離乳食 表。 「離乳食のOK食材チェック表」生後5か月~1歳6か月 [ママリ]

大切な離乳食

離乳食 表

離乳食完了期以降・1歳以降は卒乳しているかによっても食べる量は変わる 1歳を過ぎた赤ちゃんの場合、卒乳しているかによっても、離乳食から摂取しなくてはならない栄養が変わります。 卒乳していない子は、1歳では75%程度、1歳6カ月近くなると90%ほどを食事から摂るようになります。 もちろん卒乳した場合は、100%の栄養を食事から摂っているので、牛乳などへの切り替えが必要になります。 離乳食を量を増やすタイミングは「完食できたら」が基本 離乳食のスケジュール表などを見ながら献立を考えて、赤ちゃんにお粥などを与える方もいるかと思いますが、赤ちゃんの食欲には個人差があり、少食の子というのも当然存在します。 本当はお粥大さじ3杯は食べる時期なのに、大さじ1杯で「もういらない」をされてしまっても、食材の味や食べることそのものを嫌がらないならさほど心配いりません。 完食できたら「おいしかったね。 明日はもう少しいっぱい食べようか」と声をかけてあげて、量を増やすタイミングと考えましょう。 離乳食を食べる量にこだわり過ぎないのがポイント! 上記の離乳食の量はあくまでも目安であり個人差があります。 赤ちゃんの食べ具合を見ながら増やしていく、多いようなら全体的に減らしていくことが基本ですので、目安量を気にし過ぎず、赤ちゃんの体重の増加やご機嫌に過ごせているかどうかを観察することが大切です。 離乳食初期(開始1~2ヶ月・月齢5~6ヶ月)の量 離乳食開始1週間は10倍粥のみで様子を見ます。 上手く食べられるようなら、2週間目からは野菜や果物を裏ごしして滑らかにしたものを与え始めます。 1週間目に与える量~お粥を小さじ1ずつ増やすのが基本 離乳食を開始して1週間はまずはお粥のみ食べさせるのが基本です。 食べ物を口に入れる&飲み込む練習ですので、量は気にしなくて大丈夫。 飲み込めたら大げさなくらいほめてあげましょう。 1日目:10倍粥 小さじ1杯 離乳食は、お粥から与えるのが基本です。 離乳食の本などに書かれている「ひとさじ」は小さじであり、5g程度を意味します。 赤ちゃん用のスプーンではありませんので勘違いしないようにしましょう。 3,4日目:10倍粥 小さじ2杯 あくまでも個人差があるので、2日目までに小さじ1杯を食べなかった場合は無理をする必要はありません。 しばらく小さじ1杯のまま続けます。 5~7日目:10倍粥 小さじ3杯(大さじ1杯) ここまで順調に進められたら、次のステップとして2週間目からは野菜などの新しい食材にチャレンジしてみましょう。 2週間目に与える量~裏ごし・すりつぶし済みの野菜も小さじ1から挑戦 10倍粥小さじ3~4杯 + 野菜か果物 小さじ1杯 野菜や果物を与えて良くなります。 まずは、にんじんや玉ねぎなど、冷蔵庫に常備しているようなもので構いません。 新しい味を覚える2週間目ですが、順調に食べるようなら次のステップに進み、あまり食べないようなら同じ量をもう1週間続けてみましょう。 急にではなく徐々に量を増やしていくのがポイントになります。 2週間目から与えられる野菜や果物の種類 離乳食初期に赤ちゃんに与える野菜や果物は、すりつぶしやすいもの、なめらかな食感にしやすいものがオススメです。 野菜なら、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、さつまいも、ほうれん草(葉)、小松菜(葉)、キャベツ、かぶ。 果物ならりんごやバナナが赤ちゃんでも食べやすいでしょう。 3週間目に与える量~豆腐・白身魚などのたんぱく質食材を小さじ1から! 10倍粥小さじ5杯 + 野菜か果物小さじ1+たんぱく質小さじ1杯 3週間目に入ったらたんぱく質をプラスします。 茹でてすり潰してから与えますが、初めて与える食材は1回の離乳食につき1種類に留めておくようにしてください。 3週間目から与えられるたんぱく質食材の種類 離乳食初期(月齢5ヶ月・6ヶ月頃)に与えていいたんぱく質食材は、豆腐、しらす干し、ちりめんじゃこ、白身魚(カレイ、ヒラメなど)などです。 たんぱく質はアレルギーのリスクが比較的高いものが多いので、「最初は小さじ1」というルールを必ず守りましょう。 4週間目に与える量~10倍粥の量を増やして、野菜やたんぱく質は量を維持 10倍粥 小さじ5~7杯 + 野菜・果物 小さじ1~2 +たんぱく質食材 小さじ1杯 4週間目に入ったら10倍粥の量を増やして様子を見ます。 