悪役 令嬢 は 引き こもり たい。 #11 悪役令嬢は夜告鳥をめざす 10 黙っているとは言ってない

ライバル令嬢に転生したので悪役令嬢を救いたい

悪役 令嬢 は 引き こもり たい

・王子や原作ヒロインという悪役令嬢ジャンルでは単に嫌われものとして描写されやすい役柄の子たちも、ちゃんとスポットを当てて彼らの背景はこうなんだ、と説明しているので舞台装置としてじゃなく1キャラクターとして好感を抱きやすい作りにはなっていたと思います 3章突入時に二人への批判が…という前書きがあったと思いますが、個人的には彼らの性格・考えはその段階で十分に語られていた・読み取れると思うので、若干世間知らずだったり無神経な面はあったもののみんな幼くてでもそれなりに自分のやりたいことがあるんだなと理解することは容易でした あと主人公がユベロと結婚することで得られるクレアの幸せに固執していても今までの関係性を見てる2人があなたが幸せにしたほうがいいじゃんって思うのも一種道理ですしね… ・上と関連することですが、ちゃんと全員に欠点があるってことをしっかり強調できている作品なのも好みです 悪役令嬢ものってともすれば悪役令嬢が完全な被害者になりかねなくて実際そういう描かれ方の作品もなろうさんに多いですけど、この作品ではそれぞれ大なり小なり間違っててそれは原作という形で一方的に知識がある主人公 エルザ も含めてで、っていうのは結構稀なんですよね… ・3章の出来 めっちゃいいところでヘイト集めてるらしいマリー視点ってオイオイオイとなりそうなものですが彼女が王家に召し上げられてからの思いや守りたいものをちゃんと描いているのでストレスなく読めたと思います ただし完結後の一気読みなので現行を追ってた方からするともしかすると本編に戻ってくれ!って気持ちだったかもしれませんが Wデート後の件もああこりゃ仕方ないかもな…って納得できたのは大きいです ・最初期のエリザの雰囲気が若干読みづらいという印象があります 中盤からシリアスが強くなるので 確かにコメディとあらすじにはありますが 、クレアたんに嫌われた〜〜みたいな一種ギャグ的な落ち込みようだとかが一番最初のハードルではありました まあ最初主人公がゲーム的な考えであることが後半部の演出に必要なのはわかりますので難しいところですね ・かぎ括弧のあとにむすっ、ぷいっ、がばっ、といった効果音をつける描写が散見されますが作者には地の文で描写できる文章力は十分あると思うので単に浮いているという印象を受けます ・if話は連載中は章の間にあっていいと思いますけど今となっては後ろにまとめてくれたほうがいいかなあと いろいろ読み込んで考えて頂いたみたいでありがとうございます笑 ユベルとマリーをただの「悪役」「嫌な奴」「脳内お花畑」という風にしたくなかったのはもちろんのこと、だからといってエルザやクレアが「常に正しい」というのも避けたいと思っていましたのでその辺りが伝わっていたのならまずはひと安心です。 本作で一番気を遣った大事な部分なので。 3章についてですが、確かに作者としては2章までの描写で十分ユベルとマリーがただただエルザとクレアの敵ではないことは匂わせられたかな、というつもりでしたが、当時もらっていた感想の中には二人を頼ることに懐疑的な声もありました。 頂いた感想に合わせて内容を変えることには賛否あるでしょうが、私としてはユベルとマリー、というか特にマリーに関しては今後の展開でも読者の皆さんに信頼してもらいたいという思いがありましたので、むしろその後の展開を変えないために急遽ああいったお話を挟ませてもらいました。 ご想像の通りリアルタイムでは「マリー編長い」「いらない」という声もあったのですが、それはもう面白いと思って頂けない私の筆力不足、あるいは急遽挿入したことによる構成ミスだと思うことにして諦めていました笑 飽きてしまわれるのは仕方ないことですが、登場人物に間違った理解をされたまま先に進まれることの方が望ましくなかったので…。 最初期ですが、前書きにも少し書きましたが結構な見切り発車だったので、当初はもっとコミカルなお話の予定でした。 序盤にはちらほらその名残がありますね…。 ただそういったテンションはむしろある程度は導入に必要かな、と思う部分もあります。 全体的にはシリアスなお話と言えばそうかもしれませんが、必要以上に重い話にしたかったわけではありませんでしたし、導入から胃もたれするような重さを嫌がる方もいるので…とはいえ私はコメディを書くのはあまり得意ではないので、そういう面で読みにくさがあったかもしれません。 温度差といいますか。 そこはもう、素直に筆力不足ですね…。 「」のあとに所作を示す擬音があるのもまぁ似たような話でして、そういった描写を挟んでいるシーンは大抵軽めのやり取りだったり息抜きの回だったりしましたので、わざと軽く見えるようにそういった記法を用いた面もあります 白状すると若干の手抜きもありますが笑。 使い分けの問題だと思うのですが、私は元々の文章が固めなので、そういう意味では浮いていたかもしれませんね。 そこは前後の文体を柔らかくしたりとか、浮いて見えない工夫が必要だったかもしれません。 ifの場所は……どうなんでしょう? 確かに完結した今となっては一気読みしたい方の邪魔かな、とも思うのですが、if回はそもそも連載中シリアスが続くことに対する息抜き的な意味合いもあって入れた話なので 本作はすれ違ってからも長かったですし 、一気に最後まで読む人ばかりではないのかなと思うと悩ましいところです。 恋とか愛とか考える前にとにかく貴女の一番になりたい、とか思ってしまうヤンデレお嬢様、いいよな…いい… ザルツとカトレア、そしてティーは急遽3章に合わせて登場させたキャラなのでいろいろとバランスの難しい役どころでしたが、マリーと良い関係になってくれたかなと思っています。 もうちょっと登場させたかったですけどね笑 楽しんでもらえていたのなら何よりです。 ありがとうございました。

