履歴 書 テンプレート a4。 【履歴書】用紙・サイズ ~履歴書はA4かB5か?~ |転職ならdoda(デューダ)

履歴書テンプレート~ダウンロードしてすぐに使える~ |転職ならdoda(デューダ)

履歴 書 テンプレート a4

当サイトで履歴書を作成し、印刷およびファイル出力をする際に、実際に選べる形式ですので ご希望に沿うサンプル例があるかご確認ください。 (各項目のリンクを選択しクリックするとページ内の見本にジャンプします。 以上のように、履歴書には様々な形式があります。 当サイトで実際に履歴書を作成してから、どの形式にするかを実際に見比べて決めることもできます。 一度、履歴書を作成してしまえば、同じデータを再利用して、出力形式のみを変更することが簡単にできます。 ぜひ、ご活用ください。 JIS規格に準拠する履歴書のサンプルです。 職歴・所有資格・自己PR・志望動機とバランスよく記載項目があるので、使いやすい履歴書です。 スキルをアピールできる履歴書のサンプルです。 転職が4回までの方が利用できる用紙です。 職務経歴の記入枠を減らした分、スキルなどの表現ができる枠が用意されています。 主にIT系のスキルアピール用として利用されるケースが多い(詳しくは職務経歴書に別途表現は必要です。 ) 主に学生のアルバイト向けの履歴書のサンプルです。 扶養などの枠は無く、健康状態など学校生活などの人物面について記入する項目が用意されています。 転職回数の多い方向けの履歴書です。 社会人暦の長い方向けに職歴の記載枠が多くとられています。 PR枠は少ないため職務経歴書とセットで使用することをオススメします。 アルバイト先への提出にオススメする履歴書です。 学歴は最終学歴のみ記載すればOK!職歴は3社目までの方に最適です。 特徴としては、シフト勤務になりがちなアルバイトに併せて、曜日・時間・期間等の希望が伝えられる項目が準備されていること! 特殊な仕事でない限りアルバイトとしては、多くを求めない資格は4つまで。