野菜や果物、たんぱく質食材で食べられる物が増えてくる頃ですが、初めての食材の場合は小さじ1杯から始める必要があるので、無理に量を増やす必要はありません。 離乳食開始2ヶ月の量~野菜・たんぱく質もやや多めに量を増やす! 10倍粥小さじ7~8杯 +野菜2~3杯 +たんぱく質1~2杯 離乳食開始から1ヶ月経てば、赤ちゃんも食べることになれていきます。 野菜や果物など食べられる種類が増えますが、様子を見つつ、お粥の代わりに うどんやパンなどの炭水化物を与えても良いでしょう。 離乳食の量を増やすときのポイント・注意点 ピーマンやセロリなど初期は癖のある食材は避けること 離乳食初期では野菜を与えますが、あまりクセの強い野菜は離乳食に向きません。 例えばセロリやピーマンなど苦味や臭いが強い野菜は避けた方が無難です。 いきなりクセの強いものの味を知ってしまうと、離乳食に抵抗を感じてしまうかもしれないので気を付けてください。 少量(小さじ1)ずつ増やしてお腹の調子をチェック 離乳食の量を増やす場合は、基本的に小さじ1杯ずつです。 たとえ食欲旺盛で目安通りに進んでいたとしても、急に増やすのは内臓に負担がかかるので止めましょう。 毎日離乳食の量を増やすのではなく、2,3日同じ量を続けて様子を見ます。 アレルギーやお腹の調子が悪くならないのを確認してから、小さじ1杯ずつ増やしていきます。 初期はペーストが基本!飲み込みやすいように水分を多めに調理する 赤ちゃんは離乳食で初めて食べ物を口にするので上手く飲み込めない可能性もあります。 お米は10倍粥に、野菜や果物、たんぱく質は茹でてから裏ごしして水分を多くした状態で与えます。 裏ごしだけでは水分が少ない場合は、茹でた時のゆで汁を混ぜて水分を増やしてから与えましょう。 新しい食材は1種類のみにして、アレルギーの原因がわかるように配慮する 穀物、野菜、果物、たんぱく質の中で 初めて与える食材は必ず1回の離乳食につき1つだけにして下さい。 もし複数の食材を与えてアレルギー反応が出た場合、どの食材に反応したのか特定できなくなります。 病院が開いている時間帯を考慮して、新しい食材は 平日の午前中の離乳食で与えるのがおすすめです。 離乳食中期(開始3~4ヶ月・月齢7・8カ月)の量 離乳食を始めて3ヶ月目、生後7ヶ月・8カ月頃は、離乳期中期と呼ばれます。 離乳食スタートから2ヵ月ほど経過し、初期のメニューを問題なく食べられるようになったら、中期のメニューに移行しても大丈夫です。 離乳食の回数は 1日2回に増やします。 中期は必要となる 栄養の30%~40%を離乳食から摂取することが目安となります。 中期に食べさせる量~小さじからグラムへ! 1食あたりの離乳食の目安量は以下の通りです。 離乳食中期以降は小さじ表記よりグラム表記の方がわかりやすいですが、肉や魚などのたんぱく質に限っては小さじ2~3と軽量スプーンを使うことも可能です。 穀類 全粥50~80g 炭水化物である穀類は、全粥で50~80gが目安です。 口の中ですり潰して飲み込むことができるようになったら、7倍粥に移行して構いません。 野菜・果物 20~30g 野菜や果物は、20~30gが目安です。 かたさは、絹ごし豆腐ほどが目安です。 慣れてきたら、人参などの野菜は2~3mm程度の角切りにして大丈夫です。 たんぱく質は肉魚10g~、卵も黄身からスタート 赤ちゃんのたんぱく源となる食材を取り入れましょう。 1回の食事につき、以下の食材を1~2種取り入れるのがおすすめです。 肉又は魚 10~15g• 豆腐 30~40g• 乳製品 50~70g 離乳食中期の増やし方ポイント~まだ歯は未発達です! 離乳食中期(月齢7・8カ月)になると、野菜・果物などは食べられる種類が増えてきますが、歯はまだまだ未発達なので、赤ちゃんは歯茎で噛んでいる状態です。 量を増やしても、形状はペーストやみじん切りが基本となります。 食材の大きさ・かたさのステップアップは少しずつ! 中期は舌でつぶせるくらいの固さが目安です。 初期の頃はすり潰して滑らかな状態にしましたが、徐々に 柔らかめのみじん切りなど形状が残るようにしても大丈夫です。 ただし茹で方が足りないと消化不良になってしまう可能性もあります。 お母さんの 指でフニャっと簡単につぶせるくらいに茹でましょう。 食材によってはパサついて食べにくいものがありますが、その場合はすり潰したり、とろみをつけるなどの工夫をしてあげてください。 離乳食後期(開始5~7ヶ月・月齢9~11ヶ月)の量 食べるという行為にも練れて様々な食材を楽しめるようになるのが離乳食後期です。 早い赤ちゃんは家族と同じ1日3回食になりますが、赤ちゃんによっては離乳食を食べなくなる時期でもあるので様子を見ながら進めます。 