消費者金融 フリーランス。 フリーランスおすすめ消費者金融 | 個人事業主融資ドットコム【ビジネスローン】事業資金/運転資金即日融資

銀行カードローンと消費者金融カードローンごとの金利を比較!それぞれを分かりやすくシミュレーション

消費者金融 フリーランス

フリーランスでデザインの仕事をしています。 会社などから仕事をもらったりデザイン事務所の下請けのようなこともしています。 とにかく色々なところから仕事を頂いて生計を立てているのですが、月によって仕事の量も違いますし、内容によって報酬単価も変わるので月々の収入にはバラつきがあります。 正直金銭的にしんどい月もあって、一番辛いのは支払いが多い時に仕事があまりないという状態です。 そんな時に一時的に繋ぎとしてお金を借り入れて埋められたらと思っているのですが、 フリーランスで仕事をしています。 消費者金融でお金を借りれる? 通常の融資だとフリーランスの方が借り入れることは無理ですね。 消費者金融の最低条件というのは「安定した収入がある方」となっており、フリーランスを始め、個人事業主などの自営業者も条件に満たしていないとされます。 しかし、申し込みもインターネットで簡単にでき審査もすぐに終了します。 10万円~300万円の範囲内での借り入れが可能というところが多いですね。 必要書類は身分証明書の他に確定申告書や事業を証明する発注書や受注書などの書類が必要となります。 フリーラスで働く方は、個人事業主や法人の方に比べて実態がわかりにくいというところが不利になるかもしれませんが、確定申告書などで収入をちゃんと証明できれば問題ないでしょう。 個人の借り入れの場合、総量規制という法律によって借り入れ限度額が年収の3分の1までと決まっています。 これは個人が借り入れできる総額の限度額であり、何社から借り入れしても合計した総額が年収の3分の1までとなります。 ただし、総量規制は貸金業法が適用される消費者金融などが対象となっていて、銀行については銀行法が適用されるので総量規制は対象外となります。 総量規制は個人の借り入れについて規制されているものであり、自営業者向けローンの場合、総量規制は適用されません。 そういった意味ではフリーランスの方が借り入れ限度額が個人よりも多く借り入れできる可能性もありますね。 借り入れというのは返済能力が借り入れできるかどうかの一番重要になります。 フリーランスの場合、誰よりも審査が厳しいと思っていてもいいと思います。 収入証明を提出できなければ無職同然と判断されますので気を付けて下さいね。 一般的には会社で正社員として働き、毎月安定した給料を持っていなければお金を借りることが出来ないと思われることがありますが、それはやや誤解です。 お金を借りれるかどうかは正社員かどうかで決まるわけではなく、年収を持っていればお金を借りれます。 お金を借りれるかどうかは審査で確定しますが、審査では年収以外にも信用情報や他社の借金などもチェックされます。 こうした各項目をチェックされて、融資出来るかどうかを判断されることになります。 まず、貸金業者について知識を持っておきたいところです。 貸金業者は総量規制の関係から年収の3分の1までしかお金を貸してくれません。 つまり、フリーランスとして年収を持っている場合でもその年収の3分の1までしかお金を借りれないことを覚えておきましょう。 この年収は申込時に提出する収入証明書から判断されます。 収入証明書とは一般的には給与明細や源泉徴収の事を言いますが、フリーランスの場合はこうした書類が無いことがあるので、その場合は確定申告を用意しましょう。 どのくらいのお金を貸金業者から借りることが出来るのかは自分の年収を目安にして判断すると良いです。 次に審査における信用情報と他社の借金について情報を紹介しておきますと、審査では自分の年収から返済能力が高ければお金を簡単に借りれるわけではなく、年収が高くても借金をたくさん持っている人は審査で不合格になりやすいですし、信用を得ることが出来なければ同様に不合格になりやすいです。 