ケン ドリック パーキンス。 ケンドリック・パーキンス「ザイオンはプレッシャーを感じてない」

ケンドリック・パーキンス「ザイオンはプレッシャーを感じてない」

ケン ドリック パーキンス

詳細は「」を参照• 1985 - - アメリカの女優• 1970 - - アメリカの俳優、映画監督• 1990 - - イギリスの女優• 1984 - - アメリカの選手()、通算81勝• 1950 - - イギリスの• - カナダのプロレスラー• 1992 - 2017 - ブラジルのサッカー選手()• 1740? - 1794 - アメリカの軍人• - アメリカの• 1983 - - アメリカの野球選手()、選出、通算1700安打以上• 1979 - - アメリカのプロレスラー 男性名 [ ]• 1995 - - アメリカの選手()• () 1997 - - アメリカの選手()• 1984 - - アメリカのバスケットボール選手()、通算4214得点• 1987 - - アメリカのラッパー 関連項目 [ ]• このページは 人名(人物)のです。 同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物を一覧にしてあります。 お探しの人物の記事を選んでください。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えてください。

次の

ケンドリック・パーキンス「ザイオンはプレッシャーを感じてない」

ケン ドリック パーキンス

35歳のケンドリック・パーキンスは、2015-16シーズンにニューオーリンズ・ペリカンズのゼネラルマネージャーを務めていたデル・デンプスを「嘘つき」と非難しています。 『The Athletic』のジョー・バードン記者は、パーキンスがインタビューの際に明かしたことについて、次のように伝えました。 彼は嘘つきだ。 彼は嘘つきだった。 彼はただ嘘をつく奴だ。 彼は僕に嘘をついた。 パーキンスがここで話しているのは、2015-16シーズンにゼネラルマネージャーを務めていたデル・デンプスのことだ。 感謝するよ。 ここで引退してほしい。 夏にパーキンスの契約が終わった時、パーキンスが期待していた2年間のベテランミニマム契約は無かった。 あったのは、「我々は違う道に進むことになるだろう」というデンプスGMからの電話だけだった。 結局、パーキンスは2016年の夏にどのチームと契約することもできず、2018年4月に契約を結んだクリーブランド・キャバリアーズでも1試合しか出場しておらず、その後は再びフリーエージェントの日々を過ごし続けています。

次の

Wikizero

ケン ドリック パーキンス

経歴 [ ] にある高校に進学、在学中に高校を郡のチャンピオン、州のチャンピオンに導いた。 最終学年時には1試合平均27. 5得点、16. 4リバウンド、7. 8ブロックをマーク、チームは33勝1敗だった。 パーキンスはファンやマスコミに「ベビー・」と呼ばれた。 マクドナルド・オールアメリカンにも選ばれた。 への進学が内定していたがにアーリーエントリー。 1順目27位指名をから受けたがすぐにと共に、とのトレードでセルティックスに入団した。 ルーキーイヤーの出場は10試合のみで1試合平均3. 5分の出場という苦いものとなった。 2年目の2004-05シーズンは60試合に出場、平均出場時間は9. 1分であったがセルティックスの中でもタフなディフェンスをする選手として知られるようになった。 2005年のとのプレーオフ第6戦でが退場となる直前に得たを相手ヘッドコーチのから指名され 2投したがいずれも失敗、試合はオーバータイムにもつれるといったことがあった。 サマーキャンプでの努力によって3年目の2005-06シーズンから当時主力選手だったの移籍などもありヘッドコーチのよりプレイタイムを多くもらえるようになりローテーション入りした。 出場した68試合中40試合では先発出場を果たし、平均19. 6分出場、5. 2得点、5. 9リバウンド、1. 5ブロックの成績を残す。 がに移籍すると先発のセンターとしてプレイした。 4年目の2006-07シーズンには平均出場時間を21. 9分まで伸ばすが、1年後輩のの成長もあり個人成績は下降した。 2007-08シーズン開幕前、セルティックスは大型補強での、のを獲得。 この二人とエースののビッグ3を支え、シーズンを通してスターターの座をキープ。 プレーオフでも自分の仕事を着実にこなし、ファイナル制覇に貢献した。 08-09シーズンもインサイドの要として目立たないながらもチームを支え続け、1試合平均8. 5得点、8. 1リバウンド、2. 0ブロックという成績を残した。 終盤にガーネットが故障で離脱し、パーキンスへの負担はさらに増したが、プレーオフでは1試合平均11. 9得点、11. 6リバウンド、2. 6ブロックとシーズン中よりもさらに成績を伸ばし、とのカンファレンスセミファイナルでは、マッチアップしたを平均16. 4得点に抑えディフェンス力を示した ハワードのシーズン平均は20. 6得点。 2011年2月24日、と共に、、との交換トレードにより、へ移籍した。 2015年2月19日、内で一斉に行われた大型トレードでに放出された後、で解雇され、2月24日にと契約。 7月21日にと1年契約を結んだ。 2016-17シーズンはに終わり、2017年9月21日にキャバリアーズとトレーニングキャンプに関する契約を結んだ が、開幕前に解雇。 解雇後に傘下のに送られ、NBA復帰を目指すことになった。 2018年4月11日、クリーブランド・キャバリアーズと2017-18シーズン終了までの契約を結んだ。 プレースタイル [ ] オフェンスではゴール下を仕事場とし、外角からのシュートや大量得点は計算できないが、頑丈な体でのポジション取りやディフェンスなど、数字には残らないプレーを得意としている。 が多いのが玉に瑕である。

次の