引っ越し 単身パック 家族。 SGムービング(佐川引越しセンター)の家族・単身パック料金、口コミ評価

引越し料金相場の目安~家族・一人暮らし・単身パック~

引っ越し 単身パック 家族

最終更新日:2019年11月04日 日本通運は運送業界の最大手です。 そのノウハウを活かして行なっているのが日通のお引越し、ですね。 最近では頻繁にテレビCMも流れているので知っている人も多いでしょう。 ゴミを出さないリユース梱包資材のえころじこんぽはもちろん、引越しを利用すると1年間無料で法律や防犯などの電話相談ができる日通アシスタンスサービスなど、他社にはないサービスで差をつけています。 会社名(グループ会社) 日本通運株式会社(日通トランスポートなど) 本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番3号 従業員数・車輌数 34312名・不明 公式サイト ポイント 全国展開、運送業界大手、豊富なサービス・サポート、流通ルートがあり遠距離にも強い 単身引越し 単身パックS・L 日通で決められたボックスの中に積めるだけの荷物を運ぶ単身向けプランです。 積む荷物量によってSかLかが決まります。 単身パックX 単身パックS・Lのボックスが2tコンテナになったプラン。 長距離引越しにも対応しているので遠距離引越しや荷物量の多い引越しに使えます。 家族引越し ワンルームパック 荷造り・荷解きを自分で行なう近距離専用単身向けプランです。 基本オプションはほとんどついていませんが、他のプランより安いのが特徴です。 ワンルームパックプラス ワンルームパックの荷物量増量版。 オプションなどに違いはなさそうです。 えころじこんぽセルフ 荷造り・荷解きを自分で行なうプランです。 えころじこんぽハーフ 食器棚の中身、タンス、クローゼット、靴類の荷造りと荷解きだけを業者に任せるプランです。 それ以外の荷物は自分で荷造りなどを行ないます。 えころじこんぽフル 荷造り・荷解きをすべて業者に任せてしまうプランです。 主なオプション・サービス 電気工事全般 エアコンの取り付けや洗浄、アンテナ工事、パソコンのインターネット設定など電気工事全般をやってくれます。 家電リサイクル リサイクル可能な家電製品を一部無料で引き取ってもらえます。 自動車・バイク輸送 自動車やバイクをキャリアカーで輸送してくれるオプションです。 ピアノ輸送 ピアノの輸送は引越し業者とは別に専門の業者に依頼されるとのこと。 荷物の運搬も別になるようです。 ハウスクリーニング 家全部ではなく、キッチンだけ、お風呂だけという部分的なクリーニングも頼めます。 ガス器具工事 ガス関連の工事を行なってくれます。 日通アシスタンスサービス 引越し後1年間の間、医療、法律、ペット、住まいの相談のほか、車のトラブルなどにも電話で対応してくれるサービスです。 ただし、引越し後に申し込みして日通アシスタンスサービス会員にならなくてはいけないので注意。 手続き代行 NHKと電気会社、セコムへの引越し手続きを代行してくれます。 日通(日本通運)の口コミ・評価 初めて依頼した時は「引越し専門業者じゃないからな」と不安でした。 でも引越し当日は全く何の問題もなく作業してくれましたね。 特に梱包作業なんかはへたすると他の引越し業者より丁寧なんじゃないかと思うくらい。 独自の梱包素材を使っているからそう見えたのかもしれませんが、とても気を使っているように見えました。 引越しのスピードや何かに関しては特に何も感想はありませんが、問題もありませんでした。 全体的にみて、料金がちょっと高いかなーとは思いますが、荷物運びのプロに頼むならこんなもんだと思います。 安くて悪い業者に頼むよりはいいですね。 料金は高いですね。 それだけが残念です。 でもそれ以外はかなりいいと思います。 それと私の希望とピンズドだったのが、コンテナを利用した長距離便の話。 以前、引越しで荷物の紛失を何度か経験し、とてもごたごたした記憶があるので、どうしてもそれだけは避けたかったのです。 ところが、日通のコンテナ便なら、途中で載せ替えをすることなく、そのまま運べるというのでちょうど良い、と。 作業当日にもスタッフがそのことを聞いていたのか、荷物の確認を逐一やってくれてありがたかったです。 気持ちの良い引越しでした 高い、高い、と言われているが、私の場合は逆に安さで日通を選んだはず。 おそらく年度末の繁忙期だったからだろうが、他の引越し専門業者大手数社よりも15%近く(金額でいえば4万ほど)も安かった。 元々、引越し作業自体で大きな問題があったとは聞いていなかったし、多少の交渉を経てほぼ即決。 こういう場合には引越し専門業者よりも、あまり知られていない日通とかのほうがいいなと実感したエピソードだった。 見積もりに来た営業マンが玄関先でたばこを吸っていたのを目撃した時は驚きましたが、それ以外はいい業者だと思います(笑) ちなみにその営業マンさんは別にたばこ臭くなかったし、対応自体はとてもいい人でした。 そんなわけで結局頼むことになったのですが、引越しの作業自体は別に並み、というかこれぐらいの業者ならごろごろしてるよな、という感じです。 別に他で聞くほどクオリティが高いわけでもなく…。 ただアルバイトらしき人がいなくてみんな手慣れているような感じだったのは好印象でした。 特にこれと言って悪いところもないのだけど、わざわざ頼む必要もない業者だと思います。 料金は高めだし、作業は平均並み、それになにより引越し専門業者ではないので、そこらへんがどう違うのかわかりませんが心配です。 特に荷物に関しては運搬を他社に依頼することもあるそうですが、そこで問題が起きないともかぎりません。 いくら日通自体がしっかりしていても、別業者が絡むより、全部自社でやってくれたほうが安心なんじゃないでしょうか。 おすすめの一括見積もりサイト.