これは過去における返済の記録を考慮されるので覚えておきましょう。 過去にキャッシングなど、何かの金融商品からお金を借りたことがあると、トラブルなく返済出来ているかどうかが信用記録として残っています。 つまり、過去に返済トラブルがあった人は信用記録から信用が無いと判断されてしまうので、その場合は審査で不合格になりやすいです。 信用を一度失うとずっと信用を金融会社から得ることが出来ないわけではありません。 信用情報に傷が付いている状態でも、一定の期間を過ぎると元に戻るため、信用が低下している人は信用が回復してから申し込みをするほうがお金を借りやすくなります。 このように審査では色々な事が審査されるので覚えておきましょう。 基本的にどの金融会社へ申し込む場合でも、上記のような内容が審査されるわけですが、その判断基準というのは各社において違いがあります。 例えば、信用が落ちていると審査で不合格になりやすいですが、審査基準が緩い会社だと信用情報がブラックになっていてもお金を借りることが出来たりします。 自分の好きな金融会社へ申し込みをしても、なかなか審査に通ることが出来ない人は審査の甘い会社を選んで申し込みをすると良いです。 審査の甘い会社とは2つあります。 1つは中小消費者金融です。 大手の会社は信用情報などに関して厳しいですが、中小の会社だと結構審査が甘いので、お金を借りやすいです。 返済能力が問題な場合よりも、信用を得ることが出来ない状況やすでにいくらかの借金があることで、なかなかお金を借りれない状況の時に中小会社を選んで申し込んでみると良いです。 もう1つの審査の甘いところは銀行です。 銀行は貸金業者ではないので、上記で説明したような年収の3分の1までの借入、申込時の収入証明などが貸金業者とは異なります。 そのため、銀行では少額の限度額なら収入証明不要で申し込むことができるので、これを利用すると返済能力が低い人でも簡単にお金を借りることが出来ます。 収入証明が無いことから審査で年収が問われないので、返済能力に関係がなくお金を借りることが出来てしまいます。 フリーランスとして稼いでいる人でも、大きな収入がある人もいれば収入が低い人もいるわけですが、収入に自信が無い人は銀行の収入証明不要の融資がおすすめです。 これだと、自分の収入によって融資の可否が決まるわけではないので、極端に言うとどのくらいの収入であってもお金を簡単に借りることが出来るので便利です。 申込先を選ぶ場合に審査に不安を感じるなら、信用や他社の借入が不安なら中小の会社を選び、自分の年収に不安を感じるなら銀行の収入証明不要の融資から申し込みをしてみると良いです。 そうすれば、上手くお金を借りることができます。 特に何かのおいて問題があるわけではない場合でも、やはりお金を借りやすいのは銀行の収入証明不要の融資なので覚えておくと良いです。 申込時に収入証明を提出する必要がありませんし、身分証明だけで簡単に申し込める上、審査で年収が問われないことから簡単に合格できるため、これは本当におすすめな融資です。 また、銀行の収入証明不要の融資では消費者金融に比べてかなり低い金利からお金を借りることが出来るので、これも大きなメリットです。 金利は銀行は本当に金利が低く、上限金利が18%以下になっている銀行が多くあります。 上限金利というのは各社において小さな金額を借りた時に適用される金利ですが、目途として大体100万以下の場合に適用されます。 100万以下の金額を借りる場合は大抵は利率が18%ほどのなりますが、銀行では上限金利が18%以下になっているところが多いので、普通に低金利からお金を借りれます。 基本的にお金を借りる場合は大きな限度額を持つと低金利になりますが、小さなお金を借りる場合はどうしても金利が高くなります。 しかし、銀行なら小さな金額を借りたい場合でも上限金利の設定が低いことから、安い利息で返済出来ます。 金利の差というのは結構大きなものがあり、少しでもお金をお得に借りるのであればしっかりと金利を考慮して申込先を選ぶことが大事です。 