後期に食べさせる量~3回食でよりご飯らしい内容に! 離乳食完了期になると3回食になり、赤ちゃんが1日に食べる量も増えます。 ご飯・汁物・おかずなどより大人のご飯に近いメニューになるので、献立作りの必要も出てきます。 穀類 5倍粥90g~軟飯80 歯茎ですり潰して飲み込めることができるなら、倍粥90g又は軟飯80gを与えましょう、子供用茶碗1杯弱が目安です。 野菜・果物 30~40g 中期から10g程度、与える量が増えます。 しょうがやにんにくなど刺激の強い物以外、たくさんの種類の野菜を食べられます。 たんぱく質~肉魚は大さじ1、全卵は半分までOK たんぱく源は、肉や魚は5g程度の増量に過ぎませんが、卵は全卵が食べられるようになりますので、料理の幅が広がるでしょう。 肉類か魚類 15g• 豆腐 45g• 乳製品 80g 離乳食後期の増やし方ポイント~食べムラがあっても気にしない 離乳食後期になると3回食になりますが、その分「朝食はたくさん食べたのに夕食はあまり食べなかった」「昨日はよく食べたのに、今日は昨日の半分も食べない」などの食べムラが起こることがあります。 栄養バランスや食べている量は長期目線で考える 「食べムラは」は赤ちゃんにはよく見られる行動で、味の好みが出てきたということでもあります。 量や栄養バランスは1日や1週間単位で考え、食事の習慣が身に着いている、体重がしっかり増えているのなら過度の心配はいりません。 離乳食がマンネリ?見た目に変化をつけて食べる意欲を刺激 後期に入ったのになかなか食べる量が増えないと心配な方は、柔らかく茹でた野菜をスティック状にしたり、型を抜いて見た目に変化をつけるのも効果的です。 手掴みで食べたがる赤ちゃんもいるので、手を清潔にしてからやらせてあげましょう。 ただし、口の中に入れすぎる心配があるので、食事中は目を離さないように注意してください。 1日3回食は家族と一緒に食べる習慣にする 離乳食後期になれば、1日3回食になるので、一緒に食卓を囲むことが可能です。 家族と一緒に食卓を囲むことで赤ちゃんの食欲が刺激されます。 18~29歳の成人女性に必要なカロリーは1650~2200キロカロリー、30~49歳で1750~2300キロカロリー(運動強度によって前後あり)なので、おおよそママの半量近い食事量となります。 ただし、もちろん個人差がありますので、これより少ないのもおかしなことではありません。 ご機嫌に過ごせて、体重が成長曲線の枠内なら心配いりません。 穀類 軟飯90g~ご飯80g 1歳になると、お粥ではなく、軟飯が食べられます。 慣れてきたら、大人と同じご飯にしても構いません。 子供用茶碗1杯が目安です。 野菜・果物 40~50g 野菜や果物は、ほぼ大人と同じ種類が食べられます。 噛み切りにくい、えのきだけやしめじなどのきのこ類も与えられるようになります。 少量ずつではありますが、えびやかになどの甲殻類、あさり・ほたてなどの貝類も食べて良いので、ほぼ大人と同じような食材を食べられるようになるでしょう。 肉類か魚類 15~20g• 豆腐 50~55g• 乳製品 100g 離乳食完了期の量の増やし方ポイント~低脂質・薄味を心がけた献立を実践 完了期になると、大人と同じような食材が食べられますが、味付けはあくまで薄味が基本です。 1食の量が増える分、調味料などを使い過ぎないように注意してください。 肉や魚による脂質の摂り過ぎには要注意 ほぼ大人と同じようなものが食べられますが、脂質を摂り過ぎると消化不良を起こす可能性もあります。 肉などは赤身を中心に、たんぱく質を目安量よりも多く与えるのはおすすめできません。 食材の種類を増やし、旬の野菜を献立に取り入れよう 赤ちゃんも毎日同じメニューでは飽きてしまいます。 離乳食は食べる楽しみを覚えさせるのが目的でもあるので、様々な食材を使用してください。 特に旬の野菜は栄養価が高いのでおすすめです。 大人料理から取り分けるときは味付け前に! 毎日3食家族のご飯と離乳食を別々に作ると、かなり手間がかかります。 ほとんど大人と同じものが食べられるので、味付け前に上手に取り分けするとよいでしょう。 取り分け離乳食の例 離乳食の量は赤ちゃんの様子を見ながら増やそう! 赤ちゃんが食べる離乳食の量は、個人差がとても大きい部分です。 食材やアレルギーに気を使うことは大切ですが、量に関してはあくまで目安ですので、楽に考えましょう。 同じ月齢の子や離乳食の本に比べて少ない場合でも、成長曲線の中におさまりながら、体重が増えているのなら心配はいりません。 赤ちゃんのペースに合わせて楽しく離乳食タイムを過ごしてください。

