ヨーグルトメーカー ローストビーフ。 ヨーグルトメーカーで作る!簡単ローストビーフのレシピ|もころぐ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはローストビーフも作れる便利グッズ!|これがトーマスの生きる道

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

Contents• 思い立ったがローストビーフ ランチで美味しいローストビーフ丼を食べました。 そしてふと思いました。 家でも美味しいローストビーフを食べたい! 出来れば思いっきり生っぽいやつ!(下の画像くらいの) と、いうことで早速帰り道にお肉を買って ローストビーフ作りに挑戦してみることにしました。 メインの調理器具はヨーグルトメーカー ちょうど家には ヨーグルトメーカーがったので、ヨーグルトメーカーでローストビーフを作ってみることにしました。 今回使用したヨーグルトメーカーはこちら。 「 アイリスオーヤマ KYM-013」です。 参考にしたサイト こちらのサイトのローストビーフが非常によく出来ていたので、こちらのサイトを参考に作ってみました! では早速調理開始! 手順1.肉を用意する 買ってきたお肉がこちら! オーストラリア産牛ももブロック!100gあたり228円! 333gのぞろ目です。 手順2.肉にガーリックパウダーと粗引き胡椒をふる S&Bの「キッチンガーリック(ガーリックパウダー)」と「あらびきコショー」。 これを全体的にまんべんなくふりかけます。 手順3.肉の表面を焼く 強火で表面を焼きます。 焼き上がりはこんな感じ。 焼き具合はこんな感じ。 多少ムラが歩けどまぁまぁいい感じです! 手順4.肉をZiplockにしまう 空気をしっかり抜くことがポイントみたいです! 手順5.ヨーグルトメーカーの容器にZiplockを入れる すっぽり入りました! もうちょいでかい肉でもいけますね。 手順6.ヨーグルトメーカーの容器に熱湯を注ぐ 参考にしたサイト「ピリリンク」さんによると「 熱湯がいいかも」ということなので、沸騰したお湯を入れました! しっかり肉がつかりました! 手順7.ヨーグルトメーカーを開始する 容器をヨーグルトメーカーにセットして調理開始です。 手順8.肉を取り出す ヨーグルトメーカーの調理が完了したら肉を取り出します。 今回、熱しすぎたことによって肉に火が通り過ぎてしまいました。 手順6にて 熱湯を入れたのが間違いだったと思います。 参考にしたピリリンクさんの記事2016年のものでした。 それは 肉の焼き方です。 料理を心得ている方ならありえないミスなのかもしれませんが、 肉の側面を焼く ことをすっかり忘れてしまっていました。 ローストビーフ作りにおいて、最初に肉の表面を焼く目的のひとつに、 肉のうまみを閉じ込めることがあります。 今回は一面、それを忘れてしまった結果、以下のように肉汁が大量に溢れ出てしまいました。 (前面焼いても多少の肉汁はでると思いますが、ここまでは出ないのかなと思います。 ) 因みに、味付けはガーリックパウダーと胡椒だけで十分美味しく仕上がりました。 次回、反省点を踏まえリトライしてみます!.