しかも、銀行の場合は低金利でお金を借りるために審査がかなり厳しいわけでもなく、上記で説明したように返済能力が不問になる収入証明書不要の融資があります。 審査が簡単でしかも金利が低いとなれば銀行ほどお得に簡単にお金を借りれる金融会社は無いと言えます。 一般的には正社員が一番お金を借りやすい存在とされていますが、このように中小の会社だったり、銀行の収入証明不要の融資なら、基本的に誰でも簡単にお金を借りれます。 ポイントになることは収入の安定性や年収というよりも、信用情報や他社の借金の有無などが重要であり、これらに問題が無いならば比較的簡単にお金を借りれることを知っておきましょう。 フリーランスでも上記のように銀行や消費者金融など、色々な会社を選んでお金を借りることが出来ます。 選び方としては審査に通ることが出来る会社を選ぶことが前提であり、その上で金利などの内容でメリットのある会社を選択したいところです。 金利以外として、お金を借りる時に便利なポイントはコンビニのATMを利用できるかどうか、そしてインターネットに対応しているかどうかは結構重要なので覚えておきましょう。 大手の会社や銀行の多くはコンビニのATMを利用することが出来ますし、インターネットに対応している会社も多いです。 しかし、中小会社などは自社のATMしか利用出来なかったりインターネットを利用出来なかったりするので、お金を借りたり返済したりする時にやや不便に感じることがあります。 こうしたポイントもしっかりと見て申込先を選びましょう。 また、即日融資や無利息、借入方法から返済方法など、まだまだ各社によるサービス内容の違いはたくさんあるので、他のこうしたポイントも考慮しながら好ましい借り先を探す方が、上手くお金を借りることが出来ます。

次の

「カードローン」と「消費者金融(サラ金)」の違いとは?分かりやすく解釈

消費者金融 フリーランス

フリーランスは 楽天カード以外作れない! ? フリーランスになると、クレジットカードや住宅ローンなど「審査」は通りにくいと言われています。 ではなぜ、 フリーランスはカードを作りにくいのでしょうか? それには大きく、2つの理由があります。 フリーランスは安定収入がないことが多い フリーランスは会社に勤めのサラリーマンとは異なり、毎月、安定して必ず一定の収入があるわけではありません。 「安定した収入」は「お金を貸す」クレジットカード会社にとって、非常に重要です。 フリーランスは社会的信用が無い フリーランスは社会的信用得にくいのが現実です。 特に、 フリーランス1年目の人が新たにクレジットカードを作るのはほとんど不可能です。 これは社会的信用がないためです。 信用がないということはク レジットカードだけでなく、ローンや保険にも大きく関係してきます。 楽天カードが フリーランスにおすすめな理由 フリーランスが「クレジットカードを作りたい」と考えた時に最もおすすめできるのが 楽天カードです。 詳しく紹介していきます。 楽天カードはVISA・Mastercard・JCBの3種類 楽天カードはVISA・Mastercard・JCBの3種類の中から選ぶことができます。 いずれも5大国際ブランドに該当しており、安心して使うことができます。 5大国際ブランドのシェアは下の通りです。 国内に限ればどれを選んでも不便を感じることは一切ありません。 フリーランスが 楽天カードに入会する条件 楽天カードは審査基準は公表していませんが、入会条件は公表しています。 楽天カードは還元率が高い 楽天カードの還元率は最低でも1. 0%です。 更に、楽天市場や楽天ブックスなどの楽天系列のサービスで買い物をした場合は還元率は3. 0%を超えます。 MUFGや三井住友銀行の還元率が1. 0%に届かないことを考えると非常に高いと言えるでしょう。 楽天カードは フリーランスにも審査が通りやすい クレジットカードと1口に言ってもその種類は様々運営業態によって様々です。 運営業態には以下のようなものがあります。 最も信頼がある一方で審査も1番通りにくいです。 また、還元率は流通系カードの半分以下で低いのも特徴です。 