キャラ別推奨ランク。 【プリコネR】ランク16にすべきおすすめキャラとステータス比較表【プリンセスコネクト】

【プリコネR】ランク16にすべきおすすめキャラとステータス比較表【プリンセスコネクト】

キャラ別推奨ランク

麻里愛の双子の妹で、愛称はマリリン。 香港で女優として活躍している。 母方の血を強く引いているため、気が強く、お茶汲みを頼まれてもハッキリと断り、「自分でできることは自分でやって」と厳しく諭す。 人を上手く動かす術を持っており、自分の代役を愛に頼む時「父の後継者の話、考えてあげる!」と言って上手く動かしていた。 生活態度にも厳しく、両津の行動 身だしなみや買い食いなど や言動に厳しく指導を入れる。 女優さんなのでそんなに強くないかと思いきや、あらゆる武術の教育を受け、特に武器を用いた格闘術を得意としている。 暴走する牛の集団を一撃で倒すほどの強さで、愛によると「武器を持ったら自分でもかなわない」とのこと。 新葛飾署の交通機動隊に所属している白バイ隊員。 普段はナヨナヨとした雰囲気で、非力で気弱な優男で、少女趣味のオタクでもあるが、バイクのハンドルを握った瞬間に人格や顔つきが豹変し、非常にワイルドで攻撃的になる。 警察官になる前は『関東男連合』の初代総長として恐れられた伝説の暴走族で、1人で暴走族1000人を潰して数百台のバイクを破壊したことから、警官になった現在でも暴走族の間では『レジェンド・オブ・ダークネス』と語られ畏敬の念を集め続けるカリスマ的存在。 バイクの運転テクニックは天才的なのだが、その厳しい取締りと無茶な走行は時として問題になることも多く、葛飾署管内では両津勘吉ら亀有公園前派出所のメンバーに並ぶ問題警官である。 一見すると長い黒髪が美しい女性だが実は男性で、後に魔法の力で女性となった。 過去にキックボクシングで頂点を極めたという過去を持ち、人間離れした強さを誇る両津勘吉でさえその実力を見て「勝負しなくてよかった」と言う程で、超能力者の日暮熟睡男を除けば作中屈指の戦闘能力の持ち主。 キックボクサー時代は本名の「愛」では迫力が出ないということで「麻里竜二」というリングネームを使っていた。 武術も精通しており、磯鷲早矢との勝負では剣道と弓道を披露した。 両津に本気で惚れており、彼を「両様」と呼び慕い、両津のためならどんな困難にも立ち向かう意志の強さを持つ。 一方、両津の悪ノリを諫めもせず一緒に騒動を起こしたり、口より先に鉄拳を繰り出すなど、惚れた相手から悪影響を受けている節がある。 本名は爆竜鬼虎で、アメリカ陸軍大佐。 ボルボ西郷の傭兵時代の上官で、顔を始め全身に戦場で受けた傷がある。 左目に大きな眼帯をはめているが理由は不明。 見た目とは裏腹に、奥さんとは共働きで日頃から家事を分担しているため料理が非常に上手で、軍人らしくその辺の生き物をジビエにするほか、顔に似合わずケーキも作れる。 登場する際は戦闘ヘリに乗ってBGMに『ワルキューレの騎行』を流しながら現れる事が多いが、あいさつ代わりにミサイルを発射したり突然銃を撃ってきたりと物騒な事この上なく、周囲に迷惑をかけている上に派出所も何度か破壊されている。 ちなみに、両津の誕生日プレゼントとして、上空から本物の戦車を落とし、派出所が破壊されてしまったこともある。 亀有公園前派出所に勤務する警察官 現在は新葛飾署勤務。 髪や髭が無造作に伸び、覇気のない目をしている痩せこけた男。 新人の頃から月に数える程度しか出勤せず、それが段々とエスカレートして現在は四年に一度しか出勤しなくなった。 基本的に彼が目覚めるのは夏季オリンピックが開催される年のため、「オリンピック男」とも呼ばれている。 本来ならクビになる案件だが、彼には超能力があり、予知能力や念写などの能力を駆使して数々の難事件を解決したり、大事件を未然に防いだりしているためクビにならない。 また、寝起きが非常に悪く、四年経っていないのに起こしたり無茶な起こし方をしたりしようものなら大暴れして周囲に甚大な被害をもたらしてしまう。 性格は良くも悪くも豪快で破天荒。 金にがめつく欲張りで強情、時として目的のためなら卑怯な行為も平然と行い、そして遊ぶのが大好きというダメ男を絵に描いたような人物。 人間離れした身体能力と生命力の持ち主であり、自転車で自動車を追いかけ回したり、常人だったら普通に死んでいそうな目に遭っても絶対に死なない。 その豪快な体力から剣道や柔道などのスポーツでも引っ張りだこにされており、大抵好成績を収める。 特に賞金がかかった時の執念と底力は凄まじいの一言に尽きる。 『リョーツGPX』という、両津勘吉の体内にのみ存在する最強の抗体を持っており、その免疫力たるや、あらゆる病原菌やウイルスを即座に駆逐し、さらにはガン細胞までやっつけてしまうほど。 まさに不死身。