次の

【履歴書ダウンロード】手書き・Word両対応テンプレ&記入例

履歴 書 テンプレート a4

履歴書・職務経歴書のサイズ 状況別の適正サイズ お店に行くと、A4やB5などさまざまなサイズの応募書類が販売されています。 また、最近ではオリジナルの書類フォーマットや、Webでダウンロードできる用紙を使用する方も増えてきました。 多くの選択肢がある中、どんなものを選ぶのが適切なのでしょうか? 企業から指定がある場合 企業によっては、専用のエントリーシートを設けている場合もあります。 その際はダウンロード用のURLなどが求人情報に掲載されているはずですので、見逃さないようにしましょう。 指定外のフォーマットを使うと企業側で管理上の不便が出てしまうため、必ず決まったものを使うようにしてください。 特に指定がない場合 一般的に、履歴書はB5(B4二つ折)・職務経歴書はA4のものが多いと思います。 指定がない場合はB4・A4どちらでも構いませんが、企業側の見やすさ・取り扱いやすさに配慮することが重要です。 企業側が応募書類を紙で管理しているか、PDFなどのデジタルデータで管理しているかによって状況は変わってきますが、B5・A4どちらを選んでも選考で著しく不利になるということはありません。 特にこだわりがない場合は、慣習にならって履歴書はB5・職務経歴書はA4を選ぶとよいでしょう。 書きたい内容の量で選んでもOK! 履歴書や職務経歴書に記載したいことが多くあり、小さなサイズではごちゃついてしまう……という場合は、両方A4で揃えるのも手です。 たくさんの文字をB5サイズに詰め込んでしまうと見づらくなるため、履歴書もA4(A3二つ折)サイズを選ぶとよいでしょう。 逆に、記載する内容がそこまで多くないのにA4の履歴書を選んでしまうと、無駄な余白が出るため「内容が薄い」という印象を与えかねません。 注意しましょう。 デジタルデータの場合はA4がオススメ ビジネス上の書類はA4サイズが主流です。 PDFなどのデジタルデータで応募書類を管理している企業の場合、A4サイズに揃えたほうが取り扱いやすくなります。 印刷したものを持参するのではなく、デジタルデータをメール等で提出する場合は、履歴書・職務経歴書ともにA4サイズで揃えるのがオススメです。 ただし、企業側で指定がある場合はそちらに従いましょう。 職務経歴書はA4サイズ一択 職務経歴書はご自身のアピールをする大きな武器になりますので、特段の事情がない限りはA4サイズを選びましょう。 企業が求めるスキルや経験を積極的にアピールするには、B5サイズではスペースが足りません。 また慣習的にも多くの応募者がA4サイズを使用しますので、揃えたほうが企業側にとっても管理しやすくなります。 履歴書が2枚になっても問題ない? 自作の履歴書フォーマットを使って作成し、印刷する場合もあると思います。 しかしA3やB4二つ折りで印刷しようとすると、自宅のプリンターでは対応していない!ということも。 コンビニなどで印刷・コピーするのが妥当ではありますが、それも難しい場合、やむを得ず用紙を2枚に分けざるを得ないかもしれません。 失礼にあたるのでは?と心配になる方もいらっしゃると思いますが、履歴書が2枚になってしまっても選考が著しく不利になることはありませんので、ご安心ください。 ただし、提出の際はクリップ留めする(ホチキスは避けましょう)、無地のクリアファイルに入れる、ページ番号を振っておくなどの配慮が必要です。 その他の応募書類がある場合 送付状を同封する場合 書類を郵送する場合、送付状(添え状、カバーレターとも言います)を同封するのがビジネスマナーです。 送付状の用紙サイズは基本的に、他の書類に合わせましょう。 B5の書類のみならB5で、A4の書類がある場合はA4で作成します。 用紙の向きは縦で使い、書類の一番上に入れましょう。 記載方法などは、以下でご紹介しています。 参考にしてください。 封筒は大きな白封筒で 封筒に入れる場合は、応募書類を折り曲げずに入れられる「角型A4」か「角2号」サイズを選びましょう。 小さな封筒に折って入れると見栄えが悪く、企業側も書類を管理しにくくなりますので、避けたほうが得策です。 また、色は白いものを選んでください。 茶封筒はあくまで事務用であるため、選考書類を送付するときには向きません。 書類はまとめてクリアファイルに入れ、郵送の場合は宛名書きもしっかりと。 応募先企業の郵便番号、住所、正式な会社名、担当者名を書き、左下に「応募書類在中」「職務経歴書在中」といった記載をします。 裏面に自身の住所と氏名を明記し、封をしたらフタに〆を書きましょう。 履歴書・職務経歴書の選び方 選ぶべき用紙は、人によって異なる 企業側からの指定がない限り、市販されているものを使用するのが一般的です。 種類はさまざまですが、基本的にはどの様式のものを使用しても問題はありません。 