銀行ほどではないですが、審査が厳しく、過去に延滞があると通らないことが多いです。 楽天カードもここに入ります。 審査も消費者金融系に次いで通りやすいです。 消費者金融系はちょっと…と考えているフリーランスのあなたにこそ、流通系のクレジットカードで審査が通りやすい楽天カードはピッタリなのです。 フリーランスにとっての 楽天カードのメリット・デメリット 先程説明したものも含めて、 楽天カードのメリット・デメリットを再確認しましょう。 年会費が無料 クレジットカードは基本的に年会費がかかります。 値段はカードの種類によってピンきりですが、安いものでも年に1000円以上かかることがほとんどです。 楽天カードの年会費は完全に無料です。 フリーランスにも優しいですよね! ポイントが溜まりやすい CMでも馴染み深いかと思いますが、楽天カード購入額の1%のポイントが付きます。 1万円の買い物をした場合、100円分のポイントが付きます。 また、楽天カードが定期的に行うキャンペーンの際にはポイントが2倍や3倍になります。 ETCカードが有料 先程説明したように 楽天カードの年会費は無料です。 しかし、ETCカードを使用する場合、年会費が540円かかってしまいます。 540円と言っても、自家用車で移動することも多い フリーランスには気になりますよね。 メールが多い 楽天カードに加入する際、メールアドレスを登録します。 設定をそのままにしておくと1日に10通以上メールが届くことがあります。 メールマガジンサービスの設定を変更することによって数を減らすことができます。 審査に通りやすく! フリーランスが 楽天カードを申し込む時にやるべきこと ここまでお読み頂いて 「なんだ、 楽天カードって審査も楽に通るじゃないか」 と考えた方、そうでもないのです。 楽天クレカ審査落ちたw — ぱりてきさす paristexas2009 このような形で 楽天カードも審査に落ちることはあります。 ではここからは フリーランスが審査に通るためにやるべきことを紹介していきます。 楽天カードだけでなく、他のクレジットカードにも当てはまるので是非参考にしてください。 申し込みフォームを正しく入力する 当たり前のことですが、フォームは正しく記入しましょう。 特に大事なのは年収の記入です。 仮に年収が370万円だと仮定します。 その場合に、申請額を400万円とするのは問題ありません。 しかし、実際の年収の約2倍にあたる700万円のようにあまりに差がありすぎると、審査期間が収入証明を行った時に虚偽申告とみなされてしまう可能性があります。 この場合、ほぼ間違いなく審査に落ちてしまいます。 未払いをしない クレジットカードの情報は様々な会社で共有されています。 以前に延滞したことがある人は 楽天カードを申し込んだ際にもその延滞を確認されています。 延滞したことが有れば必ず審査に落ちるというわけではないですが、延滞はできるだけ避けるようにしましょう。 キャッシング枠を無くす 多くのクレジットカード同様、 楽天カードもキャッシング機能があります。 楽天カードは初期設定30万円になっています。 「いざというときに便利」と考え、キャッシング枠を付けたくなる気持ちもわかりますが確実に審査に通りたいのであればキャッシング枠は0円にしておく方が確実です。 入力フォームを開く前に確認しておくと便利です。 早ければ1時間以内にも審査結果が届く 楽天カードは審査の結果が早いことも特徴です。 最速ではなんと、1時間以内で審査結果が来ることがあります。 — 桜野らむね ramunesakurano 1週間程度でカードが届く 審査に通れば、1週間ほどでカードが自宅に配送されてきます。 審査が通りやすい 楽天カード! フリーランスは特に利用に注意 年収が安定しないことが多い フリーランス。 楽天カードを使用する場合でも最低限、気をつけることがあります。 万が一支払いが滞ってしまった場合 お金が無くて、請求額を支払うことができない場合です。 この場合も、カード会社に電話をしましょう。 支払日や、支払い方法を変更することになります。 