私たちはどうかしている 多喜川。 私たちはどうかしている【59話】最新話のネタバレと感想!主従交代

『私たちはどうかしている』第59話のネタバレ&最新話。多喜川と由香莉

私たちはどうかしている 多喜川

私たちはどうかしている57話ネタバレ「レベレーション」 椿の母の居所を知らせる連絡を待つ七桜だが、未だに有力な手掛かりはなく電話をただみつめます。 そして、多喜川と由香莉が付き合っていたという、新たな事実を知り少し動揺します。 栞はその時からあまりいい印象を持っていなかったというのです。 でも、七桜は、多喜川がいなかったら今自分はどうなっていたかわからない、結婚してほしいと言ってくれた多喜川に嘘なく向き合いたいと思うのでした。 顔に傷がついた椿を心配する夕子。 椿に酒をすすめるが、目の手術をしたばかりでと断られます。 なにか病気ではと心配する夕子に、少し見えにくくなっただけだと椿は話し安心させます。 夕子は、椿に、自分が七桜の本当の母親じゃないって知っているんでしょうと聞きます。 七桜に頼まれたんでしょう、自分から光月庵を奪うために・・・と椿が言うと、夕子は血相を変えて、違うと椿に訴えかけます。 一瞬、話すか躊躇った夕子だったが、あの子は椿の子供を妊娠していたと椿に告げました。 椿は、なにがなんだかわからず、時が止まります。 子供・・・?と頭が真っ白になる椿。 本当に初期だったが、あの火事で・・・本当に辛そうにしていたと話す夕子。 椿は、自分に会いたかったと言った七桜の淋しげな表情を思い浮かべ、拳を握ります。 どうしてそんな大事なことを言わなかったのかと、怒りに似たような物がこみ上げます。 よりを戻すことはできないのかと夕子に聞かれた椿は、一杯だけと言ってお酒を飲みます。 七桜のとの思い出がよみがえります。 けっきょく自分たちは偽りの夫婦以外なんでもない、七桜とは出会ってからずっと傷つけあってきたのだと椿は言います。 会えばまた必ず同じことに・・・と椿は考えてしまうのでした。 「いをり」から多喜川に連絡が入ります。 七桜もすぐに見つけるかな・・・と独り言を言うのでした。 その頃、光月庵では職人が二人やめるということを七桜に伝えられていた。 七桜は自分が厨房に入れば大丈夫と焦る気持ちをおさえます。 椿の母が「いをり」という旅館に昨晩泊まっていたと連絡が来たと栞が走ってきました。 急いで行くと、近くの神社で道具に火をつけている椿の母がいました。 七桜は着ていた着物で火を消そうとします。 椿に、光月庵を守ると約束したのだからと七桜は必至です。 七桜は手や着物が黒こげになったが、なんとか道具を守ることができ安堵しますが、その場で倒れかけてしまいます。 栞が、七桜の名前を呼んだその時、本当に無茶なヤツだと七桜を支える一人の人が。 椿の母は、知らぬ間にその場を離れ、息を切らしていました。 そこへ多喜川が、現れます。 かつては光月庵の女将だった人がみじめなものだと言います。 そして、どうして父はあなたみたいな人に夢中になったのかなと疑問を投げかけるのでした。 椿の母は、多喜川に近づき、光月庵がダメなら多喜川家を椿に継がせようかしらと言い出しました。 多喜川は驚きを隠せません。 椿は多喜川家の血を継いでいるんだから、不出来なお兄さんより弟の方がふさわしいのではと多喜川に 告げます。 一方で七桜は、どうしてここにいるのと椿の名前を呼んだのでした。

