波留 中川 大志。 波瑠“也映子”が中川大志“理人”に語った言葉に涙する視聴者も…「G線上のあなたと私」第5話

波瑠&中川大志、「G線上のあなたと私」最終回の“エレベーターキス”に反響…癒された視聴者の声も

波留 中川 大志

『G線上のあなたと私』(TBS系・火曜よる10時~)は、恋愛マンガの名手・いくえみ綾原作の同名漫画をドラマ化。 脚本は、最近では『きのう何食べた?』を手掛けた安達奈緒子氏が手がけている。 主人公の也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約を破棄されたアラサー女子。 「前に進めてる?」「本気の好きって何?」そんなモヤモヤに立ち止まり、向き合いながらも、バイオリン教室を楽しみに生きている。 理人(中川大志)は、バイオリン教室の講師で兄の元婚約者である眞於(桜井ユキ)に恋をしている。 しかし兄・侑人(鈴木伸之)は結婚して子供も生まれ幸せそう。 恋に不器用な理人は苦しい想いを抱えている。 言葉はぶっきらぼうで青臭さもありつつ、愛のある言葉を発することも。 明るい主婦・幸恵(松下由樹)は嫁姑問題に直面中。 それゆえ、週に1日だけ自分のための時間であるバイオリン教室が楽しくて仕方がない。 何かと言い合いになる也映子と理人の間でうまくハーモニーを作っている人物だとも言える。 ドラマは第2話までが放送され、ものすごく劇的なことが起こっているわけではないのだが、3人の空気感は絶妙なバランスで、なんだかずっと見ていたくなる。 也映子(波瑠)と幸恵(松下由樹)のテンポの良い掛け合いは楽しく、そこに挟まれる理人(中川大志)は、なんだかんだで二人に付き合い、時にいいことを言う。 第1話、カラオケで也映子(波瑠)が過去の傷を語り涙したとき、カラオケの部屋の電話が鳴って理人と幸恵は大慌て。 理人が足をテーブルにぶつけながら電話を取り「延長で!お願いします。 」「あ!ぽて、ポテトフライもお願い!」「ポテトフライ?ポテトフライ…フライドポテトですよね…」そんなちょっとした会話がクスッと笑えてほっこりする。 第2話では、姑が1泊2日の温泉旅行に出かけ、夫も出張だからと、幸恵が自宅へ二人を招待。 バイオリンの練習など楽しい時間を過ごしているところに姑が帰ってきた。 帰り際、幸恵が「あれ絶対、わざと」「悔しい。 すっごく楽しみにしてたのに」と涙を見せる。 その時、理人は「泣いてはだめですよ、北河さん。 楽しく終わりましょ。 」「わざとだったとしても、楽しくしてればこっちの勝ちだ。 」と元気づけた。 最初のバイオリンの発表会は見事に失敗した3人だったが、第3話で、秋の発表会でもともと3人が弾きたかった「G線上のアリア」を披露することを決める。 理人(中川大志)のスパルタ指導のかいもあって、也映子と幸恵(松下由樹)ら3人の仲も深まっていく。 第3話予告映像では、理人(中川大志)が也映子(波瑠)に超至近距離(壁ドン!?)のシーンが!「焦った。 今日可愛いから」とドキッとするセリフも。 これは新たな恋の予感…?また、先日ゴールデンボンバーの喜矢武豊が金髪のバンドマン役で登場することが発表された。 理人(中川大志)の恋のライバルとなりそうだ。 恋模様も気になり始めた『G線上のあなたと私』第3話は、今夜22時放送。

次の

【エンタがビタミン♪】波瑠、中川大志と久々に再会『G線上』を回想するも「もう理人じゃなかった」

波留 中川 大志

12月17日に最終回が放送される、火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)がクランクアップを迎えた。 約3カ月半に及ぶ撮影がオールアップを迎えた最後のシーンは、ドラマの象徴でもあるカラオケでの也映子(波瑠)、理人(中川大志)、幸恵(松下由樹)のシーン。 リハーサルからアドリブが飛び交い、笑顔溢れる和やかな雰囲気で終えた。 幸恵を演じた松下は、「本当に楽しい現場で、自由にお芝居をさせていただきました。 スタッフの愛情と、初共演とは思えない二人の自然体な姿がすごく居心地のいい撮影でした」と語り、ドラマ内のセリフにちなんで「波瑠ちゃん、中川くん、仲良くしてくれてありがとう!」と笑顔でコメント。 続いて、理人を演じた中川は、「スタッフの皆様に支えられました。 台本を読めば読むほど、自分に似ていると感じていて、本当に理人を演じられてよかったです。 也映子さんと幸恵さんが、波瑠さんと松下さんで本当に、本当に、よかったです。 先輩二人にたくさん引っ張っていただき、学ぶことばかりでした! お疲れ様でした!」と話した。 最後に、主演の波瑠は、「思い返すとあっという間で、まだ暑かったクランクインから季節も変わって、すごく時間を積み重ねてきていたなと感じています。 このドラマに出ていなければバイオリンにも触れてなかったと思いますし、このスタッフの皆さんとバイオリン三銃士の理人くんと幸恵さんに出会うことでたくさん素敵な思い出を作らせていただいて、也映子として一緒に時間を共有できて、私自身もとても也映子を愛することができました。 大変なこともありましたが、無事に終わってよかったです。 本当にありがとうございました!」と締めくくった。

