ヤマハ発動機 売上。 グラフ有▷ヤマハ発動機の売上高と業績推移 財務諸表の内訳を分析

ヤマハ日高社長「アフリカの売上を10年後に倍増、将来的には欧米に匹敵へ」

ヤマハ発動機 売上

営業利益は、マリン事業では増益となったが、ユーロの円高影響および成長経費増加に加え、新興国二輪車の地域ミックスの悪化やロボティクス事業の販売台数の減少により、同16. 1%減の690億円。 経常利益は同11. 5%減の702億円、四半期純利益は同8. 4%減の522億円だった。 ランドモビリティ事業の売上高は同0. 4%減の5553億円、営業利益は同22. 9%減の211億円。 先進国二輪車では、ユーロの円高影響などにより減収となったが、欧州で販売台数が増加した結果、営業利益は前年並みとなった。 新興国二輪車では、インドネシア、フィリピン、ブラジル、タイなどでの販売台数の増加や商品ミックスの改善が進んだが、ベトナム、台湾、アルゼンチン、インドなどでの販売台数減少により、減収・減益となった。 四輪バギー、レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークルでは、北米での販売台数の増加により増収となり、赤字幅が縮小。 電動アシスト自転車では、欧州向けE-kitや日本での子乗せモデルの販売好調により、増収・増益。 これらの結果、ランドモビリティ事業全体では減収・減益となった。 マリン事業の売上高は同6. 4%増の1977億円、営業利益は同6. 5%増の390億円。 北米と欧州での大型船外機、ウォータービークル、スポーツボートの販売台数が増加し、増収・増益となった。 ロボティクス事業の売上高は同15. 3%減の323億円、営業利益は同44. 1%減の52億円。 米中貿易摩擦の影響を受け各地域で機械設備投資が急減し、サーフェスマウンターと産業用ロボットの販売台数が減少したことにより、減収・減益となった。 金融サービス事業の売上高は同3. 4%増の204億円、営業利益は同46. 2%減の38億円。 債権残高は順調に拡大したが、前年はブラジルでの一時収益があったことなどにより、増収・減益となった。 その他事業の売上高は同0. 5%増の503億円、営業損失4000万円(前年同期は営業利益20億円)。 ゴルフカーの販売台数増加により増収となったが、発電機の市場対策費用や追加関税の影響などにより、減益となった。 通期連結業績予想については、米中貿易摩擦の影響によるロボティクス事業の販売不振、および新興国二輪車でのベトナムの販売台数の減少や台湾のモデルミックス悪化により下方修正。 売上高1兆6700億円(当初予想比-300億円)、営業利益1250億円(同-80億円)、経常利益1250億円(同-100億円)、純利益800億円(同-50億円)とした。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

ヤマハ発動機 (7272) : 決算情報・業績 [Yamaha Motor Co.,]

ヤマハ発動機 売上

営業利益は、マリン事業では増益となったが、ユーロの円高影響および成長経費増加に加え、新興国二輪車の地域ミックスの悪化やロボティクス事業の販売台数の減少により、同16. 1%減の690億円。 経常利益は同11. 5%減の702億円、四半期純利益は同8. 4%減の522億円だった。 ランドモビリティ事業の売上高は同0. 4%減の5553億円、営業利益は同22. 9%減の211億円。 先進国二輪車では、ユーロの円高影響などにより減収となったが、欧州で販売台数が増加した結果、営業利益は前年並みとなった。 新興国二輪車では、インドネシア、フィリピン、ブラジル、タイなどでの販売台数の増加や商品ミックスの改善が進んだが、ベトナム、台湾、アルゼンチン、インドなどでの販売台数減少により、減収・減益となった。 四輪バギー、レクリエーショナル・オフハイウェイ・ビークルでは、北米での販売台数の増加により増収となり、赤字幅が縮小。 電動アシスト自転車では、欧州向けE-kitや日本での子乗せモデルの販売好調により、増収・増益。 これらの結果、ランドモビリティ事業全体では減収・減益となった。 マリン事業の売上高は同6. 4%増の1977億円、営業利益は同6. 5%増の390億円。 北米と欧州での大型船外機、ウォータービークル、スポーツボートの販売台数が増加し、増収・増益となった。 ロボティクス事業の売上高は同15. 3%減の323億円、営業利益は同44. 1%減の52億円。 米中貿易摩擦の影響を受け各地域で機械設備投資が急減し、サーフェスマウンターと産業用ロボットの販売台数が減少したことにより、減収・減益となった。 金融サービス事業の売上高は同3. 4%増の204億円、営業利益は同46. 2%減の38億円。 債権残高は順調に拡大したが、前年はブラジルでの一時収益があったことなどにより、増収・減益となった。 その他事業の売上高は同0. 5%増の503億円、営業損失4000万円(前年同期は営業利益20億円)。 ゴルフカーの販売台数増加により増収となったが、発電機の市場対策費用や追加関税の影響などにより、減益となった。 通期連結業績予想については、米中貿易摩擦の影響によるロボティクス事業の販売不振、および新興国二輪車でのベトナムの販売台数の減少や台湾のモデルミックス悪化により下方修正。 売上高1兆6700億円(当初予想比-300億円)、営業利益1250億円(同-80億円)、経常利益1250億円(同-100億円)、純利益800億円(同-50億円)とした。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

ヤマハ発動機 (7272) : 組入投信 [Yamaha Motor Co.,]

ヤマハ発動機 売上

84 単位:百万円 (1株当りの項目 単位:円)• 決算情報 ヤマハ発動機 7272 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2019年12月期 連 【売上高】1,664,764百万円【当期純利益】75,736百万円【自己資本比率】46. 00 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の