次の

すぐできる!離乳食初期1ヶ月分のレシピをまるっとご紹介☆作り置きフル活用で献立に困らない

離乳食 表

離乳食について• 離乳食はご家庭と連携をとりながら、お子さん一人ひとりの様子に応じて個別に対応します。 だしはすべて園でとっています。 離乳食では主に昆布だしを使用し10ヶ月頃から、かつおだしや煮干しだしを使用しています。 手作りを心掛け、添加物・加工食品の使用はできる限り控えています。 離乳食の調理は、子どもの食べ方を見ながら、舌ざわり・飲み込みやすさ・食べやすさを調節しています。 おいしく食べるために• しっかりと「お腹がすく」ように、生活の流れを計画しています。 離乳食の時間はクラス一斉ではなく、連絡ノートを参考にして、ひとり一人にあわせて日々決めています。 そのため、子どものペースにあわせてじっくり関わりながら食事をすすめることができます。 保育室内を「食事」「あそび」「午睡」と3つのスペースに分け、食事の際は落ち着いて食べられる環境を整えています。 子どもにあった高さのイスを使い、食事に集中できるようにしています。 ミルク・母乳について• 乳児の粉ミルクは園で準備します。 メーカーは園指定のもの レーベンスミルクはいはい を使用しております。 その他のミルクをご希望の方はご相談ください。 ほ乳瓶と乳首はピジョン社製を主に使用しておりますが、それ以外の会社のものをご希望の方はご相談ください。 授乳においでになる方は、保育士にお知らせください。 冷凍母乳をお持ちになりたい方は、お預かりいたしますのでお申し出ください。 離乳食紹介 保育園の離乳食レシピの一部 73品 を「クックパッド」にて公開しています。 興味がある方は下記リンクをご参照ください。

次の

離乳食中期の献立はどうする?1週間の献立スケジュール表を紹介|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食 表