支払い方法を一括から、リボ払いや分割払いに変更することは有効です。 これは引き落とし日より前に行いましょう。 カードの支払い忘れてしまった!適切な対処法 「うっかりクレジットカードの代金支払い日に残高不足を起こしてしまった!」 こんな方もまずはカード会社に電話をしましょう。 自分から連絡をするという行為が最も重要です。 連絡をするとカード会社から 銀行振込 再度引き落とし のどちらかを指示されますのでそれに従ってください。 1年に1回程度の支払いの遅れではブラックリストに載ることはありません。 ただ、「延滞をした」という事実は会社のデータに最低3年間は残ってしまいます。 フリーランスが長くクレジットカードを使って行こうとする場合、延滞は避けたほうが良いでしょう。 まとめ: 楽天カードは フリーランスにも通りやすいがポイントは押さえよう! ここまでの内容をまとめます。 フリーランスがクレジットカードを作ることは会社員よりも難しいのは事実です。 しかし、 楽天カードは学生など収入が固定ではない人も対象にしており、フリーランスも作ることができます。 ここまでお読み頂きありがとうございました。

次の

【個人事業主(フリーランス)でも、お金を借りれますか?】

消費者金融 フリーランス

この記事の目次• 自営業やフリーランス・個人事業主は正社員と違って、毎月固定給が出るわけではありません。 仕事の業績次第で収入が上下するため不安定です。 このような自営業やフリーランスがキャッシングを申し込むと、審査は通りにくいのでしょうか? カードローンの審査のポイントについて解説します。 自営業やフリーランスはキャッシングの申し込みは可能? そもそも自営業やフリーランス、個人事業主はキャッシングの申し込みができるのでしょうか? キャッシングの申し込み条件とは 消費者金融と銀行カードローンの申し込み条件を見てみましょう。 消費者金融 ・20歳以上 ・安定した定期収入があること ・返済能力があること 銀行カードローン ・20歳以上 ・安定した定期収入があること ・返済能力があること ・配偶者に安定した定期収入があること(一部の銀行カードローン) 両方とも「安定した定期収入があること」という項目がありますね。 安定した収入があればキャッシングは可能 消費者金融でも銀行カードローンでも、本人に安定した定期収入があり、返済能力があると認められればキャッシングを利用することができます。 自営業やフリーランスはキャッシングの審査は不利? キャッシングの申し込み条件である「安定した定期収入」を本当に得ているのかどうかが、重要なポイントです。 そこでまず「自営業」と「フリーランス」「個人事業主」の違いを整理してみましょう。 自営業とフリーランスの違い 会社に雇われずに働くフリーランスですが、自営業、個人事業主との違いとは何でしょうか? 現実にはそれぞれが混在している場合がありますし、あいまいに使われることもありますが、大きく分けると次のようになります。 フリーの職業の違い 自営業 法人化することもあり、会社経営者を含む 個人事業主 法人化せずに事業を行う フリーランス 企業と雇用契約を結ばずに、単発の仕事を契約を結んで請け負う 自営業とフリーランスの社会的な信用度の違い 法人化(〇〇株式会社など)せずに事業を行っている場合、自営業とも言えますし、個人事業主とも言えます。 ただ、法人化した場合は「自営業」と名乗り、経営者となります。 また、法人化している場合とそうでない場合で、確定申告などの税務処理が異なります。 一般的には法人化している方が社会の信用度は高いと判断されます。 自営業と個人事業主の違いは、お店を経営しているか個人活動か? また、店舗を構えている場合は法人化していなくても、自営業と名乗るケースが多いようです。 例えば花屋さんやラーメン屋さん、美容院などは法人化していない場合がありますが、個人事業主とは呼ばずに自営業と呼びます。 人を雇っているかどうかという点で見ても、自営業は人を雇うことはありますが、個人事業主は誰も雇わずに自分一人で仕事をこなすケースが多いという違いがあります。 