アジングフロート。 【アジング遠投リグ】スプリットなどで遠くのポイントのアジを攻める!

おすすめフロートリグの仕掛けやタックルについて[アジング]

アジングフロート

アジング アジングは、2cm〜4cm程度のワームと1g程度のジグヘッドを使って鯵を狙う海のルアーフィッシング。 手軽なタックルと仕掛けで楽しめる事もあり近年非常に人気の高い釣りです。 軽量ロッドと小型リールを使ったライトタックルを使用するので、小型アジでも十分に魚とのやり取りが楽しめるのも特徴。 そして、手軽に始められる一方、かなり奥深い釣りなのでハマるアングラーが続出しています。 釣れる場所(ポイント) アジは身近な漁港や堤防などで釣れます。 足場も良く一番釣りやすいのが常夜灯が効いている漁港。 常夜灯の光にプランクトンなどのアジの餌が集まり、それを捕食しにアジが集まってきており明暗の境目などが狙い目になります。 他にも、アジが回遊してくる場所であればどこでも楽しめる釣りです。 ちなみに、どこにアジがいるか?という情報は、釣果情報サイトや釣具屋さんに確認すれば、その時期に釣れている場所や時間帯を教えてくれると思いますよ。 基本的には夜間がおすすめ アジが良く釣れる時間帯は日の出前と日没後、夜間です。 基本的には明るい時間帯よりも暗くなってからの方が良く釣れます。 もちろん、日中などにもアジは回遊してくるので「釣れている場所」であれば、1日中粘ればどこかのタイミングでアジは回遊してくると思います。 ただ、1日中粘るのは中々骨の折れる作業なので、日の出前や日没後を狙うのが効率的。 その時々によって大体アジが回ってくる時間は決まっている場合が多いので、近所の釣具屋さんに「アジは何時頃が良いですか?」と確認すると釣れる確度が上がりますよ! 時期 ポイントや地域にもよりますが、アジングは6月頃から11月頃までが一番釣りやすい時期です。 初夏は豆アジや小アジなどの小型サイズが多く数釣りが楽しめます。 秋以降になると良型も出やすくなってきます。 水温が下がり過ぎると釣りにくくなってきますが、基本的には1年を通して楽しめる釣りがアジングです。 アジングタックルを紹介! アジングロッドがおすすめ ラウンド型ジグヘッド アジングではオモリと針が一体になったジグヘッドと呼ばれる仕掛けにアジング用ワームをセットして使います。 ジグヘッドの形状も色々とありますが、水の抵抗を感じやすいラウンドタイプが基本的な形です。 ジグヘッドは通常1g程度を良く使用しますが、場合によっては、より軽いジグヘッドや、より重たいジグヘッドを使う場合もあります。 基本的には軽いジグヘッドを使う方がアジの吸い込みも良くなるので釣りやすいですが、ジグヘッドは軽くなればなるほど、飛距離が出ない、水中の中のどこにあるか分かり辛くなるといったデメリットもあります。 1gを中心に重さを数種類用意すると良いですね。 個人的には0. 6g、1g、1. 5g、2gの4種類ぐらいを用意しておけば大体の状況に対応できると思います。 どこにジグヘッドがあるか分からないっていう人は、軽いジグヘッドよりも1. 5gや2gの重ためのジグヘッドから使い「ジグ単の釣り」に慣れるのも良いと思います。 テンションフォールとフリーフォール 任意の場所にキャストしワームを沈めていきます。 この時メインライン(道糸)をフリーな状態で沈めていく事を「フリーフォール」と呼びます。 また、ラインに軽くテンションを掛けた状態(スプールから糸がでない状態)で、ワームを沈めていくことを 「テンションフォール(カーブフォール)」と呼びます。 カーブフォールは垂直に沈むのではなく、着水からカーブを描きながら徐々にアングラー側にワームが寄ってくるイメージです。 アジングにおいて、この「ワームを沈める」という作業が一見簡単そうで奥が深く、釣果に直結してくる部分。 でかアジ その際、ジグヘッドを沈める時に自分の中で「1・2・3・4・・・」と数をカウントしていきます。 これをしっかりすることで、「あ、いまカウント4で反応があった!」というように、アジのアタリがでる層を把握することができ、釣果に繋げる事ができるようになります。 最初はフリーフォールではなく、カーブフォールを練習することでジグヘッドとワームの沈下や着底を手元に感じながら、カウントを取る練習をするのが良いのではないでしょうか。 はじめは超軽量なジグヘッド、例えば0. 4gなどを使っても「どこにジグヘッドがあるか分からない??」なんて状態になりますので、1g前後の手元に「あ、ジグヘッドがあるな」と感じるような重さから始め、徐々に軽くしていくのも良いと思いますよ。 おすすめ。 カーブフォールしている途中に「ココンッ!」と魚からのアタリが出るレンジ(層)があると思いますよ。 時には、沈めない表層が良い場合もありますので、ご注意下さい(笑) トゥイッチでアジを誘う ただ巻きやトゥイッチ ただ巻きはキャスト後に任意のレンジまでワームを沈め、その後一定のスピードでリーリングしてくる釣り方です。 リーリングのスピードを早くしたり、スローにしたり、その時に魚の反応が良いスピードを探りながら釣ります(アジングの場合は基本ゆっくり目で巻く方が反応が良いです)。 ジグ単以外にもフロートやキャロライナリグを使った場合も、ただ巻きを使用します。 また、ただ巻き中や、テンションフォール中に数秒に1回程度、竿先でワームを「ちょんちょん」と動かす「トゥイッチ」を入れる事でアジの食い気を誘います。 チョンチョンと動かしワームの体勢が崩れた直後に喰ってくる場合が多いです。 釣り方の参考動画 人気の記事• こんにちは。 最近流行りのルアーを使ったタコ釣りについ... イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛... ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハ... ロックフィッシュ釣りをこれから始めようと考えている人... こんにちは。 こないだ某釣具ブランドのファミリーセール... 船のタコ釣り用ロッドを紹介します。 海底の起伏に合わせてタコエ... 明石のタコと言えば高級食材。 そんな美味しいタコを船か... タコエギにも色々な種類が発売されています。 その中でも個人的に... こんにちは。 もうすぐイカメタルの時期がやって... ジギング(オフショア)に必要なタックルやジグのしゃくり方を紹...