ただ、見比べていただくと分かりますが、用紙にはそれぞれ特徴があります。 例えばJIS規格のものだと学歴・職歴欄のボリュームが大きく、自己PR欄のボリュームは少なくなっています。 この場合、実務経験が浅いと書くことが少なくなるため余白が増え、自己アピールが不充分になってしまいます。 それぞれの特徴と自分の特徴を照らし合わせて、最適なものを選ぶとよいでしょう。 履歴書・職務経歴書用紙の種類と特徴 一般的に流通している履歴書・職務経歴書の種類と、それぞれの特徴についてまとめました。 市販のものを選ぶ際の参考にしてください。 履歴書 JIS規格 学歴・職歴欄が多く、自己PR欄の項目が少ないタイプです。 特に社会人経験の長い方(職歴がアピールの材料になる方)に利用されています。 一般用 JIS規格の履歴書と比較して、自己PR欄の項目が多いタイプです。 特に社会人経験の浅い方(職歴でアピールできるものが少ない方)に利用されています。 転職用 職務経歴書用紙もセットになっている、もしくは退職理由を記載できる項目があるタイプです。 転職回数が多く、JIS規格の履歴書では書ききれないという方に利用されています。 パート/アルバイト用 希望曜日や時間などを記載できる項目があるタイプです。 パートやアルバイトの仕事を探す学生や主婦の方たちに利用されています。 職務経歴書 編年体形式 時系列で職歴を書く一般的なタイプです。 どんなキャリアを積んできたのかを直感的に伝えることができます。 転職回数が少ない方、初期の職歴をアピールしたい方に適しています。 逆編年体形式 現在から過去にさかのぼっていくタイプの経歴書です。 転職回数が多い方や、直近の経歴をアピールしたい方によく利用されています。 キャリア式 時系列ではなく、経験職種・プロジェクト・得意技術・担当業務などを中心に職歴をまとめるタイプです。 転職回数が多い方、職種転換が多くキャリアの一貫性を説明しにくい方に適しています。 ダウンロードページのご紹介 「転職大辞典」「エン転職」のサイト内でも、便利なテンプレートを無料ダウンロードできます。 こちらもぜひご利用ください! 3. パソコンで作成した履歴書・職務経歴書の印刷の仕方 履歴書をパソコンで作成して印刷するほうが、何かと便利 そのつど履歴書や職務経歴書を買って手書きするのも良いですが、自宅パソコンなどで作成して印刷するほうが何かと便利。 というのも、新たに履歴書などを購入せずとも書き換えができ、効率的だからです。 一方で、自宅にプリンタがなかったり、家庭用プリンタだと鮮明に出力できなかったり、勝手を知らないとやりにくい場合も。 出力したい用紙サイズや目的に応じて印刷方法をマスターしておくことをオススメします。 二つ折りにしたい場合は、コンビニエンスストアへ 「 A3サイズ」もしくは「 B4サイズ」の見開きで印刷し、二つ折りにして使いたい場合はコンビニエンスストアの複合機を利用しましょう。 設定にもよりますが、印刷にかかる料金は 1枚あたり 10~ 100円です。 Word形式や Excel形式のファイルに対応していない場合もあるため、あらかじめ PDF形式に変換しておくと確実です。 記録メディアに保存して印刷する方法 USBメモリなどの記録メディアに保存して印刷する方法です。 自宅パソコンに記録メディアを接続し、該当ファイルを保存。 記録メディアをコンビニエンスストアに持っていきましょう。 多くの場合、複合機に付帯されたタッチパネルの操作に従って記録メディアを接続すればカンタンに印刷できます ネットワーク・プリントサービスを使って印刷する方法 自宅から近いコンビニエンスストアのネットワーク・プリントサービスを利用し、ファイルデータをアップロードして印刷する方法です。 利用したいコンビニエンスストアを Web上で調べると、ネットワーク・プリントサービス対応店か・否かが記されている場合もあります。 また、会員登録が必要なケースが多いです。 急いでいるときは、自宅印刷をチョイス 「コンビニエンスストアで出力している時間がない!」といった場合は、自宅印刷が賢明です。 二つ折りにはできませんが、 A4用紙を 2枚つづりにしてクリップでまとめておけば OKです。 採用担当者が履歴書をコピーしたり、見開きで確認したりする場合があるので、ホチキスでとめないように注意しましょう。 まとめ 自分に合った書類フォーマットを使おう 履歴書や職務経歴書と一口に言っても、その様式はさまざま。 まずは文房具店や書店に足を運び、どのような種類があるのかを知るところから始めましょう。 そして、書きたい内容をイメージし、最も自分自身をアピールできる形式を選んでください。 加えて相手の読みやすさ・扱いやすさに配慮すれば、書類選考での印象も良くなるはずです。 ぜひ、参考にしてみてくださいね!.