次の

鈴木伸之:波瑠主演ドラマ「G線上のあなたと私」で中川大志の兄に バイオリン講師役に桜井ユキ

波留 中川 大志

TBS秋の火曜ドラマは、いくえみ綾の漫画「G線上のあなたと私」原作のドラマを放送。 波瑠を主演に、初共演となる中川大志、松下由樹を迎え、大人のバイオリン教室を舞台に悩める大人たちにエールを贈る、恋と友情の物語を描く。 ストーリー 小暮也映子は、寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。 そんな日にたまたま立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。 教室で同じクラスになったのはイマドキ大学生・加瀬理人と主婦の北河幸恵。 今作は「潔く柔く」「プリンシパル」など、幅広い世代に愛される恋愛漫画の名手・いくえみ綾の同盟漫画のドラマ化。 その姿に応援したい気持ちが芽生え、いつのまにか励まされてしまう作品だ。 波瑠「これから愛していけそうなキャラクター」 主演を務めるのは、全話平均視聴率11. 2%を記録した話題作「あなたのことはそれほど」に出演し、再びいくえみ作品に参加する波瑠さん。 寿退社間近に婚約を破棄された主人公・也映子を演じる。 バイオリン教室に通い始め、教室で同じクラスの大学生・理人に次第に惹かれていくが…。 元々、いくえみ作品が好きだという波瑠さんは、「原作を楽しく読ませてもらっていました。 バイオリンを頑張る女性を描くのではなくて、バイオリン教室を通して描かれる人間関係や一人ひとりが影響を受けたり与えたりする姿がとても日常らしくて、面白いなと思いました」と原作の印象を明かし、「私が演じる也映子は、婚約破棄にあって悲劇のヒロインになってもおかしくないのに、お腹が空いたら食べて、眠くなったら寝るっていう姿がリアルで、これから愛していけそうなキャラクターだなと思います」と演じる也映子の人物像も説明。 また、バイオリン教室が舞台ということで「私の人生でまさかバイオリンを弾くとは思ってもいなかったので、今必死に練習中です。 やっぱり少し練習しただけでは上手に弾けるものじゃないんだなと痛感しています」とコメントしている。 中川大志、 兄の元婚約者に恋… 也映子がバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人を演じるのは、「花のち晴れ~花男 Next Season~」や連続テレビ小説「なつぞら」への出演も話題の中川さん。 理人はバイオリン教室の講師で兄の元婚約者・眞於に恋するイマドキ男子。 兄と眞於が破局した後、偶然眞於と再会したことで再び想いをつのらせ、彼女が働くバイオリン教室に通うことに。 少々不愛想だが憎めない、恋愛不器用なキャラクターだ。 たまに毒は吐くけど、根っこには素直な部分もあって」とキャラクターについて明かす中川さんは、「その飾らない部分を面白く、そしてちょっと可愛らしく演じられたら」と意気込み。 また、バイオリンについては「基礎からしっかり練習したのは初めてですが、視聴者の方が『バイオリンやってみたい!』と思えるような演奏を披露できるよう頑張ります」と語っている。 松下由樹「今からとてもドキドキ」 也映子のバイオリン仲間で嫁姑問題に直面中の平凡な主婦・北河幸恵役は松下由樹が演じる。 松下さんは「波瑠さん、中川大志さんとの共演は今回が初めてですので、大人のバイオリン教室で出会い、バイオリンを一緒に習いながら関係を深めていくという役柄に共通する点を感じ、今からとてもドキドキしています」と撮影前の心境を明かし、「きっと毎話、心温まる感覚を感じて頂けるかなと思いますので、ぜひお楽しみに!」とコメントしている。 原作:いくえみ綾 コメント 前回の「あなそれ」とは全く違う方向の主人公を波瑠さんに再び演じてもらうことになりまして、今回の共感型の主人公、どのようになるのかとても楽しみです。 バイオリン、難しいですよね…。 脚本を読んでいたらもう理人は中川さんでしかないのでは、とかなり思い込んで来たので、いい感じに暗く、へなちょこだけど優しい、子どもみたいに素直な理人をよろしくお願いいたします。 松下さんが演じてくださる北河さんという、普通の主婦だけどやる時はやるちょっとぶっ飛びキャラ(原作ではそんなにぶっ飛んでないけども)。 そんなイメージでキャラを盛り上げてくれる気が勝手にですがしています。 楽しみです。 多分そんなに劇的なこともない、なんのことはない話なのですが、日常生活の一コマにチクッとキラッと心に引っかかることがあれば幸いです。 火曜ドラマ「G線上のあなたと私」は10月、毎週火曜日22時~TBSにて放送予定。 《cinemacafe. net》.

次の