個人事業主とフリーランスの違いは「開業届」の有無 一方、個人事業主とフリーランスはどちらも法人化をしていませんが、個人事業主は税務署に「開業届け」を提出します。 フリーランスは企業や団体と雇用契約はありませんが、仕事を請け負う立場です。 自分で事業を起こすというイメージは個人事業主よりも少ないと言えるでしょう。 フリーランスは信用度がやや低い? 最近はプログラマーやイラストレーター、Webデザイナー、ライター、翻訳業などさまざまな分野でフリーランスとして働く人が増えています。 フリーランスと名乗っていても、税務署に「開業届け」を提出している「実質個人事業主」という人もたくさんいます。 また、フリーランスにはなったものの、それだけでは食べていけずにアルバイトをしている人もいます。 こういったことから、社会的信用度の順位としては次のようになります。 自営業者• 個人事業主• フリーランス キャッシングで自営業やフリーランスは審査でマイナスになる? キャッシングの申し込み時の「職業」は、次の中から選ぶようになっています。 正社員• 契約社員• 派遣社員• アルバイト・パート• 個人事業主• 法人経営者 (項目は金融機関によって多少異なります。 ) 自営業、個人事業主、フリーランスの人がキャッシングを申し込んだ場合、「個人事業主」を選択します。 ただし、自営業でも法人化している場合は「法人経営者」を選択します。 この記事も読まれています• その他のローン 4960 view 自営業やフリーランスが審査に不利だとは限らない 世の中には自営業としてお店(上に書いたような花屋さんやラーメン屋さんなど)をやったり、個人で社労士事務所を持ち仕事をしている人などが多くいます。 そのため、「自営業」というだけで審査に不利になるということはありません。 また、申し込みの段階ではその人が自営業なのかフリーランスなのかはわかりません。 ただ、正社員のように安定した収入を定期的に得ているのかどうかは判断できません。 そこで収入証明書類の提出を求められる場合があります。 フリーランスでアルバイトをしている場合 なお、フリーランスとしてどこにも勤めずに働いている場合は「個人事業主」を選択しますが、アルバイトをしている場合は「アルバイト・パート」を選択する方が「定期収入を得ている」と判断されるため、審査は通りやすくなるでしょう。 水商売の場合はアルバイトぐらいにしておくことをおすすめします。 自営業やフリーランスがキャッシングするときの審査内容と必要書類 では、具体的に自営業やフリーランスの人がキャッシングを申し込んだときの審査内容と必要書類を見ていきましょう。 自営業・フリーランスの人のキャッシングの申し込みと審査の過程 自営業・フリーランスだからと言って審査の過程に違いはありません。 下記のような流れで進められます。 カード発行または振り込みで融資を受ける キャッシングの審査で重要なのは信用度と返済能力 キャッシングの審査では会社員であっても自営業・フリーランスであっても、その人の信用度と返済能力が重要になります。 貸したはいいけれど返してもらえないと困りますから。 そこで審査では信用情報機関の登録内容を調べます。 これは次のような項目が登録されています。 本人を特定する情報 氏名、性別、生年月日、電話番号、運転免許証の番号など 住居に関する情報 住所、郵便番号、住居の形態{(持家・賃貸、社宅など)、(一戸建て・マンション・アパート、社宅、寮など)}、居住年数、家賃・住宅ローンの自己負担額など 仕事に関する情報 勤務先名、勤務先住所、電話番号など 他社での借入に関する情報 現在または過去数年間に借りていた会社の名前、契約内容、契約金額、借入金と残高、返済状況など 金融事故に関する情報 債務整理(自己破産や任意整理、個人再生など)の有無 この中でも特に重要なのが他社の借入状況と金融事故に関する情報です。 特に自営業やフリーランスは収入に波がありがちです。 そのため、ちょっとお金に困ったときに他社で借りるということがあります。 