次の

楽しさは無限大!! 夏のアジングを制するためのノウハウ|【Shar's=Style= vol.11】

アジングフロート

制作:TSURI HACK編集部 3点フロートリグとは、PEラインにショックリーダーを装着し、通常は切り落としてしまう端居とにスイベル付きの飛ばしウキを装着するリグのことを指します。 先ほどの中通しフロートリグとは異なり、スイベルやしもり玉を必要としない分、リグ作成の手間が少ないことが特徴です。 ただし。 レンジや操作感を大きく変える時は、リグを再度組み直さなければならないデメリットもあります。 フロートリグ専用飛ばしウキ5選 フロートリグで使う飛ばしウキには、様々な専用製品が販売されています。 装着方法や方に試行錯誤した製品が多く、使い勝手、釣果が変わってきますので、まずは以下のような製品を選ぶようにしてみてください。 多彩なウェイトバリエーションと、水中の安定性と飛行姿勢を追求したこだわりのボディ形状となってます。 海岸のゴロタ石帯や藻場等のシャローを攻めるには、もってこいのフロートだと思います。 3ftのロットで、リグをぶっ飛ばして使ってます。 出典: フロートリグに向いているロッド フロートリグは、通常のアジングで使うリグよりも遥かに自重が思いリグです。 そのためロッドは、遠投を想定した7~8フィート前後の長さ、パワーは使うフロートの重さにもよりますが、3~10グラム程度のフロートを背負えるパワーのあるロッドがおすすめです。 ルアーウェイトが0. 8〜10グラムと幅広く、ジグ単からライトなフロートリグまで対応することができます。

次の

【フロートリグ】アジング・メバリングに有効な飛ばしウキ仕掛けを徹底解説|TSURI HACK[釣りハック]

