッチは圧力を検知せず、長押しした際に軽く振動することで、押し込んだかのような感覚を得られる。 ロック画面や通知センターに表示された通知ポップアップを長押しするとプレビューできるなど、新たな機能もあるが、基本的にはどちらも使い方としては変わらない。 3D Touchを多用していた人は、少し違和感があるかもしれないが、すぐに慣れるだろう。 また、iPhone 8まで搭載され、iPhoneの特徴でもあったホームボタン兼用の指紋センサー 「Touch ID」も、iPhone 11シリーズには非搭載となっている。 顔認証の「Face ID」でも問題はないのだが、花粉症の時期にマスクを着けている人などにはやや不便に感じるかもしれない。 なお、現行モデルで Touch IDに対応しているのはiPhone 8のみとなった。 iPhone 11 Proと11 Pro Maxは 広角、超広角、望遠のトリプルカメラで、焦点距離13mm~52mm相当をカバーする。 発表イベントでは他社ハイエンドモデルと比較し、高性能であることが大きくアピールしていた。 とはいえ、iPhone XSやiPhone XRに搭載されていた「A12 Bionic」も十分に高速かつ強力なCPUのため、通常操作や動画視聴、ゲームプレイにおいては、その差をダイレクトに体感することはないだろう。 では、A13 Bionicにアップデートされた意味はないのかといえば、もちろんそんなことはない。 まず、処理性能が上がっているにもかかわらず、電力効率は大幅にアップしており、高速コアは消費電力を最大30%削減。 結果として、 iPhone 11はiPhone XRと比べて駆動時間が1時間長く、iPhone 11 ProはiPhone XSより4時間、iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxより5時間も伸びている。 またiPhone 8以降、対応しているワイヤレス充電についても、iPhone 11シリーズは対応している。 防水性能はiPhone 11 Proと11 Pro Maxが上位 どの機種も最低限の防水性能は搭載しており、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは表記としてはIP68でiPhone XS、iPhone XS Maxと変わらないが、「水深2mで最大30分間の耐水性能」から 「水深4mで最大30分間の耐水性能」に強化されている。 また、iPhone 11はiPhone XRのIP67(最大水深1mで最大30分間の耐水性能)からIP68(最大水深2mで最大30分間の耐水性能)に強化された。 こちらの記事もあわせてどうぞ iPhone 11シリーズは「超広帯域チップ」を搭載し、「Wi-Fi 6」にも対応 ほかにも、iPhone 11シリーズには3機種とも、これまでにない機能が採用されている。 まず、超広帯域チップ「U1」。 たとえば、AirDropを使う際に役立つ。 現在は、AirDropを有効にすると、周囲の対応端末の名前がすべて出てきてしまい、目的の送信先を見つけるのが面倒なこともある。 しかし、U1チップを搭載したiPhone 11以降なら、 iPhoneを向けた先にあるiPhoneを優先的に認識し、リストの先頭に表示するといったことが可能になる。 さらに、新しい無線規格である「Wi-Fi 6」こと「802. 11ax」に対応している点も見逃せない。 ダウンロード速度は最大38%高速になり、実行スループットで1Gbpsを超える高速通信が可能と、これまで以上に高速で多接続な通信が実現する。 対応した無線ルーターも徐々に増えてきており、iPhone 11シリーズなら、その性能を最大限に体感できるだろう。 カメラ性能を重視するならiPhone 11 ProかiPhone 11 Pro Max カメラ性能に重点を置くなら、間違いなくiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxがおすすめだ。 望遠は必要ないが、少しでも安く、またバッテリー持ちがよい端末がほしいというユーザーならiPhone 11でも十分に快適に使用できる。 iPhone 11シリーズを選ぶか、それ以前の機種にするかは、超広角カメラに魅力を感じるか、数時間伸びたバッテリー持ちをどう評価するかが大きなポイントになりそうだ。

次の