離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態の食物を初めて与えた時をいいます。 生後5〜6か月頃が適当です。 発達の目安としては• ・ 首のすわりがしっかりして寝返りができる• ・ 5秒以上座れる• ・ スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)• ・ 食べ物に興味を示す などがあげられます。 ただし、子どもの様子をよく観察しながら、親が子どもの「食べたがっているサイン」に気がつくように進められる支援が重要です。 なお、蜂蜜、黒砂糖は乳児ボツリヌス症を引き起こすリスクがあるため、1歳を過ぎるまでは与えてはいけません。 月齢ごとの離乳食の目安をチェック! 離乳の進み具合には個人差がありますが、ここでは離乳を進める際の、標準的な食事回数や調理の仕方、量の「目安」をご紹介します。 お子様の様子を見ながら、あせらずゆっくり進めましょう。 離乳の完了 離乳初期 生後5〜6か月頃 離乳中期 生後7〜8か月頃 離乳後期 生後9〜11か月頃 離乳完了期 生後12〜18か月頃 食べ方の目安• 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める。 母乳やミルクは飲みたいだけ与える。 1日2回食で、食事のリズムをつけていく。 いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。 食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていく。 共食を通じて食の楽しい体験を積み重ねる。 1日3回の食事リズムを大切に、生活リズムを整える。 手づかみ食べにより、自分で食べる楽しみを増やす。 つぶしがゆから始める。 すりつぶした野菜なども試してみる。 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚・卵黄などを試してみる。 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める。 母乳やミルクは飲みたいだけ与える。 つぶしがゆから始める。 すりつぶした野菜なども試してみる。 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚・卵黄などを試してみる。 1日2回食で、食事のリズムをつけていく。 いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。 食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていく。 共食を通じて食の楽しい体験を積み重ねる。 離乳の開始は、おかゆ(米)から始める。 新しい食品を始める時には離乳食用のスプーンで1さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていきます。 慣れてきたらじゃがいもや人参等の野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄など、種類を増やしていきます。 離乳が進むにつれ、魚は白身魚から赤身魚、青皮魚へ、卵は卵黄から全卵へと進めていきます。 食べやすく調理した脂肪の少ない肉類、豆類、各種野菜、海藻と種類を増やしていきます。 脂肪の多い肉類は少し遅らせます。 野菜類には緑黄色野菜も用います。 またヨーグルト、塩分や脂肪の少ないチーズも利用できます。 牛乳を飲用として与える場合は、鉄欠乏性貧血の予防の観点から、1歳を過ぎてからが望ましいです。 離乳食に慣れ、1日2回食に進む頃には、穀類(主食)、野菜(副菜)・果物、たんばく質性食品(主菜)を組み合わせた食事とします。 また、家族の食事から調味する前のものを取り分けたり、薄味のものを適宜取り入れたりして、食品の種類や調理方法が多様となるような食事内容にします。 母乳育児の場合、生後6か月の時点で、ヘモグロビン濃度が低く、鉄欠乏を生じやすいとの報告があります。 また、ビタミンD欠乏の指摘もあることから、母乳育児を行っている場合は、適切な時期に離乳を開始し、鉄やビタミンDの供給源となる食品を積極的に摂取するなど、進行を踏まえてそれらの食品を意識的に取り入れることが重要です。 調理形態・調理方法 離乳の進行に応じて、食べやすく調理したものを与えます。 子どもは細菌への抵抗力が弱いので、調理を行う際には衛生面に十分に配慮します。 食品は、子どもが口の中で押しつぶせるように十分な固さになるよう加熱調理をします。 初めは「つぶしがゆ」とし、慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行します。 野菜類やたんぱく質性食品などは、始めはなめらかに調理し、次第に粗くしていきます。 離乳中期頃になると、つぶした食べ物をひとまとめにする動きを覚え始めるので、飲み込み易いようにとろみをつける工夫も必要になります。 調味について、離乳の開始時期は、調味料は必要ありません。 離乳の進行に応じて、食塩、砂糖など調味料を使用する場合は、それぞれの食品のもつ味を生かしながら、薄味でおいしく調理します。 油脂類も少量の使用とします。 参考文献:2019年3月厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」.

次の