アジングフロート

目 次• アジングのリグについて 冒頭でも紹介しましたが、アジングで使用するリグ(仕掛け)は、ジグヘッドとワームを組み合わせた ジグ単(ジグ単体リグ)が一般的です。 アジングでは0. 3~3. 0g程度のジヘッドを使うことが多いため、あまり遠くまで飛ばすことができません。 アジングで使用するリグには、• ジグ単• メタルジグ• スプリットリグ• キャロライナルグ• フロートリグ などがありますが、ジグ単とメタルジグについては他のページで詳しく解説していますのでそちらを参考にして下さい。 ここでは、スプリットリグ、キャロライナリグ、フロートリグについての解説と使い方、おすすめを紹介します。 ジグ単についてはこちら アジングで遠いポイントを攻めるためのリグ ここからは、アジングで遠いポイントにいるアジを攻めるための仕掛けについて解説していきましょう。 スプリットリグ スプリットリグとは、軽量ジグヘッドまたはノーシンカーのフックの30cm~1mほど手前にオモリを取り付けたもので、遠投できるうえにワームを自然に泳がせることができるという仕掛けです。 スプリットリグのメリットとデメリット• メリット:ジグヘッドよりも重いオモリを付けるので遠投できることとフックの部分は軽量ジグヘッドかフックだけになるので、ワームがナチュラルな泳ぎをする。 デメリット:フックの手前にオモリがあるのでラインが絡まりやすくなる。 キャロライナリグ キャロライナリグとは、シンカーの下にスイベルを付け、ワームの間にリーダーで間隔を取った仕掛けのことです。 アジングで遠投しようと思っても、アジの口の大きさを考えるとジグ単の仕掛けを大きくすることが無理なために考えられたのが、キャロライナリグといわれています。 キャロライナリグを利用することで、ジグ単の2倍近くの飛距離が可能になり、広範囲を探ることができるようになります。 キャロライナリグのメリットとデメリット• メリット:なんといっても飛距離を伸ばせるいうことです。 ジグヘッドを軽量化できるのでアジに違和感なく食いつかせることができる。 シンカーがバックライトフォールと呼ばれる独特のフォールをするので、アクションの幅が広くなり、よりアピール力が上がる。 デメリット:糸が絡みやすくなる。 アタリが取りづらくなる。 メリットでもあるバックライトフォールするために仕掛けが絡んでしまうことがある。 フロートリグ フロートリグとは、キャロライナリグと同じような仕掛けで、シンカー(オモリ)の代わりに重さのあるフロート(ウキ)を付けたリグです。 餌釣りでも、「飛ばしウキ」と呼ばれる同じような仕掛けを用いる釣り方があります。 フロートリグのメリットとデメリット• メリット:スプリットやキャロライナリグでは、遠投はできるのですが、仕掛けをゆっくり引くとすぐに沈んでしまい上層や中層にいるアジを攻めることができません。 それに対してフロートリグは、スローリトリーブでもすぐに沈むことがありません。 また、フロートが目立つので、アジに存在を気づいてもらいやすいことや仕掛けを調節することで、根がかりを回避することができます。 デメリット:比較的にフロートの体積が大きくなるため、風の強い日には風の影響を受けて狙ったポイントに投入できないというデメリットがあります。 このようにジグ単では届かない沖や深場のポイントは、 スプリットショットリグ、 キャロライナリグ、 フロートリグなどを使用することで効果的に攻めることができるようになります。 おすすめのアジングスプリットリグシンカー ダイワ シンカー アジング メバリング 月下美人 アジングシンカーII 3g• 自重:3g• シンカー入り数:3• ラバー入り数:6• ボートアジング、深場対応の7. 5gを含めた幅広いサイズラインナップ。 本体にg数を記載しているため分かりやすい。 糸グセを減少させ、簡単に装着できるスリット構造。 プロズファクトリー ラバースプリットショット• 自重:4. 特殊ラバー貼り• サイズ:0. プロズファクトリーの代名詞、ラバースプリットショットが新たなパッケージになって登場!! ラインを傷つけず、付け外しがカンタンなのにズレないことが特徴。 