次の

長距離引越し格安プラン|単身、家族の引越しはプロスタッフにお任せ

引っ越し 単身パック 家族

目次 単身で一人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方 引っ越し料金とは、基本運賃・割増料金・実費・オプションの4つを指します。 この基準額は法律によって定められていますので、業者によって変動するということはありません。 割増料金は、休日や深夜早朝、繁忙期などによって決まります。 また、北海道や東北など冬季に割増される地域もあります。 平日のほうが安くなりやすいといわれているのは割増料金が加算されるからでしょう。 実費は、梱包・搬出・搬入・作業員の数(人件費)などが含まれます。 トラックの台数や交通費なども関係してきますので、距離が遠いほど実費は高くなるでしょう。 もちろん、荷物の数が多いのも実費に含まれます。 そしてオプションです。 通常の引っ越しでは利用しない特別作業のときに加算される料金になります。 たとえば、ピアノの運搬やエアコンの工事(取り付け・取り外し)です。 不用品を処分してもらう場合も、オプション料金がかかります。 引っ越し業者によって内容や料金も異なりますので、事前にきちんと確認しておきましょう。 計算方法は、基本運賃+割増料金+実費+オプション=引っ越し料金となります。 これらの方法で総額を出すわけですが、単身引っ越しの場合は荷物が少ない・多い、距離が遠い・近いによって高くなる場合もあれば安くなる場合もあります。 各業者の単身パックを利用するのも良いでしょう。 二人暮らしの引っ越し料金の計算の仕方 引っ越しの料金は、基本運賃や割増料金、実費やオプションなどで計算しますが、引っ越しする人数も関係します。 ですから、引っ越しの料金だけで判断してしまうと、失敗する恐れがありますので十分注意してください。 まず、二人暮らしの引っ越し料金の相場は、8〜15万円程度。 人数が増えることで家具や家電のサイズが大きくなることが多いですから、どうしても単身引っ越しに比べると高くなりがちです。 また二人暮らしの場合、ほとんどがカップルや家族です。 男女であることが多いため、男性のみの引っ越しに比べると荷物が多くなりがちです。 よって、単身引っ越しよりも2倍の料金になることが多いでしょう。 計算の仕方は、単身引っ越しと同様です。 基本運賃・割増料金・実費・オプションを足した料金になります。 二人暮らしですから、荷物の量によってはトラックの台数が2台以上になることも少なくないでしょう。 荷物の量と距離、時間で決まりますので、やはり荷物が多く距離が長い場合は基本運賃が高くなるでしょう。 二人暮らしは部屋が2DK以上であることが多いですので、部屋の数に合わせて引っ越し作業員が増減します。 もちろん料金に含まれますので注意してください。 これらを踏まえて二人暮らしの引っ越しを少しでも安く抑えるなら、閑散期の平日を選び、オプションになりそうな作業はなるべく自分たちで行うようにしましょう。 引っ越し先の設備を確認しておくのもポイントです。 三人家族の引っ越し料金の計算の仕方 三人家族の平均相場ですが、同一市内・県内・地方・長距離によって変動します。 同一市内であれば、約9万円。 県内であれば約11万円、地方であれば約13万円となります。 長距離なら、約16万円になるでしょう。 平均相場を見てみると、三人家族の引っ越しには最低でも10万円は確保しておいたほうが良いということになります。 もちろん選ぶ引っ越し業者によっても変動しますから、複数社の見積もりを比較しながら決めるのも重要です。 計算の仕方は、基本運賃と割増料金、実費、そしてオプションをすべて足したのが引っ越し料金になります。 基本運賃には時間制運賃・距離制運賃も含まれています。 割増料金は休日や深夜早朝、冬季割増などです。 オプションは、通常の引っ越し作業にない料金になります。 四人家族引っ越し料金の計算の仕方 引っ越しは、家族の人数が増えるとそのぶん料金に加算されます。 また家族引っ越しになると荷物量も増えますので、どうしても単身引っ越しに比べると割高になってしまいます。 同一市内の場合、約10万円。 同一県内になると約12万円まで値上がりします。 同一地方になると、約14万円と同一市内に比べると約4万円も高くなっているのが分かります。 長距離(200km)になると、約18万円とやはり割高になるでしょう。 あくまで目安の相場料金ですが、同じ四人家族の引っ越しでも、距離だけでここまで料金に差があるということになります。 ただ四人家族でも、家具や家電が少ない場合や子供が小さい場合は、大人四人の家族よりも引っ越し料金は安くなるといわれています。 引っ越し料金は、定額ではありません。 そのため、さまざまな理由で安くも高くもなります。 『家族が多いから引っ越し料金は高くなってしまう』と諦めてしまう方が多いのですが、工夫次第で料金を安く抑えることはできますので、安心してください。 ちなみに、引っ越しの料金が変動する条件は、『引っ越し時期』『距離』『家の構造』などが挙げられます。 繁忙期の引っ越しは当然料金が割高になり、通常の相場よりも3〜4万近く上がるといわれています。 距離は先にも述べましたが、家の構造、たとえばマンションでエレベーターが使えないところはそのぶん料金が加算されますので注意しましょう。 計算は、基本運賃+割増料金+実費+オプションにて算出します。