次の

履歴書ダウンロード 無料 職務経歴書ダウンロード

履歴 書 テンプレート a4

基本はこの2つ。 履歴書テンプレートのダウンロード 履歴書のテンプレートは、JIS規格である程度のフォーマットが定められているものの、明確に「この項目でなければならない」という形はありません。 このページでは、項目の異なる複数の履歴書テンプレートを4種類ご用意しましたが、まずは次にご紹介するJIS規格の履歴書テンプレートか、経歴に自信がない人向けのテンプレートのいずれかを使ってみて下さい。 経歴に自信がある人向け・JIS規格の履歴書テンプレート JIS規格に準拠した、最もスタンダードな履歴書です。 氏名・住所・経歴・資格といった基本的な項目以外の項目は、「志望の動機、特技、好きな学科、アピールポイントなど」から1つだけ好きな話題を選択して記入する枠が1つのみ。 まさに必要最低限の内容は、経歴に自身があり、できるだけ手早く記入を済ませたい人に向いています。 「趣味・特技」といった欄に苦手意識を感じている人にもピッタリ。 ダウンロード• 項目が「志望動機」「自己PR」で「経歴欄が広め」の履歴書テンプレートWord版• 項目が「志望動機」「自己PR」で「経歴欄が広め」の履歴書テンプレートPDF版 履歴書テンプレートを手書きで使う場合の注意点 履歴書は専用の用紙にプリントアウトする 履歴書は原則的に手書きが推奨されています。 まずはダウンロードしたテンプレートを印刷してから記入を始めましょう。 市販の履歴書には、ぺらぺらのコピー用紙に比べ、かなり厚みとコシのある上質紙が使われています。 履歴書を印刷する際は、市販の履歴書で提出している他の応募者に見劣りしないよう、履歴書専用の印刷用紙(A3サイズ)にプリントしましょう。 手書きの場合は黒いボールペン(フリクション不可)がお勧めです。 誤字や脱字など、書き損じをしてしまった場合は、修正ペンを使わず1から書き直しが基本です。 それ以外の対処法は下記をご覧下さい。 参照: パソコンで作成してから印刷する場合 手書きではなくパソコンで作成してから印刷する場合も、履歴書印刷専用の用紙を使いましょう。 どうしても履歴書専用の印刷用紙で印刷できない場合は、企業側からパソコンで作成するように言われた場合に限り、A4コピー用紙で出力しても構いません。 下記からA4・2枚印刷用のテンプレートをダウンロードの上、ご活用下さい。 ダウンロード• 経歴に自信がある人向けJIS規格の履歴書テンプレートA4・2枚版• 経歴に自信が無い人向けの履歴書テンプレートA4・2枚版• 項目が「志望動機・自己PR・趣味・特技」の履歴書テンプレートA4・2枚版• 項目が「志望動機・自己PR・長所短所・健康状態」の履歴書テンプレートA4・2枚版• 項目が「志望動機」「自己PR」で「経歴欄が広め」の履歴書テンプレートA4・2枚版 履歴書をパソコンで作成して良いのはこんなとき• PCスキルが重視されるIT系企業に提出する場合• 効率を重視する外資系企業に提出する場合• 応募する企業からPCで作成するように言われた場合• 派遣会社や人材紹介会社に提出する場合 パソコンで提出して良いか判断に迷う場合は、手書きの方が無難です。 文字サイズは10. 5~11pt(氏名のみ14~18pt)• フォントは明朝体で統一• 黒以外のフォントカラー(文字色)は使用しない 証明写真の貼り付けと捺印はプリントアウト後に パソコンで作成した履歴書をプリントアウトして提出する際は、印刷後に証明写真の貼付と捺印を。 くれぐれもword上で画像化した証明写真や印鑑を貼りつけてプリントアウトしないようにしましょう。 証明写真の撮り方と印鑑の押し方は下記を参照下さい。 他の書類と重ねてクリアファイルに入れて封筒へ。 封筒のサイズは下記いずれかがベストです。 クリアファイル内の重ねる順番は、上から、送り状、履歴書、職務経歴書、その他書類。 また、表面左下には忘れずに赤ペンで『履歴書在中』と書きましょう。 郵送の場合は封をして糊付けをしたフラップ部分に「〆」と書きます。 手渡しの場合は封をせず、「〆」も書きません。 郵送する際は必ず郵便窓口から。 ポスト投函は料金不足や折り曲げの心配があるため避けましょう。 手渡しの場合はカバンの中で封筒がシワになったり汚れたりしないよう注意。 封筒をそのまま鞄に入れず、クリアファイルに入れると良いでしょう。 裏には郵送の場合同様、差出人(あなた)の名前と住所を書き、表には「履歴書在中」の記載のみ行いましょう。 その際、写真を貼り付ける位置を示す枠は削除してしまったほうがスムーズです。 「word2007」以降でスタンダードとなっている「docx」形式は、以前のバージョンのwordで正しく開けない可能性があります。 ファイル名は「履歴書(名前)日付. doc」 受け取った相手が管理しやすいよう、ファイル名は「いつ送られてきた誰の履歴書か」がわかるよう、下記のような名前をつけましょう。 「履歴書(田中太郎)20150519. doc」• 「Resume(TaroTanaka)20150519. ファイルにはパスワードをかける 履歴書は個人情報の塊。 近年では、第三者への情報漏洩を防ぐ意味でパスワードをかけるのが常識となっています。 情報管理の意識が低い人と思われないよう、パスワードは必ずかけましょう。 wordファイルにパスワードをかける方法は以下の通り。 まず一通目でパスワードをかけた履歴書データを送信し、二通目でパスワードを送信します。 それぞれのメールの書き方は以下のページをご参照下さい。 転職hacksでは項目別に履歴書の書き方を詳しく解説しています。 ぜひ参考にしてみて下さいね。 経歴欄の大きさや、自分が書きたい項目があるものを選んでダウンロードしてください。 また、データでそのまま提出する場合や学校やコンビニのプリンターなどで印刷する場合はA3、A4までしか印刷できない自宅のプリンターなどを使う場合はA4のテンプレートを使いましょう。

次の