アルカジックジャパン スプリットシンカー 5. 00g• 重量:5. 00g• 仕様:クロムメッキ仕上げ 入数:2個• 低比重、高硬度のブラス 真鍮 素材を採用。 ラインを屈折させず、痛めにくい構造と特殊表面加工処理。 スリット構造により、アタリをダイレクトに伝達。 スプリットストッパーS 2個付き おすすめのアジングキャロライナリグシンカー キャロライナリグは、ジグ単の前に遊動式のシンカー(オモリ)を装着して、ジグ単だけでは届かないポイントを攻めるためのリグです。 TICT MキャロVer. 2Nタイプ• 自重:4. タイプ:N• フォール角度:斜め30度• メタルジグに匹敵する約60mの飛距離で、沖にいる群れにダイレクト! スローフォールのため、レンジキープも簡単ポイントの水深を問わない• 内径の太いパイプを使用アタリがハッキリ伝わる高感度設計。 TICT Mキャロ Ver. 2 Lタイプ• 自重:5. タイプ:L フォール• 角度:斜め15度• 水面でライズする群れや表層付近のレンジ狙いに。 ゆっくりとフォールで魅せたいときにも効果的。 TICT MキャロVer. 2チューンドウェイト• 自重:3g・4g• タイプ:チューンドウェイト• 入り数:2個• 小さな着水音で群れを散らしません。 高い浮力を持ち、表層デッドスローが可能です。 従来のL・N・Sとは異なる、独特の沈降角度で沈みます。 TICT ミニMキャロ• 自重:3. 1パック2本入り• カプセル2. 5cm• 障害物にリグをタイトに絡めることができる「ミニMキャロ」• 独特のバックスライドと圧倒的飛距離はそのままにMキャロがコンパクトになりました。 TICT MキャロVer. 2Sタイプ• 自重:5. タイプ:S• フォール角度:斜め60度• よりボトムを意識したギガサイズを攻略。 おすすめのアジングフロートリグフロート フロートリグとは重さのある浮きのことで、アジングで軽いジグ単やプラグ系のルアーを遠投するときなどに使用します。 沖のポイントの上層や中層を攻めるときに有効です。 SHIMANO ウキ ソアレ アウトシュート 01T グロー 3. 6 SF-A21Q• 自重 g :3. カラー:グロー• 適合ライン:0. 3-1. 様々なシチュエーションに、より細かく対応! アルカジックジャパンのフラッグシップモデルと言っても過言ではないフロート『ぶっ飛Rocker』。 あらゆるフィールドにおいて、「フロートリグで更に細かく攻略したい」…を開発コンセプトに誕生したのが『ぶっ飛びRockerII』です。 細分化されたタイプと残浮力が、様々なシチュエーションとアプローチに対して、よりベストな対応を可能にします。 シマノ ソアレ ウルトラシュート アミパーティ• 自重:20g• サイズ:133mm• 今まで狙えなかったポイント攻略を可能にした、ぶっ飛び新型フロート!!• ゆっくり巻いてもレンジキープできる!通常のフロートでは届かない場所まで遠投でき、さらにレンジキープ力が高いため、ゆっくり巻くことが可能。 ティクト Mフロート• 自重:7g• サイズ:133mm• ミサイルのように飛ぶ! 長距離型表層攻撃弾• 今まで届かなかった「ブレイク」や「明暗部」のライズを攻略!! スルスル遊動によってフロートを支点に先のジグヘッドだけを動かすネチネチ誘いも可能!! ダイワ 月下美人 月ノ雫II F• 自重:8. カラー:夜光• 軽量ジグヘッドを手つかずの沖のポイントまで届ける飛ばしウキ。 飛距離に優れたティアドロップ 涙型 形状で、着水した時の音が魚の捕食音に近い。 仲間の捕食音に刺激されて活性が上がる傾向がある魚に特に効果的。 まとめ アジングで遠くのポイントにいるアジを攻めるためのリグの解説とおすすめのリグを紹介しました。 近年はアジングを楽しむ釣り人も多くなってきましたが、他の人と釣果で差をつけるためには、沖目のポイントを攻めることも大事なことです。 また、良型のアジは岸壁から離れたところを回遊することが多いので、アジング遠投リグを使用することで大型のアジを狙うこともできます。 いろいろなリグを使い分けてアジングを楽しんで下さい。 アジングで使用するジグ単についてはこちらを御覧ください。

次の