次の

単身引越しパックが基本料金15000円|引越のプロスタッフ

引っ越し 単身パック 家族

引越し単身パックとは、業者によって名称が若干異なりますが、 要は 単身者向けの引っ越しサービスで、 最近ではほとんどの運送業者が取り扱っています。 単身サービスは、何しろ料金が安いのが魅力。 単身赴任や一人暮らしを始める方など 荷物が少ない人の引越しにとても 人気があります。 5万円程度からと 従来の引越しの相場では考えられないほど安い価格で引越しすることができます。 専用BOXあたりの料金システムを採用することで 運送業者はその荷物を他の荷物と一緒に運ぶことができるため、 大幅な効率アップが図られ、このような格安料金の引越しサービスが 実現しているのです。 引越し業者としても箱単位での輸送ですから、 荷物がかさばらないのです。 計算がしやすく、 中継地点でも箱を他のトラックに移し変えるだけで、ラクなのです。 4人家族の引越しですと、ほぼ トラック1台丸ごと積むことになります。 そうすると、トラックはその家族につきっきりになります。 単身者の引越しは、BOX単位なので、一日に何件もお客さんを取れます。 それで、単身パックは安いのです。 荷物をまとめると引越し業者としても運びやすい 単身者の引越しを安くする方法として、 荷物をBOX1個ないし2個にまとめることをおすすめします。 そのほうが引っ越し業者が運びやすいのです。 クロネコヤマトの引越し単身パックの場合、各地に中継点があります。 その中継点で荷物を行き先ごとに積み下ろしするんですよ。 BOXが多いとトラック1台丸々その人に取られます。 クロネコヤマトの引越し単身パックは行き先ごとに荷物をまとめて、 方面ごとにトラックに積み直します。 2日、3日かかってもかまわないという契約にすると、 更に料金が下がります。 要は、 引越し業者の都合を優先してあげるようにする、 その代わり、引越しの値段を少し安くしてもらえる。 こういう場合があります。 急ぎの引越しならば、あなたのスケジュール最優先で 引越し業者に依頼すると良いでしょう。 当日に現地に荷物を卸すばかりが引越しではありません。 日程的に余裕があるのであれば、 引越し業者の都合を優先してあげる代わりに 金額を少し値引きしてもらうことをおすすめします。 1人暮らしであれば柔軟にできることも多いですよね。 見積もり・申し込みは簡単! 引越し単身パックの荷物の送り方は、とても簡単です。 引越しというよりは 普通の宅配便の荷物を送るようなイメージです。 もちろん配送の日時も指定できますし、 作業スタッフを依頼して簡単な搬出入をお願いすることもできます。 料金はBOXのサイズと引越し先によって決まるので、 インターネットで簡単に見積もりを取ることができます。 引越しを安い費用で済ませたい人、 一人暮らしで荷物が少ない人、 家具は引越し先で調達するから持っていく荷物は少ないという方は、 一度見積もりをとって料金を調べてみてはいかがでしょうか?.

次の