生姜 シロップ レシピ nhk。 ~土井善晴のキャビネットケーキ~

くるりのジンジャエール

生姜 シロップ レシピ nhk

ウルトラ蒸し生姜って?その効果とは? 生姜は、古くから漢方として使われてきました。 漢方医学では、生姜には、乾燥させただけの生姜(ショウキョウ)と、熱を加えて乾燥させた黒っぽい乾姜(カンキョウ)の2種類あります。 日本でいう「ウルトラ生姜」は生姜(ショウキョウ)の事で、「ウルトラ蒸し生姜」とは、ウルトラ生姜に蒸すという手間を加えた乾姜(カンキョウ)の事を言います。 2013年の1月にNHKの「あさイチ」で紹介され、大きな反響を呼びました。 このウルトラ蒸し生姜がなぜ注目されているのかというと、それはその効果にあります。 一般的な生姜には、「体を温めてくれる」というイメージが強いですよね? しかし、実は、漢方では解熱剤として使用されているほど、体の芯の熱を下げてしまうって知っていますか? 生の生姜には、「ジンゲロール」という辛み成分が含まれており、手足などの体の末端の血管を広げる効果があるため、ポカポカと温めてくれます。 しかし、その熱は体の芯から送り出しているために、逆に体を冷やしてしまうのです。 このジンゲロールという成分は、乾燥させることによってその効果が劇的に変化します。 生姜を乾燥・加熱させると、ジンゲロールの成分の一部が、「ショウガオール」という成分に変化します。 ショウガオールは、胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、深部の熱を作り出す働きがあるのです。 これにより、体の末端と、体の芯の両方を温めてくれる効果が生まれるのです。 生姜をただ加熱するだけでも、ショウガオールの成分は増加しますが、「蒸す」という工程を加えると、通常よりも1. 2倍、ジンゲロールも0. 4倍に増えることが分かっています。 生姜の栄養素を最大限効率よく摂取することができるため、「ウルトラ蒸し生姜」が注目されているのです。 さらに、「ウルトラ蒸し生姜」は、体を温めてくれるだけではありません。 ショオウガオールは、肌を錆びつかせて、老化や病気の原因の一つとなる活性酸素を除去する力が強く、若返りの効果があるといわれるビタミンEの3倍の能力を持っています。 そして、ジンゲロールには、体内の脂肪分解を促す酵素、「リパーゼ」を活性化させる効果があります。 リパーゼは、蓄積された脂肪を、遊離脂肪酸とクリセリンに分解して筋肉に運び、脂肪を燃焼させやすくしてくれるのです。 つまり、ウルトラ蒸し生姜は、体を温めて冷えを改善し、ダイエットをサポートしてくれ、美肌効果もあるという、まさにウルトラな食べ物なのです。 生姜の皮をむかずに洗い、傷んだ部分は取り除いて、ラインに沿って1~2ミリ程度の薄さに切ります。 生姜が重ならないように、蒸し器に並べて蒸します。 蓋の水滴が落ちないように、蓋に布きんをつけておきましょう。 蒸し始めはレモンのような香りがしますので、そのまま30分ほど経過してから、蒸し器の火を消します。 甘い香りがしていればOKです。 蒸し終わったら、ざるなどに並べ、天日干しで1日、室内なら1週間乾燥させます。 小さく縮んで、パキッと音が鳴って折れるようになれば完成です。 そのまま食べると、辛み成分が増していてとても辛いので、すり鉢やミルミキサーで粉末状にしてから使用します。 密閉容器に入れて、常温で3か月は保存することができます。 水分がしっかり抜けていれば、冷蔵庫でも保存できます。 ただし、保存する際には、 「乾燥させた生姜に水分を加えない、冷やさない」ようにしてください。 冷水などを加えて冷えてしまうと、せっかく変化したショウガオールの成分が、ジンゲオールに戻ってしまいます。 使用する際は、お湯などの温かい水分に加えるか、料理に加えて温かいうちに食べるように心がけましょう。 とにかく「冷まさない」ことに注意してくださいね。 適量を守って摂取しよう! 番組で紹介されてから、その効果の高さに注目が集まっている「ウルトラ蒸し生姜」。 毎日摂取することで、ダイエット効果や美肌効果を得ることができます。 しかし、いくら効果があるといっても、食べすぎには注意が必要です。 1日の摂取量は、2g~3g程度。 ティースプーン半分ほどにしておきましょう。 刺激が強いので、食べすぎると消化器官を痛める恐れがあります。 人によっては、摂取量を守っていても胸やけがする場合もあります。 くれぐれも、 漢方薬として使用されていたということを忘れないように、摂取量を守るようにしましょう。 正しく摂取して、ぜひウルトラ蒸し生姜の高い効果を実感してみてくださいね!.