次の

私たちはどうかしている59話/13巻ネタバレ!最新話は多喜川のもつ秘密とは

私たちはどうかしている 多喜川

私たちはどうかしている57話ネタバレ「レベレーション」 椿の母の居所を知らせる連絡を待つ七桜だが、未だに有力な手掛かりはなく電話をただみつめます。 そして、多喜川と由香莉が付き合っていたという、新たな事実を知り少し動揺します。 栞はその時からあまりいい印象を持っていなかったというのです。 でも、七桜は、多喜川がいなかったら今自分はどうなっていたかわからない、結婚してほしいと言ってくれた多喜川に嘘なく向き合いたいと思うのでした。 顔に傷がついた椿を心配する夕子。 椿に酒をすすめるが、目の手術をしたばかりでと断られます。 なにか病気ではと心配する夕子に、少し見えにくくなっただけだと椿は話し安心させます。 夕子は、椿に、自分が七桜の本当の母親じゃないって知っているんでしょうと聞きます。 七桜に頼まれたんでしょう、自分から光月庵を奪うために・・・と椿が言うと、夕子は血相を変えて、違うと椿に訴えかけます。 一瞬、話すか躊躇った夕子だったが、あの子は椿の子供を妊娠していたと椿に告げました。 椿は、なにがなんだかわからず、時が止まります。 子供・・・?と頭が真っ白になる椿。 本当に初期だったが、あの火事で・・・本当に辛そうにしていたと話す夕子。 椿は、自分に会いたかったと言った七桜の淋しげな表情を思い浮かべ、拳を握ります。 どうしてそんな大事なことを言わなかったのかと、怒りに似たような物がこみ上げます。 よりを戻すことはできないのかと夕子に聞かれた椿は、一杯だけと言ってお酒を飲みます。 七桜のとの思い出がよみがえります。 けっきょく自分たちは偽りの夫婦以外なんでもない、七桜とは出会ってからずっと傷つけあってきたのだと椿は言います。 会えばまた必ず同じことに・・・と椿は考えてしまうのでした。 「いをり」から多喜川に連絡が入ります。 七桜もすぐに見つけるかな・・・と独り言を言うのでした。 その頃、光月庵では職人が二人やめるということを七桜に伝えられていた。 七桜は自分が厨房に入れば大丈夫と焦る気持ちをおさえます。 椿の母が「いをり」という旅館に昨晩泊まっていたと連絡が来たと栞が走ってきました。 急いで行くと、近くの神社で道具に火をつけている椿の母がいました。 七桜は着ていた着物で火を消そうとします。 椿に、光月庵を守ると約束したのだからと七桜は必至です。 七桜は手や着物が黒こげになったが、なんとか道具を守ることができ安堵しますが、その場で倒れかけてしまいます。 栞が、七桜の名前を呼んだその時、本当に無茶なヤツだと七桜を支える一人の人が。 椿の母は、知らぬ間にその場を離れ、息を切らしていました。 そこへ多喜川が、現れます。 かつては光月庵の女将だった人がみじめなものだと言います。 そして、どうして父はあなたみたいな人に夢中になったのかなと疑問を投げかけるのでした。 椿の母は、多喜川に近づき、光月庵がダメなら多喜川家を椿に継がせようかしらと言い出しました。 多喜川は驚きを隠せません。 椿は多喜川家の血を継いでいるんだから、不出来なお兄さんより弟の方がふさわしいのではと多喜川に 告げます。 一方で七桜は、どうしてここにいるのと椿の名前を呼んだのでした。

次の

私たちはどうかしている・第56話のネタバレと感想|BELOVE4月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

私たちはどうかしている 多喜川

私たちはどうかしている57話ネタバレ「レベレーション」 椿の母の居所を知らせる連絡を待つ七桜だが、未だに有力な手掛かりはなく電話をただみつめます。 そして、多喜川と由香莉が付き合っていたという、新たな事実を知り少し動揺します。 栞はその時からあまりいい印象を持っていなかったというのです。 でも、七桜は、多喜川がいなかったら今自分はどうなっていたかわからない、結婚してほしいと言ってくれた多喜川に嘘なく向き合いたいと思うのでした。 顔に傷がついた椿を心配する夕子。 椿に酒をすすめるが、目の手術をしたばかりでと断られます。 なにか病気ではと心配する夕子に、少し見えにくくなっただけだと椿は話し安心させます。 夕子は、椿に、自分が七桜の本当の母親じゃないって知っているんでしょうと聞きます。 七桜に頼まれたんでしょう、自分から光月庵を奪うために・・・と椿が言うと、夕子は血相を変えて、違うと椿に訴えかけます。 一瞬、話すか躊躇った夕子だったが、あの子は椿の子供を妊娠していたと椿に告げました。 椿は、なにがなんだかわからず、時が止まります。 子供・・・?と頭が真っ白になる椿。 本当に初期だったが、あの火事で・・・本当に辛そうにしていたと話す夕子。 椿は、自分に会いたかったと言った七桜の淋しげな表情を思い浮かべ、拳を握ります。 どうしてそんな大事なことを言わなかったのかと、怒りに似たような物がこみ上げます。 よりを戻すことはできないのかと夕子に聞かれた椿は、一杯だけと言ってお酒を飲みます。 七桜のとの思い出がよみがえります。 けっきょく自分たちは偽りの夫婦以外なんでもない、七桜とは出会ってからずっと傷つけあってきたのだと椿は言います。 会えばまた必ず同じことに・・・と椿は考えてしまうのでした。 「いをり」から多喜川に連絡が入ります。 七桜もすぐに見つけるかな・・・と独り言を言うのでした。 その頃、光月庵では職人が二人やめるということを七桜に伝えられていた。 七桜は自分が厨房に入れば大丈夫と焦る気持ちをおさえます。 椿の母が「いをり」という旅館に昨晩泊まっていたと連絡が来たと栞が走ってきました。 急いで行くと、近くの神社で道具に火をつけている椿の母がいました。 七桜は着ていた着物で火を消そうとします。 椿に、光月庵を守ると約束したのだからと七桜は必至です。 七桜は手や着物が黒こげになったが、なんとか道具を守ることができ安堵しますが、その場で倒れかけてしまいます。 栞が、七桜の名前を呼んだその時、本当に無茶なヤツだと七桜を支える一人の人が。 椿の母は、知らぬ間にその場を離れ、息を切らしていました。 そこへ多喜川が、現れます。 かつては光月庵の女将だった人がみじめなものだと言います。 そして、どうして父はあなたみたいな人に夢中になったのかなと疑問を投げかけるのでした。 椿の母は、多喜川に近づき、光月庵がダメなら多喜川家を椿に継がせようかしらと言い出しました。 多喜川は驚きを隠せません。 椿は多喜川家の血を継いでいるんだから、不出来なお兄さんより弟の方がふさわしいのではと多喜川に 告げます。 一方で七桜は、どうしてここにいるのと椿の名前を呼んだのでした。

次の