次の

漫画「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の感想!破滅フラグの回避が面白いマンガ|魂を揺さぶるヨ!

悪役 令嬢 は 引き こもり たい

活動報告にあげていた短編のまとめになります。 や(まなし)お(ちなし)い(みなし)の物が多々あります。 思い付きの物ですので、中途半端な文章や設定のみの物が多々あります。 基本方針はありません。 異世界[恋愛] 連載:全81部分• 悪役令嬢 異世界 思い付き短編 夢ネタ ざまぁ• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約262分(130,972文字)• 幼い体を持つ夜蝶はこの度婚約破棄を言い渡された。 元婚約者の新しい婚約者は実の妹。 別に妹に対して特に思うこともないけれども、周囲はそうは思っていなくて……。 妹、朔夜を虐める令嬢も現れて。 夜蝶の周囲は賑やかになってきている。 そんな中、夜蝶の心に過るは……。 そうして新しい婚約者との仲はどうなっていくのか!• 現実世界[恋愛] 完結済:全16部分• 悪役令嬢 婚約破棄 学園 イケメン 美少女 ざまぁ 新しい婚約者は幼馴染 マンガ原作者志望• R15• 読了時間:約108分(53,607文字)• 双子の姉と言っても、私と姉では両親や周囲からの扱が天と地ほどの差があるので、双子の姉妹というと姉に酷く嫌味を言われ、時に打たれることすらある。 明るい茶色の髪、翡翠色の眼をした人形のように愛らしい姉と、黒く長い髪と黒い眼をした冷たいビスクドールのような私。 姉は幼少時病弱だったこともあり、両親は姉を溺愛していたのも、今このようになった原因の一つだろうけれど、姉にかまけるあまり私の世話がおろそかになり、私の育児を半ば放棄されていたように思う。 裕福な家で家政婦がないければ、私の食事すらままならなかったのではないだろうか?もっともその家政婦も笑わない私よりも、病弱ながらも愛らしく笑う姉の方が気に入ってたように思える。 けれど、世間体を気にしているのか、学校だけはしっかりと通わされた私は、家から逃げるように図書室にこもり、休日は図書館に逃げ込んでいた。 高校に進学すれば、姉はさらに自分の信者を増やすかのように動くに決まっている。 中学までがそうだったかのように、女王のごとく振舞うのだろう。 だったらそれを利用して私は姉に、両親に復讐をして見せる。 だって、私は悪い子だから。 現実世界[恋愛] 完結済:全7部分• 悪役令嬢 ざまぁ 主に会話文 主に思考文 安定のキ印• R15 残酷な描写あり• 読了時間:約60分(29,505文字)• 煌びやかな舞踏会の会場で突然宣言される婚約破棄。 リゼルがその時思ったことは……。 異世界[恋愛] 短編• 年の差 悪役令嬢 婚約破棄• 読了時間:約11分(5,341文字)• ソレは最恐を生み出す場所であり、最強を救い出す場所である。 異世界[恋愛] 短編• 異世界 バトル• 読了時間:約8分(3,682文字)• 婚約者に好きな人が出来たと告白されてしまった。 仕方のない人、と私はその恋を応援することにした。 異世界[恋愛] 短編• 悪役令嬢 婚約破棄 ざまぁされる• 読了時間:約6分(2,840文字)• 真夜中に出会ったのは、暗殺者とその対象。 許されない出会いは何を引き起こすのか……• ローファンタジー[ファンタジー] 短編• ヒストリカル 異世界 暗殺者 王子• 読了時間:約2分(885文字)• 結婚するか進学するか迷っているときに、貴方を見つけたの。 異世界[恋愛] 短編• 悪役令嬢 婚約破棄• 読了時間:約3分(1,417文字)• 月の光が照らし続けるこの世界では、私の恋が認められることはないのです。 異世界[恋愛] 短編• 身分差 恋愛 和風• 読了時間:約3分(1,010文字)• 気が付けば国はクーデター一歩手前、私は王妹の娘ということでとばっちりを受けること間違いなし。 こんな状況から抜け出したいけれども、家族のだれも話しを聞いちゃくれない。 さて、どうしたものか……。 異世界[恋愛] 短編• 異世界 クーデター 密かなるざまぁ 婚約破棄• 読了時間:約4分(1,752文字).