次の

くるりのジンジャエール

生姜 シロップ レシピ nhk

2015年7月16日のあさチャンで、ジンジャーシロップ、ジンジャーペーストの 作り方、ジンジャーシロップの効果・効能などが紹介されていました。 冬は温かい飲み物として、夏はソーダ割りにして冷たい飲み物として、 1年中楽しむことができます。 また、ジンジャーシロップは、冷房で冷えすぎる夏の冷えにも効果的! イシハラクリニックの石原結實院長によると、 「夏こそ体を温める食べ物が必要」とのこと。 ショウガには、血管を拡張して血流が良くなり、体温が上がれば代謝も 良くなり、免疫力も上がるという効能があります。 また、むくみにくい体になるので、むくみ予防にも効果的。 ショウガをジンジャーシロップで摂るといい理由 ショウガのジンゲロールという成分は、加熱することによって ショウガオールという物質に変わります。 このショウガオールはジンゲロールよりも体温を上げる作用・ 代謝を上げる作用、発汗や尿を出す作用が強くなります。 さらに、ジンジャーシロップには鷹の爪も使っているので、 夏冷え対策に効果的。 それから、ショウガは妊娠中のつわりにも効果的だそうですよ。 そんな効能があるショウガをジンジャーシロップとして摂るのが 人気だそうで、フードディレクターの嶋田葉子さんが作り方を 教えてくれました。 皮付きで使う場合は、よく洗っておきます。 繊維に沿って切ると水分が出やすいとのこと。 2、ショウガを鍋に入れ、きび砂糖を全体にまぶし、2時間置く。 ショウガをコーティングするように砂糖をまぶすのがポイント。 3、ショウガから水分が出たら、水とローリエ・鷹の爪・粒コショウを入れる。 ショウガからしっかり水分を出すことが辛みの強いシロップを作るポイント! 4、強火にかけ、沸騰したらアクをとり、中火で約20~30分煮る。 5、火を止めてからレモンを搾り、粗熱をとり、冷ます。 6、ザルで漉し、消毒した清潔なビンに入れて保存する。 ジンジャーシロップは、冷蔵庫で2週間保存が可能です。 2、洗ったミントをちぎりながら入れ、さらにレモンを絞りながら入れる。 3、(1)のグラスに炭酸水を注ぐ。 シナモンミルクティーとジンジャーシロップをミキサーにかけると、 チャイスムージーの出来上がり! ジンジャートマトドレッシング そうめんやサラダ麺などの麺類にかけるほか、冷奴などにもオススメ。 サラダのドレッシングにしても良いですよね。 2、全ての材料をフードプロセッサーに入れ、トマトがペースト状に なるまで混ぜたら出来上がり。 ジンジャーペースト シロップを濾したあとに残ったショウガスライスも無駄なく使えます。 包丁でみじん切りでもOK! 2、(1)を小鍋に移して火にかけ、焦がさないように軽く水分を飛ばす。 煮詰めすぎると、塩辛くなってしまうので注意 3、冷ましてから、清潔なビンに入れて保存する。 ジンジャーペーストは、冷蔵庫で2週間保存が可能です。 冷蔵庫で2時間漬け込む。 2、(1)をフライパンに並べ、強火で焼き色を付けたら火を弱め、 ショウガと相性の良いオレンジを加え、一緒に焼く。 スティック状に切った野菜などに付けて食べます。

次の

NHK あさイチのウルトラ蒸し生姜の効果が凄い!作り方も簡単でダイエットにも効果あり

生姜 シロップ レシピ nhk

卵液を作る。 ボウルに卵を割り入れて泡だて器で溶きほぐし、そのほかの材料を混ぜ合わせる。 食パンのみみを切り落としてトーストし焼き色を付ける。 1枚を9等分に切る。 みかんはざるでこし、シロップと分ける。 シロップもとっておく。 紙タオルなどで、サラダ油をカップの内側に薄く塗る。 みかん、レーズン、パンを等分に入れ、 ステップ1の卵液を注ぐ。 フライパンに布巾を敷いてステップ4を並べて入れ、お湯をカップが浸る程度にフライパンに注ぎ入れる。 フライパンに蓋をして、湯が静かに煮立つくらいの火加減で約15分間蒸す。 ケーキ全体がふっくらふくらみ、串を刺して卵液がついてこなければ蒸し上がり。 取り出して粗熱をとる。 みかんのソースを作る 鍋にみかんのシロップと水を合わせたもの、砂糖、水溶き片栗粉を入れて弱火にかけ、液体が透き通ってとろみが出るまで煮る。 盛り付け ステップ7の蒸し上がったカップの内側に串を差し入れて、ぐるりと一周させて外し、逆さにして器にあける。 ステップ8の温かいソースをかける。

次の