次の

【プリコネR】推奨ランクは?キャラ別おすすめランクまとめ

キャラ別推奨ランク

また味方の回復や蘇生を行う事など、サポートも行う事が出来る優秀なキャラです。 高いサポート性能で、攻撃時や防御のどちらでも安定した活躍が見込めるので、PTに必須級のエージェントです。 進行状況を把握できる事によってクロスを上手く組めたり、カバーもより早く入れるといった利点があります。 またソロでもある程度自身で相手の位置を確認する事が出来るので、立ち回りやすいという強みも持っています。 またサポートだけではなく、ウルトで相手を籠っている位置などから動かす事が出来るので、結果としてキルにもつなげる事が出来ます。 攻守のバランスが取れたキャラで癖の少ない性能となっているので、扱いやすい点も非常に優秀です。 基本的には自身の撃ち合いの強さに依存するため、強いプレイヤーが使うほど強力なキャラになります。 最強キャラランキングの評価基準 海外のtierリストも参考にしている 海外のtierリストなども参考にしてランキングを付けています。 アンケートやコメントを参考に再度ランキングの変更や、評価基準の選定の見直しなども行っています。 サポート能力の高いキャラは評価が高い 評価の基準としては、主にサポートとしての能力が優れているかどうかが重要視されています。 PTでプレイするので、いかに チームに貢献できるかが大事となっています。 ピック率も考慮してランキング付けをしている キャラクターピックアップ率も考慮しています。 以下のサイトでピックアップ率や勝利レートなども確認する事が出来ます。

次の

【プリコネR】推奨ランクは?キャラ別おすすめランクまとめ

キャラ別推奨ランク

、、、、、 Sランクのレジェンドはランクリーグで勝ちを目指すときに 有力な選択肢になるレジェンドです。 特にランクリーグでは必要不可欠な切り込み役としてチームを引っ張ります。 ワットソンは試合中盤~終盤にかけて圧倒的な防衛力を発揮するレジェンドです。 生き残ることが重要なランクリーグにおいて、安全地帯の中でフェンスを固めて待つのは非常に有効な戦術です。 アルティメットアビリティ「インターセプターパイロン」のシールド回復能力でシールドセルを節約できるのも強力です。 パスファインダーは移動能力を生かし、被弾したらすぐに前線から離脱できるアタッカーとしても、味方の移動を支援するサポートとしても機能する万能レジェンドです。 移動能力に特化したオクタンよりも移動能力が高いというのがパスファインダーの強みです。 ランクリーグではパッシブアビリティの「内部情報」が特に便利で、他のチームより先に安全地帯に入って有利なポジションを確保できます。 ジブラルタルのドームシールドの使い方は様々で、最終盤で自チームの安全地帯を確保しながら周囲に爆撃を降らせたり、倒した敵のデスボックスを漁る際に漁夫をケアするために置いたり、素早く蘇生や回復をするために置いたり等あらゆる場面で機能します。 やることはシンプルですが、とにかくチームプレーが重要なレジェンドです。 レヴナントは敵のアビリティを封印する飛び道具、疑似無敵のウルト、素早い移動を可能にするよじ登り能力など、能力が腐る場面が少ないため撃ち合い全体を有利に運べます。 ウルトを切るタイミングなど、意思の疎通は必須です。 コースティックは体が大きいうえにジブラルタルのようなガンシールドも持っていないので撃ち合いには滅法弱いものの、ガスをばらまく狭い空間で敵を圧倒します。 味方にガスのスロー効果がかからなくなるアップデートが入ってからは状況を選ばずガスを置けばとりあえず機能するレベルの汎用性を獲得し、状況によってはワットソン以上の要塞を築き上げてくれます。 「レイス」戦い方講座はこちら。 、、 Aランクは必須級ではありませんが、ランクリーグでも 活躍しやすいレジェンドです。 ライフラインは回復効率が良いため前線を張れるだけでなく、味方の蘇生をサポートする役割としても役立ちます。 アルティメットアビリティの「ケアパッケージ」の存在感の薄さは玉に瑕。 一方、シーズン5以降のキングスキャニオンに設置されたチャージタワーを効率的に利用すればガンガン「ケアパッケージ」を落として一気にチーム全体を強化することもできるようにもなりました。 クリプトはワットソンの設置を破壊するためのメタとしても、索敵役としても大きな役割を担っています。 ただし、全ての局面でアビリティが機能するわけではないという安定感の低さからAランクとしました。 潜在能力は非常に高いのですが、かなり上級者向けです。 ローバの評価は未だ定まってはいませんが、戦術アビリティ、パッシブアビリティ、アルティメットアビリティのいずれも「弱いはずがない」内容が書かれています。 といってもウルトの置き所を間違えたら本当にゴミしか集まらないし、戦術アビリティのワープもミスったら無防備な姿を敵に姿を晒すだけだし、というわけでこれまた上級者向けのキャラクターです。 「ライフライン」戦い方講座はこちら。 、、 、 Bランクは主にスクリムやランクリーグで 見かける機会の少ないレジェンドです。 全体的に、上位のレジェンドと比べて味方とのシナジーの薄さが弱点です。 バンガロールはシンプルに全てのアビリティが強力です。 単体性能ではAクラス級で、ランクリーグでも見ないわけではありませんが、大会などでガチでプレイするとなるとピックされにくくなるようです。 オクタンは機動力が強力なレジェンドですが、仲間をサポートする能力がとにかく貧弱で、全員で生き残るべきランクリーグでは恩恵が少ないです。 ブラッドハウンドは強化に次ぐ強化を受けてもなお選び辛いレジェンドです。 逃げ性能を求められるランクリーグでこのアビリティはいくら戦闘力が高くても厳しいようです。 ミラージュは相手を騙すハッタリの利いた能力の持ち主ですが、騙したところでどうにもならない状況が多いです。 シーズン5からは大幅な「騙し能力」の向上が入りましたが、騙したところでどこまで勝率に影響するのか?が今のところ見えてこないため、Bランクとします。 「バンガロール」戦い方講座はこちら。

次の