次の

最高温度70℃! ビタントニオ「ヨーグルトメーカー」は肉の低温調理もお得意

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

今回はヨーグルトメーカーを使ってのローストビーフに挑戦してみました。 はじめに ヨーグルトメーカーによる低温調理なので、きちんとした低温調理器にくらべて温度設定はアバウトで高品質のローストビーフづくりには向きません。 低温調理ですので通常の加熱と比較して食中毒に留意する必要があります。 また、ヨーグルトメーカー付属のレシピブックにはローストビーフのレシピは掲載されておらず、実行するのは自己責任です。 低温調理と食中毒については が参考人なるかもしれません。 用意したもの• 塩こしょう• たまねぎ• カープソース• みりん• 酒 牛肉はYAHOOショッピングの十勝バーベキュー工房さんで購入した です。 ステーキのミミなのでちゃんとしたステーキじゃないですが味は国産牛でちゃんとした肉なので価格的にかなりお得でした。 牛肉と塩コショウ以外はソース用に準備した食材です。 現行機種では無いので今買うとしたら このあたりでしょうか。 いざ調理 まずは解凍した牛肉に塩コショウを振ってしばらくなじませ・・・ 油をしいたフライパンで焼いて焼き色をつけます。 焼き色がついたところで100均の密封パックに入れて空気を抜きます。 お湯に浸けることになるのでパックはしっかり密封されているか確認しました。 ヨーグルメーカー付属の容器に入れたところ ヨーグルトメーカーにはヨーグルトをつくるための専用の800mlぐらいの容器が付属していたのでこれにお湯をたっぷり入れ、この中に牛肉が入ったパックを入れて蓋をしました。 ヨーグルトメーカーで設定した温度になるまでに時間がかかるので水じゃなくてお湯を入れたほうがいいと思います。 容器をセットしたら時間と温度を設定。 ・・・待つ事3時間。 牛肉はこんな感じになってました。 パックを取り出してみると肉汁がじゅわっと出てます。 お湯とは混ざってなさそう。 よかった。 少し冷ましたところで肉を切ってみます・・・ 切ったら中はこんな感じになってました!! ローストビーフ好きや低温調理に詳しい人からすると「この出来はちょっと・・・」というところなのかもしれませんが、一応ローストビーフらしくなっております。 あとはソース作り。 すりおろした玉ねぎと醤油とみりんと酒、.

次の

カンタン美味い!ヨーグルトメーカーでほったらし料理のススメ

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーのセット内容 まずはセット内容から。 牛乳1リットル• ヨーグルト110g 今回はローソンで買った牛乳と、オイコスのプレーンヨーグルトを使います。 付属のレシピには牛乳900mlに対してヨーグルト100gとありますが、大体このくらいの割合であれば大丈夫です。 ヨーグルトを作る工程は超簡単! まずは牛乳パックの口を開いて、ヨーグルトを入れます。 もちろん、付属の専用容器を使って作ることもできます。 殺菌しないと、雑菌も一緒に培養されます。 スプーンでしっかり混ぜます。 牛乳パック用のふたで口をとめます。 このふたは外れやすいので、洗濯バサミやクリップのようなもので留めてもいいです。 たったこれだけ。 めちゃくちゃ簡単ですね! 出来上がったヨーグルトはこんな感じ 見て下さい!どっからどう見てもヨーグルトですよ。 当然、味の付いてないプレーンヨーグルトなので、このまま食べてもあまりおいしくないです。 オリゴ糖、はちみつ、フルーツソースなどで甘さを加えてあげるとおいしく食べられます。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでできる他のレシピ 豆乳ヨーグルト 材料は上で紹介したヨーグルトとほぼ同じで、違うのは牛乳の代わりに豆乳を使うこと。 豆乳1リットル• ヨーグルト110g 豆腐も作れるような濃いめの豆乳が成功しやすいです。 牛乳で作ったヨーグルトと比べて、少し濃いめのヨーグルトができます! 豆乳ヨーグルトは食べてみると、良い意味で豆っぽさはほとんどなく、牛乳で作ったヨーグルトと比べてまったく違和感なく食べられます。 ローストビーフ 使う材料はローストビーフ用の牛モモ肉のみ。 まずは塩胡椒で下味をつけて、表面に焼き色をつけます。 表面を焼いたら、ラップで包んで、それをジップロックに入れます。 それを専用の容器に入れて、隙間に沸騰したお湯をたっぷりと注ぎます。 2時間後できあがったのがこちら。 おいしそうにできあがってます。 まとめ:アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはローストビーフも作れておすすめ ヨーグルトメーカーは温度を長時間キープできるというその特性から、ローストビーフを作ることもできて便利です。 トーマスが購入したものはアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーですが、アイリスオーヤマを選んで理由はメーカーの信頼性です。 ヨーグルトメーカーは温度を維持する機能とタイマー機能があれば十分なので、ぶっちゃけ他のメーカーでもいいと思います。

次の