1社で少額ならそれほど問題にはなりませんが、複数で借りていて残高が多い場合や返済が遅れている場合は審査にマイナスの影響を与えます。 消費者金融は年収の3分の1までしか借りられない なお、消費者金融では「総量規制」があるため、年収の3分の1までしか借りられません。 これは他社の消費者金融やクレジットカードのキャッシング残高を含めた額なので、他社ですでに年収の3分の1を借りている場合は新規の融資は難しいと言えます。 自営業・フリーランスのキャッシング申し込み時の必要書類 自営業やフリーランスの人がキャッシングを申し込むときの必要書類は、一般の会社員と大きな違いはありません。 運転免許証• パスポート• 個人番号カード(マイナンバーカード)• 源泉徴収票• 給与明細書• 税務通知書の写し• 所得証明書• 確定申告書の写し なお、自営業・フリーランスは源泉徴収票や給与明細書がないので、確定申告書の写しや所得証明書の写しなどを提出します。 例えばモビットでは「営業状況確認のお願い」という書類があり、個人事業主がキャッシングを申し込む際には、来年度の事業計画や収支計画、資金計画などを記入して提出するように求めています。 (必要な場合のみです) この記事も読まれています• 借入までの審査 4961 view 自営業・フリーランスのキャッシング審査で在籍確認はどうなる? キャッシングの審査で一番心配されるのが「職場への在籍確認」です。 これは勤務先で本当に働いているかどうか=安定した収入を得ているかどうかを確認するために実施されます。 一般の会社員やアルバイトの場合は、勤務先に個人名で電話があるというだけで「変に思われないだろうか」と気をもんでしまいます。 しかし、自営業・フリーランスの場合はその心配はありません。 自営業・フリーランスの在籍確認の電話はどこにかかる? 在籍確認の電話は、申し込み時の勤務先電話番号を記入したところにかかってきます。 お店を持っている人は店の電話番号、個人事務所を持っている人は事務所の電話番号を記入しますが、中には自宅で仕事をしている人も多いのではないでしょうか。 特にフリーランスは事務所を借りずに自宅で仕事を請け負っています。 その場合は勤務先の電話番号は自宅の電話番号を記入します。 どうしょうもなければ自分の携帯電話番号を登録するしかないでしょう。 正社員や派遣社員よりも電話連絡の危険性は低い このように自営業・個人事業主・フリーランスの人は在籍確認の電話を自分で受けることができますし、土日・祝日でも確実に電話を取ることができるというメリットがあります。 一般の会社員やパート・アルバイトの人は土日・祝日にお金を借りたくても職場が休みで在籍確認が取れないと悩むことが多いのですが、自営業・フリーランスの場合はその点は安心です。 この記事も読まれています• 借入までの審査 18356 view 自営業・フリーランスがキャッシングする際の注意点 ここまででご説明してきたように自営業・個人事業主・フリーランスだからと言ってキャッシングが利用できないということはありません。 ただし、次の点に注意しましょう。 キャッシングは事業用資金には利用できない? 消費者金融はキャッシングの使い道は「自由」となっていますが、銀行カードローンでは多くのところが「事業性資金への使用は禁止」となっています。 実際には借りたお金を何に使ったかまで追跡調査することはありませんが、基本的に銀行カードローンでは「事業性資金には利用できない」ということを理解しておきましょう。 自営業者はカードローンで安易に借り過ぎないこと キャッシングは審査に通ったら、融資枠の中で何度でも借りたり返したりができます。 手元のお金に困ったときはとても便利なのですが、自営業やフリーランスは収入が不安定です。 今は好調でも数ヶ月先にはどうなっているかわからないというデメリットがあります。 そのため、安易に借りて返済できないと困ります。 返済の遅れは信用情報機関に登録されるので、その後の融資の審査に影響を与えます。 さらに追加で他社で借りるなど多重債務にならないように気をつけましょう。

次の