次の

悪役令嬢、刻み込む

悪役 令嬢 は 引き こもり たい

ブックマークは登録されていません ユーザID 1182776 ユーザネーム 古森きり フリガナ こもりきり サイト 自己紹介 ファンタジー系が大好きー。 『うちのお嬢様が破滅エンドしかない悪役令嬢のようなので俺が救済したいと思います。 』がカドカワBOOKS様より発売中。 コミカライズはマンガアプリ「マンガUP」さんで連載中。 『転生したら絶滅寸前の希少種族でした。 』が総合書店アプリ『まいどく』オリジナル作品として配信中。 『追放悪役令嬢の旦那様』が第4回ツギクル小説大賞、大賞を頂きました。 ツギクルブックス様より12月10日発売。 2巻決定。 『泣き虫な私のゆるふわVRMMO冒険者生活 もふもふたちと夢に向かって今日も一歩前へ!』がBKブックス様より12月27日に発売。 メンタルが焼け焦げた秋刀魚の尻尾並みなので感想に対するお返事は基本的に行なっておりません。 すみません。 時々「お返ししたいなー」と思ったらお返しします。 スタンスは『感想書くのは読者の権利、返事を返すのは作者の自由』でよろしくお願い致します。 ちなみにカスタマーハラスメント感想と判断したら精神の安寧の為にある程度は厳正に対処致します。 Twitter同様、感想欄も公共の場ですので他の読者様に不快感を与えると判断したら容赦しませんので。 消しますので。 度を過ぎたらしかるべき対処も考えますのので予めご了承下さい。 あんまりやりたくないのでお互い穏やかに生きられるようにしたいものですね〜。 書きたいものが多すぎて更新が長期間止まる事もあるけれどみんな可愛い我が子です。 無断転載ダメ絶対。 どんな作品も、作品とは作者の子供である。 小説に限らずイラストも漫画も作品は全て作者の子供! 我が子を盗まれて気分がいい人間なんているはずがない。 あ、うちも当たり前ですけど無断転載はお断りですー。

次の